今更聞けないブラックジャックの基本ルール

ブラックジャックは2枚以上のカードの合計が「21」に近い方が勝ちとするシンプルなゲームですが、バカラやルーレットと異なり、ディーラーと勝負するゲームです。

カジノの中で有名なゲームのひとつですので、知ってる人も多いと思いますが、ここでは今更聞けないブラックジャックの基本ルールを解説していきます。
知らずうちに勘違いしていた、ということもありますので、ブラックジャックで遊んだことがある人でも基本に立ち返るためにもぜひ一読してみてください。

ブラックジャックの基本ルール

ブラックジャックでは、プレイヤーとディーラーに2枚以上のカードを配って、合計数が「21」に近い方が勝ちになります。ディーラーは手札が「17以上」になるまでカードを引き続けなければいけないというルールがありますので、それを踏まえて戦略を立てていくのがブラックジャックです。

また、バカラやルーレットと異なり、ブラックジャックはディーラーとの1対1の勝負ですので、他のプレイヤーは関係なく、ディーラーの手札と比べて自分の方が「21」に近いかを比較します。

カードの数え方

ブラックジャックでもバカラと同じように絵札は「10」と数えますが、Aは「1/11」を選択することができます。
2~10は数字通りに数えます。

例えば、「J」と「7」が配られた場合、「18」ではなく『17』と数えます。

「A」と「9」が配られた場合は、『10』と『20』のどちらか自分に有利な方を選択することができます。

この場合は21に近いので、カードを引かないでおくのが一番いいですが、「A」と「5」が配られた場合はもっと21に近づけるためにカードを引くこともできます。
仮に6以上のカードが出ても「A」を『1』と数えるができますので、手札が22を超えることはありません。

数字が「22以上」になったら即刻負け

ブラックジャックでは、手札の合計が「22以上」になった時点で負けが確定します。
基本的にカードを引く枚数に制限はありませんが、合計数が「22以上」になると負けてしまうので、たとえその後ディーラーが「22以上」になっても負けには変わりません。

ブラックジャックは闇雲にカードを引き続けるのではなく、「22以上」にならない範囲でギリギリの意思決定をしなければならないゲームです。
もし、ディーラーの表になっているカードによってはあえて自分はカードを引かずにディーラーの手札が「22以上」になることを狙うのも有効的な戦略になるのです。

最も重要なことは「ディーラーに勝つこと」

ブラックジャックで重要なのは「21」にすることではなく、『ディーラーに勝つこと』です。
自分が「22以上」にならなければ、勝つ可能性はあります。

たとえ低い数字でも、ディーラーの手札が「22以上」になってしまえば勝てますので、次に出てくるカードを予想しながら、ディーラーに勝つことを意識してアクションを決めてください。

ブラックジャックの基本用語

ここではブラックジャックで遊ぶ上で知っておいてほしい基本的な用語を紹介していきます。

ヒット(Hit)

カードを1枚引くこと

スタンドもしくはステイ(Stand、Stay)

カードを引かないこと

バースト(Bust、Busted)

カードの合計数が「22」以上になること

BlackJack(ブラックジャック)

最初に配られた2枚のカードで「A(エース)」と「10か絵札(J、Q、K)」の組合せのこと

アップカード(Up Card)

ディーラー自身に初めに配られる2枚のカードのうち、プレイヤー全員に見えるように表向きにされているカード

ホールカード(Hole Card)

ディーラー自身に初めに配られる2枚のカードのうち、見えないように伏せられているカード

ダブルダウン

賭けた金額をさらに倍にして3枚目のカードを引くこと

ダブルダウンの使い方について知りたい方はこちら

スプリット

最初に配られた2枚のカードが同じ点数だった場合に使用できるアクションで、スプリットするとカードをそれぞれに分割し、それぞれのカードに対して追加のカードを引くことができる

スプリットの使い方について知りたい方はこちら

サレンダー

最初に配られた2枚のカードの時点で、プレイヤーが自ら負けを認めること

インシュランス

ディーラー側に配られたアップカード(1枚目のカード)が「A」だった場合、ディーラーがブラックジャックになることの保険として賭け金の半分を払うこと

実際のゲームの流れと配当

ここでは実際のゲーム画像を用いてバカラの流れと勝ったときの配当について紹介していきます。
ゲーム画像はベラジョンカジノで実際に遊べるゲームですので、興味がある人は今すぐ登録して遊んでみてください。

ベットエリアにチップを置く

ベットエリアにチップを置いて、「DEAL」ボタンを押すとゲームがスタートします。
なお、上のゲームでは最大3ハンドを使うことができます。

ディーラーが全員に2枚ずつ配る

DEALボタンを押すとコンピューターが自動的に2ずつカードを配ります。

カードを引くか引かないかを決める

2枚のカードが配られたらアクションを選択します。
自分の手札の合計が「15」で、ディーラーのアップカード(表になっているカード)が「6」ですので、危険は冒さず、ディーラーがバーストすることを期待して『STAND(スタンド)』します。

【勝敗決定】ディーラーの手札オープン

ディーラーの2枚目のカードが「10(絵札)」で、3枚目のカードが「7」ですので合計が『23』となり、バーストしました。
ディーラーがバーストした場合は自分の手札の合計数に関わらず、勝ちとなります。

ディーラーは「17以上」になるまで引き続ける

ここで重要なポイントは「ディーラーは17以上になるまで引き続けなければならない」というルールです。
上の画像では、ディーラーの2枚目の合計数が「16」でしたので、ディーラーは強制的にヒットすることになり、結果としてバーストしました。

このルールをもとに今回は「STAND(スタンド)」し、勝つことができました。

【まとめ】実は8割の人がブラックジャックを勘違いしている?

この記事のポイント

✅ブラックジャックはディーラーとの1対1の勝負
✅絵札は「10」と数え、Aは「1/11」を選択できる
✅自分の手札が「22以上」になった時点で即刻負け
✅最も大事なことは「ディーラーに勝つこと」で、『21』にすることではない

ブラックジャックは「22以上」になった時点で負けが確定してしまうゲームですので、21以内でディーラーに勝つ必要があります。
そのため、時にはディーラーがバーストするのを期待してアクションを選択することも重要です。

次項では、「必ずしも21にする必要がない」ということについて掘り下げていきます。