• 2018.06.26
  • 投稿

【マカオカジノ情報】シティ・オブ・ドリームズ・マカオの特徴を徹底調査してみた

こんにちは。マカオのカジノはほぼ制覇しました!Cajimo編集長:笠原 豪です。

先日久々マカオを訪れましてコタイ地区にできた大型カジノリゾート「シティ・オブ・ドリームズ・マカオ」へ泊まってきました。

シティ・オブ・ドリームズ・マカオは、いくつかの大型カジノリゾートが隣接して作られた地区にある施設の一つで、カジノだけでなくショッピングモールからエンターテイメントも楽しめる統合型のリゾート施設です。

今日はそんな「シティ・オブ・ドリームズ・マカオ」の魅力について徹底的に紹介していきたいと思います。

蒼井 那奈
シティ・オブ・ドリームズ・マカオって聞いたことある!カジノの他にウォーターショーとか見れるんだよね?どうっだった!?
笠原 豪
そうなんだ。シティ・オブ・ドリームズ・マカオのエンターテイメントはとっても充実していて、家族や仲間と楽しめる秘密がいっぱいあった☆どんなところか詳しく紹介するよ!

3つのホテルがある本格的カジノリゾート!「シティ・オブ・ドリームズ・マカオ」


シティ・オブ・ドリームズ・マカオは2009年に6月にオープンしたカジノリゾートで3つのラグジュアリーホテルと200以上のショッピング施設、メガカジノと呼ばれる広大なスペースのカジノフロア、20以上のレストラン・バーが入っています。

加えて、ウォーターシアターやバーチャル水族館などいくつかのエンターテイメント施設が併設されていてなんとも豪華な作りとなっています。

総建設費はというと、なんと2400億円という莫大な費用がかかっています。それではそんなシティ・オブ・ドリームズ・マカオの中を詳しく見ていきましょう。

3つのホテル

シティ・オブ・ドリームズ・マカオには3つのホテルには、総客室数1400室ほどが完備されています。

さらに、東京オリンピックスタジアム建設の際に有名になった建築家ザハ・ハディド建築グループが次のホテルを建設し更に拡大予定となっています。

ホテル内には39,000㎡にも及ぶメガカジノと呼ばれるスペースが確保されていて、落ち着いた雰囲気の中で豪華さが引き立っています。それぞれのホテルの特徴は次のとおりです。

ヌーワ(名称変更 旧:クラウンタワーズ皇冠度假酒店)


​画像出典元URL:https://www.cityofdreamsmacau.com/index.html
ヌーワはクラウンタワーズ(皇冠度假酒店)というホテルがリブランディングし2018年にリニューアルオープンしたラグジュアリーホテルです。ロビーに入ると天井が高くオリエンタル調の豪華な雰囲気に一気に魅せられます。

建物は33階建てで総部屋数としては290部屋あり、デラックスルームで47㎡、一番広いスイートで420㎡と一般客からセレブ層まで十分に満足できる広さを確保しています。

ザ・カウントダウン (名称変更 旧:ハードロックホテルマカオ)


画像出典元URL:https://www.cityofdreamsmacau.com/index.html

ザ・カウントダウンはハードロックホテルマカオ(Hard Rock 酒店)がリブランディングし2017年にリブランディングしたホテルです。

カウントダウンという名称は最新のIR施設への進化の再発進に向けたカウントダウンだそうで、スタイリッシュな内装かつ、マカオの夜景を一望できる最高のロケーションホテルです。総客室数としては326部屋あり、広さはスタンダードルームで31㎡〜、デラックススイートで88㎡〜で一般の人でも比較的泊まりやすい価格帯です。

グランド・ハイアットマカオ 澳門君悦酒店


​画像出典元URL:https://www.cityofdreamsmacau.com/index.html

グランド・ハイアットマカオはグランドタワーとグランドクラブタワーの2棟に分かれており、総客室数791部屋と巨大なホテルです。

グランド・ハイアットならではのシンプルで上質な空間づくりと一流のサービスに癒やされます。部屋の広さはデラックスで52㎡〜、スペシャルスイートで275mです。

ショッピングモール


 

ショッピングモールは16,300㎡もの広さにDFSギャラリアが運営する「ザ・ブルーバード」というショッピング街が広がっており、未だ拡大中となっています。

ハイブランドはもちろんのこと、マカオのお土産品まで幅広くお買い物を楽しむことができます。

レストラン街


画像出典元URL:https://www.cityofdreamsmacau.com/en/dine/chinese/din-tai-fung/index.html

●Din Tai Fung (Macao)

レストラン街には20店舗ほどのレストランが並んでいますが、中でもおすすめなのが台湾料理「Din Tai Fung」です。日本にも上陸しており、とても人気になってしまった小籠包のお店ですが、ここは本場台湾や日本と違って空いているので入りやすいです。

そして本場台湾同様の美味しい台湾料理が食べられるので穴場としておすすめです。 また、公式サイトに記載がありますがカジノの会員になると一定のレベルに応じて割引が受けられるので気になる人はチェックしてみてください。

参考:シティ・オブ・ドリームズ・マカオ CITY CLUB REWARDSより

http://www.cityclubmacau.com/city-rewards/club-overview

エンターテインメント


​画像出典元URL:https://www.cityofdreamsmacau.com/index.html

シティ・オブ・ドリームズ・マカオではいろいろなエンターテイメントを楽しむことができますが中でも一番代表的なウォーターショーがこちらです。

● 「ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター(水舞間)」

世界最大のウォーターショーとも呼ばれ、その制作費は2億5千万ドル以上といわれています。水をふんだんに取り入れたこのショーはスケールから演出まですべて圧巻なので、マカオに来たら一度は見るべきショーといえるでしょう。

参考: https://www.cityofdreamsmacau.com/en/enjoy/entertainment/the-house-of-dancing-water/index.html

(シティ・オブ・ドリームズ・マカオ公式HPより)

シティ・オブ・ドリームズ・マカオで遊べる2つのカジノ


シティ・オブ・ドリームズ・マカオでは、1階に「シティ・オブ・ドリームズ・カジノ」、2階に「ハードロック・カジノ」と、2つのカジノエリアに分かれていて、併せて39,000㎡ととても広いです。

それぞれの特徴は異なりシティ・オブ・ドリームズ・カジノは最もカジノらしいゴージャスな広々とした空間です。

ハードロック・カジノはカジノの入り口の所々に有名ミュージシャンたちの楽器や衣装が飾られていたりして、ハードロックらしい雰囲気がありながら内装はスタイリッシュにまとめられています。

シティ・オブ・ドリームズ・カジノ

以下、カジノの詳細になります。

ドレスコード

スマートカジュアル

営業時間

24時間

テーブル数

450台

スロット数

1514台以上

クレジットカードの使用できる種類

 VISA、JCB、American Express、Diner’s Club、Master Card

休業日

なし

年齢制限

満21歳以上

カジノゲームの種類

シティ・オブ・ドリームズ・カジノのゲームの種類と大まかなミニマムベットとマックスベットはこちらです。

●シティ・オブ・ドリームズ・カジノ

ゲーム名

ミニマムベット

マックスベット

バカラ

1,000HKD~5,000HKD

1,000,000HKD

バカラ(SIGNATURE VIP)

3,000HKD~10,000HKD

1,500,000HKD

大小

300 HKD〜500HKD

300,000HKD

ブラックジャック

500HKD~1,000HKD

15,000HKD~20,000HKD

クラップス

100HKD

15,000HKD

ルーレット

50HKD

20,000HKD

3カードポーカー

100HKD〜1000HKD

4,000HKD〜40,000HKD

カリビアンスタッドポーカー

300HKD〜500HKD

10,000HKD

電子ルーレット

10HKD

200HKD〜1.800HKD

デジタル大小

10HKD〜30HKD

300HKD〜3,000HKD

ライブバカラ

50HKD(Tie:20HKD)

800,000HKD(Tie:100,000HKD)

ライブ大小

10HKD

10,000HKD

ライブルーレット

10HKD

500HKD~5,000HKD

   

1HKD=14円(2018.5.8時点)

人気のゲームはバカラや大小、ポーカーといったところでしょうか。

補足ですが、VIPルームに入るのには申し込みが必要になりますのでご注意を。

ハードロック・カジノ

以下、カジノの詳細になります。

ドレスコード

スマートカジュアル

営業時間

24時間

テーブル数

450台

スロット数

1514台以上

クレジットカードの使用できる種類

 VISA、JCB、American Express、Diner’s Club、Master Card

休業日

なし

年齢制限

満21歳以上

ハードロック・カジノの種類

シティ・オブ・ドリームズ・カジノのゲームの種類と大まかなミニマムベットとマックスベットはこちらです。

●ハードロック・カジノ

ゲーム名

ミニマムベット

マックスベット

電子ルーレット

10HKD

200HKD〜1,800HKD

ライブバカラ

50HKD(Tie:20HKD)

800,000HKD(Tie:100,000HKD)

 

 

1HKD=14円(2018.5.8時点)

 

注意するべき基本的なマナー

世界中すべてのカジノで言えることですが、カジノに行ったら必ず守らなければいけない共通のマナーがあります。

最低限、次のマナーを守ってプレイしないとカジノで恥をかくことになるのでしっかり覚えておきましょう。

写真・ビデオ撮影はNG

カジノ場に一歩でも踏み入れたら、写真や動画の撮影は一切禁止となっています。旅行気分で記念に「パチリッ」なんてことをしたらスマホやカメラを没収されるので注意しましょう。

また、カジノのテーブルでケータイに触るのもマナー違反なので注意してください。

テーブルの上に荷物を置くのはNG

テーブルゲームに参加する際、スマホやメガネ、クラッチバッグといった荷物をテーブルに置くことはマナー違反とされています。

どんなに小さな荷物だとしても、カジノのテーブルはあくまでもゲームをする場所なので注意しましょう。

他人のチップを触るのはNG

テーブルゲームで複数の人とプレイする際、隣の人のチップが邪魔になることがあるかもしれません。しかし、そんなときに他人のチップをどかそうとして触ってしまう行為もNGとされています。

他人のチップを触ってしまう行為は誤解を招いたり、トラブルに巻き込まれたりする可能性もあるので絶対に止めておきましょう。

本場カジノで遊ぶ前にオンラインカジノで練習しておこう!


カジノにいく準備が整い始めたら、本場カジノへ出かける前にオンラインカジノで事前にカジノの練習をしておくと本番のゲームでもスムーズにゲームに参加することができます。

次に紹介するオンラインカジノでは無料で遊ぶことも、リアルマネーで遊ぶこともできるのでまずはルールをおさらいしておきましょう。

そして慣れてきたらぜひリアルマネーで賭ける練習をしてみるとあなたのカジノの腕もグンとアップすることでしょう。

本格的なルーレットが遊べるエンパイアカジノ


エンパイアカジノはテーブルゲームのライブゲームに特化したオンラインカジノです。

2015年発足とオンラインカジノ業界ではまだまだ新参者と言えますが、ライブゲームの数やクオリティーは最高です。

スマホでもプレイできるので空き時間にこっそりテーブルゲームを極めてみるのもいいでしょう。日本語完全対応というのも安心できますよ。

テーブルカジノが充実!多くのカジノゲームが遊べるパイザカジノ


パイザカジノをおすすめする一番の理由はその入出金処理のスピーディーさです

業界最速の入出金処理(約2分!)が話題でその引き出し上限もないことから、初心者からハイローラーにも人気で勝ち逃げするにはもってこいのサイトです。

巨額のジャックポッドスロットもあるので、自分にあったゲームを発見するためにも一度覗いてみるといいでしょう。

まずはお試しプレイ!初心者向けベラジョンカジノ


ベラジョンカジノは日本でもユーザーが多く、特に初心者におすすめできるサイトです。

日本語対応はもちろんのこと、スマホアプリも用意されていてサイト内の仕様もわかりやすくなっています。ゲームの種類は800種類以上と豊富で初めての人は、まずスロットでゲームの使い勝手を体感してみることをおすすめします。

一度は行ってみたい「シティ・オブ・ドリームズ・マカオ」


 いかがでしたか?

「シティ・オブ・ドリームズ・マカオ」はエンターテイメントからカジノ、ショッピングまで一日中楽しめる広大なカジノリゾートでした。

シティ・オブ・ドリームズ・マカオに足を運んだ際には、ぜウォーターショーと2種類の本場カジノの臨場感を堪能し、マカオらしい旅行を楽しんでくださいね。

蒼井 那奈
シティ・オブ・ドリームズ・マカオのウォーターショーほんとに行ってみたくなっちゃった!カジノも楽しそう〜( *´艸`)
笠原 豪
那奈ちゃん、マカオのカジノを堪能するためにも、ガンガンゲームのプレイの練習をしてカジノの腕を上げておいてくれよな☆
関連記事

注目コンテンツ