【iWallet(アイウォレット)への出金方法】各決済方法の手順や特徴を解説

  • 更新日:2021.01.15
注意事項
*2020年5月からサーバートラブルのため、アクセスできない状態が続きました。2020年10月現在サービスは復旧していますが、長期にわたりアクセスできなかったため、多くのオンラインカジノで使用できない状態が続いています。
そのため、早急に入出金したい方は、エコペイズがおすすめです。

アイウォレットはオンラインカジノの勝利金の引き出し手段として使える決済サービスです。

オンラインカジノは海外に拠点を置くオンラインサービスですが、オンラインカジノからアイウォレット、アイウォレットから日本の銀行へ出金して勝利金を現金化することができます。

この記事ではアイウォレットの出金方法と注意事項について詳しく解説していきます。

アイウォレット関連記事
特徴 登録方法 入金方法

iWallet(アイウォレット)で使用できる決済手段

アイウォレットで出金しる際に使用できる決済手段は、収納代行サービス(国内銀行振込)と国際送金です。それぞれのメリット・デメリットを以下表にまとめました。

決済手段 特徴
収納代行サービス
(国内銀行振込)
<メリット>
・申請から着金までの期間が短い
<デメリット>
・申請で入力ミスすると取り戻せない
国際送金 <メリット>
・USDやEURなど外貨基準の銀行口座なら通貨換算手数料がかからない
<デメリット>
・申請で入力ミスすると取り戻せない
・申請から着金までの期間が長い
・中継銀行手数料など銀行側の手数料が別途かかる

収納代行サービス(国内銀行振込)

収納代行サービスとは、アイウォレットから国内銀行経由で銀行口座に出金する決済手段です。日本国内に居住する利用者限定で利用できるもので、申請から着金まで3営業日以内で完了します。

手数料は、出金額の0.5%か$35で高い方が適用され、出金申請が完了した時点で差し引かれます。また、出金最低/最高額は$85/$50,000に相当する日本円換算額です。

申請時に入力した情報が間違って送金失敗となっても出金した金額および手数料を取り戻すことはできません。出金申請後の振込キャンセルは$50もかかるので、出金申請の際は入力内容に間違いがないよう気を付けてください。

国際送金

収納代行サービスとは、アイウォレットから国際銀行経由で自身の銀行口座に出金する決済手段です。

申請から着金までは1~2週間程度と収納代行サービスよりも長くかかります。また、アイウォレット側でかかる手数料は収納代行サービスと同じですが、日本の銀行に送金されるまでに中継銀行を経由するため数千円の手数料が別途加算されます。出金最低/最高額は$85/$50,000です。

収納代行サービスと比較するとUSDやEURを扱わない人にとっては特にメリットはないので、日本国内で利用するメリットはありません。

オンラインカジノからiWallet(アイウォレット)への出金方法

ここからはオンラインカジノからアイウォレットに出金する手順を解説していきます。なお説明ではエンパイアカジノの画像を使用しますが、どこのオンラインカジノでも手順はほとんど同じです。

オンラインカジノの出金画面へ

まずはオンラインカジノにログインし、入出金ページを開きましょう。エンパイアカジノの場合は左メニューの【入金/出金】をクリックしてください。

入出金ページのメニューにある【出金】をクリックし、出金画面を開きます。

アイウォレットを選択・金額を入力

出金画面では出金に使用できる決済方法一覧が表示されます。その中からアイウォレットを選択しましょう。

アイウォレットを選択すると、以下項目の入力フォームが表示されます。

  • アイウォレット口座のアカウント番号(数字8桁)
  • 出金したい金額

正しく入力して最後に【出金する】をクリックすれば出金申請完了です。

iWallet(アイウォレット)の出金方法

アイウォレットからの出金で便利な収納代行サービス(国内銀行振込)を中心に、具体的な手続きの流れを紹介していきます。

収納代行サービス(国内銀行振込)

国内銀行振込はアイウォレットと提携する収納代行サービスを通して行います。

手数料は0.5%で、最低35ドルかかるため、なるべくまとまった金額を出金するようにしましょう。
(7,000ドル以上を一度に出金すればエコペイズより手数料を50%安く抑えられます。)

ログイン後、「出金申請」をクリックする

まず、左側メニュー欄にある「出金申請」をクリックします。

「収納代行サービス(日本)」をクリックする

出金方法の一番上にある「収納代行サービス(日本)」をクリックします。

必要情報を入力して、「確認画面へ」をクリックする

上記ページで、出金先の銀行情報を入力していきます。
全て入力し終えたら、画面下までスクロールして「確認画面へ」をクリック。

次画面で入力内容を確認し、間違いがなければ「上記内容で出金申請」をクリックします。

2段階メール確認

出金申請後、登録メールに確認コードが送られます。
確認コードを入力し、「確認」をクリックすれば出金申請完了です。

申請後、国内銀行の3営業日以内に着金します。

その他の出金方法

収納代行サービス以外に使えるのは国際送金です。

ただ国際送金の場合は、送金先の金融機関によっては中継銀行を利用しなければならないため、手数料が余計にかかります。

また、着金時間は1~2週間営業日と収納代行サービスより長めです。

収納代行サービスは3営業日以内の着金、手続きも簡単なので、あえて国際送金を利用する必要はないでしょう。

iWallet(アイウォレット)の出金に関する注意点

アイウォレットの出金では以下の3点に注意しましょう。

  • 出金にはアップグレードが必要
  • 日本の銀行に出金する際に手数料がかかる
  • 手数料分の残高を残しておく必要がある

出金にはアップグレードが必要

アイウォレットの新規登録者は、全員スタンダード会員からスタートです。スタンダード会員は、約11万円以上の出金ができない等さまざまな機能が制限されているので、エグゼクティブ会員へのアップグレードが必要です。

アップグレード手続きでは以下のKYC書類をそれぞれ1点ずつ提出します。

  • 本人確認書類(パスポート・運転免許証・マイナンバーカード)
  • 住所確認書類(水道光熱費領収書・電話料金等の明細書)

これら書類を写真で撮影してデータ化し、アイウォレットのログインページ『KYC書類をアップロード』から提出してください。KYC書類の確認には2~3営業日かかります。

参考:アイウォレットのアップグレード方法

日本の銀行に出金する際に手数料がかかる

アイウォレットのアカウント通貨は、USD(アメリカドル)やJPY(日本円)など主要通貨で設定できます。USDに設定しておくとオンラインカジノとのやり取りで手数料を抑えられます。その理由は、ほとんどのオンラインカジノは決済通貨がUSDのため、通貨換算手数料(為替手数料)が発生しないからです。

ただし、出金はJPY基準の日本銀行に送金することになるため、アイウォレットがUSD設定だと必ず通貨換算手数料がかかります。

通貨換算手数料を一切かけずにアイウォレットを使用したい場合は、JPY対応しているオンラインカジノを選びましょう。例えば、カジノシークレットだとアイウォレットでJPY入出金可能です。

手数料分の残高を残しておく必要がある

エコペイズでは、口座に手数料分の残高がないと、出金できません。そのため、出金する際は、必ず手数料を考慮して手続きを進める必要があります。

手数料が500円かかるなら残高に500円以上残るように出金額を設定すれば、エラーが出ずにスムーズに出金できます。

ベラジョンカジノ ボンズカジノ
読み込み中

これ以上は記事がありません

読み込むページはありません