• 2017.11.27
  • 投稿

【初心者必見】日本一分かりやすい!オンラインカジノのすべてを徹底解説!

こんにちは!Casimo編集部の笠原豪です。
今回はみなさん気になるオンラインカジノについてご紹介していきます。

オンラインカジノとは簡単に説明するとネットで遊べるカジノのことです。リアルマネーを使ってカジノゲームで遊ぶことができ、勝った時の配当をもらうことができます。

また、日本語対応のオンラインカジノが増えてきていて、年々日本人ユーザーの数も増えつつあります。

蒼井 那奈
オンラインカジノってどんな感じなんだろう?ネットでカジノが遊べるって普通のカジノアプリと何か違うのかな?
笠原 豪
ゲーム自体はカジノアプリと似ているな!ただ、実際にリアルマネーをかけてカジノで遊ぶことができるというのはアプリにはない要素だぞ。他にもライブカジノといって本物のディーラーとライブ中継で対戦できる仕組みもあるからアプリゲームよりも楽しめると思うよ。

この記事では「オンラインカジノとは?」「オンラインカジノとカジノカフェの違い」「オンラインカジノの見分け方」などについて幅広く解説していきます!

◆この記事を読んだら分かること◆
✅オンラインカジノとは?(誕生が1995年)
✅オンラインカジノとカジノカフェの違い(犯罪かどうか)
✅オンラインカジノの見分け方(重要度:高)
✅オンラインカジノが勝ちやすい理由(ペイアウト率)
✅オンラインカジノで使える必勝法(5つ)

オンラインカジノとは?

オンラインカジノとは、自宅のパソコンやスマホでインターネットを通じてプレイするカジノのことです。本場のカジノと同じように「現金チップ」を賭けて、ゲームに勝てば現金として配当をもらうことができます。基本的に24時間365日いつでも好きなときにプレイすることが可能です。

実はこのオンラインカジノが誕生したのは、1995年で、日本では最近認知されはじめたのですが、海外では本場カジノの売上に迫るくらいとても人気です。

日本の企業が運営しているわけでなく海外に拠点(カジノが合法な国)を持つ企業が運営しています。

近年では日本語に完全対応するオンラインカジノも増えてきており、お問い合わせサービスも日本語で返信してくれます。

オンラインカジノとカジノカフェの違法性の違い

日本には「オンラインカジノ」とは別に有名な「カジノカフェ(違法)」というものがあります。

カジノカフェとは、漫画喫茶のような店内を使ってオンラインカジノで遊べる施設のことを言います。(通称「インカジ」とも呼ばれており、首都圏の歓楽街でよく見受けられます。)カジノカフェは「店内換金」のシステムを採用していて、勝った分の配当はパチンコのようにその場で現金に変えることができます。

実はこの店内換金は法律の「賭博罪」が適用されるので違法になります。ですので、遊んでいると摘発されるリスクを伴います。

では、オンラインカジノは遊んでも大丈夫なのでしょうか?

結論から述べるとオンラインカジノは「グレーゾーン」です。過去にオンラインカジノで遊んでいて摘発された事件もあります。

事件について詳しく知りたい方はこちら

しかし、この事件で摘発された容疑者の1人が裁判で争う姿勢を見せた途端、不起訴処分となりました。つまり何が言いたいかというと今の日本の法律ではオンラインカジノをプレイしていても裁くことができないということです。

また、摘発された人たちは遊んでいたオンラインカジノもよくありませんでした。オンラインカジノには安全性に欠けるものがあるので注意が必要です。逆に言えば安全性が信頼できるオンラインカジノであれば、遊んでも問題ありません。

信用できるオンラインカジノを見分ける5つのポイント

安全性が信頼できるオンラインカジノかどうか見分けるには6つのポイントに注意する必要があります。

世界各国政府発行のライセンス

そもそもカジノの運営には必ず「ラインセンス」が必要になります。オンラインカジノでも同じです。ラインセンスを取得しないで運営しているオンラインカジノは違法になります。

もしライセンスを取得していたら以下のような証明書をサイトで確認することができます。

ライセンスの発行はカジノが合法な国や地域で発行されています。

※ライセンスを発行している国や地域(一部)

  • イギリス(UK)
  • ジブラルタル(イギリス領)
  • マン島
  • マルタ共和国(イギリス連邦加盟国)
  • オルダニー島
  • キュラソー島(オランダ領)など

国や地域によってラインセンス発行の基準は違います。なるべく遊びたいと思ったオンラインカジノはライセンスを確認するようにしましょう

独立した第三者機関の監査

オンラインカジノはライセンスだけでなく、ギャンブルの公平性を示すため第三者機関に監査を依頼しているカジノがあります。

↓監査をしているかどうかはサイトの下層でみることができます。

第三者機関から監査を受けているカジノはゲームの公平性が示されているので、安心して遊ぶことができます。オンラインカジノで遊ぶ前に必ずチェックしておきましょう。

迅速なかつ丁寧な日本語のサポート体制

オンラインカジノを始めようと思ったら、レートやルール、換金方法など必ず「疑問点・不明点」が出てきます。そんな「疑問点・不明点」を解決するのにそれに欠かせないのが「サポート」です。

その「サポート」もオンラインカジノによってそれぞれ違います。必ず抑えておいた方が良いのは以下の項目です。​

  • 日本語対応の有無
  • 対応時間
  • レスポンスの早さ
  • 保証

日本語対応の有無は言わずもがなですね。日本語対応していないと、いざという時に日本語で質問ができません。また、対応時間やレスポンスの早さも重要です。24時間迅速に対応してくれることに越したことはありません。サポートへの問い合わせは登録しなくてもできるので、事前に対応してくれる時間帯や質問の返ってくるレスポンスの早さを確認しておきましょう。

最後に保証ですが、ここが一番重要です。オンラインカジノはネットでの遊びなので途中で回線が切れるといったことがあります。ですので、ネットが切れた場合にオンラインカジノがどのように保証してくれるかどうか確認しておいてください。ゲーム中に回線が切れて、今まで勝った配当が0になっていたということもあります。

日本人限定のサービスではない

2016年3月に起きた「スマートライブ」事件があり、オンラインカジノで遊んでいた数人が摘発されました。この事件では、海外に拠点を持つ会社がオンラインカジノを運営していたのですが、日本人限定のサービスをしているとして警察が動いたのです。

日本人限定と捉えられた要因は以下の通りです。

  • 日本人女性ディーラーがゲームを提供
  • コミュニケーションは全て日本語
  • 開催が日本時間の夕方から深夜に設定

ですので、これから遊ぶオンラインカジノが日本人限定のサービスを運営していないか必ず確認するようにしてください。

どこの国で運営されているか?

オンラインカジノを運営してい国はある程度把握できます。もちろん日本で運営しているオンラインカジノは違法になります。ですので遊びたいオンラインカジノがどこの国で運営をしているんか所在地を確認しておくようにしましょう。

基本的にはオンラインカジノは所在地をサイトに載せています。

↓載せていたらこんな感じ

もし所在地が載っていなければ違法な国で運営している可能性があるので注意してください。

笠原 豪
安全なオンラインカジノで遊びたければベラジョンカジノが一番だよ!ベラジョンカジノは上記で説明した5つの項目を全てクリアしてるんだ!スマホアプリがあるからいつでもどこでもオンラインカジノで遊ぶことができるよ^^

オンラインカジノで気になる3つのこと

勝ったらどうやって換金するの?

まず、オンラインカジノは海外で運営されているので基本的に日本円でのプレイでができません。(中には日本円で遊べるものもありますが。)また、カジノサイトへ入金するため、お堅い日本の銀行から直接オンラインカジノの口座に入金することもできません。

ですので、オンラインカジノに入金する場合は、電子決済サービスを仲介する必要があります。

↓イメージはこんな感じです。

電子決済サービスはオンラインカジノに入金するための銀行と思ってもらえたら大丈夫です。プレイヤーは電子決済サービスに入金し、電子決済サービスを使ってカジノで遊べる通貨に換金します。カジノで勝った賞金を出金したければ、オンラインカジノから決済サービス口座に出金し、日本円に戻してからプレイヤーの銀行口座に出金します。

オススメの電子決済サービスについて知りたい方はこちら

オンラインカジノで利益が出た時の税金は?

非常に残念ですが…オンラインカジノで勝っちゃったお金は税金の対象になります、、、

所得には全部で10種類あって、その中の1つ「一時所得」がオンラインカジノで勝ったときの所得になります。競馬や競艇もこれと同じですが、競馬や競艇の場合はその場で現金に換金できるので、だれがどれだけ所得があるのか把握できません。

一方オンラインカジノは先ほども説明した通り銀行口座を使用するので所得が履歴とて残ります。なのでオンラインカジノで税金を払わないと脱税になってしまうのです。しかし、年に50万未満ならオンラインカジノで勝っても税金は免除されます。税金のことは頭の片隅に入れながらオンラインカジノを楽しんでください。

税金の詳しい計算方法について知りたい方はこちら

おすすめのオンラインカジノは?

おすすめのオンラインカジノは?」と聞かれたら間違いなく「ベラジョンカジノ」と答えるでしょう。

ベラジョンカジノはインターカジノグループを親会社にもつオンラインカジノで、2006年に創業しました。インターカジノグループは世界最大規模を誇る超優良企業でその技術力はオンラインカジノの中でも抜きん出ており、スマホやタブレットに対応したオンラインカジノの先駆けとして知られています。

また、ライセンスは、世界でもっとも厳格な審査をすると言われているマルタ・ゲーミング・オーソリティー(通称MGA)のライセンスを取得しています。運営拠点やサイトを設置しているサーバーもマルタにあるので安心して遊ぶことができます。

さらにCasimo編集部で厳選したオンラインカジノランキングでも堂々の第1位です。

このように、ベラジョンカジノは完全に日本国外に拠点をもつオンラインカジノであり、ゲームの公正さもきっちり審査されていますから、日本人ユーザーのみなさんも安心して遊ぶことができます。

笠原 豪
ベラジョンカジノの最大の特徴は、なんといっても700を超えるゲームの種類だな!世界最大規模のオンラインカジノとして世界中のカジノユーザーから信頼されているから安心して遊んでくれ!

初心者必見!勝率を上げる攻略法、必勝法5選

マーチンゲール法【初級】

マーチンゲール法は、負けたら前回の賭け金を倍額にするというものです。1回でも勝つことができれば、今まで負けていた損失額を取り戻すことができます。連敗すれば賭け金がどんどん増え、勝っても利益が少ないのでミドルリスク・ローリターンな必勝法です。

スタートの賭け金を1ドルとして例を見ていきましょう。 賭け金に対して配当が1倍のゲームで、4連敗して5回目に勝てたとします。

(単位:ドル)

1回目に負けたら、次のゲームで2ドル賭けます。 さらに負けたら、次は4ドル。 4ドルでも負けたら、次は8ドル。 … 賭け金が16ドルとなった5回目のゲームで勝ちました。 オッズは2倍なので、32ドルが手元に戻ってきます。

これまでの合計賭け金は31ドル(1+2+4+8+16)になるので、 1ドルの利益が出ました。 つまり、連敗していても1勝さえすればそれまでの負けを全部取り戻し、スタートした時の賭け金が利益になります。

マーチンゲール法のメリット

  • 負け続けても1度勝てば、全ての損失額を取り戻せる。
  • 初心者でも簡単に使用することができる。

マーチンゲール法のデメリット

  • プレイヤーの資金には限界がある。
  • 勝利までの心理的負担が大きい。
  • ゲームでは最大ベット額に制限がある。

カジモ編集部ではマーチンゲール法を実際にカジノで試した結果どうなったのか?記事にしました!是非、ご覧ください!

マーチンゲール法を詳しく知りたい人はこちら

笠原 豪
マーチンゲール法を実際にカジノゲームで試してみたかったらベラジョンカジノがおすすめだぞ!ベラジョンカジノはフリーモードといってカジノゲームを無料でプレイできる機能があるんだ。マーチンゲール法はバカラやブラックジャックルーレットなどで使えるから試しにフリーモードで遊んでみて^^必勝法を覚えるには実践あるのみ!

10%法(テンパーセント法)【初級】

10%投資法は、以下の数式を用いる必勝法です。

自己資金×0.1 =次回賭け金

勝率1/2、配当が1倍のゲームで最も効果を発揮します。連勝すれば利益は大きいですが、連敗すると損失も大きいのでミドルリスク・ミドルリターンな必勝法です。

10%法の使い方

では、自己資金を100ドルからスタートして5連勝する場合を見ていきましょう。次に5連敗するとどうなるのか確認してください。
※小数点以下は四捨五入します。

5連勝の場合

ゲーム数 賭け金 勝敗 損益 損益合計 自己資金 計算 次回賭け金
1 10 10 10 110 110×0.1=11 11
2 11 11 21 121 121×0.1=12.1 12.1→12
3 12 12 33 133 133×0.1=13.3 13.3→13
4 13 13 46 146 146×0.1=14.6 14.6→15
5 15 15 61 161 161×0.1=16.1 161.1→16

(単位:ドル)

5連敗の場合

ゲーム数 賭け金 勝敗 損益 損益合計 自己資金 計算 次回賭け金
1 10 × -10 -10 90 90×0.1=9
2 9 × -9 -19 81 81×0.1=8.1 8.1→8
3 8 × -8 -27 73 73×0.1=7.3 7.3→7
4 7 × -7 -34 66 66×0.1=6.6 6.6→7
5 7 × -7 -41 59 59×0.1=5.9 5.9→6

(単位:ドル)

2つの表の損益合計を比較してみましょう。
5連勝の場合は+61ドルに対して、5連敗の場合は-41ドルです。

連勝すれば自己資金は増大し、それにつれて0.1掛けで出した賭け金も増大します。
一方で、連敗すれば自己資金は減少し、それにつれて賭け金は減少します。

10%法のメリット

  • 連勝すればするほど利益になる。
  • 負けても損失額が増えることはない。

10%法のデメリット

  • 五分五分の勝負では不利になる。
  • 賭け金の計算のとき切り上げ、切り捨てもしくは四捨五入する必要がある。

カジモ編集部では10%法を実際にカジノで試した結果どうなったのか?記事にしました!是非、ご覧ください!

10%法を詳しく知りたい人はこちら

笠原 豪
10%法を今すぐ試したかったらオンラインカジノだな。10%法は色々なゲームで使うことができるし、オンラインカジノにも多くのゲームがあるから試してみるとにいいぞ^^気になる人はカジモ編集部のオンラインカジノランキングを参考にしてみてね!

ハーフストップ法【初級】

ハーフストップ法は目標利益を決め、目標利益が半分以下になったらゲームをやめる必勝法です。既に得た利益を元にゲームを進めるので、ローリスク・ミドルリターンな必勝法です。

わかりやすく例をみていきましょう。

今回は「資金100ドル、目標利益100ドル」と設定しました。 どんな戦法を使ってもかまいませんので、資金を目標利益の100ドルまで増やします。

目標利益まで到達したらハーフストップ法を使います。100ドルなので、半分は50ドルになったらゲーム終了です。表にすると以下の通りです。

ゲーム数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
掛け金 20 20 30 30 40 40 40 40 30 60
勝敗
累計額 220 200 230 260 220 260 220 180 210 150

10ゲーム目にして累計額が150ドルになりましたので、ゲームをストップします。すると、手元資金が100ドルだったところから、150ドルに増やしてゲームを終えることができました。

ハーフストップ法のメリット

  • 大きな損失を防ぐことができる。
  • いろいろなカジノゲームで使用できる。
  • 目標利益まで到達すれば半分の利益は確定でもらえる。

ハーフストップ法のデメリット

  • 決めた金額で必ずやめるという強い心が必要である。
  • 目標利益まで到達せず最初の資金が尽きればハーフストップ法を使うことはできない。

カジモ編集部ではハーフストップ法を実際にカジノで試した結果どうなったのか?記事にしました!是非、ご覧ください!

ハーフストップ法を詳しく知りたい人はこちら

グッドマン法(1235法)【初級】

グッドマン法とは勝ったら1,2,3,5の順で賭け額を増やしていく必勝法です。連勝で利益を伸ばせる上、負けても損失額が低いのでローリスク・ミドルリターンな必勝法になります。

グッドマン法の使い方

賭け金を「1」からスタートし、ゲームに勝つ毎に「1、2、3、5」の順に掛け金を増やしていきます。「5」からは勝っても掛け金を増やさず、据え置きで「5」を賭け続けます。どの賭け金でも負けた時点で、賭け金を「1」に戻しこれを繰り返していきます。

グッドマン法のメリット

  • 大きな損失に繋がりにくい
  • 最初に連勝すれば連敗しても利益が出やすい
  • 急激に掛け金が増える事がない

グッドマン法のデメリット

  • 連勝できなければ利益がでにくい
  • 大きな利益に繋がりにくい

カジモ編集部ではグッドマン法を実際にカジノで試した結果どうなったのか?記事にしました!是非、ご覧ください!

グッドマン法を詳しく知りたい人はこちら

ココモ法【中級】

ココモ法は直近2回のゲーム賭け金の合計額を賭ける必勝法です。連敗すれば賭け金が増えますが、その分買った時の利益も大きいのでミドルリスク・ミドルリターンな必勝法になります。

勝敗確率1/3、配当倍率(オッズ)2倍のゲームで使用します。

ルールは1つで、ゲームを始めて2連敗後に使用することができます。
ココモ法の式は「前々回の賭け金+前回の賭け金=今回の賭け金」になります。

では、スタートの賭け金を1ドルとして例を見ていきましょう。

ゲーム数 賭け金 勝敗 損益 損益合計 次賭け金の計算
1 1 × -1 -1 -
2 1 × -1 -2 1+1=2
3 2 × -2 -4 1+2=3
4 3 × -3 -7 2+3=5
5 5 × -5 -12 3+5=8
6 8 16 4 -

1,2回目で連敗したので、3回目のゲームの賭け金を決める時にココモ法を使います。

6回目に勝ったことで1~5回目までの損失を全て取り戻すことができました。
1勝したら1セッション終了です。しっかり前々回の賭け金と前回の賭け金をメモしておくようにしましょう。

ココモ法のメリット

  • 負ければ負けるほど勝った時の利益は大きい。
  • 賭け金の増え方が緩やか。

ココモ法のデメリット

  • 賭け金がテーブルリミットの上限にぶつかる時対策が必要。
  • 配当2倍のゲームには不向きなので使えない。

カジモ編集部ではココモ法を実際にカジノで試した結果どうなったのか?記事にしました!是非、ご覧ください!

ココモ法を詳しく知りたい人はこちら

オンラインカジノが圧倒的に勝ちやすい理由

オンラインカジノが勝ちやすい理由はペイアウト率にあります。ペイアウト率とはプレイヤーに還元される期待値のことです。

例えば、

ペイアウト率が90%のギャンブルの場合、1万円を使うと、9000円は勝てる見込みがあると判断できます。
ペイアウト率が高ければ高いほど、お得なゲームと言えます。

それでは早速、オンラインカジノとそのほかのギャンブルのペイアウト率を比べてみましょう。

ギャンブルの種類 ペイアウト率
オンラインカジノ 約95〜約99%
競馬・競艇・競輪 約75%
パチンコ・パチスロ 約80%
宝くじ 約40%
ロト6 約50%

表を見てもわかる通り、圧倒的にオンラインカジノのペイアウト率が高いです。ただし、オンラインカジノもギャンブルなので100%勝てるというものではありません。また、100%勝てるという必勝法もありません。あくまでギャンブルなんだということを忘れないようにしましょう。

よくある質問!Q&Aコーナー

Q.未成年でもオンラインカジノで遊べるの?

A.オンラインカジノによりますが、基本的に18歳以上であれば遊ぶことができます。

Q.イカサマとかはないの?

A.国の厳しいライセンスを取得しているのはもちろん、第三者機関が監査をしていますのでイカサマはありません

Q.スマホでも遊べるの?

A.もちろんスマホでも遊ぶことはできます。ベラジョンカジノではスマホ専用アプリをリリースしているのでダウンロードしておけばいちいちブラウザで立ち上げる必要はありません。

Q.一番のおすすめのオンラインカジノはどこ?

A.ランキング1位に輝いている「ベラジョンカジノ」がやはりおすすめです。

Q.おすすめなオンラインカジノをいろいろ教えてくれませんか?

A.こちらの記事をチェックしてみてください。オススメのカジノをご紹介しています。

ルールを守って楽しくオンラインカジノで遊ぼう

いかがだったでしょうか?
オンラインカジノについてなんとなく理解できたと思います。

オンラインカジノはギャンブルの中でも勝ちやすいゲームですし、この記事で紹介したオンラインカジノの選び方を参考にすれば、まず逮捕されることはないでしょう。

ルールを守って楽しくオンラインカジノで遊んでください。

◆この記事のポイント◆
✅オンラインカジノはグレーゾーン日本の法律では裁ききれない
✅オンラインカジノで遊ぶには電子決済サービスが必要
✅オンラインカジノはどのギャンブルよりも勝ちやすい
✅オンラインカジノで稼いだお金は税金がかかる
✅オンラインカジノ選びが重要(ライセンス、第三者機関、日本人限定サービスではない、運営拠点)

笠原 豪
なんとなくオンラインカジノについては理解できた?オンラインカジノは日本の法律では裁ききれないけど、遊ぶカジノを間違えると摘発されるかもしれないからカジノ選びは慎重にね。
海外のカジノに行くのは時間の制約があるけど、スマホで簡単にプレイできるオンラインカジノなら今すぐ始められるし、Casimo編集部がおすすめするベラジョンカジノはマルタ共和国政府の厳しい審査を受けてライセンスを取得してるから安心だぞ!

蒼井 那奈
他にもオンラインカジノはたくさんあるんだよ!
日本語対応の39サイトを徹底比較して、自信を持っておすすめできるカジノを厳選したからチェックしてみてね!

関連記事

注目コンテンツ