• 2018.07.27 2018.07.27

【シンガポールカジノ情報】リゾート・ワールド・セントーサの特徴を徹底調査してみた

こんにちは!カジモ編集長の笠原豪です。
突然ですが、皆さんは『シンガポール』にどんなイメージを抱いていますか?僕は夜でも煌々と輝く街並み、お土産のお菓子にもなっているマーライオン、世界各国から観光客が集まる巨大なカジノなど、見所がたくさんあるという良いイメージをいっぱい持っています

蒼井 那奈
豪くん!またシンガポールに行ってたんだって?

笠原 豪
ああ、お休みをもらってシンガポールを堪能してきた!今回は一つの施設で全てを網羅できるといっても過言ではない、リゾート・ワールド・セントーサ(RWS)で、ゆっくりスパやカジノを楽しませてもらったよ。

蒼井 那奈
いいな~私も行ってみたい♪でもリゾート・ワールド・セントーサって、大きなリゾート施設じゃなかった?カジノなんてあるの?

笠原 豪
シンガポールのカジノといえば、マリーナ・ベイ・サンズカジノとリゾート・ワールド・セントーサカジノの二つが挙げられるほど有名なカジノだよ。今回は、気軽にカジノや遊園地が楽しめるリゾート・ワールド・セントーサの特徴を詳しく解説していくぜ!

南国気分を味わえるカジノリゾート「リゾート・ワールド・セントーサ」

ハヤイやトンガ、バヌアツなどの南国を旅行したい。海や遊園地、カジノも同時に楽しみたい、という一見ワガママでしかない要望は、リゾート・ワールド・セントーサが全て叶えてくれます

アジア最大級と名高いリゾート・ワールド・セントーサは、セントーサ島を丸ごと使った巨大なエンターテイメントリゾートです。「島をまるごとリゾート地にする」という字面だけでも迫力がありますが、実際に総面積は約49万平方メートルもある超がつくほど巨大な施設です。

日本円で約5,055億円もの建設費をかけており、世界で4番目に建設費がかかっている建設物であるということでも有名。日本だけでなく世界各国からの観光客も多く、長距離を移動しなくても遊び場が充実している人気スポットです。

『全てが体験できる』という謳い文句が本当なのかどうか、実際にどういう施設があるのか、特徴とあわせてチェックしていきましょう!

ホテル

リゾート・ワールド・セントーサ内には、多くのホテルが存在します。泊まるホテルに困ることはないでしょう。テーマに沿った個性的なホテルが多く建ち並び、総客室数は1,600室にも及びます。

1万円以下から宿泊できるお手頃なホテルから、一泊10万円以上の高級ホテルまであるので、希望のプランに沿ったホテルを探せるのもリゾート・ワールド・セントーサの魅力のひとつ。

個性的なホテルの一部を紹介すると、例えばプライベートヴィラを備えたラグジュアリーなホテルのピーチ・ヴィラや、ベッドで横になりながら本物のマンタを窓から眺められるオーシャン・スイートなど、日本では味わうことのできないスケールの大きな贅沢を堪能することができるでしょう。

リゾート・ワールド・セントーサの各種施設へのアクセスも良いので、遊び尽くしたい人は是非セントーサ島内のホテルに泊まるのがおすすめです。部屋毎でインテリアの印象や広さが大きく異なるので、折角ならば予算内で自分好みの部屋を探してみてください。

近未来感がある部屋、ゴージャスな部屋、ユニークなインテリアが設置されている部屋など、ホテルによって雰囲気が異なるので選ぶ楽しみもあります。

商業フロア

リゾート・ワールド・セントーサには、商業フロアであるフェスティブウォークと呼ばれる大型のショッピング施設があります。ワールドクラス級のショップや飲食店がずらりと100店舗以上建ち並んでいるので、眺めているだけでも飽きがきません。

頭上高くに設置されたシャンデリアが高級感をかもしだして、歩いているだけでも贅沢な気持ちが味わえます。この商業フロアは約500メートルもの長さがあり、欲しいものが揃わないことはない!と言っても差し支えないでしょう。

自分自身の購入したいものをチェックするのはもちろん、お土産もここで購入しておくのがおすすめです。

レストラン

ショッピングでお腹が空いたら、各国の料理が集うシンガポールのグルメエリアで舌鼓をうちましょう。

島南部に位置する『マレーシア・フード・ストリート』と、中心部にある『ジョエル・ロブション・レストラン』、名前の通り海を一望できる『オーシャン・レストラン』など、選ぶのに困ってしまうほどグルメも充実しているのがリゾート・ワールド・セントーサ。いざ訪れたときに悩まないよう、編集部おすすめのお店をいくつかピックアップしました!

まずはカジュアルに食事を楽しみたい、という人におすすめなのが、ネットでの口コミ数も多いThe Kitchen Table(キッチンテーブル)。女性に人気の高いSNS映えするキレイなデザートや、肉厚なパテを投入した食べ応えのあるハンバーガーまで揃っています。天気の良い日はシンガポールのそよ風を感じながら、テラス席で食事を楽しめるのも特徴です。

せっかくシンガポールにきたんだから、郷土料理が食べたいという人は、マレーシアン・フードストリートに行ってみましょう。ユニバーサル・スタジオの入口にあるため、どの時間帯でも多くのお客さんで活気があります。シンガポール料理は勿論のこと、中華料理やベジタリアン向けのお店まで、とにかくお店の種類が豊富なので、食べ歩きを楽しんでもいいでしょう。

海外ならではのアレンジされた日本食を味わってみたいという人は、春(シュン)を訪れてみてください。神戸市出身のシェフが手掛けるインターナショナルな日本食は、和食でありながらも海外ならではの華やかさが加わった品ばかり。もちろん内装も和をイメージされているので、日本を思い返しながらほっと一息つきたい時にもどうぞ。

水族館


リゾート・ワールド・セントーサの水族館は、通常の水族館とは規模が全く異なります。悠々自適に泳ぐマンタやサメが眺められる、世界最大の巨大な水族館、『シー・アクアリウム』では、幅36メートル、高さ8.3メートルのパノラマ水槽が楽しめます。
圧巻の大きさを誇る水槽には約800種類以上もの海洋生物達が広々と泳ぐだけでなく、映画のワンシーンのような難波船のディスプレイなどが設置されているという特徴も。

シー・アクアリウムの総水量はなんと4500万リットル!日本で一番大きな水族館である沖縄美ら海水族館の中でも、最も大きな水槽の水量が7,500トンというのですから、規模の差が明確にわかると思います。

リゾート・ワールド・セントーサ水族館が他の水族館と大きく違うのは、『アドベンチャーコープウォーターパーク』と呼ばれるアトラクションエリアと連なった構造になっているという点です。シー・アクアリウムで魚を見たあとは、アドベンチャーコープウォーターパークに移動してスライダーを楽しんだり、プールで泳いだりと、体を動かした遊びができるのもリゾート・ワールド・セントーサならでは。

ユニバーサルスタジオシンガポール

世界各地に存在するユニバーサルスタジオ。多様なジャンルの観光スポットがあるセントーサ島の中でも、断トツで観光ランキング1位を獲得しています。
世界最小のユニバーサルスタジオなので、日本と比べると敷地面積は半分以下です。しかし、映画のシュレックを題材としたエリア、古代エジプトをテーマにしたエリアなど、日本にはない雰囲気やアトラクションが楽しめます
迫力満点のジュラシック・パーク・ラピッド・アドベンチャーに、凝った激戦の演出が目白押しのトランスフォーマー・ザ・ライドなどは、とりあえずおさえておくのがおすすめです!

リゾート・ワールド・セントーサで遊べるカジノ

水族館に遊園地。なんでも揃うリゾート・ワールド・セントーサでは、本格的なカジノも楽しめます
カジノと聞くと日本人はどうしても敷居が高いイメージを抱いてしまいがちだと思います。ですが巨大複合アミューズメントパークであるリゾート・ワールド・セントーサのカジノはドレスコードもゆるいので初めての人でも入りやすく、チャレンジしてみようかな?という気持ちにさせてくれるカジノです。

エリアはゲームの種類毎ではなく、禁煙エリア喫煙エリアでしっかり区別されているので、タバコを吸わない人や女性に優しいつくりになっています。2FにはVIPルームやプライベートルームも完備されているので、本気で賭けに行く人も安心!場内はかなり広いので、間違えてシンガポール人専用エリアに入り込まないように気をつけましょう。

人気ゲームのバカラを始めとして、ルールがわかりやすいブラックジャックやシックボーなどの19種類以上ものテーブルゲームが遊べます。平日の夜はミニマムベッドで遊べるテーブル数も多く準備されているので、本場のカジノを安く遊びつくしたいという人はやってみてはいかがでしょうか。

以下に初めての人でも迷わないよう、リゾート・ワールド・セントーサカジノの営業時間やゲームに関するポイント、注意しておきたい点を表にしてまとめました。

ドレスコード スマートカジュアル
営業時間 24時間
テーブル数 500台
スロット数 1300台
クレジットカードの使用できる種類 VISA、Mastercard、JSB(手数料2%加算)
年齢制限 21歳以上

シンガポールのカジノは、世界的に見てもドレスコードの制限がゆるめなことで有名です。きちっとした格好じゃなくても入れるので、難しく考える必要はありません!サンダルに短パンなどのラフすぎる格好さえ避ければ大丈夫です。興味があれば、ぜひカジノで遊んでみましょう。

カジノゲームの種類

実際にカジノで遊ぶ前に、プレイできるゲームの種類を把握しておきましょう。一覧で並べてみて、あなたが知っているゲーム、知らないゲームがどれ位あるでしょうか。

ゲーム名 ミニマムベット マックスベット
バカラ

100SGD~200SGD
(約9,000円~18,000円)

100,000SGD~200,000SGD
(約900万円~1,800万円)
ブラックジャック 10SGD~25SGD
(約900円~2,250円)
1,000SGD~5,000SGD
(約90,000円~45万円)
ブラックジャックスイッチ 25SGD
(約2,250円)
5,000SGD
(約45万円)
カリビアンスタッドポーカー 25SGD
(約2,250円)
5,000SGD
(約45万円)
ルーレット 100SGD~200SGD
(約9,000円~約18,000円)
100,000SGD~200,000SGD
(約900万円~1,800万円)
ポンツーン 10SGD~25SGD
(約900円~約2,250円)
1,000SGD~5,000SGD
(約90,000円~45万円)
プログレッシブ・テキサスホールデムポーカー 25SGD~25SGD
(約2,250円~約2,250円)
5,000SGD~100,000SGD
(約45万円~900万円)
シックボー(大小) 25SGD~50SGD
(約2,250円~約4,500円)
50,000SGD~50,000SGD
(約450万円~450万円)
3カードポーカー 25SGD
(約2,250円)
5,000SGD
(約45万円)

誰でも知っているブラックジャックやポーカーはもちろん、バカラやルーレットといった人気ゲームもテーブル席でプレイできます。電子テーブルゲームは通常のテーブルゲームを電子パネルで見られるようになったもので、ルールはほぼ変わりありませんので安心してください。

リゾート・ワールド・セントーサのカジノの特徴の一つに、テーブルゲームのミニマムベッドが高めに設定されている、という点が挙げられます。お金を賭けてみたいけど小額がいいという人は、スロットから始めるのが良いでしょう。

しかし、やはり実際のディーラーを前にして遊べるテーブルゲームとスロットゲームを比較すると、臨場感や迫力が全く違います。軍資金に余裕があるなら、一度でいいので是非テーブルゲームならではの魅力を体験してほしいところです。ポンツーンやブラックジャックといった一部テーブルゲームは、ミニマムベットを安く設定していることもあるので、本場のテーブルゲームを体験したいという人におすすめです。

人気のゲームはやはりバカラ。ルールが単純でわかりやすいという点から、シックボーの席も賑わっている印象です。どちらも初心者でも楽しめるゲームなので、難しい知識や前情報は必要ありません。

カジノに行くときに注意すべき基本的なマナー

先ほどシンガポールのカジノはドレスコードの判定が甘いと前述しましたが、他にもカジノ特有の基本的なマナーが存在します。ゲームを楽しむという以前に、基本的なマナーを守ることがカジノに入場する大前提となります。

まだカジノに行ったことがない人も、既にカジノを体験したという人も、おさらいとして今一度チェックしておきましょう!

写真・ビデオ撮影はNG

きらびやかなカジノ場。映画でしか見たことが無いような贅沢な空間に、思わずカメラのシャッターをきりたくなる気持ちはわかりますが、実はカジノでは写真撮影は禁止されています。写真がダメなので、もちろんビデオ撮影もNGです。

場所によっては写真撮影可というエリアもありますし、ゲーム機筐体のみの撮影なら許可されることもあります。

スロットで思わぬ大当たりをしたので記念に写真に残しておきたい!という時などは、当たった画面のみを撮影していいか、近くのスタッフに聞いてみましょう。「Can I take a picture?」と声をかければ通じます。

写真撮影は全面的に禁止されていますが、テーブルゲーム中にスマホなどの端末に触れるのもNGです。このマナーを知らずに、LINEやメールの通知がきたから、と触ってしまう人がたまにいます。

スマホに触るとディーラーから注意を受けてしまうので、ゲームの進行を妨げてしまい恥をかいてしまうでしょう。緊急の連絡など、どうしても電話に出ないといけない場合などは、必ず事情を伝えて電話に出てもいいか尋ねてからにしてください。

テーブルの上に荷物を置くのはNG

テーブルの上は、ディーラーや他の客にとってプレイを行う場所なので、決して物を置いてはいけません。スマホや財布など、小さなサイズの物であっても、です。

テーブル上に物を置くのは、キーボードを打ち込んでいる人のキーボード上に物を置くようなとても邪魔な行為です。決してやってはいけません。

カジノに訪れる際は貴重品といえどもできるだけ持ち物を減らしておく、ウエストポーチなど、体から離れないようなバッグを準備しておくなど、工夫を凝らしてみましょう。

他人のチップを触るのはNG

カジノ内で最もやってはいけない行為が、他人のチップに触ることです。少し指でつつくだけでも、盗む行為と受け取られてしまいます!自分の配当を引き上げる際に腕や手の甲に当たってしまったら、故意ではなくても厳重注意を受けます。

ディーラーから注意されるだけでも気まずいですが、チップの持ち主とトラブルに発生してしまうことも。チップといえども実際は「現金」な訳です。もしもチップではなくて札束が並んでいると想像したら、普通は不用意に触ろうという気はおこらないはずです。

無用な言いがかりを受けてしまわないよう、他人のチップにはどんな状況下でも触れないように注意しましょう。カジノのマナーに関しては別ページで詳しく説明しているので、気になる人は細かいマナーをチェックしておくのが吉です!

⇒カジノでのマナーや禁止事項に関して詳しく知りたい方はこちら

本場カジノで遊ぶ前にオンラインカジノで練習しておこう!

リゾート・ワールド・セントーサカジノのイメージは掴めてきたでしょうか?施設の大きさやゲームのルールを事前に把握しておくだけでなく、オンラインカジノを使って実際にお金を賭けてみましょう!本場カジノの雰囲気に飲まれてあっという間に軍資金が無くなってしまった!ということにならないよう、カジノゲームのイメージをオンラインカジノで掴んでおきましょう。

⇒オンラインカジノについて詳しく知りたい人はこちら

ライブカジノ特化型!本場の臨場感が味わえるエンパイアカジノ


フィリピン政府から認可を受けているエンパイアカジノは、実際のランド型カジノを運営しているだけあり、臨場感が凄まじいのが特徴です。フィリピンカジノで人気の高いバカラに特に力を入れており、バカラのテーブル数だけで50もあるといのですから驚きです。

スロット等の個人で行えるゲームではなく、ライブカジノに特化しているというだけあり、とにかくテーブルゲームの種類が豊富です。ディーラーとの相性というのは、実際にカジノで遊んだことがある人だけ感じ取れるとても曖昧なもの。本場のカジノで流れを掴むためにも、ライブカジノに特化したエンパイアカジノで生のディーラーとやり取りをおこなっておきましょう

テーブルカジノが充実!多くのカジノゲームが遊べるパイザカジノ

日本で人気急上昇中のパイザカジノの特徴は、ずばりテーブルカジノが充実している点です。プレイした結果高額の掛け金をゲットできても、オンラインカジノのサイトの中では類を見ないほどスピーディーに全額引き出せるというメリットもあります。

カジノゲームの総数は約800種類と、とにかくゲームの種類が豊富なので、ゲーム好きの人にはもってこいのオンラインカジノサイトで、珍しいスクィーズ・バカラ(絞り)が楽しめるというのも、臨場感を味わえるポイントのひとつ。まるで本場のカジノでカードに触れているかのような、圧倒的な臨場感が端末から体験できます。

まずはお試しプレイ!初心者向けベラジョンカジノ

オンラインカジノをやったことがない人に自信を持っておすすめできるのは、ベランジョンカジノ。高い安全性と話題性に富んだゲームを提供してくれるので、オンラインカジノに対する不安を全て払拭してくれます。日本人向けに登録するだけで$30ボーナスがもらえるキャンペーンを行っているので、とりあえず無料分だけ使って、テーブルゲームの片鱗を味わうといったことも可能です。

カジノの基本的なゲームはもちろん、話題のゲームや最新のゲームが遊べるのがベランジョンカジノの特徴です。新規ユーザーでも楽しみやすいような配慮がされているので、初心者でも心配いりません。

一度は行ってみたい「リゾート・ワールド・セントーサ」

今回の記事でリゾート・ワールド・セントーサが、いかに壮大なエンターテイメントリゾートであることが伝わったでしょうか?日本人でも安心して旅行できるシンガポールの中でも、是非一度は訪れてもらいたいスポットです。
単身でとことん遊び尽くすのも良し、家族連れは遊園地やプールで思い出を残すのも良し、恋人とカジノでムードたっぷりに過ごすのも良しの、夢のような島、リゾート・ワールド・セントーサ。機会があれば、日本では決して味わえない本場カジノの熱を感じてみてはいかがでしょうか。

蒼井 那奈
水族館にカジノ……写真を見てるだけでも、すごくキレイで素敵なところっていうのが伝わってきたよ!私もリゾート・ワールド・セントーサカジノで遊びたかった~!
笠原 豪
異国でチップを賭けてゲームをするというのは、本当にドキドキして盛り上がるよな。シンガポールカジノに興味がある人は、事前にオンラインカジノで予習しておくことをおすすめするぜ。編集部が実践したオンラインカジノランキングもあるから、良ければチェックしてみてくれ!