ステークカジノのダイスについて徹底解説|おすすめストラテジーも紹介

ステークカジノのダイス

ステークカジノの数あるゲームの中でも人気の高いゲームの1つに「ダイス」があります。

人気の高い「ダイス」ですが、多くの人がこのような疑問を持つのではないでしょうか?

「そもそもダイスってどんなゲームなの?」
「他とは違うダイスの魅力は?」
「おすすめのストラテジーはあるの?」

この記事ではダイスの基本的なルール、なぜダイスが魅力的なのか、ダイスの基本的な操作・設定方法、おすすめのストラテジーなどを徹底的に解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

ステークカジノのダイスは、時に還元率99%を超えるカジノゲームです。ストラテジーの設定次第で自分好みにカスタマイズできるゲーム性が人気の理由です。

この記事を読んだらわかること

  • ステークカジノのダイスについて
  • ステークカジノのダイスの魅力
  • ステークカジノの操作方法、遊び方
  • ストラテジーの設定方法
  • 初心者におすすめのストラテジー

当サイトは公平なレビューを提供し、記事中で紹介している他社広告は評価に影響しないことをお約束します。
また、当サイトはオンラインギャンブルが合法な国に居住する方々に向けて提供しています。利用者は居住国の法律を遵守しながらご利用ください。詳細については、執筆・編集ガイドラインプライバシーポリシーをご覧ください。

ステークカジノのダイスとは?

ステークカジノのダイスのプレイ画像

ダイスのルールはとても簡単で、ダイスの数値が自分で決めた数値よりも大きいか小さいかを当てるゲームです。

一般的なサイコロ(ダイス)の面は6通りですが、ステークカジノのダイスは10,000通りあります。

自分で決めた範囲の数値がでれば緑色のサイコロになり勝ち、範囲以外であれば赤色のサイコロがでて負けという簡単なルールです。

また、ベット額や勝率を自分で自由に設定することができ、自動プレイの時のベット額や勝率の変化も細かく設定することができます。

ステークカジノのダイスの魅力

ステークカジノのダイスには他のゲームにはない魅力が3つあります。

それぞれ解説していきます。

99%の還元率

一般的なオンラインカジノの還元率は93〜97%に設定されていますが、ステークカジノのダイスは還元率が99%に設定されていて、他のカジノゲームよりも勝ちやすいです。

例えば、一般的なカジノゲームの場合は1万円で遊んだ時に300-700円ほどの損をしてしまう計算になりますが、ステークカジノのダイスでは1万円で遊んだ時に100円しか負けない計算になります。

このようにステークカジノのダイスは他のオンラインカジノゲームよりも負ける可能性が低いことが魅力の1つです。

ベットを自動化できる

ステークカジノのダイスでは他のスロットと同様に予め決めたベット数、勝利金の損切りなどを決めて自動化することが可能です。

最大で100ロールを自動でベットすることができます。

自分でストラテジーを設定できる

ステークカジノのダイスではストラテジーと呼ばれる設定を使用して、「勝った時の次のベトをどうするか」「負けた時の次のベットをどうするか」「$〇〇以上勝ったら利確でベット終了」など細かいベット条件を複数設定することが可能です。

自動化でのベットでは同じ条件での繰り返しのベットなのに対して、ストラテジーでは状況に応じたベット条件を複数設定できることが特徴的です。

自分好みのストラテジーを1度設定して保存すれば、いつでも好きなタイミングで同じ設定に切り替えて遊ぶことができます。

自分オリジナルのストラテジーを設定できることがステークカジノのダイスの最大の魅力です。

ダイスの基本的な操作方法・遊び方

こちらの項ではステークカジノ「ダイス」の基本的な操作方法・遊び方を実際のゲームの画面を見ながらどのように遊んでいくのかをわかりやすく解説していきますので是非ご覧ください。

「手動・自動・ストラテジー」のどれかを選択

手動、自動、ストレージのどれかを選択する

ステークカジノのダイス「手動」「自動」「ストラテジー」の3つの中から遊ぶ方法を選択することが可能です。

遊び方解説
手動1回1回ベット数を設定しながら遊ぶことが可能です。
自動最初に設定した同じ条件で繰り返し遊ぶことが可能です。
ストラテジー条件ごとにどのようにベットを変動させるかなどを最初から複数設定した上で遊ぶことが可能です。

それぞれ遊んで見ながらどのやり方が自分にマッチするかを選んでみてください。

ベット額を入力

ベット額を入力

「手動、自動、ストラテジー」の遊び方を選択したら、次にベットする額を選択していきましょう。

ステークカジノのダイスではベット額を自分で設定することができます。

倍率を設定

倍率を設定する

ベット額を決めたら、次に倍率を決めていきます。

倍率の設定は中央の3本線のマークを左右に動かすことで変更することが可能です。

また、画面下の「倍率」「ロールオーバー」「勝利チャンス」の3つの項目を直接入力する事でも倍率の設定をすることが可能です。

項目解説
倍率欲しい配当の倍率の設定
ロールオーバー/ロールアンダー当たり判定の設定
ロールオーバー「指定した数値-100」
ロールアンダー「0-指定の数値」
勝利チャンス当たる確率の設定

基本設定を変更

基本設定を変更

歯車の設定マークを押すことで基本設定の変更が可能です。

設定・確認できる項目としては下記の通りです。

項目解説
インスタンドヘッドベットを行うスピードの速さを変更できます
アニメーションゆっくり動くか素早く動くかを決めることができます
最高ベットオンにするとマックスベットに変更されます
ゲーム情報ゲームのルールを確認することができます
ホットキーオンにすると「ベット」「条件を切り替える」などがショートキーで使うことができます

そして、ステークカジノのダイスでよく使う項目としては「インスタントベット」と「アニメーション」になります。「インスタントベット」をオン、「アニメーション」をオフにすれば最大スピードでダイスが遊べます。

公平性を確認

公平性を確認

ステークカジノのダイスでは「公平性」のボタンからシードを変更することが可能です。

シードとはステークカジノのダイスにおける乱数設定のことを指します。

負けが続いて流れを変えたい時などに乱数設定を変更すると効果的です。

ダイスストラテジーの設定方法

ステークカジノのダイスストラテジーの条件設定には「ベット条件」と「利益条件」の2種類があります。

こちらでは、「ベット条件」「利益条件」がそれぞれどのような設定が可能なのかを解説していきます。

ベット条件の場合

ベット条件の設定画面

ダイスストラテジーのベット条件では「設定した条件が満たされた時にベット金額をどのようにするか」を設定できます。

いくつか例を出します。

例1
オンおきに30ベット
実行ベット額を増やす2

上記の場合は、30ベットごとに2%ベット額を増やしていくという設定になります。

例2
オン連続で3勝ち
実行ベット額の追加0.5 btc($25,906)

上記の場合は、連続で3回勝ちが続いたら、ベット額を0.5btc追加する設定になります。

例3
オンおきに5負け回数
実行ベット額を減らす2

上記の場合は、5回負けた際に、ベット額を2%へらすという設定になります。

このように3つの条件を組み合わせて独自の「ベット条件」を作成していきます。

3つの組み合わせの条件が満たされた時にベット額をどのように変動させていくかを「実行」の項目で設定していきます。

利益条件の場合

利益条件の設定画面

ダイスストラテジーの利益条件の設定はベット条件の設定よりも簡単です。

利益条件の設定は「利益、損益がどれぐらいに達したら、ベット金額をどのようにするのか」を設定できます。

いくつか例を出します。

例1
オン利益より大きい0.5btc($25,906)
実行ベット額を増やす3

上記の場合は、利益が0.5btc($25,906)より大きくなった際に、ベット額を3%増やすという設定になります。

例2
オン損益未満1btc($51,759)
実行ベット額を減らす10

上記の場合は損益が1btc($51,759)未満になった際に、ベット額を10%減らすという設定になります。

例3
オンバランス以上か1btc($51,759)
実行ベット額を増やす5

上記の場合は、入金している資本金が1btc以上になった際に、ベット額を5%増やすという設定になります。

利益と損益は言葉の通りベットした金額に対しての利益、損益になります。またバランスは入金している「残高」を指します。

3つの条件を組み合わせて独自の「利益条件」のを作成していきます。この3つの組み合わせの条件が満たされた時にベット額をどのように変動させていくかを「実行」の項目で設定していきます。

初心者でも活用できるおすすめダイスストラテジー

こちらでは初心者でも活用できるおすすめのダイスストラテジーである「マーチンゲール型」と「堅実型」をわかりやすく解説していきます。

自分に合った戦略はどちらなのかを選択して活用してみてください。

マーチンゲール型

初心者でも活用できるおすすめのダイスストラテジーとして「マーチンゲール型」という戦略があります。

マーチングゲール型とは負ける度に倍のベット額を賭けて損失を取り戻していく戦略になります。取り戻す額が倍になっていくので成功すれば右肩上がりのグラフになります。

しかし、損切りを決めていないと、どんどん倍のベットを賭けていくので大きな損失になってしまう危険性もあるので注意が必要です。

こちらに設定の方法を紹介していきますのでぜひ活用してみてください。

項目詳細
勝利チャンス49.5%
倍率2倍
条件1オフ「おきに、1、負け回数」
実行「ベット額を増やす、100%」
条件2オフ「おきに、1、勝ち」
実行「ベット額のリセット」

ベット条件の設定で上記のように条件を2つ設定を行うことで「マーチンゲール型」のダイスストラテジーを設定することが可能です。

堅実型

初心者でも活用できるおすすめのダイスストラテジーとして「堅実型」という戦略があります。

堅実型はマーチングゲール型とは違い大きな勝ちを掴める可能性の低い戦略になりますが、勝利チャンスを98%に設定するので勝ちやすい設定になります。大きな利益は望めませんが、損失も大きく出す可能性が低いので初めてダイスを始める方にはおすすめの設定です。

こちらに設定の方法を紹介していきますのでぜひ活用してみてください。

項目詳細
条件1オフ「連続で、5、ベット」
実行「ベット額を増やす、30%」
条件2オフ「回最初に連続した、1、負け回数」
実行「勝利チャンスのセット、3%」
条件3オフ「回最初に連続した、1、負け回数」
実行「勝利チャンスのセット、97%」
条件4オフ「おきに、1、勝ち」
実行「勝利チャンスのリセット」
条件5「おきに、1、勝ち」
実行「ベット額のリセット」
条件6オフ「おきに、20、ベット」
実行「上下の切り替え」

ベット条件の設定で上記のように条件を6つ設定を行うことで「堅実型」のダイスストラテジーを設定することが可能です。

ダイスストラテジーを作成する際は慎重に

ダイスストラテジーを1度設定すれば、いつでも好きなタイミングで同じ設定に切り替えることができるのでとても便利ですが、設定する際には注意が必要です。

ダイスストラテジーは自動で決められた設定に応じてベットされていくので、誤った数字を入れてしまうと大きな損失を出す可能性がありますので設定する際には間違えがないように慎重に設定していきましょう。

保存する前に間違っていないかダブルチェックすることをおすすめします。

ステークカジノのダイスでよくある質問

ステークカジノのダイスについてよくある質問をまとめていますので参考になさってください。

ダイスはボーナスの賭け条件消化に向いている?

ステークカジノのボーナスの賭け条件の中には賭け条件として禁止されているカジノゲームもありますが、ダイスは禁止ゲームに指定されていないので、ボーナスの条件消化としても活用可能です。

ボーナスプレイで禁止ゲームを1ゲームでもプレイしたら、ボーナスと勝利金の両方が没収されてしまうので注意が必要です。

必ず勝てるストラテジーは存在する?

ステークカジノのダイスは自分でストラテジーを自由に作成できますが、還元率100%にすることはできないので、必ず勝てるストラテジーを作成することは不可能です。

ストラテジーはあくまで戦略であって、どんなストラテジーを組んでも結局は運で勝敗は決まります。ハイリスクを取ればハイリターンが期待できますし、リスクを負わないローリスクではローリターンを得ることしかできません。

ダイスの賭け金はVIPランクに反映される?

ステークカジノではカジノとスポーツベットの両方でプレイした総ベット数(金額)によってVIPランクが決定します。ダイスでのベット額も他のカジノゲーム同様にVIPランクに反映されます。

またダイスストラテジーは、「ダイス」を使って効率良くベット額を稼いでいく戦略になりますのでVIPランクを上げるためにも効果的になります。

しかし、初心者や資金が少ないプレイヤーにはダイスのみでVIPランクを上げていく方法はおすすめできません。

ステークカジノのダイスまとめ

記事のまとめ

  • ステークカジノのダイスは還元率が99%に設定できる
  • ステークカジノのダイスはベットを自動化できる
  • ストラテジーを自作するときは慎重に作成する

本記事ではステークカジノのダイスの基本的なルール、なぜダイスが魅力的なのか、ダイスの基本的な操作・設定方法、おすすめのストラテジーなどを詳しく解説してきました。

ステークカジノのダイスはルールや遊び方は簡単ですが、ダイスストラテジーを自分で組んで勝つ確率を上げていくなど深いゲームです。自分なりのストラテジーを考えながら、是非ステークカジノのダイスを楽しんでみてください。

この記事を書いた人

ナオ

学生時代に独学でWebマーケティングを学び、複数の会社を経て、2013年に東京でWEB制作会社を起業。
起業後、趣味のカジノ旅行がキッカケで、オンラインカジノに出会い、2018年にCasimo編集部を立ち上げる。

ナオ

関連記事

関連記事をもっと見る
Skip to toolbar