• 2018.01.16 2019.11.11

【カジノゲームの賭け方・必勝法】10ユニット法の使い方を徹底解説!

こんにちは!Casimo編集部の笠原豪です。
今回は10ユニット法について紹介していきます。

10ユニット法は設定した目標利益、リミット額にそって賭け金を決める必勝法です。
資金管理重視の必勝法なので、堅実に稼いでいきたい方に向いています。

蒼井 那奈
資金管理って自分でやろうと思うと結構難しいんですよね。カジノで熱くなっちゃうともっともっとゲームしたくなるし!
笠原 豪
10ユニット法は資金管理の基本が詰まってるから、習得すれば冷静なゲーム運びができるようになるぞ。メモ必須の必勝法だから、オンラインカジノで使ってみてね!

この記事では、「10ユニット法の使い方」「10ユニット法のメリット・デメリット」「本当に使えるかどうか」など、幅広く解説していきます。

◆この記事を読んだらわかること◆
✅10ユニット法の使い方
✅10ユニット法のメリット・デメリット(重要)
✅10ユニット法は実際に使えるのか?(画像付きで解説)

10ユニット法の使い方

10ユニット法は目標利益額を10等分し作った数列から、賭け額を決める必勝法です。
勝敗確率1/2、配当倍率(オッズ)2倍のゲームで使用します。

10ユニット法はメモ必須の手法なので、ペンと紙を用意してください。

【準備①】
まず、 次の3つをゲーム開始前に設定します。

①手に入れたい金額(目標利益額)
②失ってもいい金額(リミット額)
③1ユニット分の金額(目標利益を10等分した金額)

①を20ドルとした場合、1ユニットは20÷10=2ドルです。
また、②が40ドルの場合、ユニットでリミット額を表すと40÷2=20ユニットになります。

【準備②】
紙に「 1」 を10個書き、数列を作ります。
なお、数列の数字はそれぞれユニット数を表します。

「1 1 1 1 1 1 1 1 1 1」

これで準備完了です。

【賭け金の決め方】
数列両端の数字の合計ユニット数がゲームの賭け金になります。

「1 1 1 1 1 1 1 1 1 1」

上記数列の両端は「1」なので、賭け金は1+1=2ユニットです。

【勝った場合】

勝った場合にやることは次の2つです。

①リミット額に利益分のユニット数を加える。
②数列の両端を消す。

リミット額が20ユニット、利益が2ユニットであれば、
新しいリミット数は20+2=22ユニットです。

また、数列は以下のようになります。

(前)「1 1 1 1 1 1 1 1 1 1」
(後)「   1 1 1 1 1 1 1 1   」

数字が残り1つになったら、そのユニット数を賭け金とします。

【負けた場合】

負けた場合にやることは次の2つです。

①リミット額から損失分のユニット数を引く。
②数列の右端に損失分のユニット数を加える。

リミット額が20ユニット、損失が2ユニットであれば、
新しいリミット数は20-2=18ユニットです。

また、数列は以下のようになります。

(前)「 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 」
(後)「 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2


以上、10ユニット法の使い方の説明でした。

10ユニット法は数列にある全ての数字が消えた時(10ユニット分の利益獲得)か、リミット額に達した時、1セッション終了となります。

具体的な流れをイメージしやすいよう、次の表で10ユニット法のゲーム進行を確認しておきしょう。
(各数字はユニット数を表しています。)

10ユニット法のメリットを学んでおこう!

10ユニット法のメリットは次の3点です。

  • 明確なゲーム目標を立てやすい
  • 数列がなくなれば必ず利益がでる

10ユニット法は目標利益額・リミット額のどちらも設定するので、目標がはっきりしています。また、数列がなくなれば必ず利益となるため、手法の出口が明らかです。

数字を消していくゲームだと考えれば、熱くなりすぎて大きな損失をもたらすこともなく、冷静にゲームに取り組むことができるでしょう。

10ユニット法のデメリットを学んでおこう!

10ユニット法のデメリットは次の2点です。

  • ややこしいのでメモを取る必要がある
  • リミット額をあげれば上げるほどリスクが高まる

この手法を使用する際、メモは必須です。
最初は面倒くさいと思うかもしれませんが、メモを逐一とることで冷静なゲーム運びができる上、ゲーム履歴を振り返りやすなるので一挙両得です。

また、リミット額を大きく設定しておけば成功率は高くなりますが、失敗する可能性も0ではありません。失敗してしまった時のことも考慮に入れて、自己資金の許容範囲内でリミット額を設定することをオススメします。

【重要】リミット額が足りない時の対策法

10ユニット法は長期で使っていると、賭けユニット数がリミット額を超える場合があります。

[例]
1ユニット:2ドル リミット額:10ユニット(=20ドル)
数列:「10 11 12 13 14 15
次賭け金:10+15=25ユニット(=50ドル)

このような場合は次の手順を踏んでいきます。

ユニット数列の左端を賭ける

数列の左端ユニット数≧リミットの場合は、左端の数字のみで勝負します

[例]
1ユニット:2ドル リミット額:10ユニット
数列:「10 11 12 13 14 15」
賭け金:10ユニット

勝った場合は数列の両端の数字を消します。

(前)「10 11 12 13 14 15」
(後)「 11 12 13 14 」

負けた場合は次の手順に移ります。

残りのリミット額を賭ける

数列の左端ユニット数<リミットの場合は、リミット全てを賭けます

例)1ユニット:2ドル リミット額:5ユニット
数列:「10 11 12 13 14 15」
賭け金:5ユニット

勝った場合は、数列の左端ユニット数から賭けたユニット数を引き、数列左端に加えます。

ここでは、左端10、賭け金5なので、10-5=5を加えます。

(前)「10 11 12 13 14 15」
(後)「5 11 12 13 14 15」

負けた場合はリミット額0となり、ゲームオーバーです。

笠原 豪
10ユニット法はメモ禁止の本場カジノでは使えないけど、自宅で楽しめるオンラインカジノなら使い放題だぞ!さっそく編集部イチ押しのベラジョンカジノの無料プレイで10ユニット法を試してみてね^^
今すぐベラジョンカジノの魅力を確かめる

10ユニット法は本当に使えるのか?

では、本当に10ユニット法が使えるかどうか試してみましょう。
今回は本場のカジノと同じペイアウト率で遊ぶことができるベラジョンカジノで試してみたいと思います。

10ユニット法は勝率1/2のカジノゲームで使用することができるので、バカラで配当2倍のPLAYERに賭け続けてみます。

バカラの詳しいルールについて知りたい方はこちら

【準備】
まず、1ユニットあたりの金額、目標利益額、リミット額を決めます。
今回は以下の設定にしました。

1ユニット:10ドル
目標利益額:10ユニット(=100ドル)
リミット額:30ユニット(=300ドル)

次に、紙に「1」を10個書きます。
「1 1 1 1 1 1 1 1 1 1」
両端の数字から、最初の賭け金は2ユニット(=20ドル)です。

【1ゲーム目】

PLAYER「8」、BANKER「4」。
PLAYER勝利なので、4ユニットが払い戻されました。利益は2ユニットです。

勝った場合はリミット額を利益分増やし、数列の両端を消します。

損益:2ユニット リミット:30+2=32ユニット
数列:「1 1 1 1 1 1 1 1」
次ゲーム賭け金:1+1=2ユニット

【2ゲーム目】
PLAYER「1」、BANKER「5」。
BANKER勝利なので、2ユニット没収です。

負けた場合はリミット額から損失分を減らし、数列の右端に賭け金を加えます。

損益:-2ユニット リミット:32-2=30ユニット
数列:「1 1 1 1 1 1 1 1 2
次ゲーム賭け金:1+2=3ユニット

【3ゲーム目】
PLAYER「1」、BANKER「2」。
BANKER勝利なので、3ユニット没収です。

損益:-3ユニット リミット:30-3=27ユニット
数列:「1 1 1 1 1 1 1 1 2 3
次ゲーム賭け金:1+3=4ユニット
 

【4ゲーム目】

PLAYER「1」、BANKER「0」
PLAYER勝利なので、8ユニット払い戻されました。利益は4ユニットです。

損益:4ユニット リミット:27+4=31ユニット
数列:「1 1 1 1 1 1 1 2」
次ゲーム賭け金:1+2=3ユニット

【5~9ゲーム目】

5~7ゲーム目まで3連勝、8ゲーム目で負けましたが、9ゲーム目で勝ちました。
リミット額、数列は以下のようになります。

リミット:36+3=39ユニット
数列:「1」

数字が1つだけ残った場合は、そのユニット数だけ賭けます。

【10ゲーム目】

PLAYER「9」、BANKER「6」。
PLAYER勝利なので、2ユニット払い戻された。利益は1ユニットです。

これで数列にあった数字が全て消え、10ユニットを獲得することができました。
10ユニット法の成功です。

ここまでの戦績をまとめると次のようになります。

数列を書くのが正直面倒ですが、目標まであとどれだけか一目でわかるので、冷静にゲームに取り組むことができました。

ある程度リミット額にゆとりを持たせるのは、心の余裕につながりますね。

追伸〜10ユニット法で堅実に儲けよう〜

いかがでしょうか。
10ユニット法は目標利益を堅実に稼いでいく資金管理重視の必勝法です。

資金管理はカジノゲームで勝ち越したいならば必ずやるべきことですが、なかなか実践するのは難しいものです。その点、10ユニット法には資金管理の大事なポイントが全て詰まっているので、勝ち越す力をつけるべく10ユニット法を実践してみてはいかがでしょうか。

本場カジノではメモ禁止ですが、オンラインカジノならメモを取りながらカジノゲームで遊べます。無料プレイを活用して、さっそく10ユニット法を試してみてください!

◆この記事のポイント◆
10ユニット法は目標利益額を10等分して数列を作る必勝法
使用するゲームは勝率1/2で配当2倍であること
賭け金は数列の両端を足し合わせたユニット数
勝ったら数列の両端を消す
負けたら損失分のユニット数を数列の右端に追加

笠原 豪
オンラインカジノなら自分のペースで10ユニット法を研究できるぜ!
海外のカジノに行くのは時間の制約があるけど、スマホで簡単にプレイできるオンラインカジノなら今すぐ始められるし、Casimo編集部がおすすめするベラジョンカジノはマルタ共和国政府の厳しい審査を受けてライセンスを取得してるから安心だぞ!
今すぐベラジョンカジノの魅力を確かめる
蒼井 那奈
他にもオンラインカジノはたくさんあるんだよ!
日本語対応の40サイト以上を徹底比較して、自信を持っておすすめできるカジノを厳選したからチェックしてみてね!