• 2018.09.24
  • 投稿

【ラスベガス編】カジモ編集部がオススメするカジノリゾートホテル 

こんにちは!Cajimo編集長の笠原豪です。

今回は【ラスベガス編】カジモ編集部がオススメするカジノリゾートホテルについて紹介して行きたいと思います。

ラスベガスのカジノホテルはカジノだけではなく、それぞれのホテルで特徴的部分があったり、テーマパークとしても楽しめるような設計になっていたりと、行くだけで楽しめる夢のような街です。

蒼井 那奈
豪くん、ラスベガスに行っってきたのね☆羨ましい!!ラスベガスのカジノって暗黙の了解のルールがありそう。どんなことを知っておけばいいの?
笠原 豪
ラスベガスのカジノには特有のルールがあるけど、これから紹介する事項をしっかりとおさえておけば、24時間営業&年中無休なのでいつでも楽しく遊ぶことができるよ☆詳しく紹介するね(^^)

この記事では「ラスベガスのカジノのルール」「ラスベガスのカジノ付きオススメホテル」「カジノの詳細」について幅広くご紹介していきます。

◆この記事を読んだら分かること◆
✅ラスベガスのカジノのルール (服装・年齢制限・写真撮影等)
✅暗黙のルールについて(チップの渡し方)
✅おすすめのホテル (定番&穴場のホテル)
✅カジノで人気のゲーム(クラップスについて)

まずはラスベガスカジノのルールを知ってスマートに振舞おう!

ラスベガスのカジノというと暗黙の了解のルールなどがあり初心者だと取っつきにくいイメージがあるかもしれません。しかし、きちんとルールを知っておけばラスベガス旅行の楽しみが増えること間違いないので次の項目を確認していきましょう。

服装について

カジノではドレスコードの規定が強いイメージがあるかと思いますが、ラスベガスでは昔に比べてさほど厳しい規制にはなっていません。アメリカ人はそもそもにカジュアルなスタイルの人が多いです。

ただし、かかとのないサンダルや短パン、スウェットといったようなラフ過ぎる格好では入場を断られる場合もあるのでスマートカジュアルな服装を心がけるといいでしょう。

年齢制限は?

カジノの入場制限はその国によって多少年齢が異なります。ラスベガスの場合、アメリカで成人とみなされる21歳以上でなければ入場をすることができませんまた、子連れでギャンブルをしたり、子供をホテルに置き去りにするなんてことにも厳しい国なので家族でラスベガス旅行を考えている方は、託児所やベビーシッターを利用するなど計画を練り直す必要があります。

大人であっても日本人の年齢はわかりにくいのでパスポートの持参は必須と思っておきましょう。

写真撮影はNG

世界中のカジノで共通する事項になりますが、カジノのフロア内での写真撮影は一切禁止となっています理由としては、イカサマや不正の防止・プレイヤーのプライバシー保護が目的とされているからです。これに違反すると退場が厳重注意を受けます。

「せっかくラスベガスに来たからには、カジノでどうしても記念写真が撮りたい!」という人はセキュリティにどこであれば写真撮影をしてもよいのか確認するか、ホテルの入口で邪魔にならないように撮影するといいでしょう。

暗黙のルールは?

いざ、カジノでゲームをプレイする際に暗黙のルールとされていることがあります。

まず、チップの渡し方です。カジノでテーブルゲームをプレイしたら、ゲーム終了時にディーラーにチップを渡す必要があります。だいたい5ドルがマナーとされているので5ドル札はいくつか用意しておくといいでしょう。

また、カジノ内ではプレイ中、ドリンクが無料になります。プレイ中に自分でドリンクを取りに行く行為はゲームを中断させるためNGなので、店員にお願いする必要があります。そして注文したドリンクを受け取ったらチップとして1ドル渡すことがマナーです。

これらは暗黙のルールなのでスマートに行いましょう。

必見!ラスベガスのカジノ付きオススメホテル

ラスベガスでカジノ付きのホテルはたくさんありますが、

カジモ編集部では定番中の定番のホテルとプラスで独自のおすすめホテル、さらには各ホテルのカジノのスペックと、価格帯、ミニマムベットを紹介します。

最後の「シーザースパレス」はあのカジノ映画「ハングオーバー1」でも有名なホテルで、国内ツアーにはない穴場ホテルなのでカジノ好きには必見です!

ザ ベネチアン リゾートホテル

画像引用元URL:https://www.venetian.com/casino.html

「ザ ベネチアン リゾートホテル」は名前の通り、イタリアの海の都ベネチアをモチーフに建てられた巨大リゾートホテルです。

敷地面積は50,000㎡以上あり、ホテル内には3つの運河が流れていてゴンドラに乗ることもできます。

カジノへのアプローチには大理石となっていて、とにかくゴージャスでイタリアの宮殿や美術館にいるような感覚を味わえる最高のホテルです。

●ザ ベネチアン リゾートホテルの詳細

テーブル数

800台以上

スロット数

3,400台以上

ミニマムベット

ブラックジャック3〜5USD、バカラ25〜50USD

宿泊費

ラグジュアリースイート286USD〜479USD〜(約32,000〜53,000円


ベラージオホテル

画像引用元URL:https://www.bellagio.com/en/casino.html

「ベラージオホテル」はラスベガスでもひときわ目立つ、ベラージオの巨大噴水の後方そびえ立つホテルで、エンターテイメントショー、シルク・ドゥ・ソレイユの「O(オー)」を上演していることでも有名な最高級リゾートホテルです。

ベラージオホテルはあの映画オーシャンズ11の舞台となったことでも有名なホテルで、カジノのフロアもエレガントで華やかな雰囲気に包まれています。

ベラージオホテルの詳細

テーブル数

206台以上

スロット数

2,300台以上

ミニマムベット

ブラックジャック15〜500USD、バカラ100〜1,000USD

宿泊費

リゾートキングルーム1泊 159USD〜549USD(約18,000〜61,000円)

プラネット ハリウッド リゾート&カジノ

画像引用元URL:https://www.caesars.com/planet-hollywood/casino/slots#.W4ZhltgzZTY

「プラネット ハリウッド リゾート&カジノ」はラスベガスの大通りブルーバードのストリップという区間にの中心にあるハリウッドをテーマにしたカジノホテルです。

185店舗を構えるミラクルマイルショップスというショッピングモールが隣接していて観光にも便利な立地です。時期によって世界トップクラスのパフォーマーによるエンターテイメントショーも開催しているので事前に調べてみるといいでしょう。

プラネット ハリウッド リゾート&カジノの詳細

テーブル数

95台以上

スロット数

2,100台以上

ミニマムベット

ブラックジャック15〜25USD、バカラ25USD〜

宿泊費

ウルトラヒップルーム1泊 59USD〜407USD(約6,100〜45,000円)

フラミンゴ ラスベガス

画像引用元URL:https://www.caesars.com/flamingo-las-vegas/casino

「フラミンゴ ラスベガス」は1946年にストリップ地区にオープンしたラスベガスでも歴史のあるホテルで現在はラスベガスでもいくつかのカジノホテルを持つHarrah's 社が運営しています。

ホテルには家族向けのプールと21歳以上向けのイベントが開催されるエンターテイメントプールが分かれており、ファミリーでも仲間同士の宿泊でも楽しめるようになっています。

カジノではスタンダップコメディやバーレスクショーなどのエンターテイメントショーがあり一日中楽しめるカジノホテルです。

フラミンゴ ラスベガスの詳細

テーブル数

95台以上

スロット数

1,600台以上

ミニマムベット

ブラックジャック15〜25USD、バカラ25USD〜

宿泊費

レギュラールーム1泊 55USD〜170USD(約6,100〜45,000円)

マンダレイ ベイ

画像引用元URL:https://www.mandalaybay.com/en.html

「マンダレイ ベイ」は東南アジアのリゾート地をモチーフにしたカジノホテルです。エンターテイメント施設が豊富で、サメの水族館や波の出るプールや本物の砂浜を使用した大型のプールがあったり、シルク・ドゥ・ソレイユによるショー「マイケル・ジャクソン・ワン」が上演されていたりと見どころ満載です。

カジノはまさに南国の宮殿のような造りになっているので長時間リラックスしてプレイできるのも魅力です。

マンダレイ ベイのカジノ詳細

テーブル数

75台以上

スロット数

1,200台以上

ミニマムベット

ブラックジャック15〜25USD、クラップス10〜15USD〜

宿泊費

シングル.ダブル,ツイン1泊 105~315USD(約11,600〜35,000円)

ウィン ラスベガス

画像引用元URL:https://www.wynnlasvegas.com/

「ウィン ラスベガス」はストリップ地区にあるエキゾチックな雰囲気の漂う豪華リゾートのカジノホテルです。ホテル内にはオアシススタイルのガバナ付きプールや宿泊者のみが利用できる高級ゴルフコース、人気のナイトショー「ルーヴル」があったりと、まさにセレブのような気分を味わえます。

とにかく客室からレストランまで豪華な造りで、ラスベガスの中のホテルでも口コミ評価が特に高いので贅沢な気分を満喫できること間違いなしです。

ウィン ラスベガスのカジノ詳細

テーブル数

110台以上

スロット数

850台以上

ミニマムベット

ブラックジャック10〜200USD、バカラ100〜300USD〜

宿泊費

シングル.ダブル,ツイン1泊 179~619USD(約20,000〜69,000円)

アリア リゾート

画像引用元URL:https://www.aria.com/en.html

「アリア リゾート」はストリップ地区に位置する、広さ約14,000㎡のカジノフロアやナイトクラブ、プールラウンジ等を併設する大型カジノホテルです。オープンは2009年と割と最近なのでカーブを施したガラスの外装など、革新的な建築物となっています。

アリア リゾートのカジノだけでなく、プールは20,000㎡、スパは7,400㎡と全てが巨大です。客室の全てスタイリッシュで高級感のあるコンテンポラリーなデザインで統一されいてるのでどの世代でもリラックスできる空間です。

アリア リゾートのカジノ詳細

テーブル数

150台以上

スロット数

2,000台以上

ミニマムベット

ブラックジャック15〜100USD、バカラ50USD〜

宿泊費

スタンダードルーム1泊 149~799USD(約17,000〜89,000円)

パリス ラスベガス

画像引用元URL:https://www.caesars.com/paris-las-vegas/casino/table-games#.W4dNvNgzZTY

「パリス ラスベガス」はフランスのパリをイメージしエッフェル塔や凱旋門などをパリの名所をシンボルに造られたカジノホテルです。ホテルのロビーから客室に至るまで全てフランス風の内装で映画の世界に迷い込んだかのような気分にさせてくれます。

館内には屋内のショッピングモールや劇場もあり毎日ショーを楽しむこともできます。

パリス ラスベガスのカジノ詳細

テーブル数

150台以上

スロット数

2,400台以上

ミニマムベット

ブラックジャック10〜25USD、バカラ100〜500USD

宿泊費

スタンダードルーム1泊 64~270USD(約7,000〜30,000円)

ルクソール ラスベガス

画像引用元URL:https://www.luxor.com/en/casino.html

「ルクソール ラスベガス」は古代エジプトをイメージしたピラミッド型のカジノホテルで、エレベータも斜めに昇っていくなどテーマホテルの代表ともいわれています。

広大な敷地を活かしカジノフロアは11,150㎡で、大型プールは4面あり、エンターテイメントショーでは時期によりますが、あの有名なブルーマンを始めとした様々なショーが毎晩開催されています。外国人からは評価が高いホテルですが、客室によってはバスタブがないので日本人にとっては注意が必要です。

ルクソール ラスベガスのカジノ詳細

テーブル数

150台以上

スロット数

2,400台以上

ミニマムベット

ブラックジャック5〜25USD、バカラ10USD

宿泊費

プレミアムキングルーム1泊 28~399USD(約3,000〜45,000円)

パーク MGM ラスベガス(旧名:モンテカルロ リゾート&カジノ)

画像引用元URL:https://www.parkmgm.com/en.html

パーク MGM ラスベガス(旧名:モンテカルロ リゾート&カジノ)は旧名の通り、南欧モナコのカジノをモチーフにしたカジノホテルで、2018年ににリニューアルオープンしたばかりです。ホテルはT-モバイルアリーナの直ぐ側で、世界中の一流ミュージシャンの公演が行われる5,200席のパークシアターが併設しています。

レストランでは南フランスの料理や厳選された世界各国のワインをいただけるなど、南欧ならではの現代的なリゾート感覚を堪能できます。

●パーク MGM ラスベガスのカジノ詳細

テーブル数

63台以上

スロット数

900台以上

ミニマムベット

ブラックジャック10USD〜、ルーレット10USD〜

宿泊費

キングルーム1泊 49~399USD(約5,500〜45,000円)

ザ コスモポリタン オブ ラスベガス

画像引用元URL:https://www.cosmopolitanlasvegas.com/

「ザ コスモポリタン オブ ラスベガス」はラスベガスで最も有名なベラッジオの噴水ショーがすぐ隣という絶好の立地にあり、客室のおよそ8割にテラスが付いているという贅沢なカジノホテルです。オープンは2010年と比較的新しい50階建てホテルで、外観はシンプルながらも内装はモダンでラグジュアリーな空間でまとまっています。

プールは3つ併設されていてそれぞれテーマごとに雰囲気が違うので要必見です。

ザ コスモポリタン オブ ラスベガスのカジノ詳細

テーブル数

83台以上

スロット数

1,478台以上

ミニマムベット

ブラックジャック10USD〜、バカラ25USD〜

宿泊費

ワンベットルーム キング1泊 217~660USD(約24,000〜74,000円)

ザ パラッツォ ラスベガス

画像引用元URL:https://www.palazzo.com/casino.html

「ザ パラッツォ ラスベガス」はベネチアンホテルの姉妹店となるホテルで名前の通りイタリアをテーマとした大型カジノホテルです。客室は全てモダンでラグジュアリーな空間となっていて、イタリアの洗練されたデザインに魅了されます。

ホテルには屋外プールは10面もあり、レストラン&バーは80店舗以上、国際的なブティックは50位上も併設されていて全てが大規模です。さらに、ナイトクラブやイベント、ショーも毎週のように開催されているのでここも要必見です。

ザ パラッツォ ラスベガスのカジノ詳細

テーブル数

120台以上

スロット数

1,550台以上

ミニマムベット

ブラックジャック10USD〜、バカラ25USD〜

宿泊費

ワンベットルーム キング1泊 127~479USD(約14,000〜53,500円)

シーザースパレス ラスベガス

画像引用元URL:https://www.caesars.com/caesars-palace/casino

「シーザースパレス ラスベガス」は1966年に開業したラスベガスを代表する名門ホテルで有名なホテルではありますが日本人はあまり訪れないので穴場の高級カジノホテルです。

カジノは2箇所あり総面積22,296㎡に加え、水上に浮かぶラウンジやナイトクラブが併設されていたり、4296人収容できるコロッセウム劇場ではセリーヌ・ディオンやエルトン・ジョン、マライア・キャリーなど多くの著名人が定期的にショーに訪れるなど、ラスベガスの醍醐味を存分に堪能できます。

シーザースパレス ラスベガスのカジノ詳細

テーブル数

182台以上

スロット数

1,000台以上

ミニマムベット

ブラックジャック15USD〜、バカラ25 USD〜

宿泊費

プレミアムキングルーム1泊 133~635USD(約15,000〜71,000円)

ラスベガスカジノで人気の「クラップス」

あなたはクラップスというカジノのゲームをご存知ですか?

クラップスはラスベガスでは人気のゲームなので、カジノに行った際には是非とも挑戦して見てほしいゲームです。

なぜラスベガス人気なのかというと、クラップスはその時にテーブルを囲んだみんなで盛り上がれるゲームだからです。ゲーム中にはディーラー対プレイヤーが主となる場合が多いため、国籍や年齢、性別に関わらず、現地の人や旅行客とも和気あいあいと一緒になって盛り上がることができます。

クラップスのルール

クラップスのルールは簡単で、プレイヤーが2つのサイコロを同時に振り、出る目を当てるというゲームです。2つのサイコロをを投げ、出目の合計が「7,11」だった場合はプレイヤーの勝ち(Natural)、「2,3,12」が出た場合はプレイヤーの負け(Craps)でゲームは終了です。

これらの数字「2,3,7,11,12」が出なかった場合、つまり「4,5,6,8,9,10」が出た場合にはゲームは続行します。「4,5,6,8,9,10」の数字を「ポイント」と呼びますが、2投目以降は「7かポイント」が出るまでプレイヤーはサイコロを振ることができます。“「ポイント」が出ればプレイヤーの勝ち”、“7が出ればプレイヤーの負けです”。

カジノのゲームの中でもプレイヤーの勝率が高いのと控除率が低いため非常に人気のゲームです。是非トライしてみてください。

本場カジノで遊ぶ前にオンラインカジノで練習しておこう!

いざカジノへ出掛ける前に、本番で負けないためにも事前にルールをおさらいしておくことをおすすめします。

ルールが曖昧の状態で行う賭け事は負ける確率が高くなってしまうので、安心して自宅で楽しめるオンラインカジノを紹介したいと思います。

慣れてきたら実際にリアルマネーで遊ぶこともできるのでいくつかのお気に入りのサイトを見つけてみてください。

本格的なルーレットが遊べるエンパイアカジノ

エンパイアカジノは自分の好きな国や好きなディーラーが選べるようなライブカジノに特化したオンラインカジノです。ライブでテーブルゲームが楽しめるので、単なる電子ゲームと違い本番と同様の臨場感を楽しみながらプレイすることが可能です。

特にルーレットでは今までの電子ゲームでは単調だったゲームが本格的になっているので、戦略を練る練習にも最適です。

エンパイアカジノにはプレイするだけで毎週キャッシュバックされるといったお得なプロモーションもあるので活用してみてください。また、日本語対応がしっかりしていることから安心できるという点でも評価の高いサイトです。

まずはお試しプレイ!初心者向けベラジョンカジノ

ペラジョンカジノは特に初心者に優しいサイトで無料のお試しプレイ機能があります。

オンラインカジノに加え、スロットのゲームの種類が豊富なので自分の好きなキャラクターを選び遊ぶことができます。

さらにスマホ完全対応で、専用アプリも用意されているので、外出先でも隙間時間にサクッとプレイすることも可能です。いちいち面倒な作業がなく、インターフェイスも使いやすいという点も好評を得ているポイントです。

日本語サポートもあるのでまずはお試しプレイで体験してみるといいでしょう。

ゲーム好き必見!RPG要素を取り入れているカジ旅

カジ旅はオンラインカジノの中でも、RPG要素を取り入れた新しいオンラインカジノで、カジノを楽しみながら冒険を楽しめる新感覚のカジノです。

3つの大国で好きな世界を選びプレイしながら他のプレイヤーとチャットで会話できるという、まさに本格的なカジノの冒険旅を味わえます。

ゲーム感覚でカジノをプレイすれば、気づけばあなたもプロ級のハイローラーになるの夢じゃないかも!?しれません。

一度は行ってみたい【ラスベガス編】カジモ編集部がオススメするカジノリゾートホテル 

いかがでしたか?
まずはラスベガスのカジノのルールをおさらいしカジノでスマートに振る舞えるようにしておきましょう。

カジノで遊ぶお金も考慮したら、ちょっぴり背伸びしたいいホテルを選んでもいいかもしれません。なぜなら、一生の思い出になること間違いないからです。

ラスベガスのカジノでは是非人気のクラップスも挑戦してみてくださいね。

◆この記事のポイント◆
✅ラスベガスのカジノのルールを知っておこう!
✅チップなど暗黙のルールを忘れないこと
✅カジノで遊ぶ時はマナーを覚えよう!
✅本番前に自宅でカジノのルールをおさらいしておくこと
✅カジノの練習にはオンラインカジノがおすすすめ!

笠原 豪
ラスベガスは基本的なルールさえ抑えておけば、どこに行っても楽しめるはずだよ(^^)

海外のカジノに行くのは時間の制約があるけど、スマホで簡単にプレイできるオンラインカジノなら今すぐ始められるし、Casimo編集部がおすすめするベラジョンカジノはマルタ共和国政府の厳しい審査を受けてライセンスを取得してるから安心だぞ!

蒼井 那奈
「他にもオンラインカジノはたくさんあるんだよ!日本語対応の39サイトを徹底比較して、自信を持っておすすめできるカジノを厳選したからチェックしてみてね!」

 

 

 

 

関連記事

注目コンテンツ