• 2018.05.15
  • 投稿

【マレーシア編】カジモ編集部がオススメするカジノリゾートホテル

こんにちは!笠原豪です^^今回はマレーシアのオススメカジノ特集です。

マレーシアにカジノがあることを知る前は、「マレーシア=赤道直下にある東南アジアの国」ぐらいの知識しかありませんでしたが…

マレーシアには1つだけ超巨大カジノリゾート「ゲンティンハイランド」があるんです。
しかも、そのカジノリゾートは約1,700mの高原にあるというから驚きです!

蒼井 那奈
そんな高いところにカジノがあるんですか!?ぜんっぜんイメージ湧かないですよ!
笠原 豪
俺も最初に聞いた時はそう思ったよ(笑)ゲンティンハイランドは大自然に囲まれていて、空気も気持ちいいし、見晴らしも最高、しかも最新設備が揃っているカジノリゾートなんだ。さっそくその全容を見ていこうぜ!

皆さんはこんな疑問をお持ちではないですか?

  • マレーシアのカジノリゾートにはどんなホテルがあるの?
  • カジノ以外にも楽しめるものはある?
  • カジノで遊ぶ時のマナーは?

それではこれらの疑問について、全てお答えしていきます!

遊びに行く前に知っておきたい!マレーシアカジノの特徴

マレーシアには唯一の政府公認総合カジノリゾート「ゲンティンハイランド」があります。

カジノリゾートの全容にせまる前に、まずはマレーシアカジノの基本ルールをチェックしておきましょう。

マレーシアカジノの入場規則

マレーシアカジノは21歳以上であれば入場できます。

入場時のパスポートチェックがあるので、いつでも出せるようにしておきましょう。
ちなみに、パスポート以外の荷物等のチェックはそこまで厳しくありません。

マレーシアカジノのドレスコード

マレーシアカジノのドレスコードは基本スマートカジュアルです。
男性は襟付きシャツであればOKで、女性は特に規定はありません。

Tシャツ、短パン、サンダル、サングラスさえ身につけなければ問題ないので、どちらかといえば緩めです。

マレーシアで唯一のカジノ!「ゲンティンハイランドカジノ」

出典:http://www.kuala-lumpur.ws/attractions/genting.htm

ゲンティンハイランドは標高約1,700mにある高原リゾート地で、マレーシア国民やアジア圏観光客から大人気のマレーシア最大娯楽施設です。

1億年前からある熱帯雨林に囲まれた丘の上に、マレーシア唯一の政府公認カジノをはじめ、7つのホテル、25以上のレストランやカフェ、100店舗以上のショッピングモール、スパ、コンベンションセンター、遊園地にゴルフ場まで揃っていて、今なお拡大し続けるという底知れなさ…

そんなゲンティンハイランドにはどんな楽しみがあるのか?
さっそく見ていきましょう!

ホテル

出典:https://www.rwgenting.com

ゲンティンハイランドにはリゾーツワールドゲンティング(Resorts World Genting)が経営するホテルが7つのホテルが立ち並んでいます。

・テーマパークホテル
・ゲンティングランホテル
・アワナホテル
・リゾートホテル
・マキシムスホテル
・ファーストワールドホテル
・クロックフォーズホテル

客室総数は10,466室ありますが、その7割を占めているのが世界最大客室数を誇るファーストワールドホテルです。

7つのホテルはそれぞれ個性的で、スタンダードなものからカップルや家族向け、畳やジム、麻雀卓を備えるスイートルームを提供する富裕層向けのホテルまで。しかも上層階に泊まれば、街や山々の頂を見下ろせる幻想的な風景が眼前に広がります!

スタッフの接客は丁寧、親切、きめ細やかな対応で、そのクオリティの高さから、アジアのサービス業ホスピタリティを審査・評価するHAPA(Hospitality Asia Platinum Awards)で、8つの賞を獲得しています。

レストラン

出典:https://www.rwgenting.com

ゲンティンハイランドには25以上のレストラン、カフェ、ラウンジやバーがあり、そのほとんどがゲンティングランとマキシムス、ライフスタイルモール「スカイアベニュー」内にあります。

レストランの種類は豊富で、マレーシア料理やスペイン、タイ、中華料理を本格的に堪能できるところもあれば、気軽に食事が楽しめるフードコートまでとバラエティ豊か。

その中でもオススメなのが、スカイアベニューにある「マレーシアンフードストリート」です。

このエリアは、クチン、マラッカ、イポー&ペナン、リトルインディア、ペタリンストリートの5つのゾーンに分かれており、マレーシア最高のレストランが勢ぞろいしています。ナシゴレン、ナシレマや串焼き等、マレーシアの庶民派グルメをここ1つで味わい尽くせますよ!

テーマパーク

出典:https://www.rwgenting.com

ゲンティンハイランドには、大人も子供も楽しめる魅力的なアトラクションが盛りだくさん!

屋外テーマパークには、スリリングなジェットコースターやフリーフォール、アドベンチャー気分高まる「ダイナソー・ランド」、昔懐かしの観覧車やメリーゴーランド等があります。

また屋内には、2つのビデオゲームバーク(ゲームセンター)、ヨーロッパの冬の街並を再現した「スノーワールド」や3Dトリックアート、4Dシアター「モーション・マスター」、スカイダイビング体験ができる「ゲンティン・スカイ・ベンチャー」、ボーリング場までありますよ!

[営業時間-屋外テーマパーク]
月曜9:00-19:00、火曜〜金曜10:00〜19:0
土、日、スクールホリデー8:00〜20:00 
[営業時間-屋内テーマパーク]
(スノーワールド)
全日9:30~23:20
(ビデオパーク、4Dシアター、スカイダイビング等) 
月曜~木曜10:00~24:00
金、土、日、スクールホリデー9:00~25:00
(ボーリング)
月曜~金曜12:00~24:00
土、日、スクールホリデー11:00~24:00

※上記営業時間は予告なく変更されることがあります。

エンターテイメント

様々なショーやコンサートが開催されるのもゲンティンハイランドの魅力の1つ。

ゲンティンハイランドのステージでは、アジア各国のトップスターのコンサートやマレーシアのミュージックフェス、子供も楽しめるアニメキャラのショーも開催されています。

その他にも、最新映画が観れる映画館やゴルフ場、山の頂上には絶景が望めるチンスウィー洞窟寺院まであります。本当に、何から何まで揃ってますね。
(映画音声は英語、中国語・韓国語の字幕版が上映されています。)

ゲンティンハイランドカジノで遊べるカジノ

ゲンティンハイランドで一番外せないのは、やっぱりマレーシア政府唯一の政府公認カジノですね!

カジノフロアの総面積は約18,580㎡、とにかく広いです。フロアは一般エリアと、メンバーカード有りで入れるインターナショナルルームとVIPエリアに分かれていますが、メンバーカードを作らなくてもほとんどの主要なゲームで遊べます。

ここからは、ゲンティン・ハイランドのカジノについて基本情報から遊べるゲーム種類、覚えておきたいマナーについてご紹介します。

まずは基本情報から確認しておきましょう。

ドレスコード スマートカジュアル
(スーツやドレスはもちろん、ジーパン、Tシャツ等のラフな格好でもOK。ただし、サンダルやスリッパはNGです。)
営業時間 24時間
テーブル数 426台
スロット数 3,100台以上
対応クレジットカード種類 VISA,Master Card,JCB
休業日 なし
年齢制限 21歳未満カジノエリア入場不可

カジノゲームの種類

ゲンティンハイランドで遊べるゲーム種類は下記のとおりです。

・スロット
・バカラ
・ミニバカラ
・コミッションフリーバカラ
・シックボー
・ルーレット
・ブラックジャック
・ポンツーン
・プログレッシブテキサスホールデム
・ゲンティン・スタッド・ポーカー
・電子ルーレット、電子バカラ、電子シックボー

ルーレットのミニマムベットは5RM(約125円)、シックボーは20RM(500円)、バカラ・ブラックジャックは100RM(約2500円)です。

アジア観光客が多いということもあり、人気ゲームはやはりバカラとシックボーです。休日になると、一般エリアのバカラテーブルにはなかなか座れないほど人が集まります。

落ち着いてゲームをしたいなと思ったら、メンバーカードを作ってインターナショナルルームに移動することをオススメします。

マレーシアのカジノで遊ぶ際の注意点

さて、ここからはゲンティンハイランドカジノで遊ぶ時に知っておきたい点を3つ紹介します。

・カジノで使える通貨
・テーブルマナー
・予算

特にテーブルマナーは大人として必ず守るべきものなので、忘れないようにしておきましょう!

カジノで使える通貨

ゲンティンハイランドで使える通貨は、リンギット(RM)です。

テーブルに着いた際、リンギットをテーブルに置けばチップと交換してくれます。
日本円をチップに交換したい時は、両替所に行けば可能です。

ただし、カジノ内の両替所は手数料が相当高くつきます。
カジノに行く予定が立っている時は、空港であらかじめ両替しておくのがいいでしょう。

テーブルマナー

カジノには主に次のテーブルマナーがあります。

・写真撮影を許可なく行わないこと
・他の人のチップに触れないこと
・暴言は吐かないこと
・大きな荷物を持ち込まないこと・荷物をテーブルに置かないこと

マナーを守って、周囲に迷惑をかけずに気持ちよくプレイするよう努めましょう。
(マレーシアではスタッフにチップを払う習慣はありません。)

予算

ゲンティンハイランドでは、テーブルゲームなら5~100RMで遊べます。

予算はミニマムベットの20~30倍の資金、つまり2000~3000RM(日本円で約5~7万5千円)ぐらいあれば、余裕を持って満足に遊ぶことができます。

「ちょっと予算高すぎかも…」と思われた方、遊ぶゲームをスロットとルーレットのみにすれば1万円で結構遊べるのでご安心を!

マレーシアに行くならチェックしておきたいオススメスポット

マレーシアの地は13世紀にイスラム教が伝来し、その後ポルトガル、オランダ、イギリスの植民地時代を経て、1963年にマレーシア国が成立しました。

その中心地である首都クアラルンプールは、高層ビルが立ち並ぶ東南アジア屈指の世界都市としての顔と、様々な歴史を乗り越えて作り上げられたエキゾチックな顔を持ち合わせる魅力的な街。

そんなクアラルンプールを象徴する観光スポットといえば、こちら。
出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Kuala_Lumpur_railway_station

「旧クアラルンプール中央駅」です。
20世紀初頭に作られた鉄道駅で、イスラム建築様式の美しさと近代発展の担い手が融合した歴史的建築物です。

駅構内にあるホテル「クアラルンプールステーションホテル」は、レトロな雰囲気抜群なので一見の価値あり!また、駅構内西側には貴重な車両や備品が展示されているマレー鉄道博物館もあるのでこちらもオススメです。

ゲンティンハイランドに登る前に旧クアラルンプール中央駅に寄って、マレーシアの歴史に想いを馳せてみてはいかがでしょうか?

本場カジノで遊ぶ前にオンラインカジノで練習しておこう!

マレーシア唯一のカジノリゾートに行くんなら、カジノで遊びたい!できれば勝ちたい!と誰もが思いますよね?

しかし、カジノゲームのことを何も知らずに行けば、飛行機代よりもはるかに高い勉強代を払うことになるかもしれません。

そうならないためにも一度カジノゲームに慣れておく必要があります。そこでおすすめしたいのが、オンラインカジノです。

オンラインカジノとは、「インターネットを通じてプレイするカジノ」のことで、海外にあるカジノと同じように実際のお金を賭けることができます。普通のアプリゲームと異なり、「ギャンブルの一種」で、勝つことができれば勝った金額を自分の手元に現金で引き出すことができます。

無料で遊ぶ機能もついているので一度遊んでみてはいかがですか?

ライブカジノ特化型!本場の臨場感が味わえるエンパイアカジノ

本場カジノの雰囲気に慣れておきたいなら、エンパイアカジノのライブカジノがオススメ!

ライブ会場は全10カ所、香港・ラスベガス・マカオ…それぞれ個性豊かな会場ばかりで、ルーレット・バカラ・シックボー・ブラックジャック等の主要ゲームテーブルが24時間365日稼働しています。ライブカジノは本場カジノと変わらない臨場感でゲームを楽しめるので、本場で通用する勝負勘を養うにはうってつけですよ!

またエンパイアカジノといえばボーナスです!賭け金の数%が還元されるリベートボーナスがあるので、遊んだ分だけキャッシュバックをもらうことができます。ボーナスを活用すれば、カジノで稼げるチャンスがどんどん広がります!

まずはお試しプレイ!初心者向けベラジョンカジノ

ベラジョンカジノは2018年に7周年を迎えた注目のオンラインカジノです。

信頼性の高いオンラインカジノで、しかも世界中のユーザーから高い支持を得ています。ベラジョンの人気の理由は、ゲームの豊富さとその遊びやすさにあるでしょう。なんと、700種類以上ののライブカジノ・テーブルゲームが存在し、スマホ専用アプリでさくさく遊べてしまいます!

ほとんどのゲームが無料でお試しプレイできるので、まだオンラインカジノで遊んだことがない人は、この機会に遊んでみはいかがでしょうか!

ゲーム好き必見!RPG要素を取り入れているカジ旅

オンラインカジノの面白さはカジノゲームだけではない!?

カジ旅では、カジノゲームで遊ぶごとに冒険の物語が進んでいくんです。冒険では、お宝箱を発見したり、ボスを討伐したりとイベント満載!本格的なRPGゲームをプレイしているようで、カジノゲームの楽しみが何倍にも広がりますよ!

カジ旅の魅力にハマッたら、本場カジノでも満足できないかも?オンラインカジノ最高のエンターテイメントを体験したくなったら、さっそくチェックしてみてください!

まずは人気のカジノから攻めよう

いかがでしたか?マレーシアのカジノリゾートは1つしかありませんが、他国カジノにはない魅力がたくさんありましたね。

マレーシア旅行となると、ちょっと他東南アジア諸国よりもハードルが高いかもしれませんが、標高約1,700mから見下ろす絶景だけでも行く価値が十分ある場所です。

他の人がなかなか体験したことのないカジノ旅行がしたいなら、マレーシアのゲンティンハイランドがオススメです!

蒼井 那奈
たしかに、ゲンティンハイランドほど高いところでカジノゲームですることってなさそうですもんね。「初めてのカジノはマレーシアです!」って日本人もあまりいなさそうですし。いい思い出づくりになりそうだから、友達と一緒に一度は行ってみようかな♪♪
笠原 豪
東南アジアのカジノ制覇をテーマにして、マレーシアやベトナム、シンガポールを巡るのも面白いと思うぞ。カジノ旅行をするなら、やっぱりカジノゲームで勝って終わらないとな!そのためにも、オンラインカジノで予行練習を積んでおくといいぜ^^
関連記事

注目コンテンツ