【ecoPayz(エコペイズ)の登録・口座開設方法】アップグレード手順も解説

多くのオンラインカジノで使える便利なエコペイズ。エコペイズの登録は3分もあれば簡単にできます。

ただ登録しただけでは銀行口座に出金できない等一部機能が制限されたままです。すべての機能を自由に使えるようになるためには本人確認書類を提出してアップグレードしなければなりません。

この記事ではエコペイズの登録方法、アップグレードについて画像付きで1から分かりやすく解説していきます。まだエコペイズ登録を済ませていない方は、こちらの記事を参考にしてください。

エコペイズアカウントの登録は無料で、信用調査は一切行いません。しかも銀行口座や印鑑も不要!更に、最新のセキュリティと暗号化を使用しているため、安心安全です。ほとんどのオンラインカジノで使用できるので、是非この記事を読んで登録してみてくださいね。

この記事を読んだらわかること

  • エコペイズの登録方法
  • 2段階認証の設定方法
  • アップグレード方法(本人確認書類3点の詳細)
  • エコペイズに登録する際の注意点

ecoPayz(エコペイズ)の登録・口座開設方法

エコペイズの登録・口座開設は以下の手順にしたがって手続きするだけでできます。

5分もあれば完了するので、以下説明をみながら皆さんも登録してみてください。

「無料アカウントを開設」をクリック

まずはエコペイズ公式サイトにアクセスし、トップページ上部の「サインアップ」か中央の「無料アカウントを開設」をクリックしてください。

アカウント情報の入力

「無料アカウントを開設」をクリックすると、アカウント情報入力欄が表示されます。

アカウント情報の入力項目は以下のとおりです。

ユーザー名ユーザー名を入力します。(6~20文字:アルファベット、数字、アンダーラインのみ使用可)
Eメールアドレスメールアドレスを入力します。(PCメールアドレス推奨)
パスワードパスワードを入力します。(最低8文字:数字、大文字は各1つ以上必要)
パスワードを確認前項のパスワードを再入力します。
居住国を選択します。(「日本」選択可)
言語サイト言語を選択します。(「日本語」選択可)
通貨アカウント通貨を選択します。(「JPY」選択可)

通貨は口座開設後でも変更・追加できます。

最初に遊ぶオンラインカジノが決まっているのであれば、そのオンラインカジノのアカウント通貨にあわせて通貨選択しておくといいでしょう。

個人情報の入力

続いて、個人情報の入力に進みます。

個人情報で入力するのは以下の項目です。

名前(英語)下の名前を英語で入力します。(例:Taro)
姓(英語)上の名前を英語で入力します。(例:Yamada)
ID中の名前(ローカル)下の名前を日本語で入力します。(例:太郎)
ID中の名前(ローカル)上の名前を日本語で入力します。(例:山田)
誕生日誕生日を選択します。
誕生月誕生月を選択します。
誕生年誕生年(西暦)を選択します。
通り番地などを入力します。
ビル名 / ビル番号マンション・アパートの名称と部屋番号を英語で入力します。
都道府県名都道府県名を英語で入力します。
市町村名市町村名を英語で入力します。
郵便番号現住所の郵便番号を入力します。
住居証明書の住所(ローカル)現住所を日本語で入力します。
携帯電話携帯電話番号を入力します。
資金源エコペイズに入金する資金の出どころを選択します。(例:給与所得)

氏名・住所等は必ず正確に入力してください。後に提出する本人確認書類の内容と異なると、出金できなくなります。

資金源も虚偽のないよう正しい項目を選びましょう。資金源調査が入る場合、関係書類を提出する必要が出てくるため、嘘があると最悪アカウント凍結となりかねません。

上記すべてを入力し終えたら、CAPTHA(キャプチャ)入力に移ります。CAPTHAは入力者がコンピュータではなく人間であることを確認する認証方式です。

「ここにCAPTHAを入力」欄の左側に表示される数字を半角で入力してください。

数字が読み取れない場合は、数字と入力欄の間にある更新ボタンをクリックして、新しい数字を取得しましょう。

利用規約に同意すれば登録完了

利用規約を一読したら、『私はPSI-Pay利用諸条件に同意しプライバシーポリシーを読みました』のチェックボックスをクリックします。エコペイズからの最新情報を受け取りたい場合はメールまたはSMSにもチェックを入れてください。

最後に「アカウントの作成」をクリックすれば登録完了です。

2段階認証の設定方法

アカウント作成後、セキュリティ強化のため2段階認証の設定が必要になります。2段階認証の目的は不正にアカウントにログインされないようにするためです。

設定自体は難しくないので、以下手順で2段階認証の設定を行っておきましょう。

「コードのリクエスト」をクリック

まずはecoAccountのセキュリティ強化画面で、緑色の「コードのリクエスト」をクリックしてください。

アクセスコードの確認

「コードのリクエスト」をクリックすると、件名【2段階アクセスコード】のメールが登録したメールアドレスに届きます。

メールを開き、文中に記載されているアクセスコードをご確認ください。

アクセスコードを入力して「送信」クリック

アクセスコード入力欄に先ほど確認した数字を半角で入力し、「送信」をクリックしてください。

(画像)

ここまでは2段階認証の準備の段階です。まだ認証設定は終わっていないので気を付けてください。次は具体的な2段階認証設定に進みます。

2段階認証を有効化する

2段階認証では、「Google認証システム」と「SMS」を選択できます。

Google認証システムはアプリでパスワードを取得する方式で、SMSはショートメッセージ(または音声通知)でパスワードを取得する方式です。どちらを選んでもセキュリティは強化されるので、好きな方をお選びください。

Google認証システムはインストールに手間がかかるため、「SMS」を有効化します。

「コードのリクエスト」をクリック

SMS認証の有効化をクリック後、「コードのリクエスト」をクリックすると、認証コード入力欄が表示されます。

一方、ショートメッセージにはエコペイズから認証コードが届きます。

認証コードを入力して「送信」をクリック

ショートメッセージで確認した認証コードを所定の欄に入力し、送信をクリックしてください。

以上で2段階認証の設定は完了です。

次回以降のログインからログイン・パスワードに加え、2段階認証も行うようになるので、エコペイズ利用時は必ずスマホを手元に用意しておきましょう。

ecoPayz(エコペイズ)のアップグレード手順

エコペイズアカウントには5つのランクがあり、新規利用者はクラシックランクからスタートします。クラシックランクはオンラインカジノに入金できますが、エコペイズから銀行口座へ出金できない等一部機能が制限されているので不便です。

1つ上のランクであるシルバーランクにアップグレードすれば制限は解除されるので、登録後にアップグレードもすませておきましょう。

「無料でアップグレード」をクリック

アカウントにログインすると、以下画像のようにページ右側にシルバーランクランクへのアップグレードを案内するバナーがあります。

そこに表示されている「無料でアップグレード」ボタンをクリックして、アップグレード手続き画面に移動してください。

アップグレード画面が表示されると、アップデートに必要な3つのステップが表示されます。

  • メールアドレスの確認
  • セキュリティの質問を設定
  • 身分を確認

上記全てをクリアするとアップグレード完了です。

①メールアドレスの確認

アップグレード画面の一番上にある「Eメールアドレスを確認」枠をクリックすると、以下のような画面が表示されます。

「Eメールアドレスを確認」ボタンをクリックして、登録したEメールアドレスにエコペイズから届くメールを確認してください。

メールアドレスの認証

エコペイズからは以下のような内容のメールが届きます。

メールを開き、本文内に埋め込まれた「メールアドレスを認証」をクリック。これでメールアドレス認証は完了です。

②セキュリティの質問を設定

次にアップグレード画面で「セキュリティの質問を設定」をクリックします。

クリック後に表示される「セキュリティの質問」ページでは以下の項目を入力してください。

  • 現在のパスワード
  • セキュリティの質問を選択
  • 回答

セキュリティの質問に対する回答はログインせずに6か月以上経過した後のログイン時等に聞かれることがあります。

回答を忘れてしまうとサポートに連絡してログイン手続きをしなければならず手間がかかるので、回答は必ずメモしておきましょう。

すべて入力し終えたら、最後に「保存」をクリックして完了です。

③身元を確認

最後にアップグレード画面で「身元を確認」をクリックします。

「身元を確認」ページで提出する書類は以下の3点です。

それぞれスマホ等でカメラ撮影するかスキャンしてデータ化し、そのデータを上記専用フォームからアップロードしてください。各書類の詳細は以下で説明します。

身分証明書の提出

身分証明書として認められる書類は以下のとおりです。

  • パスポート
  • 写真付き運転免許証(表・裏)
  • 国民IDカード(表・裏)

国民IDカードとして認められるのは写真付きの住民基本台帳カード、写真付きのマイナンバーカードです。

提出書類を撮影またはスキャンしたら、アップロードする前にデータ上で書類の四隅が切れていないか確認しておきましょう。四隅が切れた画像は承認されず、再提出を求められます。

住所を証明する種類

住所確認書類として認められる書類は以下のとおりです。

  • 水道光熱費領収書
  • 銀行取引明細書
  • 住居証明書

住所確認書類は発行日から3ヶ月以内のものが有効です。またこちらもアップロード前に書類の四隅の確認をお願いします。

顔写真の提出

顔写真は、いわば自撮り(セルフィ―)です。スマホのカメラ等で自分を撮影し、そのデータをそのままアップロードしてください。

「なんで自撮り?恥ずかしい!!」と思われる方もいるかもしれませんが、海外のオンラインサービスではアカウント認証など本人確認の諸手続きで自撮り提出を求められるのは一般的です。近年はオンラインカジノでも本人確認で自撮りを求めるところが増えています。

運営側は自撮りと身分証明書の写真を照合し、身分証明書が偽造または盗難されたものではないことを確認したいだけなので、証明写真のようなクオリティは必要ありません。普段の表情でパッと自撮りして、ささっとアップロードしてしまいましょう。

ecoPayz(エコペイズ)の登録に関する注意点

エコペイズに登録する際に注意すべき点は以下の3点です。

すでに前述している内容も含みますが、重要なので今一度ご確認ください。

登録内容は本人確認書類と同じにする

登録時に入力する氏名、住所、生年月日など個人情報は、必ず本人確認書類と完全一致するようにしましょう。

他人になりすまして虚偽情報を登録するのはもちろんNGですが、例えば本人が登録していても引越しなどで登録時の住所と本人確認書類の住所が異なる場合、アップグレードできないかもしれません。

また登録後に住所変更したい場合はログイン後アカウントの設定ページから住所変更を申請してください。その際は新しい住所が記載された本人確認書類の提出を求められます。

ecoPayz(エコペイズ)が使用できるオンラインカジノか確認を取る

エコペイズはほとんどの日本語対応オンラインカジノで採用されていますが、全てのオンラインカジノで使えるわけではありません。

遊ぼうと思っているオンラインカジノがエコペイズを使えるかは事前に確認しておきましょう。

エコペイズを使っているかどうかは入出金方法ページを確認するのが一番確実ですが、簡単に見分けたい場合はトップぺージ下部をチェックしてみてください。

エコペイズが使えるオンラインカジノはトップページ下部にエコペイズのマーク(ローマ字表記:ecoPayz)が表示されています。

必ずシルバーランクにアップグレードする

エコペイズでは会員ランクを5段階設けています。最初はクラシックで、シルバー、ゴールド、プラチナ、VIPの順にランクアップしていきます。

クラシックランクの場合、「入金最高200EUR」「銀行送金不可」など様々な制約があるので、オンラインカジノの入出金方法として満足に機能しません。

ですので、クラシックの1つ上のランク、シルバーランクに必ずアップグレードしておきましょう。

シルバーにアップグレードすれば高額入出金ができるようになり、銀行送金も可能です。なお、本記事で説明した内容にしたがってアップグレード申請すれば、2日程度でシルバーランクに昇格できます。

エコペイズに登録できない時の対処方法

エコペイズに登録できなかったりサービスを利用し始められない場合、以下の原因が考えられます。

  • 登録した情報が間違っている
  • アカウント認証メールが迷惑メールに振り分けられている
  • 登録後に提出した本人確認書類に不備があった
  • 本人確認書類の確認作業に時間がかかっている
  • 混雑して登録申し込みが保留にされている

アカウント認証メールが届かない場合は、迷惑メールをご確認ください。見当たらない場合は登録したメールアドレスが間違っていた可能性が高いので、再度最初から登録手続きを行いましょう。

なお、登録がスムーズに行えてもすぐには利用できないのがエコペイズです。

現在利用者急増のため、各種サービスが使えるようになるまで最大7営業日かかるケースも出てきています。

7営業日たっても進展がないようであったら、サポートに問い合わせてみてください。customersupport@ecopayz.comに氏名・ユーザーネーム・口座番号を添えて質問すれば、早い時は数時間で対応してもらえますよ。

この記事を書いた人

ナオ

学生時代に独学でWebマーケティングを学び、複数の会社を経て、2013年に東京でWEB制作会社を起業。
起業後、趣味のカジノ旅行がキッカケで、オンラインカジノに出会い、2018年にCasimo編集部を立ち上げる。

ナオ

関連記事

関連記事をもっと見る
ツールバーへスキップ