• 2018.01.16
  • 投稿

【カジノゲームの賭け方・必勝法】グランマーチンゲール法の使い方を徹底解説!

こんにちは!カジモ編集部の笠原豪です^^昔からギャンブルをやってきた私ですが、現在はオンラインカジノで毎月収益を得ています。最近になってようやく、ギャンブルで勝つためには、運と技術が必要なんだと思えるようになりました。

ギャンブルにおいて技術の1つとも言えるのが、状況に合わせて賭け方を選択することです。今回は、連敗時に力を発揮する賭け方『グランマーチンゲール法』について徹底検証していきます!

蒼井 那奈
せっかく遊ぶなら本場カジノに行きたいけど、時間もお金もないよ~(ノ◇≦。)
笠原 豪
だったらオンラインカジノをやってみるといいよ♪スマホやパソコンで出来るし、戦略をちゃんと立てれば俺みたく稼げるようになるぜ^^今回は必勝法として『グランマーチンゲール法』を紹介していくよ!

 

検証サイト数 26サイト
カジノでベットした金額 113万円
リサーチ総時間 35時間

この記事ではグランマーチンゲール法について分かりやすく解説していきます。
ページの最後で紹介する編集部オススメのお得に遊べるオンラインカジノで、ぜひその効果を体験してください♪

グランマーチンゲール法ってそもそも何?

グランマーチンゲール法とは、それまでの損失金を一発で取り戻し、さらに利益を出す手法です。

ギャンブルの賭け方には、”攻め”の戦略と”守り”の戦略があります。
代表的な賭け方であるマーチンゲール法は、「負けたら倍賭け」する手法で損失金を取り戻しますが、利益は少ないので”守り”の戦略といえます。

それを発展させたグランマーチンゲール法は「負けたら倍賭け+α(自分で決めた賭け金)」という手法で、損失金を取り戻すだけでなく利益も得るので、マーチンゲール法に”攻め”の要素を加えた戦略といえるでしょう。

グランマーチンゲール法の使い方

グランマーチンゲール法は、勝敗確率1/2、配当倍率(オッズ)2倍のゲームで使います。

では、スタートの賭け金を1ドルとして例を見ていきましょう。
『負けたら倍賭け+α』のα部分は1ドルに設定します。

ゲーム数 賭け金 勝敗 損益 損益合計 次回賭け金
1 1 × -1 -1 1×2+1=3
2 3 × -3 -4 3×2+1=7
3 7 × -7 -11 7×2+1=15
4 15 × -15 -26 15×2+1=31
5 31 31 5 -

1回目に負けたら、次のゲームで1×2+1=3ドル賭けます。
さらに負けたら、次は3×2+1=7ドル。
7ドルでも負けたら、次は7×2+1=15ドル。

賭け金が31ドルとなった5回目のゲームで勝ちました。
配当2倍なので、62ドルが手元に戻ってきます。

そうすると、それまでのゲーム合計賭け金
1+3+7+15+31=57ドルを全て取り戻し、
さらに、α×ゲーム数=1×5=5ドルの利益が出ました。

つまり、連敗していても1勝さえすれば、それまでの負けを全部取り戻して、さらに利益が生まれます。

必ず負けを取り戻して、なおかつ利益を出す。
これがグランマーチンゲール法の強みです。

マーチンゲール法で残る利益は、連敗数に関係なくスタート賭け金分のみです。
一方、グランマーチンゲール法では、(αで設定した額)×(ゲーム数)が利益として残ります。

つまり、グランマーチンゲール法は連敗すればするほど、勝った後に残る利益が大きくなります。

グランマーチンゲール法のメリットについて学んでおこう!

グランマーチンゲール法のメリットは次の2点です。

  • 連敗すればするほど、勝った時に残る利益が大きい。
  • 短期決戦に有効。

先に述べたとおり、この手法では連敗数に比例して、その後の1勝で残る利益が大きくなります。負けは重ねてしまうと、それだけ気分が滅入ってしまいますよね?しかし、この手法では負けた分だけ残る利益が大きくなるので、むしろ負けを歓迎する気持ちが生まれます。

負けを歓迎する、というのはギャンブルで勝利する目的と矛盾しています。
しかし、負けを恐れる気持ちで勝負をしては、ギャンブルでは勝てません。
精神論は意外とバカにできません。プロの勝負師は負ける気持ちでゲームに臨みませんからね。

また、この手法は連敗後の1勝だけで利益が出るので、すぐに結果を出したい時や、ツイてる時にたまに来る負けの際に使用する等、短期で負け金を回収しておきたい場面に適しているでしょう。

グランマーチンゲール法のデメリットを学んでおこう!

デメリットは次の2点です。

  • プレイヤーの資金には限界がある。
  • 勝利までの心理的負担が大きい。
  • ゲームでは最大ベット額に制限がある。

まず、最初に資金の限界です。仮に1ドルの賭け金からスタートしても、9連敗後の10戦目に必要な賭け額は1023ドル、10連敗を喫したら負け総額は2036ドルになります。日本円で約20万円です。

このように、連敗すれば雪だるま式に増えていきますし、その連敗を取り戻すためには、更に大きな賭け金が必要となるため、プレイヤーの資金力ありきの手法だとも言えます。

さらに、資金力があったとしても、負け続ければ1勝までの賭け金が膨大となることで、心理的負担が大きくなります。もう勝てないんじゃないかと思うくらい連敗しても、平然と倍額を賭け続けることで成立するのがこの手法です。この手法を使うためには、相当なプレッシャーに耐える心の強さも必要になります。

また、実際のゲームでは最大ベット額が決まっているため、その額を超えた額を賭けることはできません。グランマーチンゲール法では賭け金がすぐに大きくなるので、その理論通りに倍賭けを続けることができなくなります。

そのため、グランマーチンゲール法を実践で使う時は、制限内で勝負を決める覚悟が必要でしょう。

早速グランマーチンゲール法を試してみよう


本場カジノの臨場感を味わいたいならエンパイアカジノ!本物のディーラーとカメラを通してカジノゲームを楽しむことができるライブカジノでは、美人ディーラーがプレイヤーのアクションに応じてゲーム進行します。無料ですぐにテーブルゲームで遊ぶこともできるので、お金のことは気にせずに、負けたらグランマーチンゲール法をバンバン使ってみてください!1勝で連敗分を取り戻すのは、結構快感になりますよ♪

グランマーチンゲール法が使えるカジノゲーム

グランマーチンゲール法は、次の2点をおさえているゲームで使う必要があります。

  • 勝率が1/2であること。
  • 配当が2倍以上であること。

ここでは、2点を満たすゲームを3つ紹介します。

ルーレット(赤黒賭け、奇数・偶数賭け、ハイロー賭け)

ルーレットは、「0」もしくは「0」「00」と1~36の数字で構成されており、
その中のどれかにルーレットの球が入り、1つの数字が選ばれます。

ルーレットの賭け方は様々です。
その中でも、勝率が1/2になる賭け方は上部画像の枠部分にまとまっています。

・赤黒掛け(枠内中央)
1~36の数字には赤か黒が割り振られています。
数字にこだわらず、赤黒のどちらが選ばれるか賭けます。

・奇数・偶数賭け
奇数・偶数どちらの数字が選ばれるか賭けます。
英語表記では奇数がOdd、偶数がEvenとなっています。

・ハイロー賭け(枠内端「1-18」「19-36」)
選ばれる数字がハイの数字(19-36)、ローの数字(1-18)のどちらに当たるか賭けます。

カジノ初心者にオススメ!

カジノゲームで遊んだことがない人なら、まずはルーレットをオススメします。”カジノの女王様”と呼ばれるくらい、カジノを代表するゲームです。赤が続いたり、偶数が続いたり、ルーレットでは初心者でも分かりやすいゲームの流れが生まれます。グランマーチンゲール法は短期決戦で使うので、その時のゲームの流れに任せて使用すると意外と効果が高いですよ!
ルーレット必勝法を知りたい方はこちら

ブラックジャック

ブラックジャックは、ディーラーとの勝負です。

プレイヤーに配られたカードの合計値が21になるか、
ディーラーのハンドよりも21に近ければ、プレイヤーの勝ちです。

ただし、21を超えてしまうと負けになります。カードの数え方は次の通りです。

  • 2~10  ⇒数字の通り、
  • J,Q,K  ⇒10
  • A   ⇒『 1 』もしくは『11』どちらかで数える。

最初に配られた2枚のカードで勝負するならスタンド。
もう1枚カードをめくって合計値を増やしたい場合はヒット。
勝負をかけたい場合は、更にカードをめくって倍賭けするダブルで勝負します。

ディーラーに勝った場合、通常は賭け金の2倍戻ってきます。
合計値が21(Blackjack)の場合は、賭け金の2.5倍になります。
ディーラーのハンドと引き分け(プッシュ)の場合は、賭け金はそのまま戻ってきます。

本気でカジノで稼ぎたい人にオススメ!

ブラックジャックは、カジノゲームの中でもペイアウト率が高いゲームです。なぜなら、正しい知識を持って技術を磨けば、
その勝率を確実に高めることができるからです。
緻密な戦略を立てられるブラックジャックであれば、ハイリスクなグランマーチンゲール法もピンチをチャンスに変える必勝法として、その効果を最大限発揮させることができますよ!

ブラックジャック必勝法はこちら

バカラ

バカラは、PLAYERとBANKERのどちらが勝つか賭けるゲームです。
2~3枚のカードが両方に配られ、そのカードの合計値の1桁目が9に近い方が勝ちです。

カードの数え方は次の通りです。

  • 2~9   →数字通り
  • 10,J,Q,K →0
  • A    ⇒1

例:♡ 3♣ 6 = 9 , ♠ J ♥ 7 = 7

配当は、PLAYERに賭けて勝った場合が2倍。BANKERに賭けて勝った場合は1.95倍です。
また、PLAYERとBANKERが引き分けとなるプッシュに賭けた場合は、8倍となります。

3枚目が配られる条件最初はそれぞれ2枚が配られますが、次の場合に3枚目が配られます。

  • PLAYERの合計値が6未満(1~5)の場合
  • BANKERの合計値が6以下で、プレイヤーの合計値を下回る場合

ただし、2枚の時点でどちらかの合計値が8もしく9の場合は、その時点で勝負になり、上記条件でも3枚目は配られません。

熱い勝負が好きな人にオススメ!

オンラインカジノでの最高ベット額は1万ドル。テーブルリミットがネックのグランマーチンゲール法でも、リミットを気にせず本気で必勝法として使用することができます。しかし、バカラは中毒性が高く、普通の刺激では物足りないギャンブラー達が大金勝負でしのぎを削るゲームでもあるので、資金管理には十分注意しながらプレイすることをオススメします(><)

バカラ必勝法を知りたい方はこちら

実際にバカラで試してみた結果

では、実際にバカラでグランマーチンゲール法を試してみましょう!
バカラは『PLAYERとBANKER、どちらが勝つか』に賭けるというシンプルなゲームです。

PLAYERの配当は2倍、BANKERの配当は1.95倍です。
グランマーチンゲール法は配当2倍、勝率1/2で用いる手法なので、
ここではPLAYERに賭け続けることにします。

早速プレイ!

・1~2ゲーム目
まず、賭け金1ドルでスタートします。

PLAYERが5、BANKERが8。BANKER勝利なので、賭け金1ドルは没収です。

負けた場合は、前回賭け金を倍にして、勝った時にプラスα分の利益となる額を足し合わせた額を次ゲームの賭け金とします。ここでは、プラスα分を1ドルとします。

なので、次ゲームでは1×2+1=3ドルを賭けます。

2ゲーム目で早々に勝ちました!勝率1/2だから不思議なことじゃないですね♪
配当2倍なので、獲得金額6ドルから賭け金3ドルを差し引き、利益は3ドルです。

ここまでの損益合計は-1ドル+3ドル=2ドルです。

これでグランマーチンゲール法成功となり、一応検証終了ですが、
今回は調子良いので賭け金を1ドルに戻してゲーム続行です!

・3~7ゲーム目

3ゲーム目 賭け金 1ドル ⇒ 負け
4ゲーム目 賭け金 3ドル ⇒ 負け
5ゲーム目 賭け金 7ドル ⇒ 負け
6ゲーム目 賭け金15ドル ⇒ 負け
7ゲーム目 賭け金31ドル ⇒ 負け

…5連敗してしまいました(´・ω・`;)

2ゲーム目で勝って調子に乗ったのが悪いんでしょうか?
確率1/2だからそこまで連敗しないとタカをくくっていましたが、反省して考え直しました。

確率1/2ということは、毎回のゲームごとPLAYERが勝つ確率は1/2です。
つまり、どれだけ連勝しようが連敗しようが、PLAYERが勝つ確率は1/2のままです。

ある一方だけが勝ち続けると、「そろそろ逆が勝てるだろう」と思ってしまいがちです。
しかし、その感覚には心理バイアスがかかっているだけで、ゲームの確率は変わりません。

確率1/2だからと楽観的になりすぎず、ゲームに臨むことも大事なことですね!

・最後の勝負!
8ゲーム目の賭け金は31×2+1=63ドルです。
これで負けてしまうと、次ゲームでは賭け金を127ドルにする必要があります。
しかし…テーブルリミットは100ドルなので、次ゲームまでこの手法は続けられません。

ということで、8ゲーム目63ドル賭けが最後の勝負となります。
結果は…

勝ちました!良かった!勝ちましたっ!
利益は、獲得した126ドルから賭け金63ドルを差し引いて、63ドルです。

ここまでの戦績をまとめると次のようになります。

ゲーム数 1 2 3 4 5 6 7 8
賭け金 1 3 1 3 7 15 31 63
勝敗 × × × × × ×
損益 -1 3 -1 -3 -7 -15 -31 63
損益合計 -1 2 1 -2 -9 -24 -55 8

2ゲーム目で1ゲーム目の損失を取り戻し、8ゲーム目で3-7ゲーム分の損失を取り戻しました。
また、前者では2ドルの利益、後者では6ドルの利益が出ています。
理論通り、連敗分だけプラスαの利益が多くなってしますね!

使ってみた感想

負けが続いているのに、1勝さえすれば利益が出る点はとても良かったです。
利益分のプラスがあれば次のゲームをしたいと思える、気持ちの余裕ができますからね。
しかし、今回の3-7ゲーム目のように立て続けに負けてテーブルリミットに近づいていくと、手法が使えなくなってしまい大損失になる!という心配がよぎりました。しかし、最後の結果も確率1/2だと気持ちを割り切り、負けを恐れずに次ゲームに賭けたことで勝てたので良かったです。今回は、テーブルリミットの心配がありましたが、これをほとんど心配しなくていい条件が揃えば、必勝法といえる手法だといえますね!

出金限度額無制限!カジモ編集部オススメのオンラインカジノ3選

オンラインカジノとは、スマホやパソコンがあれば、自宅で手軽に遊べるゲームサイトです。
ゲームはバカラだけでなく、ブラックジャック・スロット・ポーカー・ルーレットなど色々。
ゲームキャラクターもかわいいキャラから映画をモチーフにしたクールなキャラまで、数えきれないほどあるので、自分のお気に入りゲームがきっと見つかります!

笠原 豪
ライブカジノでは、本場カジノと同じような雰囲気を味わえるからオススメ!美人ディーラーがゲーム進行してくれるから、自分好みの美人ディーラーがいれば、本場以上の楽しみを自宅にいながら堪能できるぜ^^

出金限度額無制限!300種類以上のゲームを取り添えるネットベットカジノ!

ゲーム数は300以上!オンラインカジノゲームの最先端が全て揃っているのがネットベットです。カードゲームではポーカーとブラックジャックが豊富に用意されているので、戦略を立ててギャンブルをしたい方なら、グランマーチンゲール法を取り入れた緻密な戦法を試す場にしてみてはいかがでしょうか?また、出金限度額無制限ということはそれだけ潤沢な資金をもって運営しているという証拠なので、安心してプレイすることができます!

無制限かつ出金スピード最短2分のパイザカジノ

日本語のLINEサポートがあるので初心者でも安心して遊べるパイザカジノ。出金額は無制限で、出金スピードは最短2分と業界最速です!ゲームに勝ったらその賞金をすぐにゲットできるなら、ゲームで勝負するモチベーションもアップしますね♪負けた時はグランマーチンゲール法で即取り戻して、勝ったら即出金という速さ重視の遊び方もパイザカジノなら可能にしてくれます。

スポーツの勝敗を賭けよう!ウィリアムヒルスポーツカジノ

スポーツ好きならウィリアムスポーツカジノが絶対おすすめ!野球、テニス、ボクシング等の世界中で行われているあらゆるスポーツの試合結果を予想してベットします。例えば、過去の戦績やチームメンバーのコンディションから考えて、5連敗以上はほとんど可能性が低いと予想ができるのであれば、グランマーチンゲール法の効果も最大限発揮することができるでしょう!

最後にグランマーチンゲール法についてまとめてみた!

いかがでしたか?最後に、グランマーチンゲール法についてまとめます。

  • 確率1/2、配当2倍のゲームで使用する。
  • 連敗した数に比例して、その後の1勝で手に入れられる利益が大きくなる。
  • 賭け金が増大しやすいので、資金管理やゲームリミットに注意すること。

プレイヤーの資金制限がある以上、実戦で使うにはハイリスクな手法だといえます。
しかし、得意なゲームの研究を重ねて、短期決戦でグランマーチンゲール法を使いこなせれば、最強の必勝法といえるでしょう!

蒼井 那奈
グランマーチンゲール法って、ずっと負けてても1勝すれば利益が出るから、次ゲームに積極的に挑戦できますねっ!ツイてる時にたまに1、2ゲームでも負けたら、ちょっと使ってみようかな♪
笠原 豪
この手法は、ゲームの配当や確率以上に、プレイヤーの運がその時の勝負を決めるものだとも言えるからね。まさに勝負師が使うアツい手法だと言えるぜ!編集部では、他の賭け方についてもお金と時間を使って徹底的に調べ上げているから、オンラインカジノで遊ぶ時は参考にしてみてね^^
関連記事

注目コンテンツ