口座への入金方法

アイウォレットへの入金方法は全部で5種類あります。

・国内銀行振込
・国際銀行振込
・クレジット/デビットカード(VISA・Mastercard)
・Japan Remit Finance(アジア系企業の資金決済サービス)
・バウチャー(クーポン)

この中で日本人ユーザーにおすすめな入金方法は、手数料を抑えられる「国内銀行振込」とすぐに入金できる「クレジット/デビットカード」です。

国内銀行振込

「バウチャー」も国内銀行振込を利用して入金できる手段ですが、手数料が国内銀行振込よりも高いのでおすすめできません。

国内銀行振込の場合、入金手数料は2.3%です。
アイウォレットの口座通貨を日本円にしている場合は為替手数料はかかりませんが、その場合、オンラインカジノへの入金前に対応通貨に換金する必要があります。

ログイン後、「口座に入金する」をクリックする

左側のメニューにある入金申請をクリックしても同じ画面に移ります。

「国内銀行振込(日本)」をクリックする

入金方法の一番上にある「国内銀行振込(日本)」をクリックします。

指定の日本銀行口座に振り込む

ご自身の銀行口座から指定の口座に入金してください。

振込をスムーズに行うためにも、振り込み手続き時のメッセージ欄(振込名義)に【IWL+アイウォレット口座番号】を忘れず入力しましょう。

振り込み手続きから2~3営業日後、iWallet口座に取引手数料2.3%を差し引いた金額が反映されます

クレジット/デビットカード

対応しているカード会社はVISAとMastercard

クレジット/デビットカードは国内銀行振込より手数料が高めですが、手続き後すぐにiWallet口座へ反映されるので、即時入金したい時だけ利用した方がいいでしょう。

※対応通貨はUSD、GBP、EUR。入金手数料は5%+ (USD 0.84/GBP 0.61/EUR 0.78)です。

ログイン後「口座に入金する」をクリックする

左側のメニューにある入金申請をクリックしても同じ画面に移ります。

「Visa/Mastercardで入金」をクリックする

入金方法の右側中央にある「Visa/Mastercardで入金」をクリックします。

通貨を選択して入金額を入力(選択)する

通貨はUSD、EUR、GBPから選択できます。
10、30、50、100、300通貨以外の額で入金したい場合は、「その他」をクリックして入力してください。

入力し終えたら、画面下にスクロールして「次へ」をクリックします。

内容を確認して「次へ」をクリックする

出典:アイウォレット公式サイト

支払総額には入金額と手数料の合計額が表示されます。

内容に間違いがないことを確認したら、画面下にスクロールして「次へ」をクリックします。

カード情報を入力して「送信する」をクリックする

入力するカード情報は以下になります。

・カード会社(VisaかMastercard)
・カード番号
・有効期限(月/年)
・カード氏名(例:Taro Yamada)
・セキュリティコード(カード裏の3ケタ)

全て入力したら「送信する」をクリックして手続き完了です。
iWallet口座への入金額反映は1分もかかりません。

口座からの出金方法

アイウォレットはプリペイドカードでATMから出金できましたが、現在、使える出金方法は銀行振込だけです。

銀行振込は収納代行サービスを利用した国内送金と、国際送金から選択できます。

収納代行サービス(国内銀行振込)

国内銀行振込はアイウォレットと提携する収納代行サービスを通して行います。

手数料は0.5%で、最低35ドルかかるため、なるべくまとまった金額を出金するようにしましょう。
(7,000ドル以上を一度に出金すればエコペイズより手数料を50%安く抑えられます。)

ログイン後、「出金申請」をクリックする

まず、左側メニュー欄にある「出金申請」をクリックします。

「収納代行サービス(日本)」をクリックする

出金方法の一番上にある「収納代行サービス(日本)」をクリックします。

必要情報を入力して、「確認画面へ」をクリックする

上記ページで、出金先の銀行情報を入力していきます。
全て入力し終えたら、画面下までスクロールして「確認画面へ」をクリック。

次画面で入力内容を確認し、間違いがなければ「上記内容で出金申請」をクリックします。

2段階メール確認

出金申請後、登録メールに確認コードが送られます。
確認コードを入力し、「確認」をクリックすれば出金申請完了です。

申請後、国内銀行の3営業日以内に着金します。

その他の出金方法

収納代行サービス以外に使えるのは国際送金です。

ただ国際送金の場合は、送金先の金融機関によっては中継銀行を利用しなければならないため、手数料が余計にかかります。

また、着金時間は4~7営業日と収納代行サービスより長めです。

収納代行サービスは3営業日以内の着金、手続きも簡単なので、あえて国際送金を利用する必要はないでしょう。