勝率アップ?ルーレット空回しを成功させるコツとは|やり方や検証結果を解説

  • 更新日:2022.06.29

ルーレットの空回し(からまわし)は、チップを賭けずルーレットを回すことを指します。お金を賭けずに出目をチェックして予想を役立てるシステムです。

空回しを上手く活用できるようになれば勝率アップも不可能ではありません。

ルーレットで勝ちたい人、もっと稼げるようになりたい人はぜひ習得してみてください。

笠原 豪
ルーレットの空回しに難しい知識は一切必要ないよ。ポイントをおさえれば初心者にも活用しやすいんだ。ルーレットを攻略したい人は必見だぜ!
この記事を読んだらわかること
・ルーレット空回しのやり方
・ルーレット空回しの成功率を上げる方法
・ルーレット空回しのメリットとデメリット
・ルーレット空回しとあわせて使いたいチップコントロール
ルーレットの関連記事
ルール・賭け方 必勝法 確率
カジノゲーム一覧はこちら
オンラインカジノランキングはこちら

ルーレットの空回しとは?

ルーレットの空回し(からまわし)とは、チップを賭けることなくルーレットを回し、結果だけを観察する戦略です。お金を賭けずに出目を確認し、出目にどんな傾向があるのか分析したうえで次のベット先を絞れるので、プレイヤーにとって非常にメリットが大きいです。

空回しを上手く活用できれば、バカラやブラックジャックよりもルーレットで稼げる可能性が高まります。

ランドカジノでルーレット空回しはマナー違反

ランドカジノはルーレットテーブルの前で賭けもせずに結果だけのぞくのは禁止行為の一つなので、空回しはマナー違反です。

しかし、オンラインカジノならルーレット空回しは使い放題。人の目を気にせず、自分の気が済むまで何度でも空回しできます。本記事で解説する空回しの練習や空回しと相性の良い必勝法・攻略法はぜひオンラインカジノで実践してみてください。

オンラインカジノなら登録しなくてもお試しでルーレットを回せますし、登録後は入金不要ボーナスで本格的なルーレット勝負もできますよ!

ルーレット空回しの使い方・手順

ルーレット空回しは以下手順で使用します。

空回しできるルーレットを選ぶ

オンラインカジノには様々なルーレットがありますが、テーブルゲームのルーレットは空回しできるものとできないものがあります。

空回しできるか確認したい場合は、チップを賭けない状態でスピンボタン(スタートボタン)を押してみてください。ルーレットがまわって結果が表示されれば、空回し可能ルーレットです。

一方、ライブカジノのルーレットはどれでも好きなだけ空回しできます。ただ好きなタイミングで遊べるテーブルゲームと違い、結果表示から次スピン開始まで20~30秒しかないので、ベットする際は残り時間に注意してください。

空回しを行う

プレイするルーレットを決めたら、チップを置かずにスピンボタンをクリックしましょう。

結果がある程度たまるまで何度か空回しを繰り返します。

結果をみて出目傾向を分析する

空回しを何度か繰り返したところ、赤黒賭けの黒が4連続きた後に赤が出て、その後、「赤」が5連続きました。

5連続で赤がくる確率は1/2 ×1/2 ×1/2 × 1/2 ×1/2 =  1/32 = 3.125%とかなり低いです。また、過去の傾向からみてもこれ以上同じ色が続く可能性は低いと考えられます。

ここで、出目傾向から6連続目の赤よりも対の黒がくる確率の方が高いのでは?と予想しました。

賭け先を絞ってベットする

赤黒賭けの「黒」が数ゲーム以内にくるだろうと考え、黒にベットします。

実際に、赤が5連続きた後、黒がきました。予想的中です。

以上がルーレット空回しの一連の流れでした。

上記は成功例で説明しましたが、空回しでつかんだ傾向を無視した結果となるのは珍しくありません。しかし、何も考えなしにベットするよりも、空回しした方が的中させやすくなります。

ルーレット空回しの成功率を上げるコツ

ルーレット空回しのやり方が分かったところで、空回しの成功率を上げるコツを2つ解説していきましょう。

勝率の高い賭け方に限定する

ルーレットの賭け方は大きく分けると2種類あり、勝率は高いが配当が低いアウトサイドベットと、勝率は低いが配当は高いインサイドベットがあります。

高配当を狙えるインサイドベットは魅力的ですが、空回しで的中確率を上げるのは難しいです。空回しは出目傾向しかつかめないので、ピンポイントで低勝率の賭け方を狙う際の助けにはなりません。

空回しを使うなら確率約1/2または1/3で当たるアウトサイドベットがおすすめです。

アウトサイドベットの賭け方の種類は以下を参照してください。

賭け方 当たる確率 配当
赤黒賭け 約1/2 2倍(1:1)
奇数・偶数賭け
ハイ・ロー
コラムベット 約1/3 3倍(2:1)
ダズンベット

配当はそれぞれ2倍、3倍と低いものの、空回しで的中率を上げられれば、アウトサイドベットなら継続的に結果を出せるようになります。

同じディーラーの傾向だけ読む

ライブカジノのルーレットでは実際にディーラーがスピンしますが、空回しを使うなら同じディーラーの傾向に絞りましょう。

これはディーラーの技術差があるからではありません。ディーラーが変わると、それまでの出目傾向と変わる可能性があるからです。

現代ルーレットはホイール自体の技術促進により、特定の箇所を狙うのは昔より難しくなったと言われてはいます。

しかし、ある程度一定なリズムと力加減でボールを投げ入れるためか、ディーラーによっては同じようなエリアに出目の偏りが出ることがあります。この出目の偏りこそ予想に役立つ部分なので、空回しをするならディーラー単位で行うのがいいというわけです。

ディーラーは1テーブルにつき約30分で1回交替します。

より正確なデータを取るためにもディーラーが変わったら空回しをいったん中断してデータをクリアにし、あらたに空回しで出目傾向を集めるようにしましょう。

【検証】ルーレット空回しのシミュレーション

ルーレットで空回しが実際に有効なのかどうか、真実を知りたい方は少なくないでしょう。理論だけ立派で実戦では使いものにならなければ意味がありませんよね。

そこでここからはベラジョンカジノで遊べるライブルーレットを使って、空回しの効果を検証していきたいと思います。

検証

検証ではEvolution Gamingのライブルーレットを使用しました。ディーラーが変わらないうちに検証し終えたいと思います。

出目傾向をつかむ

同じディーラーの進行で30~40ゲームほど空回ししたところ、直近10ゲームで以下のような出目結果となりました。

表に起こすと以下のようになります。

出目 赤・黒 奇数・偶数
35 奇数
17 奇数
35 奇数
3 偶数
18 偶数
27 偶数
11 奇数
6 偶数
35 奇数
29 奇数

奇数・偶数にこれといった傾向は見られない一方、赤・黒では黒が3回、赤3回ときた後に黒が4回連続出ています。

この傾向から次ゲーム以降は黒よりも赤が出やすいと予想しました。

予想にあわせてベットする

赤に1ドル賭けます。

結果、赤「9」がきました。予想的中です。配当2倍の赤に1ドル賭けていたので、賭け金込みで2ドルが払い戻されます。

検証結果

ご覧いただいたとおり、空回しはルーレットの出目傾向をつかむのに有効な策といっていいでしょう。

お金を賭けなくても賭け先を絞れるうえに的中率アップも見込めるので、ルーレット予想に欠かせないシステムといえますね。

しかし、見方を変えれば、今回はたまたま上手くいった例に過ぎないともいえます。過去の出目傾向が必ず勝てることを保証しているわけではないため、空回しに全財産を賭けるほどの的中率はありません。

次項目で空回しのメリット・デメリットを解説していきます。れらを踏まえたうえで空回しを自分でどのように活用するか検討してみてください。

ルーレットで空回しをする理由(メリット)

空回しをルーレットで使用した方がいい理由・メリット以下3点を解説します。

すでに前述している内容も含みますが、空回しを使うタイミングを見極める時の参考にしてください。

結果から出目の傾向をつかめる

ルーレット空回し一番のメリットは結果を蓄積できる点です。結果から出目傾向が分かれば、賭け先を絞って的中率を挙げられます。

ルーレットは過去の結果が次の結果に影響を与えない、いわゆる「独立事象」のゲームとよくいわれます。バカラやブラックジャックのように、場に出たカード次第で、残りカードの数字別割合が変わるということはありませんからね。

しかし、ライブルーレットに限ると、そうではありません。生身のディーラーがボールを投げ入れるからです。ディーラーにピンポイントで特定の箇所を狙う技術がなくても、投げる際の力加減やリズムには個性が出るので、何らかの傾向が出る可能性が高くなります。

空回しの真の目的はルーレットディーラーを攻略するところにあるといってもいいでしょう。

お金を無駄に使わず節約できる

空回し中は賭け金が0なので、傾向を掴むまで資金をを節約できます。では、節約したお金はどこに使うか。空回しで傾向を読んだ後にベットする本勝負です。

自分が勝てると思った勝負に資金を集中するのは、ギャンブル勝ち組の行動といえるでしょう。

勝負する回数を減らせる

前述した空回し検証をみてお気づきの方もいるかと思いますが、空回しを始めると勝負する回数が減ります。勝負回数が減ると大数の法則の影響を受けにくくなるので、プレイヤーへのメリットが大きいです。

ルーレットは控除率が低いとはいえ、還元率100%を超えません。還元率100%未満の勝負は、試行回数が増えれば増えるほど、プレイヤーはトータル収支で勝てる可能性は低くなります。

そんな大数の法則がはたらくのを回避できるのがルーレット空回しです。

カジノゲームを楽しみたい人にとっては勝負回数が減るのは面白くないかもしれませんが、勝つこと重視なら特に気にならないでしょう。

参考:賭け続けるのはよくない?大数の法則がカジノゲームにも影響するか徹底調査してみた!

ルーレット空回しで気を付けたい注意点(デメリット)

ルーレット空回しを使用する際は以下3点に注意してください。

賭け先を絞る判断材料の1つ

空回しに未来を予知するほどの万能さはありません。あくまで賭け先を絞るための判断材料集めに使える戦略です。

空回しで蓄積したデータをどのように使うかは、プレイヤーの技術・センスによります。また勝負ごとで勝つうえでは運も重要です。

空回しができる限界を知っておけば、過信しすぎて無謀な賭けに走るようなことをせずに済みます。

規約で禁止されている場合は使用できない

基本的にどこのオンラインカジノでも空回しは使用できますが、空回ししたうえでシステムベットや一点集中の大金賭けをする際は注意してください。

一部オンラインカジノでは賭け金を一定のルールで変更するシステムベットを何度も繰り返し使うことや、タイミングを見計らっての大賭けすることを規約で禁止しています。

オンラインカジノは慈善事業ではないので、オンラインカジノ側のメリットが少ないプレイヤーアクションに規制がかかるのは仕方ありません。

ただよっぽど荒稼ぎしないと規約違反を理由にアカウント凍結まではされないです。娯楽の範囲であれば、空回しで十分ルーレットを楽しめます。

空回しできないルーレットがある

以下ソフトウェア(プロバイダー)が提供するテーブルゲームのルーレットは空回しできません。

空回しできないルーレットの場合、チップを賭けないとスピンボタンが押せないです。

もちろん少額ベットを繰り返して傾向を掴むことはできますが、あえて空回し不可のルーレットを使用するメリットはほぼありません。次項で空回しできるルーレットを紹介していきます。

空回しが使えるおすすめルーレット

オンラインカジノで空回しを使うならライブカジノで遊べるルーレットがおすすめです。

基本的にどのライブルーレットも空回し可能ですが、その中から特におすすめのルーレットを3つ厳選しました。

ルーレット名 ソフトウェア ベットリミット
シグネチャールーレット Evolution Gaming $1~$4,000
スピードルーレット Evolution Gaming $0.5~$4,000
ジャパニーズルーレット Evolution Gaming $0.5~$2,000

シグネチャールーレットは一番クラシカルなタイプのルーレットです。初心者の方はこちらから空回しの練習をしてみるといいでしょう。

スピードルーレットは通常より1ゲームあたりの時間が短いので、比較的短時間でデータを蓄積できます。

日本人ディーラーとコミュニケーションをとりながら空回しにチャレンジしたい方には、ジャパニーズルーレットがおすすめです。チャットに日本語で書き込めば、日本語で対応してくれますよ。

空回し向きのライブルーレットを選ぶポイント

空回しに向いているライブルーレットを選ぶ際は、以下のポイントを踏まえてゲームを厳選しました。

  • 統計機能がついている
  • ディーラーが人間(機械がボールを射出しない)
  • 通常ルーレットのルール(配当変動なし)

統計機能は空回しに必須です。過去結果を500ゲームまでさかのぼって閲覧できて、エリア別に出目の偏りが分かる統計機能がついているものは高く評価しています。

次に、ボールを投げ入れるのが誰なのかを重要視しています。機械がボールを射出するタイプは人間が投げ入れる時のような出目の偏りがあまり見られないので除外しました。

配当変動があるタイプのルーレットはすべて機械射出タイプです。また、配当変動のルールで通常ルーレットよりも還元率が低い場合があるため外しました。

空回しをするルーレットを選ぶ際はぜひ皆さんも参考にしてみてくださいね。

空回しと相性が良いルーレット必勝法・攻略法

空回しは勝率の高い賭け方で使用すると的中確率が上がるため、ルーレットでは勝率1/2・配当2倍のイーブンベット(赤黒賭け等)、勝率1/3・配当3倍のダズンベット・コラムベットで使用するのが効果的です。

空回しで的中確率を上げられるようになったら、以下必勝法・攻略法と組み合わせて使ってみましょう。

名称 おすすめ度 難易度 勝率
マーチンゲール法 ★★★★★ 初心者向き 1/2
パーレー法 ★★★★ 初心者向き 1/2
ココモ法 ★★★★ 初心者向き 1/3
シフトベット法 ★★★ 経験者向き 1/4
2/3ベット法 ★★★★★ 経験者向き 2/3

上記手法はチップコントロールやシステムベットと呼ばれることもあります。

配当2倍のイーブンベットに使えるのは負けたら倍賭けのマーチンゲール法と、勝ったら倍賭けのパーレー法です。配当3倍のダズンベット・コラムベットでは、連敗しても1勝で利益が出るココモ法が向いています。

空回しとチップコントールの併用に慣れてきたら、配当36倍のストレートアップを使用するシフトベット法と、コラムベットまたはダズンベットを組み合わせる2/3ベット法にもチャレンジしてみてください。

シフトベットは1回成功で27単位の利益を獲得できますし、2/3ベット法を使えば理論上98.48%の確率で勝てます。

ルーレットの空回しまとめ

ルーレットの空回しを使えばお金を賭けずに出目傾向をチェックできます。

方法自体はとても簡単なので、ルーレット初心者でもすぐに使い始められるでしょう。

ただし、本場のカジノで使っていると退場させられるかもしれないので気をつけてくださいね。

統計情報を上手く使えるようになればルーレットで資金倍増も夢ではありません。もちろん、確率どおりに行かないこともありますが、試す価値は十分ありますよ!

この記事のポイント
・空回しで出目の偏りを確認してから賭け先を絞る
・空回しとマーチンゲール法やパーレー法は相性が良い
・本場カジノでは使えないがオンラインカジノでは空回しし放題
笠原 豪
個性的なルーレットゲームで遊べるのもオンラインカジノならではの面白さだぜ。カジモ編集部ではオンラインカジノをランキング形式で紹介しているから、ぜひチェックしてみてくれ!
オンラインカジノランキングはこちら
ベラジョンカジノ ボンズカジノ
読み込み中

これ以上は記事がありません

読み込むページはありません