• 2018.05.07 2018.05.07

【マカオカジノ情報】ザ・ベネチアン・マカオ・リゾートホテルの特徴を徹底調査してみた

你好(ニーハオ)!カジモ編集部の笠原豪です!

とうとう行ってきました…
世界最大のカジノリゾート、ザ・ベネチアン・マカオ・リゾートホテル!

ホテルは豪華でベットルームも広々としいて、昼は買い物、夜はカジノであっという間に時間が過ぎてしまいました。今思い出しても興奮さめやりません。

今回はそんな「ザ・ベネチアン・マカオ・リゾート」について詳しくご紹介します。

蒼井 那奈
豪さん、ずっとベネチアン・マカオ行きたいって言ってましたもんね(*'ω' *)いいなぁ~、私も2泊3日ぐらいで行こうかな。久しぶりに、カジノで遊びたいですし♪
笠原 豪
ベネチアン・マカオはカジノ以外の楽しみもたくさんあるぞ。全部楽しもうと思ったら、1週間あっても足りないぐらいにな!今回はベネチアン・マカオの見どころを紹介していくから、旅行する時の参考にするといいぜ!

みなさんこんな疑問をお持ちではないですか?

  • ホテルの客室はどんな雰囲気?
  • カジノが有名だけど、他にはどんな楽しみが?
  • カジノで遊ぶ時のマナーはあるの?

それではこの疑問について、全てお答えしていきます!

世界最大のカジノリゾート!「ザ・ベネチアン・マカオ」

ザ・ベネチアン・マカオ・リゾートホテルは世界最大のカジノリゾートで、総建設費約24億ドルをかけ、2007年に誕生しました。

東京ドーム1個分(約51,000㎡)のカジノプレイエリアを始め、ショッピングにグルメ、コンサートやスポーツ観戦まで、ありとあらゆる"エンターテイメント"が楽しめます。

さて、この地上の楽園にはどんな楽しみが待っているのか?
さっそくチェックしていきましょう!

ホテル

ホテルには客室が約3,000室あり、その全てがスイートルームです。全体的にシックな色合いで、スタンダードな部屋でも広々としていて開放感があります。バスルームはシャワールームとバスタブが独立しており、アメニティも完備されています。

とにかく広くて、リッチな雰囲気に浸れるにも関わらず、20,000円から宿泊できるため、日本人観光客からも非常に高い評価を受けています。香港のカジノホテルと宿泊費を比べると約1/3です。

ただしスイートルームだからと言って、荷物を運んでくれるようなーサービスはありません。客室だけがスイートクラス級のホテルであることを前提にしておきましょう。

ショッピングモール

リゾート施設内には350以上の店舗数を誇るショッピングモールが存在します。世界中の人気ブランドが軒を連ね、日本に進出していないブランド店も多くあります。ヴェネチアの街並みを室内に再現していて、天井には青空が広がり、街中の水路をゴンドラが優雅に行き来しています。

夜になると街燈が灯され、また一段と雰囲気が変わります。一日中散策していても飽きません。ディズニーシーの雰囲気が好きな方なら、一瞬で虜になります。夜遅くまで営業(23時か24時まで)しているので、カジノやコンサートで遊んだ帰りに立ち寄るのもOK。

買い物好きの方は注意してくださいね!あれもこれも欲しくなっちゃうほど、最新の素敵アイテムが目白押しです。

レストラン街

旅行と行ったらグルメです!施設内には40以上の飲食店があり、そのバラエティ豊富なラインナップには驚きます。

ミシュランの星を3年連続獲得したGOLDEN PEACOCKを筆頭に、一流シェフが腕によりを懸けた最高級料理を堪能できる数々のレストラン。気軽な食事がとれる巨大フードコートもあります。(日本でもおなじみのマックやスタバまで!)

フレンチ、イタリアン、エスニックから日本食まで楽しめますので、グルメ好きには最高の環境です。

24時間営業カフェ『CAFE DECO』の朝食は、ビュッフェ形式で和洋中なんでも揃っているので、「なに食べようかな…」と悩んだ時はこちらへどうぞ。

エキシビションセンター

ベネチアン・マカオは、贅沢のひと時を提供するホテルとしてだけでなく、アジア最大規模のエキシビションセンターとしても高い評価を受けています。

ここではブルーノ・マーズやレディ・ガガ、ビヨンセ等の一流アーティストのコンサートや、シルク・ドゥ・ソレイユのショーも過去に開催されています。また、テニスやバスケット等のスポーツイベントも行われます。

その他、国際会議にも対応できる設備も整っているので、アジアでビッグイベント=ベネチアン・マカオで開催、というのが世界の常識となりつつあります。

アミューズメントパーク

ベネチアン・マカオの楽しみは、各種イベントを観戦するだけに止まりません。

ベネチアンは世界最大のカジノプレイエリアをメインに据え、パットゴルフ場やゴンドラ遊覧、最新機器が揃うスポーツジム、スパ、プール、小さいお子様向けのキッズゾーン等、様々な施設も充実しています。

一人の時間をゆっくり楽しむも良し、家族団らんを楽しむも良し、楽しみ方は自由自在です。

ザ・ベネチアン・マカオ・リゾートホテルで遊べるカジノ

ベネチアン・マカオといったら、やっぱりカジノです。カジノエリアは世界最大、その広さはなんと東京ドーム1個分!鳳凰殿(Phoenix)、麒麟殿(Golden Fish)、帝王殿(Imperial House)、赤龍殿(Red Dragon)の4つのエリアに分かれており、エリア内いっぱいにありとあらゆるカジノゲームが取り揃えられています。カジノ好きにはまさに天国ですね。

ここからは、ベネチアン・マカオのカジノについて基本情報から遊べるゲーム種類、覚えておきたいマナーについてご紹介します。

まずは基本情報から確認しておきましょう。

ドレスコード スマートカジュアル
(スーツやドレスはもちろん、ジーパン、Tシャツ等のラフな格好でもOK。ただし、サンダルやスリッパはNGです。)
営業時間 24時間
テーブル数 850台
スロット数 4000台以上
対応クレジットカード種類 VISA,Master Card,American Express,JCB
休業日 なし
年齢制限 21歳未満カジノエリア入場不可

カジノゲームの種類

ベネチアン・マカオのカジノでは、バカラやルーレット、ブラックジャック等の主要ゲームをはじめ、プレイヤー同士で競い合うテキサスホールデム、ビデオスロットなど多数のゲームを取り揃えています。

以下は主要ゲームのベットリミット表です。

ゲーム名 ミニマムベット マックスベット
バカラ 500~2,000HKD
(7,000~28,000円)
1,500,000HKD
(21,000,000円)
大小 200~8,000HKD
(2,800~112,000円)
1,500,000HKD
(21,000,000円)
ブラックジャック 300~800HKD
(4,200~11,200円)
10,000~20,000HKD
(140,000~280,000円)
ルーレット 25~100HKD
(350~1,400円)
2,500~5,000HKD
(35,000~70,000円)
3カードポーカー 300~500HKD
(4,200~7,000円)
100,000HKD
(1,400,000円)
サンズスタット
ポーカー
300~500HKD
(4,200~7,000円)
20,000HKD
(280,000円)

※1HKD=14円

ミニマムベットは全体的に高めに設定されていますが、それでもルーレットやビデオポーカーは数百円から遊べるゲームので、初めての方でも十分楽しめます。

人気ゲームはバカラ・大小で、世界中のカジノファンがひしめきあっています。その他にも、入場料300万円超えのVIPテーブルや、多数プレイヤー同時参加可能なライブ中継スタジアムもあります。

アジア系のハイローラーが多く集まっているので、彼らを見つけたらゲームテーブルをこっそり覗いてみてください。度肝を抜かれる超高額ベットを軽々としています。そういう非日常的なシーンに出会えるのも、カジノの楽しみの1つです!

注意するべき基本的なマナー

最後におさえておきたいのが、カジノマナーです。大人の楽しみに興じるなら、大人としてルールをしっかり守ることも大事な嗜みです。

写真・ビデオ撮影はNG

写真・ビデオ撮影はNGです。もちろん、自撮りもダメです。カジノテーブルについたら、ケータイに触るのも禁止です。周囲のプライバシーを保護するためのルールなので、絶対厳守です。

このルールを破ると注意を受けるだけでなく、カメラ没収や次回以降の入場禁止等の重いペナルティ、最悪の場合は警察やセキュリティの取り調べまであります。

どうしても記念に撮影したい時は、カジノスタッフに必ず確認を取ってからにしましょう。

テーブルの上に荷物を置くのはNG

電子機器を用いた不正プレイ他、犯罪防止のためテーブル上に荷物は置けません。というか、大きなスーツケースや旅行カバンはカジノ内持ち込み禁止ですので、そういった類のものはカジノ入口にあるクロークに預けましょう。

小さなカバン(ウェストポーチ、ショルダーバッグ、クラッチバッグ等)は持ち込みOKですが、常に肌身離さず持って、テーブルについたら膝の上に置いておくといいです。

他人のチップを触るのはNG

カジノ内のチップ=お金です。他人のお金に手をつけることは立派な犯罪行為です。他人のチップに勝手に触れるだけでも窃盗を疑われますし、触られた方は非常に不快な気持ちになります。(相手が次ゲームで負けたら、「ツキが離れた」と因縁をつけられる可能性も…)

笠原 豪
この他にも、負けても怒ったり暴言を吐かないとか、カジノスタッフにはチップを渡すとかカジノで守るべきルールがあるぞ。自分だけでなく、全てのプレイヤーが気持ち良く遊ぶためにルールがあるんだ。大人の振る舞いが出来るように、しっかり頭に入れておこうぜ!

カジノでのマナーや禁止事項に関して詳しく知りたい方はこちら

本場カジノで遊ぶ前にオンラインカジノで練習しておこう!

ザ・ベネチアン・マカオ・リゾートホテルに行ったら、やっぱり遊んでみたいのは本場カジノですよね?しかし、カジノゲームのことを何も知らずに行けば、飛行機代よりもはるかに高い勉強代を払うことになるかもしれません。

そうならないためにも一度カジノゲームに慣れておく必要があります。そこでおすすめしたいのが、オンラインカジノです。

オンラインカジノとは、「インターネットを通じてプレイするカジノ」のことで、海外にあるカジノと同じように実際のお金を賭けることができます。普通のアプリゲームと異なり、「ギャンブルの一種」で、勝つことができれば勝った金額を自分の手元に現金で引き出すことができます。

無料で遊ぶ機能もついているので一度遊んでみてはいかがですか?

オンラインカジノについて詳しく知りたい人はこちら

カジモ編集部おすすめ!本場の臨場感が味わえるオンラインカジノ3選

実はオンラインカジノの中にも、おすすめできるものとそうでないものがあります。しかし、今回はカジモ編集部が厳選したおすすめのオンラインカジノをご紹介します!本場カジノで勝つための実践力が鍛えられること間違いなしです!

本格的なルーレットが遊べるエンパイアカジノ

本場カジノの雰囲気を確認したくなったら、エンパイアカジノのライブカジノがオススメ!

ライブ会場は全10カ所、香港・ラスベガス・マカオ…それぞれ個性豊かな会場ばかりです。ルーレットテーブルは全ての会場にあり、ハイローラーからローローラーまで楽しめます。また、エンパイアカジノといえばボーナスです!賭け金の数%が還元されるリベートボーナスがあるので、遊んだけキャッシュバックをもらうことができます。

カジモ編集部では、エンパイアカジノについて徹底的に調べたマニュアル記事をご用意しているので、気になる人は、ぜひ下記ボタンからご覧ください。

テーブルカジノが充実!多くのカジノゲームが遊べるパイザカジノ

本腰を入れてカジノゲームの研究をしたかったら、テーブルゲームが充実しているパイザカジノがオススメです!

パイザカジノは10社以上の有名プロバイダーから優良ゲームを採用しており、ルーレットやブラックジャック、バカラ等のメジャーゲームだけではなく、テーブルゲームでは珍しいシックボーやクラップスなど、様々なカジノゲームを取り揃えています。

ライブカジノの数も10種類あり、BGMがないシンプルなテーブルから、ジャズが流れるテーブルやセクシーなランジェリー姿のディーラーがいるテーブルまで様々です。

カジモ編集部では、パイザカジノについて徹底的に調べたマニュアル記事をご用意しているので、気になる人は、ぜひ下記ボタンからご覧ください。

まずはお試しプレイ!初心者向けベラジョンカジノ

ベラジョンカジノは2018年に7周年を迎えた注目のオンラインカジノです。

信頼性の高いオンラインカジノで、しかも世界中のユーザーから高い支持を得ています。ベラジョンの人気の理由は、ゲームの豊富さとその遊びやすさにあるでしょう。なんと、700種類以上ののライブカジノ・テーブルゲームが存在し、スマホ専用アプリでさくさく遊べてしまいます!

ほとんどのゲームが無料でお試しプレイできるので、まだオンラインカジノで遊んだことがない人は、この際に遊んでみはいかがでしょうか!

カジモ編集部では、ベラジョンカジノについて徹底的に調べたマニュアル記事をご用意しているので、気になる人は、ぜひ下記ボタンからご覧ください。

一度は行ってみたい「ザ・ベネチアン・マカオ・リゾートホテル」

ザ・ベネチアン・マカオ・リゾートホテルの魅力は、今回書いた文章だけでは残念ながら伝えきることはできません。それだけたくさんの娯楽があります。

国内では体験できないようなゴージャスな休日を過ごしたかったら、一度遊びに出掛けてみてはいかがでしょうか?1人もいいですし、恋人や友達、親子で行っても、もちろん楽しめます。忘れられない最高の体験になりますよ!

蒼井 那奈
色々聞いてたら、ますますベネチアン・マカオに行きたくなっちゃいました (*゚∀゚)=3ショッピングして、美味しい食べ物食べて、ゴンドラにも乗って、カジノで遊んで!!もう想像するだけで楽しくなってきました♪♪
笠原 豪
今度の休日に、友達と行ってきたらどうだい?日本人旅行者も結構多いし、安全だから、女性同士で行っても安心して楽しめると思うよ^^あと、ベネチアン・マカオのカジノで泣きを見ないように、オンラインカジノでしっかり練習してから行くこともカジモ編集長としてオススメするぜ!