• 2018.06.18
  • 投稿

【税金問題】ビットコインを使ってオンラインカジノで遊ぶとどうなる?確定申告は?

こんにちは!カジモ編集部の笠原豪です^^

近頃の仮想通貨ブームを受けてか、読者の皆様からこのような質問をいただくことが多くなりました。

「ビットコインでオンラインカジノの賞金を受け取ったら、税金はかかるんですか?」

オンラインカジノの決済手段も多様化して、ビットコイン対応のところも徐々に増えてきたので気になるところですよね。

結論を先にお伝えしますが、ビットコインを使って利益を得たら税金はかかります。

蒼井 那奈
あれ、そもそもオンラインカジノでゲットした賞金って税金かかるんですか?
笠原 豪
税金はかかるよ!オンラインカジノで遊ぶなら絶対知っておくべきことだよ。ビットコインでオンラインカジノの賞金を獲得しても税金はかかるから、ちゃんとその仕組みを理解しておいた方がいいぜ。
蒼井 那奈
うーん…でも、税金ってなんか面倒くさい…こっそり遊んでるだけなら税金払ってなくてもバレないんじゃないですか??
笠原 豪
いいかい、払うべき税金を払わなかったら「脱税」っていう立派な犯罪だよ。しっかり確定申告をしておかないと、重いペナルティもあるんだ。税金関係は難しい言葉も多いけど、今回分かりやすく解説していくから、ちゃんと勉強しておこうぜ!

皆さんはこのような疑問をお持ちではありませんか?

  • ビットコインを使ってオンラインカジノで遊ぶと税金はかかるの?
  • どれくらい稼いだら税金を払う必要がある?
  • 税金の計算はどうやってすればいいの?

これらの疑問に対して、わかりやすく解説していきたいと思います!

そもそもオンラインカジノで遊ぶと税金はかかる?

先にもお伝えしましたが、オンラインカジノで獲得した賞金には税金がかかります。

なぜ税金がかかるのか、どれくらい税金を払うことになるのか。
これらのことをしっかり把握して、オンラインカジノで稼いだ時の準備を整えておきましょう。

ギャンブルの賞金は一時所得扱い

日本の法律上、カジノや競馬・競輪などのギャンブルで獲得したお金は「一時所得」にあたります。ネット上のギャンブルももちろんこれに該当するので、オンラインカジノの報酬は一時所得扱いです。

一時所得の定義は次の通りです。

『国税庁 No.1940 一時所得』

一時所得とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得をいいます。

引用URL:www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1490.htm

簡単に言えば、「継続的に行う仕事の所得以外で入ってくるお金」のことで、次のようなものも一時所得に分類されます。

・懸賞や福引きの賞金品
・生命保険の一時金や各種保険で返ってくるお金等
。法人から贈与された金品
・遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金等

そして、一時所得は年間を通して50万円以上の利益が出た場合、確定申告をして税金を払わないといけません。

オンラインカジノで50万円以上勝てば税金を払うことになりますが、いったいどれくらい払うことになるか気になりますよね。

次でその計算方法について解説します。

一時所得の税金の計算方法

まず、一時所得の金額は次の計算方法で出します。

一時所得の金額=総収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除額(最高50万円)

そして、課税対象の金額は次の計算で出します。

課税対象の一時所得額=一時所得÷2

この課税対象となる一時所得と給与所得等との合計額に対して、所得税がかかるということです。

なお、所得税の税率は「所得税法」で定められていますが、国税庁の速算表でだいたいの金額が算出できます。

『国税庁 No.1490 一時所得』

所得税の速算表

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え 330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え 695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え 900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え 1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円

引用URL:www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1490.htm

オンラインカジノで儲けた時はどう計算するの?

では、オンラインカジノで儲けた時の所得金額を考えてみましょう。

勝った金額(払い戻し総額)-経費(勝った時のベット額)-特別控除額=一時所得の金額

つまり、勝った金額から経費を差し引いた額が50万円以上あれば、一時所得扱いになるということです。

この計算をイメージしやすいよう、一ヶ月のカジノ損益を例に見ていきす。

日付 総ベット額 払い戻し金額 損益
5月4日 70万円 230万円 160万円
5月12日 25万円 2万円 -23万円
5月14日 18万円 118万円 100万円
5月22日 10万円 70万円 60万円
5月28日 70万円 60万円 -10万円

ここで重要ポイント!!!

ギャンブルで出した損失は一時所得に計上できません。

なので、損失を出した5月12日と28日は除いて計算をします。

先ほどの公式に当てはめていくと一時所得額は、
(230万+118万+70万)-(70万+18万円+10万)-50万=270万円

そして、課税対象となるのは「一時所得の1/2」なので、
270×1/2=135万円となります。

今回はこの額がオンラインカジノだけの収入だけと仮定して所得税を計算すると、

135万×5%=67,500円

これが支払うべき所得税額になります。

なお、税率や控除額は給与等の他所得と合算した額によって変わります。
詳しくは以下の記事をご覧ください。

詳しくはこちら

ビットコインを使ってオンラインカジノで遊ぶと税金はどうなる?


さて、ここからが本題です。

ビットコインを使ってオンラインカジノの賞金を獲得した場合、一時所得にはあたりません。

2017年4月に実施された法律によって、ビットコインで得る利益は基本的に「雑所得」とされるようになりました。

ビットコイン自体は雑所得扱い

雑所得の定義は次の通りです。

『国税庁 No.1500 雑所得』

雑所得とは、他の9種類の所得のいずれにも当たらない所得をいい、公的年金等、非営業用貸金の利子、著述家や作家以外の人が受ける原稿料や印税、講演料や放送謝金などが該当します。

引用URL:www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1500.ht

ビットコインの利益は簡単に言うと、どの所得でもない副収入にあたるから、雑所得に分類されるということです。

そして、雑所得は年間を通して20万円以上の利益が出た場合、確定申告をして税金を払わないといけません。
(他に所得がない場合は、38万円以上の利益が出た時)

こちらも計算方法について次で確認していきましょう。

ビットコインの税金の計算方法

まず、雑所得の金額は次の計算方法で出します。

雑所得の金額=公的年金以外の収入金額-収入を得るために支出した金額

雑所得は一時所得と異なり、特別控除額はありません。
なので、課税対象となる所得金額は収入から必要経費を控除した金額そのままです。

そして、雑所得と給与所得等との合計額に対して、所得税がかかります。
所得税の税率は先ほど一時所得で挙げたものと同じです。

オンラインカジノでビットコインを儲けた時はどう計算するの?

では、オンラインカジノでビットコインを儲けた時の雑所得を考えてみましょう。

まずビットコインに当てはめて雑所得を考えると…

ビットコインで得た利益-経費(利益を出すために必要なもの)=雑所得の金額

となります。

「ビットコインで得た利益」をオンラインカジノで考える場合は、

①オンラインカジノにビットコインで入金した際のビットコイン数量×円価格
②オンラインカジノからビットコインで出金した際のビットコイン数量×円価格

とした時、

②-①の差額がそれにあたります。
(取引所から出金しなくても確定申告の対象です。)

この計算をイメージしやすいよう、一ヶ月のカジノ損益を例に見ていきましょう。
なお、例ではわかりやすいようにベット額等の金額は全てBTCで表記します。

日付 総ベット額 払い戻し金額 損益 残高
5月4日 0.2BTC 0.8BTC 0.6BTC 1.6BTC
5月12日 0.1BTC 1.5BTC 1.4BTC 3.0BTC
5月14日 1.5BTC 0.8BTC -0.7BTC 2.3BTC
5月22日 2.1BTC 2.8BTC 7BTC 3.0BTC
5月28日 1.0BTC 0.5BTC -0.5BTC 2.5BTC

入金時:1BTC=100万円の時、1BTCを入金
出金時:1BTC=120万円の時、2.5BTCを出金

先ほどお伝えした通り、ビットコイン数量×円価格の入出金時差額が「ビットコインで得た利益」となるので、

利益=(2.5×120万円)-(1.0×100万円)=200万円

となります。

ここから経費を抜いて考えますが、ビットコインで得た利益から差し引ける経費には以下のようなものがあります。

・仮想通貨取引所での取引手数料
・仮想通貨投資に関する書籍代
・セミナー参加費用…等

仮にここでは20万円の経費を使ったとした場合、雑所得は次のようになります。

200-20万円=180万円

さらに、給与所得なしと仮定して所得税を計算すると、

180万円×5%=9万円

これが支払うべき所得税額になります。

なお、税率や控除額は給与等の他所得と合算した額によって変わります。

詳しくは税理士に相談しよう

カジモ編集部の見解ではビットコインでの利益は雑所得となりましたが、カジノで得た利益をビットコインに換えるという全体の流れを考えると、100%雑所得になるとは言い切れません。

どのように判断されるかは税務署にゆだねられるので、気になる人は確定申告の際に税理士に相談することをオススメします。

簡単!オンラインカジノの税金対策

オンラインカジノでも所得税を納める事は当然の義務です。脱税は犯罪。

…なんですが、せっかく得た利益を税金でたくさん取られてしまうのはちょっと面白くないですよね(笑)

ここではオンラインカジノで得た利益に対する所得税を、可能な限り抑える方法を紹介いたします。オンラインカジノプレイヤーは、是非チェックしましょう!
(※脱税を推奨する内容ではありません。)

勝ちすぎない

一番簡単な税金対策は勝ちすぎないという事です。

「せっかく大金を稼ぐ夢を見てオンラインカジノやってるのにそりゃないでしょ」と思われるかもしれませんが、所得税対策には最も確実です。

一時所得には50万円の特別控除額が定められているので、オンラインカジノでの年間利益が50万円を超えなければ、実質、所得税が発生しない事になります。

確定申告をしなくても良いというわけではありませんが、所得税が発生しない唯一の方法です。

多額の入出金を行わない

銀行には所得税が発生する可能性がある多額の入出金があった場合、税務署へ報告する義務があります。海外送金の場合、100万円以上の取引は報告対象です。

オンラインカジノでは100万円超えのジャックポット当選はざらにありますし、連勝が続けば難しい額ではありません。

その利益を一度に送金してしまうと、税務署へ連絡が行く事になります。
銀行だけでなくネットバンクでも同様の報告が行われると言われているので、注意が必要ですね。

ただし、連絡がいかないからといって所得税の納付義務がなくなるというわけではないですよ。送金を小分けにしても1年間の利益が50万円を超えた時点で所得税は発生します。

支出を把握する

支出管理をすることは税金対策の中で一番全うな方法です。

確定申告を自らする場合、支出をきっちり把握していなければ申告書を作成する事ができませんし、雑な申告内容で提出すると払わなくていい税金を払う可能性も高くなります。

オンラインカジノには支出の履歴が残るので、その履歴をプリントアウトするかメモで残しておきましょう。良心的なオンラインカジノなら支払調書について問い合わせれば、送付してくれるところもありますので一度確認してみるといいと思います。

「面倒くさい…」と思われるかもしれませんが、ちゃんとしておかないとゆくゆくは自分の首を絞めることになるので、しっかり管理をしていきましょうね。

カジモ編集部おすすめ!ビットコインを使って遊べるオンラインカジノ

結局のところ、ビットコインを使わなくても使ってもオンラインカジノで獲得した賞金には税金がかかります。しかも、ビットコインを雑所得扱いとするなら、一時所得よりも払う税金は多くなる可能性が…

しかし、ビットコインをオンラインカジノで増やすことが出来れば、ビットコインの値上がりによる利益もより期待できますし、ジャックポットを当てれば一気にビットコイン長者になるのも不可能ではありません!

ここではビットコインが使えるオススメオンラインカジノを3つご紹介しますので、ぜひビットコインをオンラインカジノで増やす喜びを手に入れてください!

世界初!ビットコインで遊べるビットカジノ

ビットカジノは2014年に誕生した世界初のビットコイン専用オンラインカジノです。

ビットカジノではドル円に換金することなく、ビットコインをそのまま使ってゲームで遊べる画期的なシステムを採用!入出金額、損益を全てビットコイン数量で把握できるので税金の計算も簡単です。

ゲームは1,400種類以上あり、最先端ゲームも多く採用しているので、遊んでいて飽きることはありません!なかには173BTC超えのジャックポット当選者も出ているとのことなので、ビットカジノで幸運を手にすればビットコイン長者になるのも夢ではないかもしれませんよ♪

出金手続き2分!仮想通貨で遊ぶならパイザカジノ!

「大勝ちしたのに出金制限があって、手数料がいちいちかかる…」「出金時間が遅すぎてイライラしてしま…」なんて悩みから解放してくれるオンラインカジノといえば、パイザカジノです!

パイザカジノは出金上限なし、出金最短2分で完了、ビットコイン・イーサリアム対応と入出金面において業界最速最先端のオンラインカジノ。ライブカジノは10種、テーブルゲームと合わせて800種類以上のゲームで遊べるので、自分のお気に入りゲームもきっと見つけられると思いますよ!

ビットコインも使える初心者向けのベラジョンカジノ


「どのオンラインカジノで遊んでいいか良く分からない」という方にオススメしたいのが、初心者でも遊びやすいベラジョンカジノです!

ベラジョンカジノには手軽にゲームで遊べるスマホアプリがあり、最大1000ドルの業界最大ビギナーズボーナスもあるので初心者にうってつけのオンラインカジノといえるでしょう。

ビットコインでの入金は最高で5,000ドルまでと制限はありますが、ビットコインを使って気軽にオンラインカジノを楽しんでみたい方にはぴったりだと思いますよ!

まとめ〜オンラインカジノで勝ったら税金をしっかり払おう〜

オンラインカジノで50万円以上稼いだら一時所得、ビットコインで20万円以上稼いだら雑所得。支出を管理することも忘れないようにしましょうね。

脱税をすると「5年以下の懲役」または「500万円以下の罰金」があり、さらに多くの税金を支払うハメになるので、ほったらかして得することは1つもありません。

税金について分からないことがあったら、1人で悩まずにお近くの税理士さんに相談すれば解決できますよ!

蒼井 那奈
税金のこと、よーく分かりました♪オンラインカジノで稼げるようになったら、しっかり税金も払って気持ちよく遊びたいと思います!
笠原 豪
オンラインカジノで税金払えるようになったら、オンラインカジノプレイヤーとして一人前になったと思ってプラスに捉えるといいよ^^稼げば稼ぐほど払う税金は多くなるけど、それも嬉しい悩みってもんだぜ!
関連記事

注目コンテンツ