オンラインカジノで遊んでも大丈夫なの?

日本でオンラインカジノを遊ぶことはあくまで自己責任です。
そもそもオンラインカジノとは「インターネットで遊べるカジノ」のことで、パソコンやスマホがあれば、いつでもどこでも遊ぶことができます。

スマホ等で遊べるゲームと違うのは、リアルマネーを賭けてプレイし、勝ったら現金として引き出せる点で、はっきり言えばお金が絡む「ギャンブル」です。
しかし、オンラインカジノで遊ぶこと自体は合法とも違法とも言えません。

まずはその理由から説明していきたいと思います。

日本では法整備がない「オンラインカジノ」

日本には『賭博及び富くじに関する罪 (刑法第185~185条)』という違法ギャンブルを取り締まる法律があります。
この法律はインターネットが発達するずっと前に制定されたものなので、国境を飛び越えるネットギャンブル(オンラインカジノ)は"想定の範囲外"ですので、これだけではオンラインカジノが合法であるか違法であるかを言い切ることはできません。

ネットにまつわる法整備がまだ進んでいない日本において、オンラインカジノは法的に「グレーゾーン」な存在といえます。

日本での過去の逮捕事例

「法的にグレーゾーンなら遊んでいても問題ない」
かつては、このような考えが日本人オンラインカジノユーザーの常識でした。

しかし、この常識を覆す事件が2016年に相次いで起きてしまいました。
どんな事件だったのか?その概要を見ていきましょう。

運営側とプレイヤーが罪に問われた【NetBanq事件】

『2016年2月 オンラインカジノ決済サービス「NetBanQ」の運営会社役員らが常習賭博罪の容疑で逮捕』
オンラインカジノとプレイヤーの金銭的仲介を行ったNetBanQが実質的胴元とみなされ、賭博罪適用となった事案です。

NetBanQを利用してオンラインカジノで遊んだプレイヤー数名に家宅捜査が入って略式起訴され、ほとんどのプレイヤーが略式起訴を受け入れましたが、うち1名は裁判で争う姿勢を見せて不起訴処分となりました。

プレイヤーが逮捕された【スマートライブカジノ事件】

『2016年3月 海外の合法オンラインカジノ「スマートライブカジノ」を利用したプレイヤー3名が単純賭博罪の容疑で逮捕』
スマートライブカジノが日本人に特化した限定サービスを提供していたことから、利用者が「国内賭博と変わらない環境で賭博をした」とみなされ、逮捕に至った事案です。

逮捕されたプレイヤーは略式起訴となり、これを受け入れました。

運営側が罪に問われた【ドリームカジノ事件】

『2016年6月 オンラインカジノ「ドリームカジノ」で実質運営者の会社役員ら5名が単純賭博罪の容疑で逮捕』
運営会社や決済会社が海外にあると見せかけ、実際は「日本語サポートのみ対応」「経理を担当していた」など、国内で賭博経営にあたったと判断できたことが理由で運営者が逮捕、有罪判決となった事案です。

当時9,000名以上いたと言われるプレイヤーは誰も逮捕、起訴されることなく、警察からの指導のみで終わりました。

登録しない方がいいオンラインカジノの特徴

2016年に、日本で初めてオンラインカジノ利用者が逮捕・起訴される事件が発生しましたが、どれも罪に問われてしまう理由があったのです。

そこで、違法とみなされてしまったり、そもそも詐欺などの被害にあってしまったりする可能性があるオンラインカジノの特徴を紹介していきます。

運営会社がはっきりしないオンラインカジノは絶対ダメ!

ドリームカジノのように「日本語サポートのみ対応」など、運営拠点が日本にあると判断できるようなサービスを提供しているオンラインカジノは例外なくアウトです。

加えて、運営会社情報(会社名・会社住所)やライセンスなどを公表していないオンラインカジノも避けてください。特に、ライセンスがないオンラインカジノは違法運営を行っている可能性が極めて高く、資金トラブルがあっても泣き寝入りするしかありません。

⇒ライセンスについて詳しく知りたい方はこちら

日本人限定のオンラインカジノは絶対ダメ!

海外の合法オンラインカジノでも日本人限定のサービスをしていれば「国内賭博と変わらない」とみなされ、プレイヤーが摘発される可能性も「0」ではありません。

スマートライブカジノ事件で問題となったサービスは「日本語専用のライブカジノテーブルが用意されている」「日本人ディーラーがゲーム進行を務める」など、日本人だけに特化した環境です。

この事例を踏まえると、以下の基準をクリアしていれば日本人限定サービスを行っていないオンラインカジノだと判断できます。
海外オンラインカジノユーザーに広く認知され、利用されている
日本人専用ライブカジノテーブル・ディーラーが用意されていない

同じオンラインカジノでも「店舗型」は絶対ダメ!

日本人限定サービスを行っていない海外合法オンラインカジノでも、カジノカフェ・バーのような「店舗型」で遊ぶのは危険です。

なぜ店舗型がダメかというと、このタイプは店舗で獲得金・損失金の現金精算を行っていたり、何らかの手数料をとってゲームを提供している場合が多いからです。

店舗(国内)で現金のやりとりをしたら完全に犯罪、運営側だけでなくプレイヤー側も逮捕される可能性はかなり高いと考えてください。

実際、店舗型の逮捕事例は過去にいくつかあります。
店舗型で遊んでも、得られる利益より逮捕されて失うものの方が圧倒的に大きいので、絶対近づかないようにしましょう。

【まとめ】日本でもオンラインカジノで安心して遊べる?

この記事のポイント

✅オンラインカジノは違法とも合法とも言えない「グレーゾーン」
✅運営会社の情報(ライセンスを含む)を公開しているサイトを選ぶ
✅日本人専用サービスを提供しているサイトは避ける
✅店舗型オンラインカジノは完全に違法

NetBanQ事件では裁判で争う姿勢を見せたプレイヤーは不起訴になりました。
これは日本の法律ではオンラインカジノで遊ぶこと自体を合法とも違法とも言えないためです。

ただ、この事件後も日本人プレイヤーはさらに増え、新しいオンラインカジノも続々日本市場に参入しています。事件を教訓として安全に利用できるオンラインカジノが周知されてきたからですね。

続いて「安全に利用できる理由」を解説していきますので、それに合ったオンラインカジノに登録するようにしましょう。