• 2018.05.17
  • 投稿

【徹底解説!2018年2018年8月版】ハッピースターカジノの登録から入出金、評判、口コミ、遊び方まで徹底解説

こんにちは、笠原豪です!

オンラインカジノの中でも「日本人プレイヤーへの配慮・丁寧なサービス」で、いま注目を集めているハッピースターカジノについて解説していきたいと思います。ゲーム数は700種類を超え、あの「マイクロゲーミング社」のゲームをメインに取り揃えています。(マイクロゲーミング社のゲームは世界的に大好評です)その他に、ビジナーに熱いボーナスや、ライブゲームも充実しています。(アジアンビューティーのディーラーが多数在籍!)

と言っても、あなたはこんなことを思っていませんか?

  • そもそも、ハッピースターカジノって安全なの?
  • 創業して間もないみたいだけど、大丈夫なの?
  • 日本人プレイヤーへのきめ細やかなサービスって何?
  • サポートはちゃんと日本人が対応してくれるの?
  • ビギナーに熱いボーナスとは?
  • 他のオンラインカジノと比べて何が良いの?
  • スマホにちゃんと対応してる?

などなど、そんな疑問や不安があるかと思います。

蒼井 那奈
ハッピースターカジノって最近、日本にきたばかりのカジノだよね?友達が最近ハマってるって言ってたよ〜
笠原 豪
ハハハ、そうなんだね。その友達の気持ち良く分かるな。ハッピースターカジノは人気のゲームが揃っているし、ボーナスは業界でも最大級だし、無料で試しにプレイできるからね。
蒼井 那奈
え〜!?無料でゲームができちゃうの?それってめっちゃ良いね!無料できたら、ベットを無駄にすることもないし、自分の好きなゲームも探せるよね!
笠原 豪
そうさ、100回のフリースピンボーナスていうのがあるから、それで良さそうなゲームを試しにプレイみるといいよ。それじゃ今からハッピースターカジノについて解説していくぞ!

 

この記事では「ハッピースターカジノをおすすめする理由」から「登録方法」「入出金方法」など、あなたがハッピースターカジノで不安なく安心してプレイできるように詳しく解説していきます。 是非、参考にしてみてください。

ハッピースターカジノをおすすめする3つの理由

ハッピースターカジノ は、「BlackBox Technology Limited」が運営しています。「整合性と安定性」という独自の方針を持ち、アジアで最大かつ最も人気のあるオンラインゲームサイトの一つとなっていて、2016年4月にようやく日本に上陸しました

それではハッピースターカジノの魅力・おすすめする3つの理由をご紹介します。

入出金手段が豊富!JCBカードでも入金できる

1つ目の理由として、入出金の手段が豊富なことです。

以下は入出金の一覧になります。

入金の種類 出金の種類
クレジットカード(JCB,VISA, mastercard) ecopayz
ecoPays iWallet
iWallet VenusPoint
VenusPoint Biconic
Bicoin -

ここまで入手金の手段が揃っているのも、オンラインカジノでそうないでしょう。 ここまで揃っていれば、入金や出金に悩むことはないかと思います。

また、クレジットカードであれば 日本国内で人気がある「JCBカード」を使うことができます。 JCBカードが対応しているオンラインカジノはかなり珍しいです

通常、クレジットカードの入金は VISAカードか、マスターカードが主流になっています。 日本国内のシェア率が高いJCBカードなら きっとあなたも持っているかと思いますので すぐに入金をして、プレイすることができると思います。

2つ目のおすすめ理由として 「初回入金ボーナスが熱い!」ことが挙げられます。

通常、入金ボーナスは、初回入金時のみが対象となっているカジノが多いです。

ですが、ハッピースターカジノでは初回入金だけでなく 2回目の入金、3回目の入金にボーナスが付いてきて、なんと合計で3回もあるのです。 しかも、初回入金時には「100回のフリースピン」まで付いてきます。

初回入金ボーナス 入金額の200%
(上限$300まで)
フリースピン100回
2回目入金ボーナス 入金額の150%
(上限$300まで)
-
3回目入金ボーナス 入金額の100%
(上限$500まで)
 
-

例)

初回入金 獲得ボーナス フリースピン100回
$100 $200
2回目入金 獲得ボーナス -
$100 $150
3回目入金 獲得ボーナス -
$100 $100
入金合計 獲得ボーナス合計 フリースピン合計
$300 $450 100回

 つまり、上限MAXまでだと「合計$1100」のボーナスを獲得できる計算になります。 これはかなり高額と言えます。他のオンラインカジノと比較しても 「$1000」を超えるボーナスはそうありません。 ハッピースターカジノが多くの人に選ばれているのがよく分かります。

ですが、注意は必要です。

実は獲得したボーナスには 「使えるゲーム」と「使えないゲーム」があります。

ハッピースターカジノでは基本的に「スロット」にしかボーナスを使うことできません。 (さらに、スロットの中でも使えないものがあります。)

(引用元:公式サイト)

他にも、「ボーナスの出金条件」や「2回目の入金ボーナスの対象者」など 細かなルールがあるので、公式サイトをチェックしてみてください。

公式サイト →https://www.happistar.com/?btag=a_103b_59c_#promotions/bonus/promotions2

日本人による日本語サポートで安心プレイ

3つ目のおすすめ理由として 「サポートが充実している」ことです。

以下はサポートの一覧になります。

種類 アクセス方法 対応時間 対応日
チャットサポート 日本語サポート 11:00〜27:00 毎日
Eメール cs@HappiStar.com 11:00〜27:00 毎日
スカイプ cs.happistar 11:00〜27:00 毎日
電話 +81 505 806 7877 11:00〜27:00 毎日

これだけのサポートがあれば あなたにとって都合のいいサポートがあるでしょう。

対応は土日祝日関係なく、「毎日」対応してくれています。

時間は「11:00〜27:00」の深夜まで対応してくれるので 深夜でも安心してプレイすることができます。 さらに、全てのサポートは「日本人」が対応してくれます

念のため、実際にチャットしてみたところ 日本人の丁寧な応対をしてくれました。

(出金時間について、問合せをしたチャット内容)

これなら、何かあっても安心してプレイできるでしょう。

蒼井 那奈
あたしJCBのカード持ってるぅ!これならすぐに入金できるね!全部で3回の入金ボーナスがもらえるし、サポートはみんな日本人出し、安心だね!
笠原 豪
そうだね。JCBカードなら、多くの日本人が持っているはずだから、すぐにプレイできる人が多いと思うよ。それに、サポートが全て日本人で、対応時間が深夜3時までだから、就寝前とかの夜なんかに、ちょっとプレイする人にとって安心な仕様だね。しかも今なら業界でも最大級の入金ボーナスが用意されているから、これを機会にちょっとプレイしてみてはどうかな?

これを読めばすべてが分かる!ハッピースターカジノの登録方法

ここではハッピースターカジノの登録方法について解説します。

【登録の流れ】 公式サイトにアクセス→アカウント開設→基本情報を入力→完了です!

たった3分でアカウントを開設する

アカウント開設は3分程度で出来ます。 流れに従って入力するだけなので 誰にでも簡単にできます。サクッとやっていきましょう。

先ずはハッピースターカジノの 公式サイトにアクセスしてください。

すると、以下の公式サイトの画面が表示されます。

画面上部タブの「アカウント開設」をクリックしてください。

(引用元:公式サイト)

メールアドレスや基本情報を入力してアカウントを開設する

アカウント開設をクリックすると 以下の画面が表示されます。 ユーザー名や携帯電話、メールアドレスなどの基本情報を入力してください。 入力すれば、アカウント開設をクリックしてください。これで完了です!

(引用元:公式サイト)

【注意点】 ハッピースターカジノに問い合わせをする際 登録したメールアドレスから送る必要があるので 普段、良く使うメールアドレスで登録することをおすすめします。

出金する時は個人情報の提出が必須

オンラインカジノでは出金する際に 個人情報の提出が必須となっています。

ハッピースターカジノでは、「初回出金時」と「高額出金時」に 身分証明書等の提出が必須となっています。

でも、どうして個人情報を 提出しないといけないのでしょうか?

なぜ個人情報を提出するの?

「どうして、個人情報の提出が必要なの?」

「個人情報を提出するのはちょっとなぁ…」

そう思ってる人は少なくないと思います。

しかし、この個人情報の提出は大切な手続きになります。

なぜなら「マネーロンダリングを防止」する目的があるからです。

マネーロンダリングとは?

マネーロンダリング(マネロン)は、「資金洗浄」とも呼ばれ、麻薬売買・武器取引・違法ギャンブル・詐欺・汚職・贈収賄等の犯罪行為や脱税などで違法(不法)に得た資金を、偽名口座や匿名口座などを活用して様々な金融機関の口座から口座へ移したり、また様々な金融商品の取引を通じて、その出所(源泉)を分からなくしたりすることをいいます。

(引用元:金融情報サイト)

端的に言うと 「悪い出所のお金をきれいなお金へと偽装」することです。

実は昔からカジノはマネーロンダリングができる条件が揃っており 「マネーロンダリングするならマカオ」なんて言われているくらいです。

オンラインカジノではこれを防止するために 個人情報の提出が必須となっているのです。

仮に、捜査機関から「マネーロンダリングに加担した」として有罪ともなれば… 当然、ライセンスの剥奪され、営業停止は免れないでしょう。

そして何より、カジノを運営している「企業の信用が失墜」していまいます。 そうなれば、企業として今後活動していくことさえ難しくもなってしまうのです。

また、マネーロンダリングの他にも 「なりすまし」防止の目的もあります。

もし、あなたがカジノに預けている資金を カジノ側が誤って「なりすまし」に出金してしまい あなたの資金がなくなってしまった…

そうなれば、あなたはどう思いますか?

当然、怒りますよね?

「何やってんだよ!」

「なんで、ちゃんと確認しないんだよ!」

そうなりますよね?

なので、「プレイヤーの大切な資金」を守るためにも この個人情報の提出は必須となっているわけです。

提出する個人情報と手続き方法

提出する個人情報は以下のとおりです。

これらの個人情報をサポートまで提出してください。

【顔写真付きの身分証明書】※4つのうち、どれか1つ

  • 運転免許証(両面)
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住基カード

【住所証明書】※2つのうち、どれか1つ

  • 電信通話料金請求書
  • 水道、電気、ガス料金などの利用明細書

【クレジットカードで入金した人】

  • 「写真表:(上桁4桁、下桁4桁)と(裏:署名のみ)」

デジタルカメラやスマホで撮影した画像を メールに添付して提出すればOKです。

写真がぼやけてしまって内容が分からない 肝心な氏名や住所などが見えない そういった写真はNGとなりますので注意してください。

もう入出金で迷わない!ハッピースターカジノの入出金方法のすべて

「入出金したいけど、やり方が分からない…」

「公式サイトにやり方が載っていない…」

そう思ってはいないでしょうか? その気持ち良く分かります。

ここがちょっと辛いところなのですが、実はオンラインカジノのネックとして 「入出金について丁寧に説明されていない」ことが上げれます。

でも、安心してください。この記事を読めば誰でも簡単に分かるようにしています。 細かくステップバイステップで説明していますので是非ご覧ください。

ハッピースターカジノの入出金方法一覧

入金方法

  • クレジットカード
  • ecoPays
  • iWallet
  • VenusPoint
  • Bicoin

出金方法

  • ecopayz
  • Venus point
  • iWallet
  • Bicoin

ハッピースターカジノの入金限度額と出金限度額

種別 入金限度額 出金限度額※1日当たり
クレジットカード なし $3,000
ecoPays なし $3,000
iWallet なし $3,000
VenusPoint なし $3,000
Bicoin なし $3,000

ハッピースターカジノの入金方法

先ずは公式サイトにアクセスをしてログインをしてください。 そして、サイト上部の「入金する」をクリックしてください。

すると、以下のような画面が表示されます。

(引用元:公式サイト)

自分に合った入金方法を選択してください。

例えばクレジットカードを選択したとしましょう。

金額のところに「入金したい金額」を入力します。

     ↓

「入金する」ボタンをクリックします。

すると、以下の画面が表示されます。

名前やカード番号などを入力して 「入金を確認」ボタンをクリックすれば入金完了です!

ハッピースターカジノの出金方法

続いて出金方法について説明します。 オンラインカジノでプレイする上で出金は「一番大事な情報」と言えます。 なぜなら、出金ができなければそもそもプレイする意味がないからです。 必ず押さえておきましょう。

出金方法

先ずは公式サイトにアクセスをしてログインをしてください。

そして、サイト上部の「出金する」をクリックしてください。

すると以下の画面が表示されます。

(引用元:https://casino-lab.com/3309

自分にあった出金方法と選択して「次へ」をクリックしてください。 各決済サービスのユーザーIDなどを入力し、出金したい金額を入力して 「出金する」ボタンをクリックすれば手続き完了です!

(引用元:https://casino-lab.com/3309)

【注意点】

入金した金額は全てベットしないと出金することはできません。  

 マネーロンダリング防止のためです。

②iWalletで出金する場合  

 iWalletでの入金履歴が必要になってきます。  

 その入金履歴が無ければ出金できないので注意してください。

出金に要する時間

本人確認が済んでいれば「最短15分」で出金することができます。

(※本人確認には「30分程度」かかります。)

念のためサポートに問い合わせをしました。

(引用元:公式サイト サポートのチャット)

これは業界でもTOPクラスのスピードでしょう。 通常、出金には「24時間」「48時間」かかるカジノが多いです。

ですが、ハッピースターカジノでは、そんなことがありません。 勝ったお金をすぐに出金して、「手元に現金化」することができます。

勝利金の出金で便利なVenus Point

電子決済サービスの1つに「Venus Point」があります。

他の電子決済サービスと比較して この「Venus Point」にはお得なメリットがありますので そちらを説明していきたいと思います。

国内銀行振込ができて、手数料が激安!

1つ目のメリットとして「手数料が安い」ことが挙げられます。

900ポイントにつきたったの「1.8ポイント」の出金手数料だけです。

901ポイント以上になると「3.6ポイント」必要になってきます。つまり、出金するのなら「900ポイント」ごとで出金していけば手数料を安く抑えより多く出金することができます。

900ポイントで1.8ポイントの手数料なので、出金手数料は「0.2%」とかなりお得です。 また国内銀行(ATM)への振込もできるので コンビニへ行ってすぐに出金することも魅力の1つです。

クレジットカードで入金した場合の出金先として利用できる

2つ目のメリットとして クレジットカードで入金した場合、出金先として利用できることです。

「クレジットカードでカジノへ入金」

     ↓

「カジノで勝った!」

     ↓

「 Venus Pointへ勝利金を出金!」 

このような形を取ることができます。

ちなみに、クレジットカードで入金した場合 出金方法は「iWallet」か「VenusPoint」のどちらかになります。

あなたがもし、電子決済サービスを利用していない状況で クレジットカードでカジノへ入金した場合、「iWallet」か「VenusPoint」を 開設しないと出金することができません、

なので、これを機会にお得な「VenusPoint」を開設してみてはどうでしょうか?

ポイントバックがある

Venus Pointを使いカジノに送金をすると、500ポイント送るごとに2.0ポイント取得することができます。(キャンペーン期間中にはなんと2.5ポイント!)取得したポイントは翌月10日頃にバックされ反映されます。

「1ポイント=1USD」になります。

ただし、注意点として以下の点があります。

✔︎換金したことがない人はポイントバックの対象にはなれないこと

✔︎月間のポイントはバックは最大額で1000ポイント(1000 USD)までとなっていること

✔︎1日の最低引き出しポイントは50ポイント(50 USD)までであること

✔︎1日の引き出し上限は20000ポイント(20000 USD)であること

✔︎手数料として900ポイントあたり「1.8ポイント」必要ということ

✔︎カジノからVenus Pointへの最高出金額は500ポイント(500USD)であること

ハッピースターカジノで遊べるゲーム

総ゲーム数は700を超えで、モバイル対応ゲーム数は250以上。 ライブカジノは人気の「バカラ」に定番の「ルーレット」が揃っており ゲームが充実していることは間違いありません

また、あの高い信頼性を誇る「マイクロゲーミング」のソフトウェアを メインに導入しており、「THUNGERKICK」に「PLAY'n Go」などの 人気のソフトウェアも取り扱っています。

ちなみに、日本人によく選ばれているゲームが 「NYX」が提供している【Wild Toro】です。

(引用元:公式サイト)

口コミで「面白い!」とか「やめられない!」とか 「爆発力がすごい!」と、かなり話題になっているゲームとなっています。

【Wild Toro】の仕様について説明したいところですが 言葉で仕様を説明しても分かりにくいかと思います。

なので、ここは実際にプレイしているのがいいでしょう。

「えっ、それじゃ入金しないといけないよ。入金はちょっとしたくないぁ…」

そう思っている方。安心してください。

ハッピースターカジノでは初回入金時に100回のフリースピンボーナスが付いてきます。 つまり100回まで「無料」でプレイすることができるのです。

この100回のフリースピンボーナスを使って、 ゲームの仕様を理解することができ、ベットを無駄遣いすることなく 自分に合ったゲームを探すことができると思います。

「楽しくて仕方がない!」そんなゲームがきっと見つかるでしょう。

ハッピースターカジノって違法?安全性・信頼性は?

<そもそもオンラインカジノって違法じゃないの?>

オンラインカジノの違法性を語る上で 外すことができない3つの事件があります。

①2016年2月の「NetBanQ」事件。

②2016年3月の「スマートライブ」事件。

③2016年6月の「ドリームカジノ」事件。

①2016年2月の「NetBanQ」事件。

このNetBanQ事件では全国で初めて「賭博罪を適用」した事件です。

NetBanQは決済代行サービスを行っていた会社になります。 (カジノを運営していたわけではありません。)

決済代行サービスが違法としてに当たる(見なし)として 「運営関係者が逮捕」されてしまったのです。

一方、プレイヤーはどうなってしまったのか?

警察はプレイヤーの数名を「家宅捜査」をして「書類送検」しました。 (どうやら、逮捕拘束はされずに済んだようです。)

②2016年3月の「スマートライブ」事件。

このスマートライブ事件では なんと初めてプレイヤーが逮捕されてしまったのです。

これまでオンラインカジノではプレイヤーを 逮捕することができないと考えられていました。 (カジノは海外で運営されているので、日本の法律を適用できず逮捕できない認識があった)

なのに!! この事件では初めてプレイヤーが逮捕されてしまいました

…激震が走りました。 (このとき、多くのプレイヤーが動揺したのではないかと思います)

でも、どうしてプレイヤーも逮捕されてしまったのか? 「日本の法律を適用することができない」と認識あったのになぜでしょうか?

それは、、、

警察は「海外運営のオンラインカジノでも胴元は国内にいる」と「見なした」のです。

胴元が国内にいると「見なせば」日本の法律を適用することができます。 (難しい言葉で言うと、賭博罪における必要的共犯を成立させることができる。)

だから、警察はプレイヤーの逮捕に踏み切ることができたのです。

しかし、次に疑問になのが どうして警察は胴元を国内にいると 「見なす」ことができたのでしょうか?

その根拠はなんだったのでしょうか?

それは、スマートライブ事件が「日本人に特化した」オンラインカジノだったからです。

ここが他のオンラインカジノの違う点です。

スマートライブでは、日本人女性ディーラーがゲームを担当し ライブディラーの開催時間が日本の夕方から深夜に設定され 日本人専用テーブルまで用意されていたなど まさに日本人専用のカジノだったのです。

しかも、プレイ中のチャット内容も「第三者(警察)」も見れる仕様となっており そのチャット内容を確認することができるようになっていました。

また、あろうことか、オンラインカジノのプレイ内容を SNSに投稿したプレイヤーがいて、警察はそれらプレイヤーを 捜査によって割り出し逮捕に至ったと言われています。

警察によって逮捕されたプレイヤーは 「単純賭博罪」を適用され「略式起訴」の罰金刑を余儀なくされてしまいました。

③2016年6月の「ドリームカジノ」事件。

このドリームカジノ事件ではオンラインカジノサイトの運営者が逮捕されてしまいました。

このサイトも、先ほど同様に海外でサイトが運営されていました。

それなのに、なぜ逮捕されてしまったのか?

それは「実質的な運営は日本国内にある」と警察が判断したからです。 海外で運営されていると記載は あったようですが「名目に過ぎない」と 警察は判断したと言われています。

これらの3つの事件のように、実際に逮捕者は出ています

特にスマートライブ事件では、先程にお話したとおり プレイヤーに対して単純賭博罪を適用し【略式起訴】の処分を下しています。

略式手続(りゃくしきてつづき)とは、一般に正式な方法ではない簡略化した手続きを指し、特に刑事訴訟法では公判を行わず簡易な方法による刑事裁判の公判前の手続きを指す。 

(引用元:ウィキペディア)

ほとんどのプレイヤーはこの【略式起訴】を受け入れたのですが…

中には【略式起訴】を受け入れず 裁判で闘う姿勢を見せたプレイヤーがいました。 (処分に納得いかなかったのでしょう…)

そして、そのプレイヤーは 正式に裁判で闘おうとしたところ…

なんと検察は不利益処分を下し このプレイヤーは「不起訴を勝ち取った」のです

平たく言うとプレイヤーは「おとがめ無し」ってことです。

どうして検察は不利益処分を下したのでしょうか?

なぜ、振り上げた拳を下ろしたのでしょうか?

それは検察でさえもオンラインカジノの違法性を立証するのは難しいからです。

海外で運営されているカジノに、日本の法律を適用することが不可能と言われています。

それでも「略式起訴」の罰金刑を決行した理由は、恐らく他のプレイヤーに「見せしめたかった」のではないかと推測しています。そんな魂胆があったのですが、まさか略式起訴を受け入れず、裁判で争うプレイヤーがいるとは想像もしていなかったので、意表を突かれたのだと思います。

まとめると、オンラインカジノは「合法・違法」と 断言することはできず「グレーゾーン」です。 普通にプレイして逮捕されるなんてことは極めて低いでしょう。

仮にオンラインカジノをプレイして「単純賭博罪」を 適用され逮捕されることがあっても略式起訴を受け入れずに 「裁判で闘うぞ!」という姿勢を見せれば、不利益処分となる可能性が高いです。

しかしながら、スマートライブ事件では「日本人専用のテーブル」「日本人のディーラー」「チャット内容を第三者が閲覧」「表示名がアカウント名になっていた」「プレイヤーがSNSでオンラインの内容を投稿」などもあってプレイヤーが逮捕されているのも事実です。

なので、オンラインカジノでプレイしていても

  • 日本人に特化したカジノやテーブルは避ける
  • 表示名はアカウント名とは違う名前にする
  • 安易にプレイ内容を「SNSに投稿」しない

この3つは確実に押さえておいた方が良いでしょう。

国際ライセンスの取得

オンラインカジノを運営するには「国際ライセンス」が必要になります。ハッピースターカジノはBlackBox Technology Limitedが運営元となっており、「フィリピンカガヤン」のライセンスを取得しています。以下が基本的なライセンス取得の審査基準です。

【オンラインカジノの基本的な審査基準】

  • 運営に必要な資金を十分に持っている事
  • ゲームの公正さを担保するシステムがある事(監査を受けたソフトウェアなど)
  • マネーロンダリング・マフィヤ・犯罪者・暴力団などの関与を絶つ制度がある事
  • 法令を遵守させるシステムがある事
  • 定期的に抜き打ちチェック、監査が行われる
  • 経営者に経営能力がある事
  • 半年以上の審査期間があり、その間運営することはできない
  • 収益の一部をゲーミング税(カジノ税)として納める義務が生じる
  • ライセンス取得料を支払わなければならない

この厳格な審査基準にクリアすることで オンラインカジノを運営することができるのです。

また、オンラインカジノを運営するには、単にライセンス取得すればできるというわけではありません。iWalletやVenus pointなどのペイメントシステム関連会社との提携やクレジットカード決済システムの導入に関してはマーチャントとしての厳格な審査もあります。つまり、1つのオンラインカジノを立ち上げるのに途方のない苦労があります。

<第三者機関による監視 こちらのニュースをご覧になってください。

不正に改造されたパチンコ台が流通している問題で、業界団体である全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)は6月27日、検定機と性能が異なる可能性のあるパチンコ台を2016年末までに回収・撤去する方針を示した。報道によると、撤去対象の台は、パチンコ台の製造業者である日本遊戯工業組合(日工組)のリストに示された台が対象で、合計約72万台に及ぶとみられている。

(引用元:https://www.bengo4.com/internet/n_4883/)

このようなニュースも過去にありました。

パチンコ台には「検定」があるのですが、その検定を受けるのは「パチンコ店」でなく 「パチンコ台」を製造しているメーカーなのです。つまり、検定さえ通れば、パチンコ店が勝手に改造することができてしまうのです。

そして、その違法改造を定期的にチェックするような制度もないと言われています。

さらにこんなことが新聞に載っていました。

【パチンコ台改造容疑】

2013年7月20日 産経新聞より

(引用元:http://global-brain.blog.so-net.ne.jp/upload/detail/c73132f5fbcddc15fcd54c0bb42213f3.jpg.html

はっきり言います。日本のパチンコ業界はグレーな部分が多いです。

それを証拠に、こんなニュースや新聞が絶えませんよね?

しかし、オンラインカジノはそんなことありません。 というより、そもそもそんな「ズル」ができないような 「仕組み」が既に構築されているのです。

例えば、第三者機関による監視です。

オンラインカジノは第三者機関によって監視されており その第三者機関がeCOGRA(イーコグラ)と呼ばれています。

eCOGRA(イーコグラ)は独自の基準と監査をもとに各オンラインカジノに「Play It Safe Seal」(安全に遊べる認定マーク)を発行している第三者機関のことです。カジノ団体とは切り離され、独立し実績を上げ監査機関として設立されたNPO(非営利団体)でもあります。

他にも「TST」という審査機関もあります。

TSTはオンラインカジノ使用されている「ソフトの公平性」の審査を行う審査機関です。そもそもラスベガス、ヨーロッパのカジノのスロットマシンなどの公平性を審査をしていた機関で、オンラインギャンブルのシステムに於いても、その技術力の高さを生かしてオンラインカジノの公平性を審査しています。

ハッピースターカジノのセキュリティ

こちらがハッピースターカジノのセキュリティになります。

(引用元:公式サイト)

最先端の暗号技術を使用し、そのセキュリティ対策は国内銀行を上回るレベルです。

しかも、ライブカジノにおいては「ディーラーの不正」がないように ディーラーに厳しい教育をして、プレーする全てのベットに対して「録画」がされています。 これなら、何かあったときの「証拠」としても残ります。

(引用元:公式サイト)

また、途中でネット回線が切れてもサーバー側にてゲーム履歴がちゃんと保存されています。

(引用元:公式サイト)

それでも、何かあった場合には「サポート」に連絡すればちゃんと対応をしてくれます。 そのサポートは、対応が丁寧な日本人です。

ここまで、ちゃんと条件が揃っていれば安心してプレイすることができるでしょう。

ハッピースターカジノの口コミ・評判

ライセンスはアジア圏のオンラインカジノではおなじみのフィリピンカガヤンです。

2104年に運営開始。日本市場に本格的に参入したのは2016年4月で、歴史は比較的浅い。日本語公式ブログがあり、日本人顧客の獲得に力を入れている感じがします。 

(引用元:http://www.xn--eckaqf9dh6b0h8f7dzec8j.xyz/happistar.html

 

なかなかヒットなカジノです。特に賭け条件の低さとシステムがいいですね。プレイの際にボーナスマネーを使うか、リアルマネーを使うかを選べるというのは新しい試みです。そして、ボーナスの現金化が他のカジノより楽です。サポートさんもしっかりしているので、何か困ったことがあった場合は心強いです。マイナスポイントをあげるなら、人気のNetEntやYggdrasilゲームがないこと。とはいえ、ゲームの品揃えは十分ありますが。あと、ライブカジノにポーカーがない。(ブラックジャックは只今閉鎖中ということで、いつオープンするんでしょうか。ライブカジノにブラックジャックがないのは痛いですよねー)今のところ、ソフトウェアのブラックジャックで遊んでおきましょう。

(引用元:https://www.japanesecasino.com/happistar

 

サイトを訪れて印象的なのは「スマホでサクサク」「ライブチャットなどの日本語でのサポート対応が早い!」「プロモーションや入出金などあらゆることの説明が的確でわかりやすい」といったことです。」

(引用元:https://casino-lab.com/3309

 

登録ボーナスはありませんが、初回入金100%で最高300ドルのボーナスがもらえるので満足できるレベルです。セカンド入金ボーナス、サード入金ボーナスも100%で最高300ドルという充実ぶりで、かなり力を入れている感じです。

(引用元:http://www.xn--eckaqf9dh6b0h8f7dzec8j.xyz/happistar.html

ハッピースターカジノなんでもQ&A

Q.日本語で登録できますか?

A.表示は日本語ですが、入力はローマ字になります。

Q.登録にはどれくらい時間がかかりますか?

A.2分程度かかると思います。

Q.日本円で掛けることはできますか?

A.はい、できます。

Q.サポートは日本人が対応してくれますか?

A.全て日本人が対応しています。ご安心ください。

Q.プレイ途中でネットが切断された場合はどうすればいいですか?

A.基本としては、サーバー側にてゲーム履歴が保存されますのでご安心ください。もし、何か分からないことがあれば、サポートにお問い合わせください。

Q.ハッピースターカジノのデメリットは何ですか?

A.弊社の認識としましては、デメリットは見当たりません。お客様自身が、他カジノブランド様と比較してメリット、デメリットを把握していただけたらと存じます。

Q.日本人に人気のゲームは何ですか?

A.Wild Toro(NYX)となります。

Q.ビギナーよくプレイしているゲームは何ですか?

A.MG、PNGのゲームをご遊戯される方が多いです。

Q.セキュリティは大丈夫でしょうか?

A.弊社システム部署にて厳重に管理しておりますので、ご安心してご遊戯くださいませ。

Q.最低入金額と最低出金額はいくらですか?

A.最低入金額と最低出金額は10ドルからでございます。

Q.入金手数料はありますか?

A.iWalletで入金する場合は無料です。Ecopayzでの入金は2%の手数料が掛かります。 Venus Pointでの入金は2.5%の手数料が掛かります。 クレジットカードで入金する場合は2%の手数料が掛かります。

Q.引き出し手数料はありますか?

A.引き出しには下記の手数料が掛かり、差し引かれた金額が出金されます

[EcopayzとiWalletへご出金]

出金額が50ドル以下の場合:$5

出金額が50ドル以上の場合:手数料無料

[Venus Pointへご出金] 出金額の2%

Q.クレジットカード使用回数の制限

A.同一のクレジットカードの使用は24時間内で8回までとなります。

Q.いつでも退会することはできますか?

A.はい、お客様のお好きなタイミングで退会することができます。その際はサポートにまでご連絡ください。

Q.退会したとき、カジノに残っているお金はどうなりますか?

A.退会申し込みをする前に、残高をすべて使い切ってから、退会申請を出していただきますようによろしくお願いいたします。

最後に~今大注目なハッピースターカジノでプレイしよう~

今、日本で注目を集めているハッピースターカジノ。

2016年4月、日本に上陸し新しいカジノでもあって、日本人プレイヤーへの配慮が際立ちます。 オンラインカジノでは珍しく「JCBカード」で入金できることや、入金ボーナスで最大「$1100」獲得でき、初回にはフリースピン100回がついてきます。また、JCBカードの他に話題の「bitcion」も取り扱っていることに加え、日本人が安心してプレイできるようにサポートが全て「日本人」であることなど、日本人がプレイしやすい条件が揃っています。

恐らく、今後日本で人気になっていくカジノだと推測をしていると同時に、今後かなり期待ができるカジノだと思います。ひとまず、安心してプレイしたいと思っているなら、サポートが万全のハッピースターカジノでプレイしてみてはどうでしょうか?

蒼井 那奈
あたし、JCBカード持ってるから、すぐにでも入金して遊んでみようかなぁ〜
笠原 豪
そうだね、初回入金ボーナスに100回のフリースピンが付いてくるから、それで自分の好きなゲームを探せばいいんじゃないかな?ベットも無駄にならないで済むしね。
蒼井 那奈
そうだね!サポートは日本人だし、私みたいなビギナーにはマッチしたカジノだね!
笠原 豪
ビジナーにもマッチしているし、たくさんのプロモーションがあるからVIPもちゃんと満足できる仕様になっているよ。あとおれの推測だけど、今後ハッピースターカジノは日本人プレイヤーがもっとプレイしやすい環境になっていくと思うよ。ここまで、日本人に配慮してやってるカジノはそうないからさ。今後のプロモーションに注目だね。
関連記事

注目コンテンツ