• 2018.01.30
  • 投稿

【永久保存版】ポーカーの種類と手役を完全ガイド!

こんにちは!カジモ編集長の笠原豪です。
今回はこれからポーカーを始めようとしている人のために、ポーカーの種類や手役などの基本的なことを紹介したいと思います。
ポーカーと言っても、様々な種類があって、種類ごとにルールや楽しみ方も異なりますので、カジノに行く前にポーカーの種類を予習してみましょう!

蒼井 那奈
ポーカーって何だか難しそう・・・。
「ポーカーは駆け引きが大事」って聞いたことがあるからすぐに顔に出ちゃう私には無理かなぁ。

笠原 豪
ほとんどの人が那奈ちゃんと同じように思っているんだ。
ポーカーって言ってもたくさん種類があって、駆け引きが重要になるポーカーもあれば、駆け引きなんていらない単純なポーカーもあるんだよ。
今回はポーカーの種類と基本的な手役について徹底解説していくぞ! 

この記事では、ポーカーの種類から代表的なゲームのルールを紹介していきます。
カジノに行ったことがある人なら知っている有名なものから、なかなかプレイする機会がないマイナーなものまであります。
最後に手役についても詳しく解説していますので、ポーカーを始める前に基本的な勝敗の決め方くらいは覚えておきましょう。

ポーカーの種類と違い

ポーカーについてどんなイメージを持っていますか?
強い手役を作って相手に勝つ。または駆け引きをして相手を勝負から降ろして勝ちにつなげる。世代を問わず「ポーカーってどんな遊び?」と聞くと、ほぼ全員が「カードが5枚あって、カードを交換しながらペアを作ったり同じマークにしたりして、強い方が勝つ」と言います。

でも実は、ポーカーってカード5枚だけではないんです。
そして世界では日本人が知らない形のポーカーがたくさんあり、しかも今主流なのは私たちが知っているポーカーとは違うんです
そこで、ここではポーカーの種類を紹介していきます。

ポーカーには大きく分けて3つの種類があります。

  • ドロー(クローズド)ポーカー
  • スタッド(オープン)ポーカー
  • フロップポーカー

違いは何かといえば、手元に配られるカードが自分のみ見れるか相手にも見えるのか、手役を作るためのカードが自分の手元のみにあるのか、プレイヤー全員に共通して使えるカードがあるのか、です。

ドロー(クローズド)ポーカー

多くの日本人が思い浮かべる「ポーカー」といえばこのスタイルです。
カードが5枚配られて各自が手札を見ます。そこから自分で交換する枚数を決めて役を作っていきます。自分のカードは誰にも見られることがなく相手のカードも見えないため、相手の表情や癖、カード交換枚数やチップの賭け方を見て勝負を判断することになります。

スタッド(オープン)ポーカー

手札の一部を公開して行うポーカーです。ドローポーカーの発展形で、配布されるカードが一部表向きに配布されます。自分のカードは相手に見られますが相手のカードも見えるため、狙っている手役や手役の強い弱いが推測しやすくなり、ドローポーカーよりも駆け引きが高度になってきます。

さらに、代表的なスタッドポーカーを3種類紹介します。

セブンカードスタッドポーカー(対プレイヤー)

各プレイヤーに配られた7枚のカードから5枚を選び、手役が高いプレイヤーが勝ちになります。カードチェンジはできません。
ディーラーは参加しないため各プレイヤーとの勝負になります。

まず初めに各プレイヤーに手札が2枚が裏向きに配られます。プレイヤーは自分の手札をこっそり確認し、その後各プレイヤーに表向きでカードが1枚ずつ配られます。ここでまず一度ベットして賭け金を積みます。

ベットが終わったら各プレイヤーに4枚目を表向きで配布しベット、その後5枚目を配布しベット、6枚目を配布しベット、最後7枚目は裏向きにして配布しベットします。途中でフォールド(降りる)した人にはカードは配られず、最後まで残った人が配られた7枚のカードのうち5枚を選択して勝負します。

カードが配布されるたびにベットして金額を積んでいくので、各プレイヤーを降ろして勝つ(フォールド)ための駆け引きが楽しめます。

スリーカードポーカー(対ディーラー)

プレイヤー(自分)とディーラー(親)1対1の勝負で、配られた3枚(チェンジは出来ません)の中で手役が高い方が勝ちとなるカードゲームです。トリプルポーカー、富貴三公とも呼ばれます。

プレイヤーとディーラーにそれぞれ3枚のカードが配られますが、ディーラーのカードは伏せられた状態で配られます。

プレイヤーの賭け方は2種類です。
1種類目:ANTE(アンティ)ベット(ディーラーと手役の勝負)
2種類目:PAIRPLUS(ペアプラス)ベット(特定の手役が出た場合に配当がもらえる)

賭けた後、自分に配られた手役を見てレイズ(追加ベット:ANTEと同額)するか、ANTEベットを放棄してフォールド(降りる)するかを選択します。
この時点でPAIRPLUSの結果は判明します。

ディーラーの手役が「Q(クイーン)」以上のハイカード又はペア以上の手役でないとゲームは成立しません。ディーラーに「Q」以上のカードがなくて勝った場合はANTEに賭けた金額の1倍の配当がもらえ、追加ベットはそのまま戻ってきます。。
※ディーラーが「Q以上又はペアなどの役」があった場合に勝ったらANTEの1倍、追加ベットの1倍、合計2倍の配当がもらえます。

詳しくはこちら

※スリーカードポーカーは「エンパイアカジノ」でプレイすることができます!
【テーブルゲーム】→【THREE CARD POKER】

カリビアンスタッドポーカー(対プレイヤー)

プレイヤーが複数居ても、ディーラーとの1対1勝負です。ゲームが始まる前に「ANTE(アンティ)」と描かれた場所にチップを置いてゲームに参加します。
その後ディーラーが左側のプレイヤーからカードを5枚ずつ伏せて配布し、最後にディーラー自身に5枚配ります。

ディーラーは5枚のカードのうち1番上の1枚を表向きにしてプレイヤーに見せます。それを見てプレイヤーはディーラーの手を予想して、勝てそうなら「ANTE」の倍を賭け金として追加ベットします。
負けそうなときはフォールド(降りる)することもできますが、ATNEに賭けたチップは没収されます。

プレイヤー全員のアクションが終わった後、ディーラーは自分のカードを全て表向きにして自分の手役をプレイヤーに見せます。ディーラーはゲームに残っているプレイヤーのカードを順に開き、勝敗を決定します。

カードの追加も交換も無く、最初に配られた5枚で勝負するかどうかを決めます。
ただし、ディーラーの手役が「A」と「K」が入ったハイカード又はペア以上の手役でないとゲームは成立せず、ベットしたプレイヤーは「ANTEの1倍」がもらえます。
※ゲームが成立しなかった場合、追加ベットはそのまま戻ってきます。

詳しくはこちら

※カリビアンスタッドポーカーは「エンパイアカジノ」でプレイすることができます!
【テーブルゲーム】→【Casino Stud Porker】

フロップポーカー

スタッド(オープン)ポーカーから進化した形で、今世界の中心がこのフロップポーカーです。大きな違いは、カードで手役を作る際に参加者全員が役として使える「共通カード」がフロップという共用部分に用意されていることです。

自分の持つカードは自分しか見れず、このカードと共用場所にある全員が見えて全員が使えるカードを使って役を作ります。スタッドポーカーと異なり見えているカードを全プレイヤーが共通して使えるため、予想と駆け引きがより深くシビアになります。

テキサスホールデムポーカー(対プレイヤー)

急速に普及している世界的に一番有名なポーカーで、2006年の世界大会では優勝賞金が1,200万ドル(約12億円)という現在主流のポーカーです。

テキサスホールデムポーカーの一番の特徴は、自分しか見えないカード2枚とプレイヤー全員が見ることができて使える共通カード5枚を組み合わせて勝負するところです。合計7枚の中から最高の手役になる5枚を選んで勝負します。

1ゲーム中に4回もベットをするチャンスがあり、プレイヤー全員が駆け引きの中で賭け金を吊り上げていくという非常にエキサイティングなゲームです。
このゲームではディーラーは参加せず、プレイヤー同士の勝負となります。

テキサスホールデムポーカーは4回のベットラウンドに分けてプレイヤー同士で駆け引きをしながら賭け金を吊り上げいくゲームですので、他のポーカーに比べて少しルールやゲームの流れが複雑です。
詳しく知りたい人は「テキサスホールデムポーカーのルールと攻略法・必勝法を完全ガイド!」を読んでみてください。

※テキサスホールデムポーカーは「W88カジノ」でプレイすることができます!

カジノホールデム(対ディーラー)

カジノホールデムは、テキサスホールデムポーカーの「対ディーラー」版です。
自分のカード2枚とテーブル上に開いて置かれている共有のカード5枚、合計7枚の中から5枚を選んで勝負します。

ディーラーのカードは伏せられた状態で置かれるため、手元にある2枚のカードと5枚の共通カードで勝負するかしないかを判断します。勝負する場合は「CALL(コール)」と書かれた場所にANTEの2倍の賭け金を置きます。
勝負を降りることもできますが、ANTEに賭けた金額は没収されます。

なお、ディーラーは「4のペア」以上の手役がないと勝負ができませんので、その時点でプレイヤーの手役が弱くても(ノーハンド)プレイヤーの勝ちです。
ただし、配当はANTEに賭けた金額の1倍で、CALLに賭けた金額はそのまま戻ってきます。

「詳しくはこちら」

※カジノホールデムは「エンパイアカジノ」でプレイすることができます!
【テーブルゲーム】→【CASINO HOLD'EM】
【ライブカジノ】→【カジノ・パリス】→【カジノホールデム】

レットイットライド(対自分)

レットイットライド(ポーカー)は他のポーカーと若干異なり、ディーラーや他のプレイヤーと勝負するのではなく「役が作れるかどうか」で勝負が決まります。
自分のカード3枚とテーブル上の全員が共通して使うカード2枚の合計5枚の中で、10のワンペア以上の役が出来れば勝ちとなります。カードの交換は出来ません。

初めに「1、2、$」の3か所に同額の賭け金を置きます。
次に3枚のカードが配布され、そのカードを見て賭けを続けるか降りるか判断します。10以上のペアを作ることを考えると、最初の3枚のカードで10以上のペアができているか、10以上のカードが入っていないと勝負するのは難しいと思います。

3枚のカードが配られた時点で降りる場合は「1」の場所に置いた賭け金を戻します。その後ディーラーが残りの1枚を表にして、プレイヤーは再度、続けるか降りるかを選択します。降りる場合は「2」の場所に置いた賭け金を戻します。
最後にディーラーが2枚目の共通カードを表にして、10以上のペアができているかの判定をします。10以上のペアができていればその手役に応じて配当がもらえ、できていない場合はベットエリアに置いたチップがすべて没収されます。

レットイットライドは最初の3枚のカードが「何か」によって掛け金を残したり戻したりする戦略が変わってきます。
興味がある人は「レットイットライドのルールと攻略法・必勝法を完全ガイド!」を読んでみてください。

※レットイットライドは「エンパイアカジノ」でプレイすることができます!
【テーブルゲーム】→【RIDEM PORKER】

スマホでテキサスホールデムポーカーができる?!

お金を賭けてテキサスホールデムポーカーを楽しむためには、海外のカジノに行くのが基本ですが、スマホでも本格的なゲームを楽しむことができます。
W88カジノでは専用アプリをダウンロードするだけで、いつでもどこでも「プレイヤー同士の熱い戦い」が繰り広げられます。

経験者にも嬉しい「賞金が用意されているトーナメント」も毎日開催されていますので、日本でも気軽にテキサスホールデムポーカーを楽しみたいという人はぜひ登録してみてください。

ポーカーの役を覚えよう

ここでは一般的な、手札が5枚のポーカーの手役を見ていきます。手役を覚えれば配布されたカードからどの手役を狙っていくか道筋が見えてきます。聞いたことのある役もあるでしょうが、「あれ?どっちが強かったっけ?」と迷わないようにしましょう!

※今回はカード5枚の手役説明のため、スリーカードポーカーなどの枚数が5枚ではないポーカーの役は、それぞれのページでチェックしてみてくださいね。

同じ手役の場合は、個々のカードの強弱で勝敗が決まります。
(強い)← A, K, Q, J, 10, 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2 →(弱い)
の順番です。ただし、Aは A-2-3-4-5 のストレートまたはストレートフラッシュの場合のみ1として2よりも下の扱いです。個々のカードの強弱は、同じ役の強弱を決めるために使用される。

では手役の弱い順にみていきましょう。

ハイカード

通称「ブタ」と言われています。ペアも何もなくバラバラな状態(例えば「K♥ 10♣  6♣ 7♦ 2♠」のように)を「ハイカード」という手役になります。
トランプ52枚から5枚を選ぶ2,598,960通りの組み合わせで、発生確率50%の1,302,540通りがハイカードになります。

ハイカードの判定方法

ハイカード同士の強弱は、個々のカードを強い順に比較することで決定されます。
5枚の手札の中で最も強い1枚のカードを比較して勝負します。最も強いカードが同じときは2番目、3番目…とカードを比較し勝敗を決めます。

ルール上最も弱い手は、「7♠ 5♣ 4 3 2♣」 のように、スーツ(スペード等のマーク)がバラバラの 7-5-4-3-2 の組み合わせです。

ワンペア

ワンペアは、「6♥ 10♠ K♠ 10 5♠」 のように、同じ数字の2枚組1つのペアと、それぞれ異なる数字の3枚のカードによって構成される役です。
トランプ52枚から5枚を選ぶ2,598,960通りの組み合わせで、発生確率42.25%の1,098,240通りがペアになります。

ワンペアの判定方法

ワンペア同士の強弱はペアの数字の比較で決まります。
A-Aのペアが最も強く、2-2が最も弱いです。ペアのカードが同じ場合は残った3枚のカードを順に比較していきます。もし、全て同じなら引き分けです。
共通カードがあるテキサスホールデムポーカーでは、同じペアになることも多く、3枚目以降のカードで勝負することがよくあります。

例)
自分の役: 10♠ 10 K♠ 6♥ 5♠
相手の役:10 10♣ J♠ 7♦ 2♠

どちらも10のワンペアのため、残った3枚の最も強いカードで勝負します。
この場合、自分カードは「K♠」、相手のカードは「J♠」のため、自分の勝利となります。

ツーペア

ツーペアは、「A♥ A♣ J♣ J♠ 9」のように、同じ数字の2枚組を2組と、それ以外の1枚で構成される役です。5枚の中で2つのペアができた場合の役になります。
トランプ52枚から5枚を選ぶ2,598,960通りの組み合わせで、発生確率4.75%の123,552通りがツーペアになります。

ツーペアの判定方法

ツーペア同士の勝敗は、ワンペア同様ペアになったカードの数字の優劣で決まります。
A-AとK-Kのツーペアが最も強くなります。1組目のペアが同じだった場合は2組目のペアで優劣を決めます。もし、ツーペアの数字が同じだった場合は、残り1枚のカードで決めます。

例)
自分の役:10♠ 10♣ 8 8♣ 4♠  
相手の役:10♥ 10 5♠ 5♣ Q
1組目はどちらも10のペアのため、もうひとつのペアの数字で勝敗を決めます。
この場合は自分のカードが8のペアで相手の5のペアよりも強いため、自分の勝利となります。

自分の役:10♠ 10♣ 8 8♣ 4♠
相手の役:10♥ 10 8♠ 8 Q♠
2組とも自分と相手が同じ数字のため、残った1枚のカードで勝敗を決めます。
この場合、自分は「4♠」、相手は「Q♠」のため、相手の勝利です。

スリーカード(スリー・オブ・ア・カインド)

スリーカードは、同じ数字のカードが3枚揃った手役です。
英語ではスリー・オブ・ア・カインド(THREE OF A KIND )と呼び、海外では「スリーカード」と言っても通じません。
トランプ52枚から5枚を選ぶ2,598,960通りの組み合わせで、発生確率2.1%の54,912通りがスリーカードになります。

スリーカードの判定方法

スリーカード同士の優劣は、そのまま数字で比較します。
A-A-Aのスリーカードが最も強く、2-2-2のスリーカードが最も弱いです。相手と同じ数字だった場合、ワンペアやツーペアと同じように残りの2枚(キッカー)の数字で優劣を決めます。全て同じだった場合は引き分けです。

例)
自分の役:Q♠ Q Q 7♠ 4♣
相手の役: J♠ J♣ J A K♣
「J」より「Q」の方が強いため、自分の勝ちです。

自分の役:4 4♣ 4♠ 9 2♣
相手の役:4 4♣ 4♠ 8♣ 7
同じ「4」のスリーカードですが、残り2枚のカードの中で強い(4枚目の数字)カードが「9(自分)」と「8(相手)」のため、自分の勝ちです。

ストレート

数字が連続した5枚のカードで作る手役です。
ストレートは最上位のカードを添えて呼ばれる場合があります(例:10♣ 9 8 7♣ 6♠ は「10-ハイストレート」)。
A-K-Q-J-10のストレートが最も強く、5-4-3-2-Aのストレートが最も弱いです。またAの使い方として、「3♣ 2 A♥ K♠ Q♣」 のように K-A-2 の組み合わせはストレートとみなされません。
トランプ52枚から5枚を選ぶ2,598,960通りの組み合わせで、発生確率0.39%の10,200通りがストレートになります(ストレートフラッシュは含まない)。

ストレートの判定方法

ストレート同士の勝敗は、最上位のカードの数字で決まります。同じ数のストレートの場合は引き分けで、スーツでの優劣はありません。

フラッシュ

同じスーツのカード5枚で作る手役です。
ハート5枚、スペード5枚、クローバー5枚、ダイヤ5枚のいずれかで、カードの数字は問いません。Aの入ったフラッシュが最も強いです。
トランプ52枚から5枚を選ぶ2,598,960通りの組み合わせで、発生確率0.2%の5,148通りがフラッシュになります。

ストレートと確率を比べた場合、フラッシュはストレートの半分近くの確率ですが、すでに4枚揃っていて後1枚で役が完成するという状況では、フラッシュの方が揃う確率は高いです。

フラッシュの判定方法

フラッシュ同士の勝敗の決め方はハイカードと同じで、スーツの優劣はありません。5枚のうち最も強いカードを比較し勝敗を決めます。1番強いカードが同じだった場合は、2番目・3番目と順に勝敗が決まるまで比較します。全て同じ数だったら引き分けです。

例)
自分の手役:K♠ 10♠ 5♠ 3♠ 2♠
相手の手役:K Q 9 5 4
1番大きな数字が同じ「K」のため、2番目に大きな数字を比較します。
自分は「10」、相手は「Q」のため相手の勝ちです。

フルハウス

スリーカード(同じ数字カード3枚)とワンペア(同じ数字カード2枚)の組み合わせで作る手役です。
トランプ52枚から5枚を選ぶ2,598,960通りの組み合わせで、発生確率0.14%の3,744通りがフルハウスになります。

フルハウスの判定方法

フルハウス同士の勝敗は、まず3枚揃っているカードで比べ、同じ場合は残りのワンペアになっているカードで比べて勝敗を決めます。3枚の数字とペアの数字がどちらも同じ数字の場合は引き分けです。

例)
自分の手役:5 5 5♠ Q Q♣
相手の手役: 5♣ 5 5♠ J♠ J
3枚の数字が同じため、ペアの部分で比較します。
自分は「Q」、相手は「J」のため自分の勝ちです。

フォーカード(クワッズ、フォーカード・オブ・ア・カインド)

4枚の同じ数字のカードが揃った手役です。
英語ではフォー・オブ・ア・カインド(FOUR OF A KIND )と呼び、海外ではスリーカードと同様に「フォーカード」と言っても通じません。
日本ではフォーカード、アメリカなどではクワッズ(Quads)と呼ばれます。
トランプ52枚から5枚を選ぶ2,598,960通りの組み合わせで、発生確率0.024%の624通りがフォーカードになります。

フォーカード(クワッズ)の判定方法

フォーカード同士の優劣は4枚あるカードの数字で比較します。フォーカードは52枚あるトランプの中で同じ数字が4枚しかないので、各プレイヤーが同じ数字のフォーカードになることはありません。

ただし、テキサスホールデムポーカーのように共有カードがある場合やJOKERのようなワイルドカードがある場合は、4枚のカードが同じ数になることがあります。
この場合は残った1枚の強弱で勝敗を決めますが、残った1枚も同じ数の場合は引き分けです。

例)
自分の手役:7♣ 7♠ 7 7 J
相手の手役 7♣ 7♠ 7 7 10♣
共通カードがあるテキサスホールデムポーカーではこのような形が有り得て(共通カードに7♣ 7♠ 7 7がある場合)、この場合は最後の1枚で比較します。
自分は「J」、相手は「10」のため自分の勝ちです。

ストレートフラッシュ

ストレートとフラッシュが同時に完成した手役です。
全てのカードが同一スーツ(スペード、ダイヤなど)で、5枚が連続した数字になります。
最も強いストレートフラッシュは、「K♣ Q♣ J♣ 10♣ 9♣」、最も弱いのは「5 4 3 2 A」 です。Aの扱いはストレートと同じで、K-A-2と間に入るかたちはありません(この場合は単にフラッシュが成立)。
トランプ52枚から5枚を選ぶ2,598,960通りの組み合わせで、発生確率0.0015%の39通りがストレートフラッシュになります。

ストレートフラッシュの判定方法

ストレートフラッシュ同士の優劣はストレートと同じです。5枚のなかで最も大きいカードの強弱で決まります。スーツによる強弱はなく、同じ数字の場合は引き分けです。

例)
自分に手役:10♣ 9♣ 8♣ 7♣ 6♣
相手の手役:8♦ 7♦ 6♦ 5♦ 4
自分の最も大きな数字が「10」、相手の最も大きな数字が「8」のため、自分の勝ちです。

最強!ロイヤルストレートフラッシュ

「A K Q J 10」のように、同一スーツでAから10までのストレートフラッシュのことを「ロイヤルストレートフラッシュ」と呼び、一般的なルールのなかでは最強の手役です。
しかし、厳密に言うと「ストレートフラッシュ」と「ロイヤルストレートフラッシュ」には差がありません。単に「A」が入ったストレートフラッシュですので、これ以上の手役がないということで「最強」なのです。そのため、発生確率はストレートフラッシュと同じく、0.0015%です。

ロイヤルストレートフラッシュの判定方法

同一スーツのロイヤルストレートフラッシュの場合は引き分けです。

笠原 豪
これが5枚のカードで勝敗を決める一般的なポーカーの手役です。
ポーカーに慣れてない人にとっては少し難しかったかもしれませんね。共通カードがあるかないかによっても戦略が違うので、もし興味がある人は世界で大人気のテキサスホールデムポーカーのルールを詳しく読んでください!

ポーカーをやるならココ!カジモ厳選オンラインカジノ

ポーカーには様々な種類がありましたね。
中には本場のカジノにはなかなかないカジノゲームもあります。

オンラインカジノなら日本にいても気軽に楽しめますので、気になるオンラインカジノに登録してプレイしてみてください!

本格的なテキサスホールデムをやるならW88カジノ

2015年11月に日本上陸した「W88カジノ」は、ライブゲームで本場カジノから中継するなど、超豪華巨大カジノがそのままオンラインで楽しめるオンラインカジノです。「これこそがカジノ!」と興奮してしまいます。

また、スマートフォン(Android/iPhone)対応でアプリ不要、直接ブラウザに繋ぐだけ!入金もクレジットカード(VISA、MasterCard)やビットコイン対応、日本語サポートも万全という最優良カジノです。

そしてこれをアカウントを1つ作成するだけでプレイできます。また世界第2位のカジノ大国になりつつあるフィリピン政府の公式ライセンス、TSTやeCOGRAなど第三者機関による厳しいチェックや監査を受け、極めて安全性の高いサイトなのです。

また、W88カジノはポーカー好きにおすすめしたいオンラインカジノです!
世界の主流ポーカーであるテキサスホールデムポーカーを理解できる「フリーロール」という無料トーナメントがプレイできますので初心者でも気軽に始められます。ルールを理解してコツを掴めないまま遊んでも、上級者に弄ばれるだけですからね…。
W88カジノのトーナメントは2時間毎に開催されていますので、自分の都合に合わせた時間帯で遊べ、レベルアップすることができます。

ポーカー初心者におすすめ!カジノホールデムをやるならエンパイアカジノ

リアルなカジノの雰囲気を味わいたい!そんなあなたにはエンパイアカジノがおすすめです。
様々なカジノゲームをインターネットを通じて生中継で楽しめるライブカジノ充実度がナンバーワンです!
マカオ、パリ、マニラなど世界のカジノの華やかな雰囲気を味わえて、通常のオンラインカジノよりも刺激的で迫力あるゲームに、興奮間違いなしです!

テキサスホールデムポーカーを「対ディーラー」にアレンジしたカジノホールデムもライブで楽しむことができます。
ルールは若干異なりますが、笑顔が素敵な美人ディーラーが多数いるカジノ・パリスであなたを待っていますよ!

最短2分!出金速度にこだわるならパイザカジノ

2016年11月に登場した最新のオンラインカジノが「パイザカジノ」です。
業界最速の出金スピードを誇ります。通常のオンラインカジノでは出金にかかる時間が、「72時間」「24時間」を要しますが、パイザカジノはたったの2分で出金ができます。
さらに、オンラインカジノでは通常「出金上限」が設けられており、どれだけ勝っても1日に出金できる金額に上限があるのですが、パイザカジノ出金に上限がありません!
※この即時出金と出金上限なしは1つのプロモーションとして企画されており、現時点では続行中です

また、プレイするだけで500円ごとに1ポイントもらえる「コンプポイント」でキャッシュバックがあり、このポイントはボーナスと違って出金条件がありません。パイザカジノで続けてプレイするための資金としても重宝します。

サポートもLINEやチャット等、問い合わせの種類が豊富で24時間日本語対応されていて、出金スピードもたった2分!しかも出金制限がないなどたくさんの登録を集めているのには理由があります。

【結論!】戦略をマスターすれば、ポーカーで億万長者も夢ではない!!

いかがだったでしょうか?ポーカーの魅力は、手役作りもさることながら、何よりも他のプレイヤーとの駆け引きで、いかに相手を降ろしつつ勝ちを得ていくか!です。
そして「ギャンブル」としてではなく、将棋や麻雀のように相手の出方を読みながら勝ちへ持っていく頭脳ゲームの要素もあり、でもルールは単純で遊びやすい魅力が詰まったゲームなのです。

蒼井 那奈
私、ポーカーをずいぶん思い違いしてたみたい…

笠原 豪
ね?ポーカーって奥深いでしょ?世界大会はホントに強いプレイヤーばかりなんだよ

蒼井 那奈
テキサスホールデムポーカーは周りで知っている人居なかったもん

笠原 豪
日本では馴染みが薄いから、初めはとっつきにくいけど、慣れたら手役の読み合いがスリル満点なんだよ!もう病みつき!

周りのプレイヤーとの読み合い探り合いや、美人ディーラーとの直接対決、そして相手のカードを上回る手役を出した時の爽快感!これがポーカーの醍醐味です。

賭けずに無料で慣れることができるW88カジノのようなサイトもあり、日本でポーカーを極めるならまずはオンラインカジノに登録を!そのお気軽な一歩が…もしかしたら億万長者への第一歩なのかもしれませんよ!

関連記事

注目コンテンツ