ウィリアムヒルカジノで遊べる全種類のブラックジャックを徹底調査してみた 

ウィリアムヒルカジノではライブカジノと、テーブルゲームでブラックジャックが遊べます。

ブラックジャック全体のレートは1~100万円で、ライブカジノ・テーブルゲームともにバラエティに富んでいます。

おすすめのブラックジャックは「WH Blackjack」で、300円から本格的なブラックジャックが楽しめます。他にも魅力的なブラックジャックがたくさんあるので、ぜひチェックしてみてください。

この記事を読んだらわかること

  • ウィリアムヒルカジノで遊べるブラックジャックの種類
  • ウィリアムヒルカジノで遊べるおすすめのブラックジャック
  • ブラックジャックの基本ルール

ウィリアムヒルカジノのライブカジノで遊べるブラックジャック

ウィリアムヒルカジノにはEvolution GamingPlaytechのライブカジノがあり、それぞれでブラックジャックが遊べます。

Evolution Gamingは公式サイトのメニュー欄にある『ライブカジノ』を、Playtechは『カジノ』からアクセスしてください。

それではそれぞれのライブカジノの特徴を見ていきましょう。

Evolution Gaming(エボリューションゲーミング)

エボリューションゲーミングのブラックジャックはベットリミット別に多くのテーブルが用意されているので、自己資金に合わせてテーブルを選ぶことができます。

全てのテーブルに席に座っている他プレイヤーに賭けられるベットビハインド機能があるので、満席でゲームに参加できないという心配はありません。

テーブルリミット¥50~¥1,000,000
テーブル数49
ブラックジャックの種類・ブラックジャック
・ブラックジャックVIP
・ブラックジャック・パーティ
・WH Blackjack
・Infinite Blackjack
・Salon Prive Blackjack

Evolutin Gamingのおすすめブラックジャック

オススメゲームは『WH Blackjack』です。

このゲームは1人ディーラー、7人テーブルタイプで、300円から本格的ブラックジャックを楽しめます。

なぜ安いかという「WH」からわかるとおり、ウィリアムヒルとエボリューションゲーミングが提携してゲームを提供しているからなんですよ。

WH Blackjackはウィリアムヒルカジノにしかないブラックジャックテーブルなので、ウィリアムヒルでブラックジャックをプレイする際はぜひ一度お試しください!

Playtech(プレイテック)

プレイテックのブラックジャックは最高ベットリミットが全て10万円に設定されています。

低額からでも高級感あふれるテーブルでブラックジャックを楽しめるので、10万円以上は賭けたくないけれども贅沢な気分でプレイしたいという時は、プレイテックを利用した方がいいでしょう。

テーブルリミット¥50~¥1,000,000
テーブル数17
ブラックジャックの種類・Blackjack Lounge
・Blackjack VIP Lounge
・Royal Blackjack
・Soiree Elite

Playtechのおすすめブラックジャック

オススメゲームは『Grand Blackjack』です。

ゴールドを基調とした個室のVIPテーブルのような贅沢な空間でブラックジャックを1,000円から楽しめます。

また、サイドベット機能により以下の勝利チャンスにも賭けることができるので、ブラックジャックの遊び方の幅が広がるでしょう。

ベット箇所解説配当
Perfect Pairs基本プレイヤーの最初のカード2枚がペア
Perfect Pairsパーフェクトペア同じ組み合わせ(例:♠のエース2枚)25:1
Perfect Pairsカラーペア同じ色で異なる組み合わせ
(例:♦2枚+♥2枚)
12:1
Perfect Pairsミックスペア異なる組み合わせ
(例:♥10+♣10)
6:1
21+3基本最初の2枚のカード+ディーラーのアップカードが以下の組み合わせになる。
21+3スーテッドトリップス同一カード3枚(例:♥のクイーンが3枚)100:1
21+3ストレートフラッシュ連続した数字で同一柄3枚
(例:♦の10、ジャック、クイーン)
40:1
21+3スリーカード異なる組み合わせの同一数字3枚30:1
21+3ストレート異なる組み合わせで連続した数字3枚10:1
21+3フラッシュ同じ組み合わせ3枚5:1

ウィリアムヒルカジノのテーブルゲームで遊べるブラックジャック

ウィリアムヒルカジノのテーブルゲームは『ゲーム』と『カジノ』メニューに分かれています。

公式サイトのメニュー欄に『ゲーム』と『カジノ』があるので、そちらからアクセスしてください。

ウィリアムヒルカジノのテーブルゲームには複数の手札で勝負できるマルチハンドタイプのブラックジャックや、特定の役が揃った時に配当がもらえるサイドベット機能付きのブラックジャックが多数採用されています。

本場カジノでは遊べないようなゲームもあるので、ブラックジャック好きの方は要チェックです。

テーブルリミット¥10~¥10,000
テーブル数24
ブラックジャックの種類・Blackjack
・Blackjack Perfect Pairs
・Mayfair Blackjack
・Mike Tyson Blackjack
・Deal or No Deal – Blackjack
・Blackjack Switch
・Blackjack single hand
・Blackjack Peek
・Blackjack Pro
・Blackjack Scratch
・Blackjack Super21
・Blackjack Surrender
・Blackjack UK
・Buster Blackjack
・Perfect Nlackjack
・21 Duel Blackjack
・Premium Blackjack
・American Blackjack
・All Bets Blackjack
・Cashback Blackjack
・Lucky Lucky Blackjack
・Progressive Blackjack
・Double Attack Blackjack
・Premium Multihand Blackjack

テーブルゲームのおすすめブラックジャック

オススメゲームは『Cashback Blackjack』です。

このゲームは最大5組の手札勝負ができるマルチハンドタイプで、サイドベット機能付き、さらに「キャッシュバック」という特殊な機能を備えています。この機能を使えば、配られた手札で勝負することを降りるかわりに、賭け金の一部またはそれ以上が払い戻しされます。

払い戻しされる額は、プレイヤーの手札が勝つ可能性が高ければ、賭け金より少し多めになります。逆に、負ける可能性が高ければ、賭け金の一部の額になります。次の表は払い戻し額と手札の一例です。

CP1枚目の手札プレイヤー手札賭け金払い戻し
♡9♣10、♢J1ドル1.72ドル
♡9♢2、♡5、♢91ドル0.48ドル
♠3♣4、♢J1ドル0.73ドル

「キャッシュバック」を上手く使えれば、マルチハンドのリスクヘッジがしやすくなり、損失を最小限に抑えることができるようになりますよ。

ブラックジャックの簡単なルール

ブラックジャックは、ディーラーとの勝負です。

プレイヤーに配られたカードの合計値が21になるか、 ディーラーのハンドよりも21に近ければ、プレイヤーの勝ちです。 ただし、21を超えてしまうと負けになります。

カードの数え方は次の通りです。

  • 2~10  ⇒ 数字の通り、
  • J,Q,K  ⇒ 『10』
  • A   ⇒ 『 1 』もしくは『11』どちらかで数える。

既存の札で勝負するならスタンド。 もう1枚カードをめくって合計値を増やしたい場合はヒット。 勝負をかけたい場合は、更にカードをめくって倍賭けするダブルで勝負します。

配当

ブラックジャックの配当は下記のように払い戻しされます。

  • ディーラーに勝った場合、賭け金の2倍。
  • 合計値が21(Blackjack)の場合は、賭け金の2.5倍。
  • 引き分け(プッシュ)の場合は、賭け金はそのまま戻ってきます。

ブラックジャックで使える必勝法『マーチンゲール法』

マーチンゲール法は、負けたら次ゲームで前ゲーム賭け金の倍額を賭ける手法です。必勝法の中で最も有名で、かつ、即戦力になる手法です。

ブラックジャックの場合、通常のベッティングでの勝ち負けで使用できます。

最初の手札でブラックジャックが揃ってしまった場合やダブルアップ(倍掛け)した場合は配当金が変わるため、それらを行ったタイミングで一旦仕切り直すのも一つの戦略です。

メリット・1度でも勝てれば損失額を取り戻せる
・初心者でも簡単に使用できる
デメリット・負け続けると賭け金も増え続ける
・ゲームには最大ベット額の制限がある

ウィリアムヒルカジノのブラックジャックまとめ

記事のまとめ

  • ライブカジノのブラックジャックは全部で65テーブル以上ある。
  • テーブルゲームのブラックジャックは種類が豊富。
  • 稼げる可能性を広げたいなら「Cashback Blackjack」がおすすめ

いかがでしょうか。ウィリアムヒルカジノのブラックジャックはライブカジノ・テーブルゲームともにテーブル数が多く、種類が豊富です。

特に、テーブルゲームにある個性的なアレンジブラックジャックはブラックジャックの面白さを2倍にも3倍にも広げてくれるものばかりなので、一度遊んでみてください。

この記事を書いた人

ニシ

大学卒業後、Webマーケティング会社でディレクター職を経験し、2018年にCasimoの立ち上げに参画。
Casimoでは主に記事の企画や監修、編集作業などの運用業務をメインで行う。

ニシ

関連記事

関連記事をもっと見る
ツールバーへスキップ