• 2018.08.29
  • 投稿

【永久保存版】スリーカードポーカーのルールと攻略法・必勝法を完全ガイド!

こんにちは!Casimo編集長の笠原豪です。
今回は、スリーカードポーカーのルールやプレイ方法基本の攻略法・必勝法などを徹底解説します。

ポーカーというと「テキサスホールデム」が有名ですが、他のプレイヤーとの駆け引きもあり勝つためには経験が必要になります。その点スリーカードポーカーは、駆け引きもなく手役も限定されているので、初心者にもおすすめのポーカーです。

なお、この記事内で引用している画像の中には、日本で最もプレイされているベラジョンカジノでプレイできる実際のゲーム画像もあります。スリーカードポーカーのプレイ方法や攻略法などを習得して、ぜひベラジョンカジノでプレイしてみてくださいね!

◆この記事を読んだら分かること◆
✅スリーカードポーカーと通常のポーカーの違い(ルール、遊び方、手役、配当など)
✅ディーラーとの勝負で欠かせない知識(「勝負するか、降りるか」を決める世界共通のルールとは?)
✅まずはここから始めよう!手役の出現率から導き出す「基本の攻略法」
✅初心者でも簡単!勝率を確実に上げる「2つの戦略」
✅スリーカードポーカーがスマホでも遊べる!編集部おすすめのオンラインカジノ

この記事では、「スリーカードポーカーのルール・遊び方・手役・配当」「ディーラーとの勝負に欠かせない知識(世界共通ルール、3つの攻略法)」「スリーカードポーカーが遊べるおすすめオンラインカジノ」など、幅広く解説していきます!

笠原 豪
手役の種類・強さや攻略法なんかは、スリーカードポーカー独自のものがけっこうあるから解説していくぜ!オンラインカジノなら24時間どこでもプレイできるから、この記事でルールを確認して自分にあったオンラインカジノを探してみよう!
その中でもランキング第1位のベラジョンカジノが特におすすめだからチェックしてくれよな!

スリーカードポーカーの確率から考える攻略法・必勝法

手役の強弱を競うゲームにおいて、「手役の出現率」を考慮することは必須です。

スリーカードポーカーの場合、ペアになる組み合わせは3744パターン、出現率は16.9412%ですが、ハイカード(手役なし)になる組み合わせは16440パターン、出現率は74.3891%もあります。

したがって、たとえ自分の手札がハイカードでも、あきらめるべきではありません。ディーラーの手札も同様にハイカードである確率が高いからです。

またフラッシュ以上の出現率が低いので、手札にペアがあるならディーラーと十分勝負できます。

「ペアがあるなら勝負確定。たとえ手役がなくても、手札にQ・K・Aが一枚でもあるならおもいきって勝負」

これがスリーカードポーカーの「基本の攻略法」です。

各手役の組み合わせ数と出現率を一覧表にしたので参考にしてください。

手役 組み合わせ 出現率
ストレートフラッシュ 48パターン 0.2172%
スリーカード 52パターン 0.2353%
ストレート 720パターン 3.2579%
フラッシュ 1096パターン 4.9593%
ペア 3744パターン 16.9412%
ハイカード 16440パターン 74.3891%

コール戦略

ここからは、スリーカードポーカーの勝率をさらに上げる戦略を2つ紹介します。

まずは「コール戦略」です。

コール戦略とは、「コール(勝負)するかしないかを、手札の組み合わせによって自動的に決める」という戦略です。

コール戦略の決定に必要な判断材料が、「ディーラーがノットクオリファイになる確率」「K+6以上のハイカードになる確率」です。

「ノットクオリファイの確率」は27.475%

ハイカードの出現率74.3891%は、実は「手役なしの全パターン」の確率です。ノットクオリファイにかぎっていうと出現率は約27.475%となります。ということは、手札に「Q・K・A」があるハイカードの出現率は約47%もあるわけです。

したがって、プレイヤーの手札がハイカードで、かつ「Q・K・A」がない場合は、無理をせず降りるのが無難です。

「K+6以上のハイカードになる確率」はほぼ50%

コール戦略のもう一つの判断材料が「K+6以上のハイカードになる確率」です。この確率は49.936%であり、これはプレイヤーもディーラーも同じです。

したがって、手札が「K+6以上のハイカード」である場合の勝率は、ほぼ50%になります。確率が五分五分ならば、ぜひ勝負しましょう!

まとめます。

「手札が2〜jのハイカードなら降りる。K+6以上のハイカードなら勝負する」

これが、コール戦略です。

ペアプラス戦略

ペアプラス戦略とは、「ペアプラスの出現率をふまえてペアプラスに賭けるタイミングをはかる」という戦略です。

4回に1回は手役ができるはず

ペアプラス(ペア以上の手役)の出現率は25.611%ですから、4回に1回はなんらかの手役ができる計算です。

回数を増やしていけば手役の出現率も当然高くなり、たとえ10回連続でブタが続いても、11回目に何らかの手役が出現する確率は96%にもなります。

したがって、不幸にも10回連続でブタが続いたような場合は、思い切って高額のチップをペアプラスにベットしてみましょう。一発逆転のビッグな配当が期待できるかもしれませんよ!

ペアプラスに賭けて負け分を回収しよう

10回連続とまではいかなくとも、「5連続でブタ続き」なんてことは珍しくありませんよね。ペアプラスの出現率はほぼ4回に1回なのですから、4回連続でブタで負けが続いた・・・なんてときには、アンティのほかにペアプラスにも多めに賭けると勝率が上がり、負け分を一気に回収できるかも・・・?

笠原 豪
必勝法を活用すれば、負けを取り返すこともできるからスリーカードポーカーはやめられないぜ!その楽しみを味わいたいならやっぱりベラジョンカジノでのプレイがおすすめさ。

スリーカードポーカーの基本情報

遊び方の説明に入る前に、まずはスリーカードポーカーの基本情報をチェックしましょう!

スリーカードポーカーのルール

スリーカードポーカーの主なルールは、以下の4つです。(細かいルールは流れの中で説明していきます。)

  1. スリーカードポーカーは手元に配られた3枚のカードだけで勝負する。
  2. 配られた3枚のカードは交換できない。
  3. プレイヤーは、ディーラーと1対1で勝負する。 (駆け引きが不要)
  4. 通常のポーカーとは違い「フラッシュ」より「ストレート」の方が強い。
  5. ディーラーは役が揃わない場合は強制的に勝負から降りる。

4.に注意してください。スリーカードポーカーでは、フラッシュよりストレートの出現率が低いので、ストレートのほうが強い手役です。
言葉だけではわからないと思うので実際にベラジョンカジノのゲームを使って説明していきます。

スリーカードポーカーのテーブルの見方

 

スリーカードポーカーのテーブルは上記のようになっています。
カジノによって異なる場合もありますが、基本的には3つのベットエリアで構成されています

  1. アンティ:最初にチップをかける場所
  2. コール:勝負する時に賭ける場所
  3. ペアプラス:役が揃うかどうかに賭ける場所

流れの説明でワードがたくさん出てくるので混乱しないように気をつけてください。

スリーカードポーカーのゲームの流れ

それでは早速、スリーカードポーカーの流れを見ていきましょう。

1 「アンティ」にチップを置く

まずはアンティにチップをかけましょう。

アンティは参加費になります。
アンティに賭けるということはゲームに参加するという意思表示になります

オンラインカジノの場合、チップを賭けたら「DEAL」というボタンを押せばプレイヤー、ディーラーにカードが配られます。

2 カードが配られ、「FOLD」か「RIDE」を選択

アンティにチップを賭けるとカードが配られます。
ここでプレイヤーは手札を見て、「FOLD」か「RIDE」を選択しなければなりません。

FOLD:勝負から降りる
RIDE:勝負する
(*アクションの意味)

勝負する場合は「アンティ」に賭けていたチップと同額のチップを「コール」に置きます。
(オンラインカジノの場合は自動で置いてくれます。)

もし、降りる場合は、アンティに賭けたチップが没収されます。

今回は手札が弱いですが、試しに勝負してみましょう。
手札の強弱は後ほど触れていきます。

3.勝負が決まる

コールにチップを賭けると、ディーラーの伏せてあるカードがめくられます。
プレイヤーの手札がディーラーの手札よりも強ければ配当がもらえます。

配当は、賭けた分のチップの2倍です。
例えば、アンティに1ドル賭けていれば、コールも含めて、4ドル貰えることになります。

また、役に応じて配当が変わるので注意しましょう。(配当については後で触れていきます。)

ここまでがスリーカードポーカーの一連の流れです。
次に役が揃わず、ディーラーが勝負から降りらどうなるのか解説していきます。

ディーラーが勝負から降りる場合

ディーラーが勝負から降りた場合はどんな手役であろうともプレイヤーの勝ちです。
実は先ほどのゲームではディーラーが強制的に勝負から降りていたことに気づいたでしょうか?

ディーラーの手札の下に「Dealer does not qualify」と表示されています。これはディーラーの役が揃っていないことを示しています。
ディーラーはJ以下のハイカードがない場合は強制的に勝負から降りなければなりません。

ディーラーが勝負から降りた場合の配当は、アンティに対する配当のみで、コールに賭けた分の配当はプレイヤーに戻ってきます。
つまり、アンティに1ドル、コールに1ドル賭けていた場合は、アンティに対する配当が1ドル、コールに賭けていた分のチップが戻ってくるので、合計3ドルの配当です。

なんとなく理解できたでしょうか?後は、カジノゲームでプレイしながら覚えていけばすぐに覚えることができます。
最後に覚える必要はありませんが、冒頭でも触れたペアプラスに賭けた場合の流れについて説明していきます。

4.アンティとペアプラスに賭ける

ペアプラスはとても簡単です。
ペアプラスとは、役が揃うかどうかに賭けるサイドベットになります。

ペアプラスに賭けて役が揃えば配当を貰うことができます。

ペアプラスにかけて役が揃えば、アンティ・コールに対する配当だけでなく、プラスαでペアプラスに対する配当も貰うことができます。

もし、役が揃わなければペアプラスに賭けた配当は没収されます。
ペアプラスの配当は役に応じて変わるので、次の項で触れていきます。

笠原 豪
プレイ方法を覚えてしまえばスリーカードポーカーは簡単さ。むしろ、スリーカードポーカーの魅力に引き込まれること間違いなし!ベラジョンカジノでもプレイできるから試してみてくれよな!

スリーカードポーカーの手役と配当

ここからは、スリーカードポーカーの全手役と「アンティ」「ペアプラス」の各配当について説明していきます。
先ほども触れましたが、アンティに賭けていた際、手役に応じて配当が異なります。これを「アンティボーナス」といいます。

それでは、役が強い順に紹介ていきます。強い役ほど、アンティボーナスも高くなります。

ストレートフラッシュ

同じマークの連続する3つの数字で構成される手役です。
(配当)
アンティボーナス・・・5倍
ペアプラスボーナス・・・40倍

スリーカード

同じ数字のカード3枚で構成される手役です。
(配当)
アンティボーナス・・・4倍
ペアプラスボーナス・・・30倍

ストレート

連続する3つの数字で構成される手役です。
(配当)
アンティボーナス・・・2倍
ペアプラスボーナス・・・6倍

フラッシュ

同じマークのカード3枚で構成される手役です。
(配当)
アンティボーナス・・・2倍
ペアプラスボーナス・・・4倍

ペア

同じ数字のカード2枚で構成される手役です。
(配当)
アンティボーナス・・・2倍
ペアプラスボーナス・・・2倍

ハイカード

手役がない、いわゆる「ブタ」です。
(配当)
アンティボーナス・・・2倍
ペアプラスボーナス・・・なし

使用カードの強弱

スリーカードポーカーにおけるカードの強弱は、他のポーカーと同じように「A」が最も強く、「2」がもっとも弱いカードとなります。

プレイヤーとディーラーの手役が同じ場合、手役を構成するカードの強さを比較することになります。「4・5・6」のストレートよりも「5・6・7」のストレートのほうが強いということですね。これはハイカード(手役なし)でも同様です。手札のなかでもっとも強いカードどうしの強さを比較します。

スリーカードポーカーの手役と配当まとめ

スリーカードポーカーの手役と配当を一覧表でチェックしましょう。

手役 アンティボーナス ペアプラス
ストレートフラッシュ 5倍 40倍
スリーカード 4倍 30倍
ストレート 2倍 6倍
フラッシュ なし 4倍
ペア なし 2倍
ハイカード なし なし

あらためて、次の2点に注意してください。

  • フラッシュよりもストレートのほうが強い。
  • 勝敗に関係なくもらえる配当(ペアプラス)がある。

スリーカードポーカーのハウスエッジ

ハウスエッジとは、プレイヤーがカジノに支払う手数料をパーセンテージで示した数字です。「控除率」と呼ばれることもあります。

スリーカードポーカーのハウスエッジは、アンティのみに賭けた場合が約2%ペアプラスにも賭けた場合が約5%です。アンティとペアプラス両方に賭けたほうが配当も大きくなるため、ハウスエッジも増えます。

他のギャンブルのハウスエッジと比較してみましょう。

(人気ギャンブルのハウスエッジ)

  • 競馬・・・約25%
  • パチンコ・・・約10〜20%
  • 宝くじ・・・約50%

このように、日本人に人気の高いギャンブルは、いずれもすさまじいハウスエッジです。スリーカードポーカーのハウスエッジがいかに少ないか、よくわかりますよね。

ハイカードでも勝負ができるスリーカードポーカー

いかがでしょうか?
スリーカードポーカーは通常のポーカーと少しだけルールが違いますが、手役の3枚が最初から決まっていることから、プレイするのが簡単で難しい駆け引きもなくカジノ初心者にも非常におすすめです。

コール戦略ペアプラス戦略のような効果的な攻略法もあるので、初心者の方もぜひスリーカードポーカーに挑戦してみましょう!

◆この記事のポイント◆
✅アンティとペアプラスを組み合わせればゲーム性が多彩に!
✅通常のポーカーと違い、フラッシュよりストレートのほうが強い。
✅ディーラーは世界共通ルールで「勝負か降りるか」を決める。なので初心者も安心♪
✅配当は「基本配当」「アンティボーナス」「ペアプラス」の3つ。
✅手役がなくてもQ以上があるならコール!
✅コール戦略やペアプラス戦略を駆使すると勝率アップ。
✅スリーカードポーカーのハウスエッジは、ほかのギャンブルよりもはるかに低い。
✅「オンカジでスリーカードポーカー」ならベラジョンカジノ。

笠原 豪
スリーカードポーカーはたった3枚の手役で勝負するシンプルなゲームだけど、やりこむほどに面白くなる奥の深いゲームだぜ!でも通常のポーカーとは違う点もけっこうあるから、まずはスマホでも遊べるオンラインカジノでたくさん練習しような!
海外のカジノに行くのは時間の制約があるけど、スマホで簡単にプレイできるオンラインカジノなら今すぐ始められるし、Casimo編集部がおすすめするベラジョンカジノはマルタ共和国政府の厳しい審査を受けてライセンスを取得してるから安心だぞ!

関連記事

注目コンテンツ