• 2018.06.25
  • 投稿

【ポーカーの役】フルハウスの確率を計算してみた|ポーカールール

こんにちは!カジモ編集部の笠原豪です。
今回は「ポーカーの役の1つ、フルハウス」について紹介していきます。

ポーカーは対戦相手との駆け引き、心理戦が醍醐味で、海外では「知的なスポーツ」としてとても人気が高いゲームです。

この記事さえ読めば、ポーカーのフルハウスの確率はもちろんのこと、その他の様々な役を包括的に習得することができます。ポーカーはシンプルなゲームですが、意外と奥が深く、深く知るほど熱くなれる魅力的なゲームです。

ポーカーの役は全部で9種類(ジョーカーを含めない場合)ありますが、その中で4番目に強いのがフルハウスです。
この機会にフルハウスについて詳しく知っておきましょう!

◆この記事を読んだら分かること◆
✅「フルハウス」とはどのような役であるのか?
✅「フルハウス」の確率
✅「フルハウス」の他の様々なポーカーの役
✅「フルハウス」の他の様々なポーカーの役の確率

この記事では、「フルハウスの確率」「フルハウスの他の様々なポーカーの役」など幅広く解説していきます!

笠原 豪
今回は、フルハウス同士の勝敗の決まり方も合わせて説明していくぜ!オンラインカジノなら24時間どこでもプレイできるから、この記事で役を確認して自分にあったオンラインカジノを探してみよう!ちなみに、ポーカーを行うにはランキング第8位のW88カジノが特におすすめだからチェックしてくれよな!

フルハウスの確率

フルハウスとは「スリーカード(同じ数字のカード3枚)とワンペア(同じ数字のカード2枚)で構成される役」です。マークは関係ありません。

[例]
下記画像は「J」3枚と「8」2枚で構成されるフルハウスです。

では、フルハウスが出る確率を求めていきましょう。

52枚1組のトランプカードから5枚のカードを選ぶ全組み合わせは2,598,960通りです。この中からフルハウスが出る確率を求める計算方法は以下の通りです。

(フルハウスの全組み合わせ)÷(全組み合わせ)×100=(フルハウスが出る確率(%))

フルハウスの全組み合わせが分かれば出現確率を求められますね。

まず、スリーカードの部分から考えます。

同じ数字3枚を選ぶ組み合わせは、A、2、3、…、Kまでで全部で13種類です。
そして、4種類のマーク(♡♣♢♠)のうち3つを選ぶことになるので、マークの組み合わせはC(4,3)=4通りあります。

よって、スリーカードの部分の組み合わせは全部で13×4=52通りです。

次に、ワンペアの部分を考えます。

同じ数字2枚を選ぶ組み合わせは先ほど同様に全部で13種類あります。
しかし、先に考えた3枚と同じ数字が含まれてはいけないので、1つ抜いて12種類と考えます。

そして、4種類のマークのうち2つを選ぶことになるので、マークの組み合わせはC(4,2)=6通りです。

よって、同じ数字2枚の部分の組み合わせは全部で12×6=72通りです。

スリーカード1パターンにつき、ワンペアは72通りあるので、フルハウスの組み合わせは全部で52×72=3,744通りとなります。

これを最初に挙げた公式に当てはめると…

3,744÷2,598,960×100≒0.144%

よって、フルハウスが出る確率は0.144%です。

数字が小さくてイメージが湧きにくいですが、一日中ポーカーで遊んでいてもフルハウスが自分の手に出来ることは滅多にないくらいです。当然、強い役なのでフルハウスが出来た時点でほぼ勝利を確信します。

フルハウス同士だとはどちらが強い?

さて、ポーカーでは本当に稀に自分と対戦相手両方にフルハウスが出ることもあります。 

そんな時が来た時のためにも、「フルハウス同士の勝敗は、まずスリーカードを構成する数字のランクで比べ、それでも決まらない場合はペアのランクを比べる」ということを覚えておきましょう。

なお、数字の強さは強い順に「A・K・Q・J・10〜2」となっています。

[例]
〈プレイヤーA〉

〈プレイヤーB〉

この場合、2よりも10が上位なので、プレイヤーBの勝ちです。

〈プレイヤーC〉

〈プレイヤーD〉

この場合、スリーカードが同順なので、ペアカードのランクを比べます。
7よりもQが上位なので、プレイヤーDの勝ちです。

笠原 豪
フルハウスは1日中ポーカーをしていても滅多に出なくかなり強い役なんだ。W88カジノでは、安全かつ気軽にポーカーをプレイすることが出来るから、是非チェックしてみてくれよな!

ポーカーのその他の役

ここからはフルハウス以外のポーカーの役について簡単に説明していきます。

まずはポーカー役をランキング順に並べた一覧表をご確認ください。
なお、確率は全て52枚1組のカードから5枚を選ぶ場合で算出しました。

役の名前 出現確率
ロイヤルストレートフラッシュ 0.00015%
ストレートフラッシュ 0.00139%
フォーカード 0.024%
フルハウス 0.144%
フラッシュ 0.197%
ストレート 0.392%
スリーカード 2.11%
ツーペア 4.75%
ワンペア 42.25%
ハイカード 50%

ロイヤルストレートフラッシュ

同じマークの10-J-Q-K-Aで構成される役。出現確率は0.00015%です。
一般のポーカールールで最も強い役になります。

ストレートフラッシュ

同じマークの連続した5つの数字から構成される役。出現確率は0.00139%です。
ストレートフラッシュ同士の勝敗は、5枚の中で一番数字を比べて決めます。

フォーカード

同じ数字のカード4枚で構成される役。出現確率は0.024%です。
海外では「フォ^・オブ・ア・カインド(four of a kind)」や「クワッズ(quads)」と呼ばれます。
フォーカード同士の勝敗は、原則としてフォーカードの数字を比べて判断します。

フラッシュ


同じマークのカード5枚で構成される役。出現確率は0.197%です。
フラッシュ同士の勝敗は、5枚の中で一番強い数字を比べて決めます。

次に紹介する「ストレート」と間違えやすいので注意してください。

ストレート

連続する5つの数字で構成される役。マークは関係ありません。出現確率は0.392%です。
ストレート同士の勝敗は、5枚の中で一番強い数字を比べて決めます。

スリーカード

同じ数字3枚のカードで構成される役。出現確率は2.11%です。
海外では「スリー・オフ・ア・カインド(three of a kind)」と呼ばれます。
スリーカード同士の勝敗は、まずスリーカードの数字のランクを比べ、同順位の場合は残りの数字のランクで決めます。

ツーペア

同じ数字のペア2組から構成される役。出現確率は4.75%です。
ツーペア同士の勝敗は、まずペアを構成する数字のランクを比べ、同順位の場合は残りの数字のランクで決めます。

ワンペア

同じ数字のペア1組で構成される役。出現確率は42.25%です。
ワンペア同士の勝敗は、まずペアを構成する数字のランクを比べ、同順位の場合は残りの数字のランクで決めます。

ハイカード

数字・マークともにバラバラなカードで構成される役。出現確率は50%です。
ハイカード同士の勝敗は、プレイヤーの手札2枚のランクで決めます。

まとめ

W88カジノ

いかがでしょうか?
ポーカーの役の1つ、「フルハウス」は、出るのが0.144%とかなり低い確率ですが、かなり強い役なので出来た時点でほとんど勝利することが出来ます。
ポーカーと聞くと難しそうなイメージが湧くかもしれませんが、案外役が簡単で初心者でもすぐに始められるということが分かったと思います。

役を覚えたら、どんどんポーカーの練習を積んでいきましょう。ポーカーをするにはW88カジノがおすすめです。

W88カジノのポーカー専用アプリでは毎日2時間ごとにフリーロール(無料)トーナメントが開催されており、毎回100人以上のエントリーがあるほどの賑わいぶり。ポーカーで獲得したお金は1000種類以上あるカジノゲームにも使うことができるので、ポーカートーナメントの待ち時間に手持ち無沙汰になることはありません。

◆この記事のポイント◆
✅フルハウスはスリーカードとワンペアで構成される役
✅役の強さは4番目だが、出現確率0.144%とかなり低い
✅フルハウスの他には、ロイヤルストレートフレッシュ、ストレートフラッシュ、フォーカード、フラッシュ、ワンペア、ツーペアなどの役がある
✅ポーカーを行うには、W88カジノがおすすめ

笠原 豪
W88カジノなら、簡単にポーカーをオンラインでプレイすることが出来るんだ。また、業界でも最多のに導入されているから安心だぞ。専用のポーカーアプリで世界中のプレイヤーと対戦することも出来るから是非チェックしてみてくれよな!

関連記事

注目コンテンツ