銀行振込で入出金可能なオンラインカジノランキング|メリットやデメリットも解説

  • 更新日:2021.09.09

近年、銀行振込で入出金できるオンラインカジノが増えています。エコペイズやヴィーナスポイントといった電子決済サービスを使う必要がなく、初心者の方でも使い慣れている銀行振込で簡単かつ安全に決済できるようになりました。

この記事では、銀行振込ができるオンラインカジノをランキング形式で紹介していきます。銀行振込についてより理解が深まるよう、メリット・デメリットもまとめていますのでぜひ参考にしてください。

この記事を読んだらわかること
・銀行振込ができるおすすめオンラインカジノ5選
・銀行振込可なオンラインカジノの評価基準
・国内銀行送金と国際銀行送金の違い
・銀行振込のメリット・デメリット
オンラインカジノランキングはこちら

銀行振込で入出金できるオンラインカジノランキング早見表

銀行振込で入出金できるオンラインカジノを入出金上限額を添えてランキング形式で以下表にまとめました。

順位 カジノ 入金限度額 出金限度額
1位 カジシク $10 - $10,000 $100 - $10,000
2位 ビット 5,000円 - 2,000,001円 10,000円 - 1,000,000円
3位 ベラジョン $10 - $25,000 $10 - $50,000
4位 ミスティーノ $20 - $3,000 $150 - $5,000
5位 インター $10 - $10,000 $10 - $10,000

銀行振込対応オンラインカジノランキング

カジノシークレット

カジノシークレットは業界初、出金条件がないキャッシュバック制度が好評のオンラインカジノです。ランキング1位に輝いた理由は、「手数料無料」と「入金の速さ」です。

通常、オンラインカジノは決済代行会社を通しているため、銀行振り込みの場合、手数料がかかります。しかし、カジノシークレットは手数料が無料だけなく、平日の9時から23時、土日祝日の9時から18時に銀行振込入金すれば、数分から10分程度で着金します。

また、カジノシークレットでは銀行振込入金限定で特別ボーナスを進呈することも。ボーナスが手厚く銀行振込できるオンラインカジノを探している人にぴったりです。

入金限度額 $10 - $10,000
出金限度額 $100 - $10,000
入金手数料 無料
出金手数料 無料
送金スピード (入金)数分~10分
(出金)2~5営業日

ビットカジノ

ビットカジノは仮想通貨をそのまま使って遊べることが最大の魅力ですが、日本円やドル円でも遊ぶことができます。3,000種類以上のカジノゲームを取りそろえ、24時間年中無休の日本語サポートもあるので、仮想通貨に興味のない方にもおすすめです。

ビットカジノの銀行振込は「SumoPay(スモウペイ)」というビットカジノ独自の仲介決済サービスを利用します。SumoPayの特徴は処理速度の早さ。入金は申請時間関係なく数分で着金し、出金は土日祝日でも24時間程度で完了します。

入金限度額 5,000円 - 2,000,001円
出金限度額 10,000円 - 1,000,000円
入金手数料 無料
出金手数料 無料
送金スピード 1~24時間以内

ベラジョンカジノ

日本でNo.1人気を誇るベラジョンカジノ。およそ10年続く運営のなかで、大きなトラブルを起こすことなく、多くのプレイヤーに安定したサービスを提供し続けてました。運営実績に裏付けされた信頼度の高さは業界イチといってもいいでしょう。

出金、は最大$50,000まで1度に出金できるので、高額賞金を獲得してもまとめて出金できます。サービス面でも他オンラインカジノより頭ひとつ抜けているベラジョンカジノですが、3位の理由は出金時の手数料です。

高額出金した際の手数料1.5%は、少し損する感情も抱くでしょう。

入金限度額 $10 - $25,000
出金限度額 $10 - $50,000
入金手数料 無料
出金手数料 1.5%
送金スピード 1~24時間以内

ミスティーノ

ミスティーノは2020年に出来たばかりの新鋭オンラインカジノです。出金条件なしの入金特典フリースピンや「サプライズキャッシュバック」といった斬新なサービスと、豊富な入出金手段や充実した日本語サポートなど安定した運営体制を持ち合わせており、初心者・経験者問わず人気を集めています。

ミスティーノカジノの銀行振込は入出金限度額が$5,000以下と低い設定で、送金スピードも標準的です。VIPプレイヤーになれば、上限の引き上げ、送金スピードの改善など待遇をグレードアップしてもらえますが、資金が少ないプレイヤーにとってはハードルが高いでしょう。

入金限度額 $20 - $3,000
出金限度額 $150 - $5,000
入金手数料 無料
出金手数料 無料
送金スピード 1~3営業日

インターカジノ

インターカジノは1996年から20年以上に渡って運営を続けている老舗オンラインカジノです。運営元はベラジョンカジノと同じ企業で、日本市場にいち早く参入したパイオニア的存在でもあります。2020年に大幅リニューアルを遂げた機に、銀行振込も使えるようになりました。

そんなインターカジノをランキング第5位に選んだ理由は、出金手数料1.5%がかかり、入出金限度額、送金スピードともに標準的だからです。とはいえ、信頼度の高さは業界トップ級!安全に銀行振込を利用したい人にはおすすめできます。

入金限度額 $10 - $10,000
出金限度額 $10 - $10,000
入金手数料 無料
出金手数料 1.5%
送金スピード 1~24時間以内

その他の銀行振込対応オンラインカジノ

惜しくもランキングには入りませんでしたが、Casimoで紹介しているオンラインカジノのなかには他にも銀行振込に対応しているサイトがあります。

下記表に銀行振込対応オンラインカジノとその限度額、手数料をまとめました。

オンラインカジノ 限度額 手数料
チェリー 入金 $10 - $10,000 無料
出金 $50 - $5,000 無料
ラキニキ 入金 $10 - $5,000 無料
出金 $10 - $5,000 無料
ユースカジノ 入金 $20 - $100,000 無料
出金 $50 - $1,000,000 無料

ランキングの評価基準

本記事の銀行振込おすすめオンラインカジノランキングを決定する際は、以下の4つの評価基準を設けました。

どれも専門知識がない初心者でも簡単に理解できます。

入出金限度額

軍資金や1回でプレイする金額はプレイヤーによって異なりますが、なるべく入出金限度額の幅は大きい方が利用するうえでわずらわしさが少なくて済みます。

プレイヤーが限度額の大きさで最もメリットを感じるのは、高額賞金を手にした時です。

例えば、2万ドルの賞金を獲得したとしましょう。毎月の出金限度額が5,000ドルの場合、全ての賞金を引き出すのに約4月かかります。一方、出金限度額が1万ドルあれば、約2ヶ月で賞金全額を手にできるのです。

ランキングでは、全プレイヤーに対して入出金限度額の幅が大きいオンラインカジノを高く評価し、次点でVIPプログラム等で入出金限度額の引き上げが可能なオンラインカジノを評価しています。

入出金手数料

入出金手数料が無料なオンラインカジノを高く評価しています。手数料が低ければ余計な支出を抑えられるからです。

例えば、出金手数料が1.5%の場合、1万ドル出金すると、150ドルかかります。日本円に換算すると約15,000円です。

コンビニのATM手数料が110円と考えると、如何にオンラインカジノの銀行送金手数料が高いかわかるでしょう。

送金スピード

送金スピードが早いオンラインカジノは余計な不安にかられることなく利用できます。

現在、日本語対応オンラインカジノの銀行送金の標準的な送金時間は1~2営業日です。出金時間が1時間~24時間以内と記載されているオンラインカジノは、平日の昼間以外(土日祝日含む)でも即時入金できるシステムを採用しているため、高く評価しています。

サービス内容

銀行振込ができても安全性の低いオンラインカジノは避けなければいけません。

特に注意して確認すべきなのはサービス内容です。日本では、過去に「スマートライブカジノ」事件で合法オンラインカジノで遊んでいたプレイヤーがサービス内容を理由に逮捕されたことがあります。

この事件で問題となったのは、日本人にしか利用できないような限定サービスでした。具体的には、日本人ディーラーが日本人限定テーブルでカジノゲームを提供していたり、日本人プレイヤー同士でチャットしてゲームを楽しめる環境が整っていたこと等から、警察は日本で違法賭博を行っているのと変わらない状況だとみなして逮捕に踏み切った次第です。

そのため、サービス内容も含めてランキングの評価にしています。

オンラインカジノの銀行振込に関する基礎知識

オンラインカジノの銀行振込には「国内送金」と「国際送金」の2種類があります。

国内送金は国内銀行と国内銀行との間で送金する方式で、国際送金は海外銀行と国内銀行との間で送金する方式です。

国内送金と国際送金の比較表を以下表にまとめたのでご覧ください。

国内送金 国際送金
手数料 無料~約500円 約1,000~3,000円
送金スピード 1時間~2営業日以内 7~10営業日程度
銀行からの連絡(電話) 滅多にない 頻繁にある
(※登録住所への郵送連絡有)
SWIFTコード 不要 必要

SWIFTコードとは、国際送金で必須の金融機関認識コード(例:三井住友銀行⇒SMBCJPJT)です。各金融機関のSWIFTコードは「(金融機関名) SWIFTコード」と検索すれば確認できます。SWIFTコードを持たない銀行は国際送金には対応できません。

現在ほとんどの日本語対応オンラインカジノは国内送金対応の仲介決済サービスを採用していますが、一部にはまだ国際送金しか利用できないオンラインカジノもあります。(仲介決済サービスを採用しているオンラインカジノは手数料がかかる場合が多いです。)

国際送金しかできないオンラインカジノを選ぶと手数料負担が大きくなるうえ、着金まで1週間以上待たされることもあり、ユーザーメリットはほとんどありません。

一方、国内送金なら手数料を安く抑え、遅くても2営業日程度で着金できます。国内送金の方が圧倒的に便利なので、国内送金対応オンラインカジノを選ぶようにしましょう。

オンラインカジノで銀行振込を利用するメリット

オンラインカジノでは様々な決済方法がありますが、そのなかでも銀行振込を利用するメリットは以下にあります。

わざわざ電子決済口座を開設しなくて済む

オンラインカジノでの銀行振込は普段使っている銀行をそのまま利用できます。基本的には大手銀行、ネット銀行、地方銀行どれでもOKです。

エコペイズスティックペイヴィーナスポイントなどの電子決済口座を開設する必要がないので、オンラインカジノを遊び始めるうえで時間も手間もかかりません。

また、銀行振込はセキュリティ面が強いというメリットもあります。オンラインカジノはクレジットカード決済でも即時入金できますが、カード情報漏洩を心配される方は、銀行振込を選択した方がいいでしょう。

手数料が無料のオンラインカジノが多い

国内送金が可能なオンラインカジノの場合、オンラインカジノでの銀行振込決済手数料が無料である場合が多いです。

手軽に入金でき、手数料もかからないとなれば、銀行振込を利用するメリットはかなり大きいといっていいでしょう。

他決済サービスの手数料は無料でも、即入金できるクレジットカードだけは手数料がかかるというケースは珍しくありません。今までクレジットカードでオンラインカジノに入金していた人には手数料負担を抑えるため、銀行振込に切り替えることをおすすめします。

資金管理がしやすい

銀行振込でオンラインカジノへ入出金できると、資金移動が一元化でき、資金管理がしやすいです。

一方、エコペイズヴィーナスポイントなど電子決済口座を介す資金移動は、経由する口座が増えるので、単純に資金管理の手間も増えてしまいます。

資金管理が手間が増えるとやっかいなのが確定申告です。オンラインカジノでは一定額以上勝つと納税義務が発生しますが、資金管理ができていないと余計な税金を払うことになりかねません。ですので、資金管理を単純化するために銀行振込を活用する意味は大きいです。

また、エコペイズやヴィーナスポイントは一般企業が運営するサービスのため、突然の閉鎖やトラブルに巻き込まれるリスクがありますが、銀行はそういった心配がないので、安全面においてはるかに安心できます。

オンラインカジノで銀行振込を利用するデメリット(注意点)

続いて、オンラインカジノで銀行振込を利用するデメリットも確認しておきましょう。

本人確認書類の提示が必要

銀行振込に限った話ではありませんが、オンラインカジノでは出金する際に本人確認書類の提出(撮影データのアップロード)を求められます。

必要書類は以下2点です。書類の種類はほとんどのオンラインカジノで共通しています。

身分証明書(表・裏) 運転免許証 / パスポート / マイナンバーカード等
住居証明書(発行3ヵ月以内) 水道やガスなど公共料金請求書 / 住民票等

提出タイミングはオンラインカジノによって異なり、初めて出金する前か一定金額以上の出金かのどちらかです。ただ、ほとんどのオンラインカジノは初出金前に本人確認書類の提出が必要になるので、なるべく早く提出するようにしましょう。

土日祝は出金できない時がある

銀行は土日祝日のため、一部オンラインカジノでは土日祝日の出金処理が行われません。そういった場合に出金処理が行われるのは翌営業日以降です。

2018年10月以降は多くの銀行で昼夜・土日祝日問わず即時入金できるようになったので、翌営業日振込に納得いかない方もいるかもしれませんが、こればかりは仕方ありません。銀行決済を仲介する業者やオンラインカジノ側の運営体制の都合上、土日祝日出金不可としているところもあります。

利用できない銀行(金融機関)がある

オンラインカジノの銀行送金はほとんどの大手銀行・ネット銀行に対応していますが、一部にはギャンブルでの利用を避けたほうがいい銀行があります。

代表的なのが、楽天銀行です。一応、楽天銀行を使ってオンラインカジノで入出金することはできますが、SNSで「オンラインカジノで使わないでください」と楽天銀行から電話があったとの口コミが上がっていました。

実際に楽天銀行の規約には、オンラインカジノの利用を禁止するような項目は掲載されていませんが、上記のような口コミはいくつか見受けられるので、注意した方がいいでしょう。でn

また、他の銀行・金融機関でも同じようにオンラインカジノでの入出金が認められなくなる可能性は0ではないので、ご利用中の銀行・金融機関の利用規約改定などがある際はその都度注意してください。

着金までに時間がかかる

同じオンラインカジノでも、銀行送金は他の決済サービスに比べて着金までに時間がかかる場合があります。

たとえば、エコペイズなら約1時間、銀行送金なら翌営業日といったかんじです。

送金手段によって出金時間が異なる場合は、オンラインカジノの入出金方法ページやよくある質問ページに記載されているのでそちらをご確認ください。

対応しているオンラインカジノが少ない

Casimoがこれまで調査してきた日本語対応オンラインカジノは50サイトを優に超えますが、銀行送金を採用しているところは2~3割程度。ほぼ100%採用されているエコペイズと比べるとまだまだ少ないです。

銀行送金にこだわると遊べるオンラインカジノが限られてしまうので、いろんなオンラインカジノで遊びたい方は、銀行送金とは別にどこでも使えるエコペイズの利用を検討した方がいいでしょう。

エコペイズは無料登録可能で、本人確認を行えば、ほぼ全ての日本語対応オンラインカジノで入出金できます。また、多少手数料はかかりますが、エコペイズアカウントでは国内銀行振込を使って入出金可能です。

銀行振込で入出金できるオンラインカジノまとめ

銀行振込で入出金できるオンラインカジノは他決済サービスを介す必要がないため、とても使い勝手がいいです。まだ普及率は高いとはいえませんが、今後も銀行振込対応オンラインカジノは増えていくでしょう。

銀行振込対応オンラインカジノで一番のおすすめはカジノシークレットです。当サイトから登録して入金すると、初回入金キャッシュバックで最高$777貰えます。銀行振込したら最短数分で遊べるようになりますよ!

この記事のポイント
・銀行振込の理想的な入出金限度額は1万ドル以上
・ベラジョンとインターカジノは銀行振込出金で手数料1.5%必要
・ビットカジノは昼 / 夜、平日 / 祝日問わず銀行振込できる
・銀行振込出金だと着金までに1~2営業日はかかる
ベラジョンカジノ
読み込み中

これ以上は記事がありません

読み込むページはありません