【ルーレットの賭け方・必勝法】2/3ベット法(98.48%法)の使い方を徹底解説!

今回は驚異の高勝率を誇る2/3ベット法(98.48%法)について紹介していきます。

2/3ベット法は98.48%の確率で起こり得る事象に賭ける必勝法です。

ルーレットの空回しを利用して賭け先を絞るタイプなので、バカラやブラックジャックでは使うことができません。

2/3ベット法は数ある必勝法の中でも理論上の勝率が最も高い必勝法です。使用できる条件が揃うまで待ってる時間が長いので、辛抱強く待ってでもコツコツ稼ぎたい方におすすめです。

この記事を読んだらわかること

  • 2/3ベット法の使い方
  • 2/3ベット法のメリット・デメリット(重要)
  • 2/3ベット法は実際に使えるのか?(画像付きで解説)

2/3ベット法(98.48%法)の使い方

2/3ベット法は3回連続で同じ事象が起こったら、次ゲームでその反対に賭ける手法です。

この手法はルーレットで使用します。賭け先は勝敗確率1/3、配当3倍のカラムベットかダズンベットです。

カラムベットとダズンベットについては以下でご確認ください。

カラムベット(コラムベット)

「1,4,7,~,34(下段)」「2,5,8,~35(中段)」「3,6,9,~,36(上段)」の12個の数字のまとまりに賭ける方法。ベットテーブル上の表記は「2:1」か「2 to 1」です。

ダズンベット

「1,2,3,~,12」「13,14,15,~,24」「25,26,27,~,36」の12個の数字のまとまりに賭ける方法。ベットテーブル上の表記は「1-12」か「1st 12」です。

それでは本題の2/3法について触れていきます。

2/3ベット法(98.48%法)の使用手順

①ベットせずに数回空回しをする。
(空回し=チップを賭けずにルーレットのボールがどこに入るのか観察すること)

②3カ所(ダズンベットかカラムベット)のうち1カ所に3回連続で入るまで空回しを繰り返す。

③3カ所のうち1カ所に3回連続で入ったらそれ以外の2カ所にベットする。

2/3ベット法では当たれば1単位の利益、負ければ2単位の損失が出ます。

使い方が文字だけだと分かりづらいと思うので、具体的な使い方を次の実践例で見ていきましょう。

2/3ベット法(98.48%法)の実践例

まず、3回連続で同じエリアに入るまで空回しをします。

空回しの結果は以下のようになりました。

ゲーム数当選番号エリア種別
ダズンベットカラムベット
1121-12上段
21912-24下段
3281-12下段
41425-36中段
52213-24下段
6613-24上段
73625-36上段
82725-36上段

8回空回ししたところ、カラムベット上段に3回連続入りました。

2/3ベット法では3回連続入ったエリア以外にベットするので、ここではカラムベットの中段と下段にベットしていきます。

これで1セット終了となります。

あとは同じように空回し⇒同エリアに3回連続入る⇒残り2エリアにベットを繰り返すだけです。

勝率98.48%の理由

なぜ勝率98.48%になるのか?ダズンベットを例にとって説明したいと思います。

2/3ベット法ではダズンベットを次のように数字をグループ分けして考えます。

Aグループは1エリア分の数字と「0」で合計13個の数字、Bグループは2エリア分で合計24個の数字が含まれると考えてください。

ヨーロピアンルーレットの場合は合計37個の数字があるので、Aグループが出現する確率は13/37(35.14%)、Bグループに出現する確率は24/37(64.86%)です。

この確率から計算すると、Aグループが連続して出現する確率は連続回数に応じて以下の表のように変化します。

回数Aグループの連続出現確率
135.14%
212.34%
34.34%
41.52%
50.54%
60.19%

表の4回目に注目してください。Aグループが4連続で出現する確率は1.52%とかなり低くなっていますね。

この確率を逆に捉えれば、98.48%の確率でAグループの4回連続出現は来ず、Bグループが出現すると考えられます。

つまり、3回連続でAグループが出現した後のゲームでBグループに賭ければ98.48%の確率で当たるということです。

2/3ベット法(98.48%法)のメリットを学んでおこう!

2/3ベット法(98.48%法)のメリットは次の2点です。

  • ルーレットの必勝法の中でも極めて理論上の勝率が高い
  • 少ない資金でも使用できる

この手法の最大のメリットは圧倒的な勝率でしょう。

理論上の勝率はゲーム数を多くこなせばこなすほど、その数値に収束していきます。つまり、短期で不運に見舞われても、長期で運用していれば勝率は理論値に近づいていくということです。

また、この手法で使用するチップ数は2単位で済みます。条件が揃うまではベットせずに空回しすることになるので、資金をすぐに失うようなリスクはありません。

2/3ベット法(98.48%法)のデメリットを学んでおこう!

この手法のデメリットは次の3点です。

  • 短期的に連敗が続けば損失回収に時間がかかる
  • 忍耐力が必要
  • 本場のカジノだと空回し(傍観)は禁止されている場合がある

2/3ベット法は勝てば1単位の利益、負ければ2単位の損失なので、連敗が続けばその倍の数だけ勝たなければ損失を回収できません。

当たる確率が高いといえど短期的に連敗の波がくることも十分あり得るので、勝率98.48%ということを盲信して自己資金をリスクにさらすような無謀な賭けはしないほうがいいでしょう。

また、本場カジノでは条件が揃うまで何もせずにルーレットの前をうろうろしたり、空回しを要求することは禁止されています。なので、本場カジノでメイン手法として使うことは難しいです。

ただし、オンラインカジノであれば空回しは何度でもできます。

まとめ〜2/3ベット法(98.48%法)を使ってカジノで遊んでみよう〜

この記事のまとめ

  • 2/3ベット法は理論上98.48%の確率で勝てる必勝法
  • 2/3ベット法を使用できるのはルーレットのカラムベット・ダズンベットだけ
  • 3回連続で同エリアに入ったら、次ゲームで残り2エリアに賭ける
  • 勝ったら利益は1単位、負けたら損失は2単位

いかがでしょうか。2/3ベット法は空回しを活用して高確率の勝利を狙う必勝法です。

ただ、高確率で勝てるからといって過信しすぎてはいけません。勝てば1単位、負ければ2単位の損失になることを忘れず、慎重に使うようにしましょう。

本場カジノでは空回し禁止なので2/3ベット法を使うのは難しいですが、オンラインカジノなら何度でも空回しができます。ぜひオンラインカジノで2/3ベット法の勝率の高さを確かめてみてください!

この記事を書いた人

ナオ

学生時代に独学でWebマーケティングを学び、複数の会社を経て、2013年に東京でWEB制作会社を起業。
起業後、趣味のカジノ旅行がキッカケで、オンラインカジノに出会い、2018年にCasimo編集部を立ち上げる。

ナオ

関連記事

関連記事をもっと見る
ツールバーへスキップ