【VenusPoint(ヴィーナスポイント)の出金方法】オンラインカジノからの送金方法解説

Venuspoint(ヴィーナスポイント)終了のお知らせ

ヴィーナスポイントは2022年6月13日にサービス終了となりました。現在、入金・出金のどちらも利用できません。

すでにオンラインカジノにヴィーナスポイントで入金している方は、別の決済方法で出金できる可能性もあるためカジノ側に問い合わせてみてください。代わりの決済方法はエコペイズが便利です。

ヴィーナスポイントの出金手続きはとても簡単で、上限もないので、多くのプレイヤーに利用されている決済方法です。

ただし、口座から出金する際、注意しなければいけないことがいくつかあります。そこでこの記事では、ヴィーナスポイントの出金方法や注意事項などについて詳しく解説していきます。

この記事を読んだらわかること

  • オンラインカジノからヴィーナスポイントへ出金する方法
  • ヴィーナスポイントから銀行口座へ出金する方法
  • ヴィーナスポイントで出金する際の注意点
  • 出金手数料を低くおさえる方法

目次

ヴィーナスポイントの出金の流れ

ヴィーナスポイントの出金は以下のような手順で手続きします。

①オンラインカジノの資金をヴィーナスポイントへ出金
②ヴィーナスポイントから銀行口座に出金(換金)

ヴィーナスポイントでは資金を1ポイント=$1(USD:アメリカドル)で管理しています。そのため、ヴィーナスポイントから出金する際は、円からドルに換金されます。このとき、為替レートの影響を受けるので注意しましょう。

なお、オンラインカジノからヴィーナスポイントへの出金に費用はかからず、ヴィーナスポイントから銀行口座への出金(換金)手続きを平日に行えば出金手数料もかかりません。(※為替手数料は発生します。)

オンラインカジノからVenusPoint(ヴィーナスポイント)へ出金する方法

オンラインカジノからヴィーナスポイントへ出金する方法は、「ヴィーナスポイントの入金方法」で解説した内容と同じです。(ヴィーナスポイントはオンラインカジノからしか入金できないため)

すでにヴィーナスポイントへ入金できている方は解説する必要はないので本記事では割愛します。

VenusPoint(ヴィーナスポイント)から銀行口座へ出金する方法(換金申請)

この項が本記事のメインテーマです。下記手順に沿ってヴィーナスポイントから銀行口座へ出金する方法を解説していきます。

口座にログイン

公式サイトのトップページにあるログインフォームにメールアドレス、パスワードを入力して「ログイン」をクリックします。

「お手続きはこちらから→」をクリック

ログイン後、『換金』下にある「お手続きはこちらから→」をクリックして、出金手続きに進みます。

「口座の事前登録はこちら」から口座を登録

まず、出金先の銀行口座を登録します。
『口座登録』右側にある「口座の事前登録はこちら」をクリックしてください。

口座情報を入力して「口座を追加する」をクリック

出金先の銀行名、支店名、口座番号を入力したら「口座を追加する」をクリックします。

「換金ページに戻る」をクリック

銀行口座情報が反映されたことを確認したら、ページ左下にある「換金ページに戻る」をクリックします。

換金したいポイントを入力して口座を選択

1ポイント=1ドルで出金先口座に振り込まれることを考えて、換金ポイントを入力してください。
また、出金先口座を選択すると銀行情報は自動的に反映されます。

注意書きをよく読んでから「上記に同意して換金する」をクリック

申請内容に間違いがないか確認した上で「上記に同意して換金する」をクリックしてください。

入力内容を確認して「同意して換金申請」をクリック

出金先銀行情報、換金ポイント、手数料などを確認したら「同意して換金申請」をクリックします。

上記画面が出たら換金申請完了です。

銀行営業日の13時までに申請すれば早くて当日、遅くても2営業日以内に着金となります。

換金申請(出金)のキャンセル方法

換金申請しても申請が受理されるまではキャンセルもできます。
ただし申請が受理されるとキャンセルはできないので、キャンセルしたい場合は早めに済ませておきましょう。

ページ一番下の「取引履歴」をクリック

ログイン後、ページ下にある「取引履歴」をクリックします。

キャンセルしたい換金申請の「閲覧」をクリック

状態が『受付』になっている換金申請はキャンセルできます。
キャンセルしたい項目を探し、右側の「閲覧」をクリックしてください。

「換金キャンセル」をクリック

キャンセル希望の項目を確認したら「換金キャンセル」をクリックします。

残高の確認

換金キャンセルが受理されたら残高にキャンセルしたポイントが反映されます。

VenusPoint(ヴィーナスポイント)の出金に関する注意点

使い勝手のいいヴィーナスポイントですが、出金の際には以下の点に注意して利用しましょう。

為替手数料がかかる

前述した通り、ヴィーナスポイントは「1ポイント=$1」で換算されます。そのため、ヴィーナスポイントから日本の銀行口座に出金する際(ドルから円に換金する際)、為替手数料がかかります。

では、ヴィーナスポイントから10,000ポイントを換金すると、銀行口座にいくら出金することになるでしょうか。$1=¥110で計算してみましょう。

①基準:1ポイント=$1
②換金ポイント:10,000ポイント
③出金時のレート:$1=¥110
④為替手数料:3%

出金額:(①×②)×③×(1-④)=1,067,000円

為替手数料を差し引くと、$10,000出勤した場合、1,067,000円が銀行口座へ送金される計算です。

なお「円/ドル」レートは常に変動していて、一定ではありません。ですので、ヴィーナスポイントから銀行口座へ出金する際は為替レートに注意しておくといいでしょう。(円安が狙い目です。)

入金実績がないと出金できないオンラインカジノがある

ヴィーナスポイントの入金実績がないと、出金の際にヴィーナスポイントを使用できないオンラインカジノが一部存在します。

オンラインカジノ以外からヴィーナスポイントに直接入金する方法がないため、初心者の方は少し不便に感じるでしょう。

なお、当サイトで紹介しているベラジョンカジノカジノシークレットは、入金実績がなくてもヴィーナスポイントで出金できます。後々面倒ごとを増やしたくない方におすすめです。

銀行の振込人名義は「VP」等と記載される

ヴィーナスポイントから所有している銀行に振り込まれた名義は「VP」等と表記されます。必ず着金しているかどうか確認しましょう。

ヴィーナスポイントから出金した勝利金は課税対象

オンラインカジノの勝利金は、所得とみなされるため、課税対象です。よって、ヴィーナスポイントから出金した場合、税金を納める義務が発生します。*他の決済方法で出金しても同様です。

税金を納めなければ脱税とみなされるため必ず申告しましょう。

なお、オンラインカジノによる収益が50万円を超えていない場合は、申告の必要がありません。

ヴィーナスポイントの出金でよくある質問

最後にヴィーナスポイントの出金でよくある質問を解説します。

当てはまるものがあれば参考にしてください。

ヴィーナスポイントに出金上限はありますか?

ヴィーナスポイントでは出金(換金)に関して、以下のように上限・下限を定めています。

最高出金額制限なし
最低出金額50ポイント(=$50)

出金上限はないので高額出金にも対応していますが、1日50,000ポイント以上出金する場合はヴィーナスポイントのサポートへの事前連絡が必要です。

ヴィーナスポイントに出金手数料はありますか?

ヴィーナスポイントの出金手数料は、申請した日時が「平日」か「週末」かで異なります。

平日と週末の違いは週末基準で考えると分かりやすいです。ヴィーナスポイントにおける「週末」とは、土曜日・日曜日・祝日の前日15時以降から翌日15時までのことを指します。「平日」はそれ以外です。

平日と週末の手数料の違いは以下の表でご確認ください。

カレンダー出金申請した金額出金にかかる手数料
平日扱い350ポイント以上無料
350ポイント未満1.3ポイント
週末扱い900ポイントごと2.9ポイント

また国内銀行振込の通貨基準は円なので、ドル基準のヴィーナスポイントから出金すると上記の出金手数料とは別に為替手数料(約3%)がかかります。

ヴィーナスポイントの出金時間はどれくらいですか?

ヴィーナスポイントは午後15時までに出金申請を行えば、95%当日中に出金処理が完了します。遅くても翌日中には着金するので、決済方法の中でもかなりのスピードです。

ヴィーナスポイントは出金時、本人確認書類の提出は必要ですか?

ヴィーナスポイントは、1週間に合計10,000ポイント以上出金する場合、下記本人確認書類の提出が必要です。

  • 身分証明書(パスポート、運転免許証、マイナンバーカードなど)
  • 住所証明書(水道・電気・ガスなど公共料金領収書など)

上記書類をスマホのカメラ等で撮影してデータ化したら、support@venuspointmail.comへ送信してください。問題がなければ1~2営業日程度で承認されます。

なお、1週間で10,000ポイント出金しないのであれば、本人確認書類の提出は不要です。

この記事を書いた人

ナオ

学生時代に独学でWebマーケティングを学び、複数の会社を経て、2013年に東京でWEB制作会社を起業。
起業後、趣味のカジノ旅行がキッカケで、オンラインカジノに出会い、2018年にCasimo編集部を立ち上げる。

ナオ

関連記事

関連記事をもっと見る
ツールバーへスキップ