オンラインカジノで使える決済方法(入出金方法)一覧

  • 更新日:2021.09.30

オンラインカジノで遊ぶためには、決済ツールを使用して入出金を済ませる必要があります。しかし、オンランカジノはギャンブル性が高いため、日本の銀行から直接入出金できません。(詳しく知りたい方は「オンラインカジノの入出金の仕組み」をご覧ください。)

オンラインカジノで使用できる決済ツールは、大きく分けて「電子マネー」「仮想通貨」「クレジットカード」「銀行振込」の4つです。そこで今回は、それぞれの決済ツールについて特徴やメリットデメリットなどを解説していきます。

蒼井 那奈
確かに、サイトによってはクレカが使えなかったり、電子マネーも種類がたくさんあったりしてどれがいいのかイマイチ分からないんだよね…。豪くん、教えて!
笠原 豪
もちろんだよ。オンラインカジノにおいて金銭のトラブルは最も避けたいものだし、安全な決済サービスを採用しているサイトを選ぶためにしっかり勉強していこう。
この記事を読んだらわかること
✅各決済方法の種類
✅各決済方法別のおすすめオンラインカジノ
✅決済方法を使用する際の注意点

オンラインカジノで使える決済方法(入出金方法)一覧

現在、オンラインカジノで使用できる日本語対応の決済方法は6つです。各々特徴をまとめたので、下記表をご覧ください。

決済方法 特徴
credit card <メリット>
・採用率が高い
・すぐに入金できる
<デメリット>
・出金できない
・手数料がかかることもある
ecoPayz <メリット>
・採用率が高い
・安全性が高い
・日本語サポートが充実
<デメリット>
・入金時の手数料が高い
・維持費がかかる
VenusPoint <メリット>
・入出金でポイントバック
・トータルの手数料が安い
・最短当日出金可能
<デメリット>
・直接入金できない
iWallet <メリット>
・ATMで出金できる
・銀行送金の出金手数料割合が低い
<デメリット>
・採用率が低い
・維持費がかかる
Bitcoin <メリット>
・送金スピードが早い
・トータルの手数料が安い
<デメリット>
・採用率が低い
・為替変動の影響を受ける
STICPAY <メリット>
・ATMで出金できる
・入金手数料割合が低い
<デメリット>
・採用率が低い
・銀行送金の出金手数料割合が高い

クレジットカード

オンラインカジノではクレジットカードを使って入金決済ができます。

使えるカードの種類はオンラインカジノによって異なりますが、日本語対応オンラインカジノはVISA,MasterCardのどちらかまたは両方を必ず使うことができ、一部ではJCB、AmericanExpressなども使えます。

使い方はネットショッピングでクレジットカード決済するときと同じです。カード番号やカード名義など必要事項を入力すれば簡単にオンラインカジノへ入金できます。

※クレジットカードは出金先に選択できません。クレジットカード入金後の出金は別決済方法を選択してください。

参考:【2020年版】クレジットカード・デビットカードの利用方法|オンラインカジノ入出金方法

エコペイズ(ecoPayz)

「エコペイズ」は、最も多くのオンラインカジノで採用されている人気決済サービスです。
メリットの1つとして円・ドル・ユーロなど45種類の通貨に対応しており、外貨両替に便利であることが挙げられます。

また、日本人ユーザーにも親切で日本語対応はもちろん、チャットサポートも充実しているので安心して利用できます。

「高速ローカル出金」が魅力でユーザーの国内銀行口座へ申請から3日以内に送金可能です。アカウントのランクによっては手数料が0.00~7.00%掛かるものの、まとまった資金を引き出すことで最小限に抑えられます。

参考:【2020年最新】ecoPayz(エコペイズ)の登録から活用方法までのすべてを徹底解説

ヴィーナスポイント(Venus Point)

「ヴィーナスポイント」は、入金した現金をポイントとして管理する電子決済サービスです。ポイントを送金・受け取り・換金することでキャッシュバックとして数%ポイントを貰えるシステムが特徴的です。

ただし、銀行口座から直接入金できないので注意してください。

ヴィーナスポイントに現金を入金するには、オンラインカジノから送金する必要があります。ですので、一度クレジットカードなどで、オンラインカジノに入金してからヴィーナスポイントへ送金するという手順をとります。

最初は使い勝手が悪いかもしれませんが、慣れてくればオンラインカジノへ送金するだけでポイントのキャッシュバックが受けられます。電子決済サービスの中で最も還元率が高いと言っても過言ではありません。

参考:【VenusPoint(ヴィーナスポイント)使い方ガイド】手数料や登録から入出金まで徹底解説

アイウォレット(iWallet)

「アイウォレット」は、ATMで資金が引き出せる唯一の決済サービスです。
コンビニやゆうちょなど最寄りのATMで利用できるプリペイドカードを発行しているので、オンラインカジノの報酬金が現金で引き出せます。

プリペイドカードへの入金およびATM出金時に手数料が掛かるものの、上限額(10,000ドル/1日)近くまで報酬を貯めて一度に引き出すことでカバーできるので安心です。

また、完全日本語対応なので分からないことがあれば、日本語で問い合わせができることもメリットの1つとなっています。

参考:【iWallet(アイウォレット)使い方ガイド】手数料や登録から入出金まで徹底解説

仮想通貨(ビットコイン)

近年投資の世界を中心に広く知られるようになってきた「ビットコイン」ですが、オンラインカジノ業界でも利用できるサイトが急増しています。

ビットコインをオンラインカジノで使用するメリットは、送金スピードの速さと手数料の安さです。他決済方法で通常のオンラインカジノへ入出金する際、平均1営業日(24時間)はかかります。一方、ビットコインであれば2分程度で入出金可能です。

デメリットとしては、対応しているオンラインカジノが少なく、為替の変動を受けることです。為替を確認せずビットコインを使用すると、入金時と出金時でビットコインの総数が減ってしまうことがあるので注意して下さい。

そのため、ビットカジノなどの為替の変動を受けないオンラインカジノが人気です。

参考:オンラインカジノにビットコインを使用して入出金する方法

スティックペイ

STICPAYは、アイウォレットと同じくATMから出金ができる決済サービスで、エルドアカジノ」「ビットカジノなどのオンラインカジノが主に提携しています。

このサービスを利用すると海外の銀行から国内の銀行へ送金(国内銀行送金)する際に、迅速かつ手数料が安く抑えられるので出金に便利です。

参考:【STICPAY(スティックペイ)使い方ガイド】登録から入金・出金・手数料まで徹底解説

各種決済サービス比較

ここからは紹介した決済サービスについて、以下のテーマ別に比較していきます。

  • 対応しているオンラインカジノの数
  • 手数料
  • 送金スピード

どの決済サービスを使うか決める際の参考にしてください。

対応しているオンラインカジノの数

先に紹介した決済方法が使えるオンラインカジノ数を以下の表にまとめました。なお調査はCasimoでおすすめしている20サイトを対象としています。

決済方法 対応しているオンラインカジノの数
クレジットカード 20個
エコペイズ 20個
ヴィーナスポイント 15個
アイウォレット 9個
仮想通貨(ビットコイン) 11個
スティックペイ 3個

調査対象のオンラインカジノ全てで採用されていたのはクレジットカードとエコペイズだけでしたが、ヴィーナスポイントも約8割以上のサイトで採用されているので使い勝手がいい決済サービスといえます。

アイウォレットはかつてエコペイズに次ぐ採用率の高さでしたが、長期メンテナンスがあった時期に多くのオンラインカジノが取り扱わなくなったため、仮想通貨よりも採用率は低いです。

スティックペイは対応オンラインカジノが現在3つ(エルドアカジノ・ビットカジノ・ベットティルト)しかありません。単独で使うと不便に感じることが多いと思うので、エコペイズまたはヴィーナスポイントと併用することをオススメします。

手数料比較

決済方法別に入出金でかかる手数料は以下の表のとおりです。なお、ここでいう入出金は銀行口座やクレジットカード等から決済方法への入金、決済方法から銀行口座への出金を意味しています。

決済方法 入金手数料 出金手数料
エコペイズ 仮想通貨:無料
その他:5%
1%
(※最低€15以上)
ヴィーナスポイント - 無料~$2.9
アイウォレット カード:5%+為替手数料
国内銀行:2.3%
仮想通貨:2.5%
バウチャー:5%
国内銀行:0.50%
(※最低$35以上)
ATM:$4.5+決済手数料(3.0%)
仮想通貨(ビットコイン) 無料 無料
スティックペイ カード:3.85%or1.50%
国内銀行:2%
仮想通貨:1%
国内銀行:800円+1.5%
ATM:1.3%
仮想通貨:1%

仮想通貨の入金/出金手数料はどちらも無料になっていますが、仮想通貨から円に換金する際の手数料は含まれていないのでご注意ください。取引所で円に換金後、銀行口座に出金する場合の手数料を指しています。

仮想通貨以外でみると、ヴィーナスポイントが一番入出金手数料をおさえられる決済サービスだということがわかります。残りを入出金のトータル手数料の低い順に並べると、エコペイズ、スティックペイ、アイウォレットの順です。

アイウォレットは国内銀行振込の手数料が安くてATM出金の手数料が高くスティックペイは国内銀行振込の手数料が高くてATM出金の手数料が安いという違いがあるので、国内銀行振込をメインで使う場合はアイウォレット、ATM出金をメインで使う場合はスティックペイを選ぶといいでしょう。

送金スピード比較

決済方法別の送金スピードは以下の表のとおりです。なおオンラインカジノでの入出金決済のスピードはオンラインカジノごとに異なるため、送金スピードだけで比較しやすいように決済サービス口座から銀行口座への出金スピードで比較しました。

決済方法 決済サービス口座⇒銀行口座
エコペイズ 1~5営業日
ヴィーナスポイント 申請日当日~1営業日
アイウォレット 3営業日以内
仮想通貨(ビットコイン) 約2分~10分
スティックペイ 1~2営業日

最も早く銀行口座へ出金できるのは仮想通貨(ビットコイン)です。

仮想通貨の送金スピードは約2分~10分オンラインカジノから取引所への送金も、取引所から銀行口座への送金も、仮想通貨の強みであるスピーディな送金処理がいかんなく発揮されます。

他決済方法だと、ヴィーナスポイントが最も早く、朝8時までに出金申請すると当日出金可能です。ヴィーナスポイント以外だと銀行口座への送金は早くても1営業日以上かかります。

決済方法別おすすめオンラインカジノ

ここでは下記4つの決済方法別におすすめオンラインカジノを紹介していきます。

  • エコペイズ
  • ヴィーナスポイント
  • アイウォレット
  • ビットコイン

どのオンラインカジノも当編集部で安全性を確認済みです。気になるオンラインカジノがあったらさっそく遊んでみてください。

エコペイズ(ecoPayz)

エコペイズ対応のおすすめオンラインカジノは以下のとおりです。

カジノ名 特徴 評価
ベラジョン ・日本人プレイヤー支持率No.1
・初心者でも遊びやすい
★★★★★ 5/5
カジシク ・ボーナスの出金条件がない
・日本限定トーナメント多数開催
★★★★☆ 4/5
ウィリアムヒル ・英国老舗ブックメーカー運営
・スポーツベットが充実している
★★★☆☆ 3/5

エコペイズは、どのオンラインカジノでも採用されているので、それぞれのカジノのサービス内容で評価を決めました。

オンラインカジノのサービス内容で最も優れているのは、ベラジョンカジノでしょう。ボーナスの種類やサポート対応など、日本人が遊びやすい環境が揃っています。

ヴィーナスポイント(Venus Point)

ヴィーナスポイント対応のおすすめオンラインカジノは以下のとおりです。

カジノ名 特徴 評価
エンパイア ・10種のライブカジノで楽しめる
・好条件のリベートボーナス
★★★★★ 5/5
インター ・ベラジョンカジノの姉妹サイト
・新規は$500ボーナス保証
★★★★☆ 4/5
カジ旅 ・RPG風のボーナス制度
・ゲームで遊ぶと冒険が進む
★★★★☆ 4/5

ヴィーナスポイントは、エコペイズほど採用しているオンラインカジノが少ないため、数が限られます。

中でも、エンパイアカジノは、ヴィーナスポイントの出金上限が$5000と高く、リベートボーナスなどの還元率も高いボーナスを取り扱っていることから一番評価しました。

注意事項
ちなみに、ベラジョンカジノでもヴィーナスポイントは使用できますが、前項で紹介したため、今回のおすすめからは紹介を省きました。

アイウォレット(iWallet)

アイウォレット対応のおすすめオンラインカジノは以下のとおりです。

カジノ名 特徴 評価
ラキニキ ・日本アニメ、文化がコンセプト
・トーナメント入賞で豪華賞品がもらえる
★★★★★ 5/5
カジノハウス ・10種のライブカジノ
・リベートボーナスが充実している
★★★★☆ 4/5
クイーン ・イメージキャラクターはセクシー女優
・個性あるプロモーションが多い
★★★☆☆ 3/5

アイウォレットは、ヴィーナスポイント同様、取り扱っているオンラインカジノはそこまで多くありません。

強いて言えば、ラッキーニッキーカジノがおすすめです。日本のアニメをモチーフにした一風変わったオンラインカジノで、車や最新ガジェットなど豪華賞品が貰えるトーナメントを定期的に開催しています。

注意事項
直近、アイウォレットで大幅なメンテナンスが実施され、一時的に使用できなくなりました。その影響で多くのオンラインカジノで現在も使用できなくなっています。(メンテナンスはすでに終わっています。)

仮想通貨(ビットコイン)

仮想通貨(ビットコイン)対応のおすすめオンラインカジノは以下のとおりです。

カジノ名 特徴 評価
ビット ・仮想通貨を使って遊べる
・2,000種類以上のカジノゲーム
★★★★★ 5/5
エルドア ・業界最速の出金スピード
・VIP特典に高還元ボーナス
★★★★★ 5/5
10Bet ・スポーツベットも楽しめる
・ボーナス系のプロモーションが豊富
★★★★☆ 4/5

ビットコインは、ヴィーナスポイントやアイウォレットと比べてもさらに採用しているオンラインカジノが少ないです。

そのため、競合が少ないですが、ビットコインを使用して遊ぶなら、ビットカジノがダントツでおすすめです。ビットカジノは、仮想通貨から法定通貨に換算する際の為替変動リスクを気にしなくていいので、仮想通貨を使って思う存分オンラインカジノを楽しめます。

オンラインカジノで決済方法(入出金方法)を使用する際の注意点

オンラインカジノで決済方法を使用する際の注意点は以下の4点です。

  • 決済方法によって手数料がかかる
  • 全ての決済方法が使用できるとは限らない
  • 決済サービスが利用できなくなる場合がある
  • 入出金時に同じ決済方法を使用する必要がある

これら注意点は知らないと損することもあるので、以下の内容はオンラインカジノで決済する前に必ず目を通しておいてください。

決済方法によって手数料がかかる場合もある

基本的にオンラインカジノの入出金は手数料が無料です。ですが、一部決済方法だけ手数料がかかるようになっていることがあります。

例えば、ベラジョンカジノだとエコペイズなど電子決済サービスや仮想通貨決済の入出金手数料は無料です。しかし、クレジットカード入金の場合は手数料2.25%(最大$5)、国内銀行振込による出金の場合は手数料1.5%です。

また、オンラインカジノのアカウント通貨と決済口座先の通貨が同じでない場合は、上記の手数料に加え、為替手数料も加算されます。

決済回数が多いとそれだけ手数料分の損が増えてしまうので、手数料がかかる決済方法を利用する場合は、なるべく決済回数をおさえるようにしましょう。

全ての決済方法が使用できるとは限らない

今回様々な決済方法を紹介しましたが、日本語対応オンラインカジノだったらどの決済方法でも使用できるというわけではありません。使用できる決済方法はオンラインカジノごとに異なります。

例として以下の表をご覧ください。5つの人気オンラインカジノの決済方法をまとめた表です。

カジノ
×
×
× ×
× ×
× × ×

*比較カジノは上からベラジョンカジノ、エルドアカジノ、エンパイアカジノ、ビットカジノ、ウィリアムヒルスポーツカジノ。
*比較決済方法は、左からエコペイズ、ヴィーナスポイント、ビットコイン、スティックペイ。

エコペイズはどこでも使えますが、他の決済方法はオンラインカジノによって採用したりしていなかったりとまちまちです。

新しく登録したオンラインカジノでいつも使っている決済方法が採用されていなかったとなると手間がかかるので、オンラインカジノに登録する際は事前に採用している決済方法を確認しておきましょう。

決済サービスが利用できなくなる場合がある

遊んでいるオンラインカジノで使用できていた決済サービスが利用できなくなる場合、以下のような理由が考えられます。

  • オンラインカジノが入出金方法として採用を辞めた
  • メンテナンス期間に入った
  • 決済サービスが廃止した(日本市場から撤退した)

どれにせよ、オンラインカジノもしくは、決済サービスから連絡があるので、特に心配することはありません。ただし、決済サービスが廃止となった場合は、速やかに資金の移動を行いましょう。

入出金時に同じ決済方法を使用する必要がある

基本的にオンラインカジノの入出金は同じ決済方法を使用しなければなりません。これはマネーロンダリング防止対策の1つで、どこのオンラインカジノでも採用されている共通ルールのようなものです。

エコペイズで入金したらエコペイズで出金、アイウォレットで入金したらアイウォレットで出金します。

例外として、クレジットカード入金の場合はその限りではありません。クレジットカードは出金先に選択できないので、ヴィーナスポイントまたは銀行振込などで出金する必要があります。

過去に使用できた決済方法(入出金方法)

最後に過去にオンラインカジノで使用できた以下の決済方法について紹介しておきます。

  • ネッテラー
  • スクリル
  • エントロペイ

それぞれの特徴と撤退理由をまとめました。

ネッテラー

ネッテラーはかつて多くの日本語対応オンラインカジノで採用されていた電子ウォレットサービスの代表格です。EU域内でのサービス強化、オンラインゲーム経由のマネーロンダリング防止対策のため、2016年にEU以外でのサービスを終了しました。(※2018年から個人間送金や仮想通貨取引などオンラインゲーム以外での決済サービスを日本で再開しています。)

スクリル

スクリルはネッテラーに次いで様々な日本語対応オンラインカジノで採用されていた電子ウォレットサービスです。2015年にライバルだったネッテラーの運営会社Optimal Payments PLC(現Paysafe Group Limited)に買収され、2016年にネッテラーとともに日本市場から撤退しました。

エントロペイ

エントロペイはネット上でバーチャルのVISAカードを発行できる決済サービスです。オンラインカジノよりもブックメーカーでの採用率が高かったので、ブックメーカープレイヤーから好評でした。2018年にサービス提供地域をEEA(欧州経済領域)に限定したため日本市場から撤退し、2019年には消費者向けサービスの提供を終了しました。

オンラインカジノで使用できる決済方法(入出金方法)まとめ

オンラインカジノで使用できる決済方法は、それぞれ異なった特徴があることがお分かりいただけたでしょうか。

今だにどの決済方法を選んだらいいか悩んでいる方は、「エコペイズ」がおすすめです。やはり、ほとんどのオンラインカジノで使用できるというのは、他決済方法に比べても頭ひとつ抜けているでしょう。

エコペイズを持っているだけで様々なオンラインカジノで遊べるのでおすすめです。

最後のまとめ
✅利用できる決済方法はオンラインカジノによって異なる
✅それぞれにメリット・デメリットがある
✅おすすめの決済サービスはエコペイズ
笠原 豪
エコペイズが使えるおすすめのオンラインカジノは「ベラジョンカジノ」だ。出金上限が高いし、お得なボーナスも豊富だからぜひチェックしてみてくれ。
ベラジョンカジノ
読み込み中

これ以上は記事がありません

読み込むページはありません