オンラインカジノで勝率を上げる方法

稼ぎ方の基本が分かったら勝率を上げる方法を習得しましょう!
これまでは稼ぎ方について理論的にアプローチしてきましたが、ここからはいよいよ具体的な手法についてせまっていきます。

今すぐにでも使える必勝法・攻略法を簡単にまとめましたので、この記事を読んだらさっそく実戦で試してみてくださいね!

勝てる攻略法・必勝法「チップコントロール」

チップコントロールとは理論に基づいて賭け金を変えることを指します。

利益を生むために最低限必要な攻略法・必勝法なので、しっかり習得しておきましょう。
ここでは3つの代表的なチップコントロール法を紹介します。

負けを回収したい時に使う「マーチンゲール法」

マーチンゲール法は負けたら賭け金を倍にして賭けるチップコントロール法です。
使い方は「負けたら倍賭け」、一度勝ったら最初の賭け金に戻します。

【メリット】
・何回負けても1度勝てば損失を全て取り戻せる
・初心者でも簡単に使える

マーチンゲール法は連敗しても1回だけ勝てば成功、最初の賭け金分だけ利益が出ます。また、ルールがシンプルなので、カジノ初心者でも即使えます。

【デメリット】
・失敗した時の損失が大きい
・プレイヤーの資金限界に達しやすい

連敗が重なると賭け金が倍々で大きくなるので、負けるごとに資金を飛ばすリスクが高まります。たとえ勝率約1/2でも連敗はよくあるので、成功する前に資金限界をむかえることも珍しくありません。

マーチンゲール法を詳しく知りたい人はこちら

勝っている時に使う「パーレー法」

パーレー法は勝ったら賭け金を倍にして賭けるチップコントロール法です。
使い方は「勝ったら倍賭け」、一度負けたら最初の賭け金に戻します。

【メリット】
・連勝すればするほど利益が伸びる
・短時間で稼げる

最初の賭け金が$1でもパーレー法では賭け金が$2、$4、$8…と増えていくので、連勝の波に乗った時の爆発力は大きいです。また、時間をかけて結果を出すタイプの必勝法ではないので、短期で稼ぎたい時に使えます。

【デメリット】
・1回でも負けると損失が出る

何連勝したとしても1回負けたら最初の賭け金分だけ損失が出るので、「5連勝したら最初の賭け金に戻す」といったようなルールをあらかじめ決めてから使用することをオススメします。

パーレー法を詳しく知りたい人はこちら

着実に勝ち進めていく「フィボナッチ法」

フィボナッチ法は勝ったら直近2回のベット額の合計額を賭けるチップコントロール法です。
具体的には、勝った時だけ「1,1,2,3,5,8…」という順に賭け金を増やし、一度負けたら最初の賭け金に戻します。

【メリット】
・連勝すればするほど利益が伸びる
・連勝後に負けても損失が出ない/利益が残る
・連敗しても大負けすることがない

フィボナッチ法は攻守のバランスが取れた必勝法といえます。パーレー法のように連勝後に1回負けたら損失が出るということもないため、心理的負担も低いです

【デメリット】
・連勝しないと効果が発揮できない

勝ちと負けが交互に続いたり連敗すると賭け金が変わらないので効果が発揮できません。

【ゲーム別】勝つための基本戦略

ここからはバカラ、ルーレット、ブラックジャックで使える基本戦略について説明していきます。
わかりやすく伝えることを念頭に簡単にまとめましたので、詳細は専門ページでご確認ください。

<バカラ編>タイとペアには賭けない

バカラの賭け先は4つあり、それぞれの配当と勝率は以下になります。

【プレイヤー】配当:2倍 勝率: 約44.62%
【バンカー】配当:1.95倍 勝率: 約45.86%
【タイ】配当:8倍 勝率: 約9.52%
【ペア】配当:11倍 勝率:約7.47%

(※タイ・ペアの配当はカジノによって異なります。)

ご覧のとおり、タイ・ペアは配当が高い分、勝率はかなり低いです。
負けがこんだ時に限って「タイ・ペアで一発逆転!」と思いたくなるかもしれませんが、望みが薄いので賭けないようにしましょう。

プレイヤー・バンカーどちらに賭けるか迷った時は"罫線"を活用してみてください。罫線は過去ゲーム結果の一覧表で、次の出目を予想するのに役立ちます。

バカラで勝つための基本戦略を詳しく知りたい人はこちら

<ルーレット編>チップコントロール法を活用する

ルーレットはベット箇所が多い分、ぴったり当選数字を当てるのは難しいです。しかし、赤・黒賭けや偶数・奇数賭けなどのアウトサイドベットは勝率1/2なので当たりやすいですが、確率1/2で勝てる他ゲームとと変わらない賭け方になるので、ルーレットを存分に楽しめません。

ルーレットを楽しみ、勝率も上げたいならチップコントロール法を習得しましょう。
リスクを抑えつつも高配当が狙えるネイバーベット法をはじめ、ルーレットにはルーレットならではのチップコントロール法が数多くあります。

チップコントロール法を1つか2つ習得しておくだけでも段違いにルーレットの戦績が変わってくるので、ぜひ活用してみてください。

ルーレットで勝つための基本戦略を詳しく知りたい人はこちら

<ブラックジャック編>ディーラーのバーストを狙う

ブラックジャックで遊んでいると「21を狙うこと」ばかり考えがちですが、より重要なのは「自分がバーストしないこと」「ディーラーをバーストさせること」です。

なぜかというと、自分がバーストしなければ勝てる可能性を捨てなくて済むことになりますし、ディーラーがバーストすれば自分がリスクを負わなくても勝てるからです。

この2つの道を生かすため、ブラックジャックでは次に引くカードやディーラーのホールカードを『10』と仮定して戦略を立ててください。

ブラックジャックでは「10、J、Q、K」を『10』と数えるので、見えないカードは『10』と仮定した方が確率的に有効な戦略を取ることができます。

ブラックジャックで勝つための基本戦略を詳しく知りたい人はこちら

オンラインカジノならでは攻略法・必勝法

オンラインカジノはライブゲームで本場カジノのような臨場感を楽しめるのが魅力的なポイントですが、ゲームによってはテーブルゲームの方が有効な戦略を取ることができます。

勝ちにこだわるならテーブルゲーム

テーブルゲームとはコンピュータがディーラー代わりとなるカジノゲームの総称です。結果は理論上の確率どおりにランダム抽選されます。テーブルゲームとライブゲームで決定的に異なるのは「待ち時間がない」「テーブルを独り占めできる」点です。

待ち時間がない

テーブルゲームでは自分のペースでゲーム進行することができます。
ゲームをスタートするタイミングは自分で決められますし、結果も即分かるので、「待たされる」ということがありません。

負け越した時に次ゲームを待ってる間イライラしてしまう人であれば、待ち時間がないテーブルゲームの方が冷静な勝負をすることができるでしょう。また、短時間で多くのゲームをこなすこともできるので、時間が限られている中で結果を出したい時に使えます。

テーブルを独り占めできる

ライブゲームでは1つのテーブルに複数のプレイヤーがつき、他プレイヤーをアクションは全て見ることができます。これはライブゲームならではの特徴ですが、この特徴が逆に自分のプレイに悪影響をもたらすことがあります。

特にブラックジャックは5~7人が同時に参加するので、他プレイヤーのヒットやスタンドなどの意思決定の影響をもろに受けやすいです。しかし、テーブルゲームなら他プレイヤーからの影響は一切ないので、自分の勝負だけに集中することができます。

さらにバカラで例えを挙げると、周りの人の賭けた方に流される心配もありませんし、目を離した間にゲームが進んでいてチャンスを逃すということもテーブルゲームならありません。

【まとめ】勝率を上げてボーナスを現金化しよう

この記事のポイント

チップコントロール法を身につければ利益を伸ばし、損失を抑えられる
負けたら倍賭けするのがマーチンゲール法
勝ったら倍賭けするのがパーレー法
「1,1,2,3,5,8,…」の順に賭け金を増やすのがフィボナッチ法
テーブルゲームなら「待たない」「テーブルを独り占めできる」

勝率をアップできるようになったらボーナスを現金化する可能性も広げられます。
今回習得した方法を使って、ボーナスをうまく活用していきましょう。