• 2018.08.29 2018.08.29

【ブラックジャック必勝法・攻略法】カウンティングをわかりやすく解説

こんにちは!カジモ編集部の笠原豪です。
今回は、ブラックジャックの攻略法のひとつ、カウンティングについて紹介していきます。
カウンティングとは、デックの中に10以上のカードがあと何枚残っているのかを把握し、ゲームをルールに進めていく技術のひとつです。

この記事さえ読めば、カウンティングがどんなものなのかを包括的に把握することができます。
ブラックジャックはバカラやポーカーといった運の要素が強いゲームではなく、技術がモノをいうゲームです。海外のカジノだけでなく、自宅でオンラインカジノに奮闘中の人にとっても役立つ情報ですので、ぜひ参考にしてみてください。

なお、この記事で引用する画像は、日本で最も選ばれているベラジョンカジノで遊べる実際のゲーム画像です。カウンティングを習得したら、ぜひベラジョンカジノでも遊んでみてください!

◆この記事を読んだら分かること◆
✅ブラックジャックのルールをおさらい
✅プレイヤーが有利になるシチュエーション
✅誰でも簡単にできるカウンティング方法について
✅カウンティングの実践例(画像付きで分かりやすく説明)
✅カウンティングに対する対策と問題点について

この記事では「ブラックジャックにおけるプレイヤーに有利なカード」「ブラックジャックのカウンティング方法」「カウンティングに対するカジノ側の対策について」「オンラインカジノでのカウンティング」など幅広く解説していきます!

笠原 豪
カウンティングはブラックジャックを優位に進められる技術のひとつだぞ!オンラインカジノなら24時間どこでもプレイできるから、この記事でルールを確認して自分にあったオンラインカジノを探してみよう!
その中でもランキング第1位のベラジョンカジノが特におすすめだからチェックしてくれよな!

カウンティングの前にブラックジャックのルールをおさらい

ブラックジャックは、トランプを使用するゲームの一種です。カジノで行われるカードゲームの中では、ポーカーやバカラと並んで人気の高いゲームとなっています。

カードの合計点数が21点を超えないようにプレイヤーがディーラーより高い点数を得ることを目指します。

バカラやポーカーのように運の要素がゲームの勝敗に大きく関わってくるようなことはなく、知識と行動で勝つ確率を高められることから、ブラックジャックは「技術がモノをいうゲーム」と言ってもよいでしょう。

プレイヤーに有利なカードとは?

プレイヤーに有利な状況というのは、一言でいえばデックの中に「10」のカードが多い状態のことを指します。ブラックジャックでは、単に10のカードだけではなく絵柄、つまりJ~Kのカードも「10」と数えます。後述しますが、このことがカウンティングが最も効果を発揮する理由のひとつです。

なぜデッキの中に「10」のカードが多いと有利になるかというと、ディーラーは「12~16」の手札の時には、必ずヒットしなければならないからです。デックの中に10が多いとバーストする確率が上がります。

ブラックジャックのカウンティング方法

カウンティングとは、場に出たカードを暗記しておくことで、デッキの中にどの数字のカードがまだ残っているかを把握することです。

しかし、出たカードを全て暗記しておくのはなかなか難しいですよね。そこで、場に出たカードを数値で振り分けることで簡略化します。

具体的には上の画像のような棲み分けになります。まずはプレイヤーに有利な「10、J、Q、K、A」が場に出れば「-1」特に影響のない「7、8、9」が出れば「0」プレイヤーに不利な「2~6」が出れば「+1」として考えます。

あとは、場に出たカードを振り分けて合計していきます。何ゲームか消化していき、合計数字が「マイナス」になるのであれば、「10」が出尽くしているということになり、プレイヤーに不利な状況です。

逆に「プラス」であればデックの中にまだ「10」が残っているのでプレイヤー有利になります。

カウンティングの実践例

それでは実際にカウンティングをしてみましょう。ここでは、マルチハンドブラックジャックで1ゲーム遊んだものを例にしています。

マルチハンドブラックジャックというのは、複数のハンドで戦えるブラックジャックのことを指します。

右から順番に見ていきますと、

  • 6,J=1-1=0
  • A,7,7=(-1)+0+0=-1
  • 10,5=(-1)+1-0
  • 4,5,A,K=1+1-1-1=0
  • A,4,6=(-1)+1+1=1

全てを合計すると0になります。この「0」で分かることは、「6,5,4,3,2」と「A,10,J,Q,K」が均等に出たため、プレイヤーは有利でも不利でもないということです。

このように、場に出たトランプを数えることにより、「デックの中にどんなカードが残っているのか」を予想します。ただし、今回の実例はあくまで1回だけ遊んだものです。

1回だとデックのカードの偏りによる可能性もあるので、複数回プレイした方が正確な数字が測れることは言うまでもありません。

カウンティングに対するカジノ側の対策

カウンティングが行われ始めた当初、この手法は多くのプレイヤーに勝ちをもたらしました。しかし、カジノ側も黙っているはずがなく、さまざまな対抗策を講じています。

ここではカウンティングに対するカジノ側の対策を3つご紹介します。

複数のデックを使用

複数のデックを使用することで、カウンティングの効果を薄めてしまおうという対策です。

ゲーム毎にデッキを変えられてしまっては、せっかく数字をカウントしていってもあまり意味がなくなってしまいますよね。中には8デック以上用意するカジノも出てきているようです。

カードシャッフルの頻度を高めた

ある程度ゲーム数を重ねたら、いったん中断してシャッフルをするという対策です。こちらも複数のデックを用意するのと同様、カウンティングの効果を薄める効果があります。

シャッフルの頻度を高めれば高めるほど効果があるのは言うまでもなく、カウントしていることを察知した場合には早めにシャッフルを行います。

紛らわしいプレイヤーはカジノから強制退場

カウンティングを試みようとしているプレイヤーはディーラーの目に不自然なように映ります。絶えず目線が動き、自分のカードとは関係のない、他プレイヤーのカードまで細心の注意を払うように見るからです。

また、賭ける額に不自然な強弱が見られるようになっても怪しいと感じます。このようにカウンティングを試みようとしているプレイヤーや、それに準ずる紛らわしいプレイヤーは強制的に退場させます。

カウンティングをするならオンラインカジノ

上記のように、本場のカジノではカウンティングに対してさまざまな対策が講じられています。では、オンラインカジノはどうでしょうか。

プログラム型のブラックジャックは毎回シャッフルしてしまうのでカウンティングが通用するところではありませんが、ライブカジノであればカウンティングをすることができます。

オンラインカジノでカウンティングする利点

それでは、オンラインカジノでカウンティングをする利点を詳しく解説していきます。

カウンティングを悟られる心配がほとんどない

オンラインカジノは本場のカジノと違って実際にディーラーと対峙しているわけではないので、目線が絶えず動く、他プレイヤーのカードを気にするといった怪しい動きをチェックされることはありません。

また、場面場面で賭け金を極端に増やしたり減らしたりしても強制退場させられる心配もないので、気兼ねなくカウンティングを行えます。

カウンティングの使用が簡単

実際にディーラーと対峙していないことのメリットはまだまだあります。

本場のカジノでは当然のことながらカウンティングを頭の中でしなければなりませんが、オンラインカジノであればカウンティングを紙に書いてやったとしてもバレることはありません。

途中で分からなくなってしまうこともありませんし、紙なら見返すことだってできます。

日本国内にいてもカウンティングできる

2018年現在、日本ではカジノはまだ合法化されておらず、当然のことながら日本国内にカジノ場はないので、カジノで賭けるとなると渡航しなければなりません。

しかしオンラインカジノであればPCやスマートフォンで遊べるので、日本に居ながらにしてブラックジャックやカウンティングを楽しめます。

オンラインカジノでカウンティングする問題点

オンラインカジノでカウンティングをするメリットをご紹介しましたが、残念ながらメリットだけあるわけではありません。次に問題点についてもご紹介します。

ゲームで使用するトランプが8デック

オンラインのライブカジノでは、通常8デックが標準になっています。先述の通り、カウンティングはデック数が多ければ多いほど、その効果が薄くなってしまいます。

利用規約上ではカウンティングは禁止

オンラインカジノ利用規約上で、カウンティングを禁止しているカジノもあります。

カウンティングをしていることがバレなければ大丈夫ですが、もし疑惑を持たれた場合や万が一バレてしまった場合、どのような処分が下るか分かりません。最悪チップの没収といったことも有り得るかもしれません。

笠原 豪
ライブカジノをするなら断然ベラジョンカジノだな。ゲームの種類も豊富だし、公式アプリをダウンロードすればスマホでも快適にカジノゲームが楽しめるんだ。ぜひ遊んでみてくれよな。

カウンティングは必ずしも万能ではない

いかがでしょうか?
カウンティングは確かにブラックジャックの勝率を上げられる技術のひとつではありますが、本場のカジノでは対策が講じられており、オンラインでのライブカジノでも必勝法とは言えないので、必ずしも万能とは言い切れません。

ブラックジャックには他にもベーシックストラテジーと言われる攻略法もあり、さまざまな攻略法があることも魅力のひとつです。是非いろいろと試してみるとよいでしょう。

◆この記事のポイント◆
✅ブラックジャックは数字を21に近づけるゲーム
✅シューの中に「10」が多く残っているとプレイヤーは有利になる
✅カウンティングはカードを3つのグループに棲み分けし、有利か不利かを把握するための技術のひとつ
✅本場のカジノでは、カウンティングにさまざまな対策を講じている
✅オンラインカジノであればカウンティングを容易に行なえるが、問題点もある
✅カウンティングは万能ではない

笠原 豪
カジノゲームは記事だけを読むだけじゃなく、実際にプレイして勝ち負けを繰り返すことで”勝つコツ”が身につくんだよな。
海外のカジノに行くのは時間の制約があるけど、スマホで簡単にプレイできるオンラインカジノなら今すぐ始められるし、Casimo編集部がおすすめするベラジョンカジノはマルタ共和国政府の厳しい審査を受けてライセンスを取得してるから安心だぞ!