【カジノゲームの賭け方・必勝法】モンテカルロ法の使い方を徹底解説!

モンテカルロ法は一定のルールに従って作った数列をもとに賭け金を決める必勝法です。

賭け金を抑えながら損失を回収しつつ、利益も出せる強みがあるため、多くのプレイヤーから人気があります。

巷の情報では「モンテカルロ法はカジノを潰したことがある」なんて噂も。真相は定かではありませんが、その効果の高さを知れば、あながち嘘ではないかもしれないと思う人は多いでしょう。

負け分の回収を前提とした必勝法はいくつかありますが、賭け金を倍に増やし続けていくなど、リスクが高い必勝法が多いです。その点、モンテカルロ法なら比較的低リスク!とはいえ、手順が少し複雑なので、紙とペンを用意してメモを取りながら実践してみましょう。

この記事を読んだらわかること

  • モンテカルロ法の使い方(3倍配当の場合、2倍配当の場合)
  • モンテカルロ法のメリット・デメリット
  • モンテカルロ法の4つのシミュレーション
  • モンテカルロ法を上手に運用するコツ

モンテカルロ法の賭け方・使い方

モンテカルロ法は、連敗しても少ない勝ち数で利益を出せる必勝法です。勝率約1/3、配当3倍のゲームで使用します。

この必勝法はメモが必要になるので、紙とペンをご用意ください。以下の手順でメモしながら次ゲームの賭け金を決めていきます。

  1. メモに[1,2,3]と書く
  2. 両端にある数字を足し合わせ、最初のゲームの賭け金を決める(1+3=4ドル)
  3. 負けた場合、前回賭け金を右端に追加する
  4. 両端の数字を足し合わせ、次ゲームの賭け金を決める(1+4=5ドル)

文字だけだと分かりづらいと思うので、以下の画像もあわせて確認してください。

なお、勝った場合は、両端から2つずつ数字を削り、残った数字の両端を足して次ゲームの賭け金を決定します。

以上の操作を続け、数字が全てなくなるか、残り1つになったら1サイクル終了です。

2倍配当ゲームでのモンテカルロ法の使い方

モンテカルロ法は基本的に3倍配当のゲームがおすすめです。しかし、勝った後の処理方法を変えると2倍配当のゲームでも使用できます。

2倍配当ゲームで勝った場合は、両端から1つずつ数字を削り、残った数字の両端を足して次ゲームの賭け金を決定します。

以上の操作を続け、数字が全てなくなるか、残り1つになったら1サイクル終了です。

モンテカルロ法を効果的に使えるゲームは?

モンテカルロ法が使えるのは勝率約1/3、配当3倍のゲームです。具体的にはルーレットのコラムベット・ダズンベット、大小(シックボー)で2つ同じ数字が出る時のシングルストレートナンバーです。

また先に説明した2倍配当ゲーム用のモンテカルロ法は、ルーレットのイーブンベット(赤黒賭け・偶数奇数賭け・ハイロー賭け)、バカラのプレイヤーベット、ブラックジャックで使用できます。

バカラのバンカーベットでも2倍配当用のモンテカルロ法で使用することはできますが、通常バカラだとバンカーは毎回手数料5%をとられるので向いていません。

バカラのバンカーベットでどうしても使いたい場合は、手数料なしバカラのテーブルを選んでください。手数料なしバカラではバンカーが「6」で勝利時に手数料50%とられますが、それ以外はプレイヤーベットと同じ配当を得られます。

【検証】モンテカルロ法のシミュレーション

では、モンテカルロ法はゲームの展開次第でどのような違いが出るでしょうか。成功するケースと失敗するケースを想定して、収支の推移や結果をみていきましょう。

モンテカルロ法が成功するケース

スタート資金:$30 1単位:$1  全体の勝率:33.3%

回数数列賭け金勝敗残金
11,2,3$4×
(-$4)
$26
21,2,3,4$5×
(-$5)
$21
31,2,3,4,5$6×
(-$6)
$15
41,2,3,4,5,6$7×
(-$7)
$8
51,2,3,4,5,6,7$8
(+$16)
$24
63,4,5$8
(+$16)
$40

1ゲーム目から4ゲーム目まで4連敗しましたが、その後の2勝で損失を取り戻したうえ、利益+$10を上乗せしました。

モンテカルロ法が失敗するケース

スタート資金:$30 1単位:$1
全体の勝率:0%

回数数列賭け金勝敗残金
11,2,3$4×
(-$4)
$26
21,2,3,4$5×
(-$5)
$21
31,2,3,4,5$6×
(-$6)
$15
41,2,3,4,5,6$7×
(-$7)
$8
51,2,3,4,5,6,7$8×
(-$8)
0

1度も勝つことなく5連敗しました。数列は残っていますが、資金がなくなってしまえばモンテカルロ法は失敗です。

2倍モンテカルロ法が成功するケース

【例1】
スタート資金:$30 1単位:$1
全体の勝率:44.4%

回数数列賭け金勝敗残金
11,2,3$4×
(-$4)
$26
21,2,3,4$5×
(-$5)
$21
31,2,3,4,5$6×
(-$6)
$15
41,2,3,4,5,6$7×
(-$7)
$8
51,2,3,4,5,6,7$8
(+$8)
$16
62,3,4,5,6$8
(+$8)
$24
73,4,5$8×
(-$8)
$16
83,4,5,8$11
(+11)
$27
94,5$9
(+9)
$36

スタートから4連敗後、負けをはさみつつも4勝して、1サイクル完了しました。損失を取り戻しつつ上積みできた利益は$6です。

また、2倍モンテカルロ法の場合は以下のような1サイクル完了パターンもあります。

【例2】
スタート資金:$40 1単位:$1
全体の勝率:40.0%

回数数列賭け金勝敗残金
11,2,3$4×
(-$4)
$36
21,2,3,4$5×
(-$5)
$31
31,2,3,4,5$6
(+$6)
$37
42,3,4$6×
(-$6)
$31
52,3,4,6$8
(+$8)
$39
63,4,$7×
(-$7)
$32
73,4,7$10×
(-$10)
$22
83,4,7,10$13
(+$13)
$35
94,7$11×
(-$11)
$24
104,7,11$15
(+$15)
$39

10ゲーム目で勝利したことによって、数列は「4,7,11」から「7」に変わります。数字が1つになったら1サイクル終了です。$40から開始しましたが、最後は$39で終わりました。

2倍モンテカルロ法が失敗するケース

スタート資金:$30 1単位:$1
全体の勝率:28.6%

回数数列賭け金勝敗残金
11,2,3$4×
(-$4)
$26
21,2,3,4$5×
(-$5)
$21
31,2,3,4,5$6
(+$6)
$27
42,3,4$6×
(-$6)
$21
52,3,4,6$8
(+$8)
$29
63,4,$7×
(-$7)
$22
73,4,7$10×
(-$10)
$12
83,4,7,10$13

途中で勝ちを挟んでいますが、連勝がないので残金がどんどん減っています。数列上は8ゲーム目で$13賭ける必要がありましたが、$12しか残っていないので続行できません。数列が残っているにもかかわらず、資金が足りない場合、モンテカルロ法は失敗です。

モンテカルロ法の利点・メリット

モンテカルロ法のメリットは以下の3点です。

以下、解説していきます。

勝ちが負けより少なくても成功できる

モンテカルロ法に高い勝率は必要ありません。勝率50%を切っていてもどこかで連勝できれば成功です。

なぜ連勝が必要かというと、数列の数字の増え方と消え方の違いです。負けたときに増える数字は1つ、勝ったときに減る数字は4つ。2連敗しても数字は2つしか増えませんが、2連勝すれば一気に8つ消えます。

1サイクル成功のために3連勝4連勝をとる必要もないので、連勝のプレッシャーもそれほど大きくありません。

連敗しても賭け金が大きくなりにくい

モンテカルロ法は、連敗しても賭け金が大きくなりにくいように設計されています。

連敗時の賭け金の増え方がゆるやかだと、連敗が続いても資金がすぐになくなってしまうリスクは高くありません。また資金に対する賭け金の割合が小さいので、心理的負担が少ないです。

では、どれくらいゆるやかなのでしょうか。
10連敗した場合の賭け金の推移を、負けたら倍賭けするマーチンゲール法と、負けたら前々回+前回の賭け金合計を賭けるココモ法とで比較してみてみましょう。

回数モンテカルロ法ココモ法マーチンゲール法
1$4$1$1
2$5$1$2
3$6$2$4
4$7$3$8
5$8$5$16
6$9$8$32
7$10$13$64
8$11$21$128
9$12$34$256
10$13$55$512

スタート賭け金はモンテカルロ法が一番高いですが、10連続時にモンテカルロ法の賭け金はココモ法の約1/5、マーチンゲール法の約1/50しかありません。マーチンゲール法やココモ法と比べれば、モンテカルロ法の賭け金の増え方がゆるやかなのは明らかですね。

1サイクル終了時に高確率で利益が出る

モンテカルロ法は1サイクル終了時、つまり数列の数字が全部消えるか1つだけになったときに必ず利益が出るように設計されています。

どれくらい利益が出るかは勝ち負けの順序にもよりますが、数ゲーム負けを続けて賭け金が大きくなってから終了するパターンだと利益は比較的大きいです。

一方、2倍配当で使うモンテカルロ法の場合もだいたい1サイクル終了時に利益は出ますが、シミュレーションで確認したとおり1サイクル終了時でも損失が出るパターンも稀に起こります。ただ損失といってもわずかなので、資金の大部分を失うような結果にはならないので安心してください。

モンテカルロ法の欠点・デメリット

モンテカルロ法のデメリットは以下の2点です。

以下、解説していきます。

1サイクルが長引くと賭け金が大きくなる

モンテカルロ法は、勝ちがほとんどこないようなゲーム展開だと1サイクルが長引き、1ゲームで使用する賭け金も大きくなります。

例えば10ゲーム中1勝しかできなかった場合、11~15ゲーム目のシミュレーションは以下のような展開が考えられます。

回数数列賭け金勝敗
117,10,17$24×
127,10,17,24$31×
137,10,17,24,31$38×
147,10,17,24,31,38$45
1517,24$41

いかがでしょうか。
1ゲームで$24~$45も使うのは少しプレッシャーがかかりそうですよね。

ここまで賭け金がふくらんでくると資金がつきるリスクも出てくるので、モンテカルロ法が連敗に強いといっても早めに1サイクルを終了させるのに越したことはありません。

メモを取る必要がある

モンテカルロ法は数列の数字を間違うと効果を発揮できません。頭のなかですべての数字を暗記するのはとても難しいので、メモ必須です。

ランドカジノだと筆記用具やスマホなどでメモするのは禁止ですが、オンラインカジノなら自宅でできるのでメモし放題です。

モンテカルロ法を上手に運用するコツ

モンテカルロ法は以下のポイントをおさえて使用するとより効果的に使えます。

それぞれ詳しく解説していきます。

資金にあわせて賭け金を調整する

モンテカルロ法で扱う数字は賭け金の単位数です。
たとえば1,2,3と最初に書きますが、1単位を$1とした場合は、1,2,3は$1,$2,$3を意味します。

この賭け単位は自由自在に設定できるので、資金と目的にあわせて調整するようにしましょう。

リスクをなるべく負いたくない、または資金に余裕がない場合は1単位=$1でいいですし、資金に余裕があって1サイクル終了時の利益を大きくしたいなら1単位を$2や$3にしてもOKです。

資金と目的にあわせてカスタマイズできるようになれば、モンテカルロ法を使うメリットがさらに向上します。

資金が尽きる前に中断する

1サイクルが長引くと賭け金が大きくなりすぎて、1サイクル終了前に資金が尽きてしまうこともあります。

資金がなくなってしまうとリベンジのチャンスもなくなってしまうので、連勝が出ない、1サイクル終了ができそうにない状況になったら、資金が尽きる前に切り上げるのも1つの手です。

具体的には10ゲーム~15ゲーム以上になったら中断を検討してください。これぐらい長引くとスタート賭け金の10倍以上賭けなければいけないゲームも出てきますし、明らかに調子が悪いので、ゲームを続行する状況ではないと考えられます。

空回しと組み合わせる

モンテカルロ法は基本的に勝率約1/3のゲーム(コラムベット・ダズンベット)で使用しますが、約1/3は決して高い確率ではないため、連敗することも珍しくありません。

少しでも勝率が高くなる状況でベットした方がいいので、テーブルについていきなりゲームをするのではなく、空回しを活用しましょう。空回しとはベットせずにゲームを観察する行為のことを指します。ランドカジノでは禁止行為とされていますが、オンラインカジノではいくらでも空回しができます。

例えばダズンベットのなかで、「1-12」が3ゲーム連続でこないことを確認したら、「1-12」にベットし始めるのです。これは1つのエリアが出現する事前確率を高めるために行うもので、数ゲームのうちに「1-12」がくると予想してベットしています。

もちろん理論上の確率通りに上手くいくわけではありませんが、ノープランで賭けるよりもモンテカルロ法成功の可能性は高まります。

モンテカルロ法まとめ

この記事のまとめ

  • モンテカルロ法はメモ必須の必勝法
  • 配当3倍ゲームで使えば1サイクル終了時に必ず利益が出る
  • 配当2倍ゲームで使うと1サイクル終了時に損失が残ることもある
  • 賭け金の増え方がゆるやかなので資金を失うリスクは低い

モンテカルロ法は数列にしたがって賭け金を変えることで、損失を取り戻し利益も狙える必勝法です。

ルーレットのコラムベット・ダズンベットなど勝率約1/3、配当3倍のゲームで使用でき、勝利後の数列の処理を変えればバカラやブラックジャックなど勝率約1/2、配当2倍のゲームでも使用できます。

メモを使う面倒くささはありますが、その手間をかけてでも使う効果は十分あるといっても言い過ぎではありません。オンラインカジノで使える空回しを駆使して当たる確率を高めましょう!

この記事を書いた人

ナオ

学生時代に独学でWebマーケティングを学び、複数の会社を経て、2013年に東京でWEB制作会社を起業。
起業後、趣味のカジノ旅行がキッカケで、オンラインカジノに出会い、2018年にCasimo編集部を立ち上げる。

ナオ

関連記事

関連記事をもっと見る
ツールバーへスキップ