• 2018.05.14
  • 投稿

【シンガポール編】カジモ編集部がオススメするカジノリゾート

こんにちは!笠原豪です^^今回はシンガポールの2大カジノについてご紹介します。

シンガポールは東南アジア屈指の発展を遂げた経済大国ですが、その発展の重要な担い手となったのが、市場規模65億ドル以上を誇るカジノ産業です。

シンガポールには2つのカジノしかないにも関わらず、マカオに次ぐ堂々たるアジアのカジノ大国なんです!

そんなシンガポールカジノのついて徹底調査しましたので、ぜひシンガポール旅行の参考にしてください!

蒼井 那奈
シンガポールのカジノって2つしかないんですか?マカオの次にすごいって聞いてたから、もっと施設数は多いのかと思ってました!!
笠原 豪
シンガポールは東京23区よりちょっと大きいくらいの小さい国土だし、歴史的建築物も多いからな。けど、2つのカジノ両方ともが世界基準で大規模なカジノリゾートとなってるから、きっと驚くぞ!

みなさんこんな疑問をお持ちではないですか?

  • シンガポールの2大カジノって?
  • カジノリゾートということは、他にどんな楽しみがあるの?
  • カジノで遊ぶ時のマナーは?

それではこれらの疑問について、全てお答えしていきます!

遊びに行く前に知っておきたい!シンガポールカジノの特徴

シンガポールにカジノが登場したのは2011年ですが、10年も経たないうちに東南アジア屈指のカジノ大国へと成長しました。

その成功の主役となったのが、「マリーナベイ・サンズ・カジノ」と「リゾートワールド・セントーサ」です。

まずは、この2大カジノに共通するポイントを先におさえておきましょう。

シンガポールカジノの入場規則

シンガポールのカジノは21歳以上であれば入場することができます。
入場時に2~3回パスポートチェックがあり、退場時にも求められるので、パスポートは常に出せるようにしておきましょう。

また、カジノ入口はシンガポール人・永住権保有者の入口と外国人専用の入口の2つに分かれています。外国人専用入口には『FOREIGNER 外国人』の看板があるので、そちらの列に並びます。

シンガポールカジノのドレスコード

ドレスコードはスマートカジュアルです。
男性はブレザー、長ズボン、襟付きのシャツ等、女性はドレス、カジュアルドレス、パンツスーツ等の装いが認められています。

以下のNGに引っかからなければ、そこまで気合入れた服装でなくてもOKということです。
・短パン
・袖なしシャツ
・タンクトップ
・ノンスリーブ
・サンダル
・グラサン

1度は行ってみたい!カジノで遊べるシンガポールのおすすめホテル

ここからはシンガポールの2大カジノリゾート「マリーナベイ・サンズ・カジノ」「リゾート・ワールド・セントーサ」について徹底調査した内容を紹介します。

カジノリゾートがある地域、施設の特徴、ゲーム種類などをまとめましたので、シンガポール旅行の参考にしてください!

マリーナベイ・サンズ・カジノ

出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Marina_Bay_Sands

マリーナベイ・サンズ(Marina Bay Sands)はシンガポールの南海岸にある総合カジノリゾートです。総工費はカジノとしては世界最高額の80億S$(日本円で約6400億円)を記録、ショッピングモールに博物館、劇場に約50店舗のレストラン等がここ1つに集結しています。ちなみに、立ち並ぶ3つの棟の屋上には世界一高所にあるプール(地上191m)があります。

マリーナベイ・サンズのカジノ・エリアは総面積約15,000㎡と広大で、4つのフロアに分かれています。このカジノの凄いところは、手数料なしバカラをはじめとして、人気カジノゲームがほとんど遊べる点です。テーブル数も多いので、好きな時に自由にゲームテーブルを渡り歩いてカジノを楽しみ尽くせますよ!

ドレスコード スマートカジュアル
テーブル数 700台
スロット数 約2,500台
ゲーム種類

バカラ、大小、ルーレット、クラップス、マネーホイール、シンガポールスタッド、テキサスホールデムボーナス、3カードポーカー、ポンツーン、7UPバカラ、パワーバカラ、ミニダイスなど

リゾート・ワールド・セントーサ


出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Resorts_World_Sentosa

リゾート・ワールド・セントーサ(Resorts World Sentosa)はシンガポール南岸のセントーサ島にある総合カジノリゾートです。ユニバーサルスタジオシンガポールと世界最大級の水族館、ウォーターパークとカジノが一同に介しており、子供から大人まで楽しめるリゾート地として高い人気を誇っています。

リゾート・ワールド・セントーサは、総面積約15,000㎡とマリーナベイ・サンズと同じくらいの広さ。ミニマムベットはマリーナベイ・サンズより比較的安いのが嬉しいポイント。大人数で楽しめるオンラインルーレットや大小の設置数が多いので、皆でわいわいやりながらカジノを楽しみたい方にはうってつけです。

ドレスコード スマートカジュアル
テーブル数 500台
スロット数 1300台
ゲーム種類

バカラ、大小、ルーレット、カリビアンスタッド、プログレッシブテキサスホールデム、ブラックジャックスイッチ、マネーホイール、ポンツーン、パイガウ、タイサイ、ラピッドバカラなど

シンガポールのカジノで遊ぶ際の注意点

さて、ここからはシンガポールカジノで遊ぶ時に知っておきたい点を3つ紹介します。

・カジノで使える通貨
・テーブルマナー
・予算

特にテーブルマナーは大人として必ず守るべきものなので、忘れないようにしておきましょう!

カジノで使える通貨

シンガポールのカジノで使える通貨は、シンガポールドル(S$)です。

テーブルに着いた際、シンガポールドルをテーブルに置けばチップと交換してくれます。
日本円をチップに交換したい時は、両替所に行けば可能です。

ただし、カジノ内の両替所は手数料が高くつくこともあります。
カジノに行く予定が立っている時は、空港であらかじめ両替しておくのがいいでしょう。

テーブルマナー

カジノには主に次のテーブルマナーがあります。

・他の人のチップに触れないこと
・大勝ちしたら、ディーラーにチップを払うこと
・暴言は吐かないこと
・大きな荷物を持ち込まないこと・荷物をテーブルに置かないこと

マナーを守って、周囲に迷惑をかけずに気持ちよくプレイするよう努めましょう。

予算

シンガポールのカジノはテーブルゲームなら10~25S$から、スロットなら1ライン10~20セントぐらいから遊ぶことができます。

予算はミニマムベットの20~30倍の資金、つまり500~600S$(日本円で約4~5万円)ぐらいあれば、余裕を持って満足に遊ぶことができます。

もちろん、なけなしのお金を突っ込むのは止めておいたほうがいいです。
資金が増えるか減ってしまうかはその時の運次第なので、なくなっても痛くない資金をカジノ用に準備しておきましょう。

シンガポールに行くならチェックしておきたいオススメスポット

シンガポールは、英国統治時代の名残、ヒンドゥー教の歴史ある寺院、未来的な超高層ビルが共存する多文化国家です。

せっかくシンガポールに行くなら、カジノだけでなく観光名所も周りたいところ。
今回紹介したマリーナベイ・サンズの近くには、シンガポールの代名詞ともいえるマーライオン公園がありますが…

今回オススメしたいのは、『スリ マリアマン寺院(Sri Mariamman Temple)』です。

この寺院はシンガポールのチャイナタウン中心地に佇む、シンガポール最古のヒンドゥー教寺院です。1827年に建立された歴史ある寺院で、日本の寺院では見られない極彩色の装飾には南アジア特有の文化が感じられます。

マリーナベイズから遠くない場所にありますし、チャイナタウンの屋台でローカルフードも食べれるので、シンガポールらしさを肌で感じたい時はこちらに立ち寄ってみてください!

本場カジノで遊ぶ前にオンラインカジノで練習しておこう!

シンガポールの2大カジノリゾートに行くからには、カジノで遊びたい!できれば勝ちたい!と誰もが思いますよね?

しかし、カジノゲームのことを何も知らずに行けば、飛行機代よりもはるかに高い勉強代を払うことになるかもしれません。

そうならないためにも一度カジノゲームに慣れておく必要があります。そこでおすすめしたいのが、オンラインカジノです。

オンラインカジノとは、「インターネットを通じてプレイするカジノ」のことで、海外にあるカジノと同じように実際のお金を賭けることができます。普通のアプリゲームと異なり、「ギャンブルの一種」で、勝つことができれば勝った金額を自分の手元に現金で引き出すことができます。

無料で遊ぶ機能もついているので一度遊んでみてはいかがですか?

カジモ編集部おすすめ!本場の臨場感が味わえるオンラインカジノ3選

実はオンラインカジノの中にも、おすすめできるものとそうでないものがあります。しかし、今回はカジモ編集部が厳選したおすすめのオンラインカジノをご紹介します!本場カジノで勝つための実践力が鍛えられること間違いなしです!

ライブカジノ特化型!本場の臨場感が味わえるエンパイアカジノ

本場カジノの雰囲気をチェックするなら、エンパイアカジノのライブカジノがオススメ!

ライブ会場は全10カ所、香港・ラスベガス・マカオ…それぞれ個性豊かな会場ばかりで、ルーレット・バカラ・シックボー・ブラックジャック等の主要ゲームテーブルが24時間365日稼働しています。なかにはシンガポール会場もあるので、シンガポール旅行前の予行練習がてら、一度遊んでみてはいかがでしょうか?

またエンパイアカジノといえばボーナスです!賭け金の数%が還元されるリベートボーナスがあるので、遊んだ分だけキャッシュバックをもらうことができます。ボーナスを活用すれば、カジノで稼げるチャンスがどんどん広がりますよ!

まずはお試しプレイ!初心者向けベラジョンカジノ

ベラジョンカジノは2018年に7周年を迎えた注目のオンラインカジノです。

信頼性の高いオンラインカジノで、しかも世界中のユーザーから高い支持を得ています。ベラジョンの人気の理由は、ゲームの豊富さとその遊びやすさにあるでしょう。なんと、700種類以上ののライブカジノ・テーブルゲームが存在し、スマホ専用アプリでさくさく遊べてしまいます!

ほとんどのゲームが無料でお試しプレイできるので、まだオンラインカジノで遊んだことがない人は、この機会に遊んでみはいかがでしょうか!

ゲーム好き必見!RPG要素を取り入れているカジ旅


オンラインカジノの面白さはカジノゲームだけではない!?

カジ旅では、カジノゲームで遊ぶごとに冒険の物語が進んでいくんです。冒険では、お宝箱を発見したり、ボスを討伐したりとイベント満載!本格的なRPGゲームをプレイしているようで、カジノゲームの楽しみが何倍にも広がりますよ!

カジ旅の魅力にハマッたら、本場カジノでも満足できないかも?オンラインカジノ最高のエンターテイメントを体験したくなったら、さっそくチェックしてみてください!

まずは人気のカジノから攻めよう

いかがでしたか?シンガポールの2大カジノリゾート、どちらも魅力的でしたね。

口コミサイトのレビューを見ると、マリーナベイ・サンズはカジノメインの訪問者から高く支持されており、リゾート・ワールド・セントーサは数あるエンターテイメントの中にある娯楽の1つとして、カジノも楽しめることが評価されているようです。

笠原 豪
俺はマリーナベイ・サンズによく行くんだ。カジノに集中したいし、大勝ちした後に屋上プールからシンガポールの夜景を眺めるのは最高に気持ちいいぜ!!
蒼井 那奈
私は最初に行くなら、リゾート・ワールド・セントーサがいいな。ミニマムベットがマリーナベイより低いですし、ユニバーサルスタジオや水族館にも行きたいですし♪
笠原 豪
どっちもシンガポール南側にあるから、両方行くのもありだな^^まぁ、どちらにせよカジノはあるから、しっかりオンラインカジノで練習してから旅行に出かけるといいぜ!カジモ編集部で紹介しているオンラインカジノは、無料お試しプレイができるところが多いから、気楽に予行練習に使えるぞ♪
関連記事

注目コンテンツ