• 2018.07.27 2018.07.27

【シンガポールカジノ情報】マリーナベイ・サンズ・カジノの特徴を徹底調査してみた

こんにちは。カジモ編集長の笠原豪です。
2016年、2017年と2年続けて外国人観光客数を増やしている国、シンガポール。旅行に行くたびに大きく成長していっていることが実感できるほど、シンガポールは観光地として目覚ましい進化を遂げています。

今回はシンガポール名物となったマリーナベイ・サンズホテルに宿泊した体験をもとに、ホテルの特徴をまとめてみました。この世のものとは思えぬほど美しい夜景、充実したグルメ、そしてカジモ運営者としては見逃せない、カジノもばっちり堪能してきましたよ。

蒼井 那奈
マリーナベイ・サンズって、観光名所にもなっているホテルって聞いたことがあるよ?カジノでも遊べるの?
笠原 豪
那奈ちゃん、その逆だよ!マリーナベイ・サンズは、カジノがメイン。プールやダイニングバーも併設されているけど、あくまでおまけとして考えたほうがいいね。
no name
そうだったんだ!じゃあ、カジノをしない人は宿泊できないのかな?
笠原 豪
もちろん泊まるだけという観光客もいっぱいいるから問題ないよ。ただ、折角宿泊するならカジノの利用をおすすめする。どうしてマリーナベイ・サンズカジノを利用したほうがいいのか、わかりやすく説明していくぜ!

人生で一度は行きたい!「マリーナベイ・サンズ・カジノ」

一度きりの人生の中で、一度は訪れてみたい場所の筆頭でもあるのがマリーナベイ・サンズ・カジノ。3つの連なった高層タワーは57階建てで、最高部は高さ200mにも達するというのですから驚きです。

建設費はなんと55億ドル!日本円にして約5,674億円で、世界で3番目に建設費が高い建物としても有名です。

数日程度の滞在では、マリーナベイ・サンズを回りきることは不可能でしょう。それほどにまでマリーナベイ・サンズは巨大な建設物で、もはや一つの国といっても過言ではありません。訪れる際に前もって知っておきたい代表的な設備についてまとめたので、チェックしておきましょう。

ホテル


まず抑えておきたいのが、宿泊施設であるホテルの情報。総客室数は全2,560室という、モンスターホテルです。

壮大なスケールを誇るだけあり、とにかく見晴らしが素晴らしいのが特徴です。天井まで大きく取られた窓からは、スカイラインが一望できます。

外から見るととにかく派手な印象が強い建物ですが、客室はベージュやブラウンなどを基調とした上品なデザインが主です。さすが海外というべきか、入口から脱衣所にいたるまで広々と設計されており、贅沢な気分を味わえます。

客室タイプも豪華なスイートルーム、家族向けのファミリールーム、ラグジュアリーなデラックスルームなど、豊富な12種類から選ぶことができるのも特徴です。高所からの景色を味わいたい!という人は、35階から49階にあるクラブルームでの宿泊がおすすめ。日本に帰りたくなくなってしまうほどの贅沢な時間を、心行くまで楽しめるでしょう。

インフィニティ・プール

マリナーズベイ・サンズを語る上で、57階に設けられたインフィニティ・プールを挙げない訳にはいきません!まるで天国かと錯覚するようなプールがもたらしてくれる絶景は、もはやシンガポールのシンボルと化しています。

昼間はまるで青空を泳いでいるような気分に。そして夜はシンガポールの夜景を眺めながら、ムード満開に。高さ200メートルの場所で高層ビルと並ぶように泳げるあの感動は、一生忘れない思い出になること間違いありません。

宿泊しなくてもいいからプールだけでも!という人も多いのですが、残念ながらプールは宿泊者のみに限定開放されているので、泊まっていない人は入れません。逆にいえば宿泊客であれば泳がなくとも入れるので、水着は恥ずかしいという人も、ぜひ景色だけでも見ておくべきです。

宿泊者はプール入場時にルームカードキーを求められるので、忘れずに持っていくようにしましょう。

レストラン


プールでたっぷり遊んだ後は、お腹が空いてくるはずです。とりあえず適当なレストランに入ればいいと考えている人は、レストランが80軒以上も連なる広大なフードコートにめまいを覚えることでしょう。全ての店を網羅するのは無理があるので、編集部おすすめのレストランをメモしていって下さい。

まずは、カジュアルな雰囲気で入りやすい『db Bistro Moderne(db ビストロモダン)』。三ツ星シェフが提供してくれるフレンチは、どれもクセがなく絶品です。夜のディナーはもちろん、昼食には有名なDBバーガーがおすすめ。見た目はハンバーガーそのものですが、なんとフォアグラ入り!普段食べているハンバーガーとは似ても似つかない濃厚な味わいは、一度食べたら忘れられません。

とにかくお肉!という気分のときにおすすめなのは、最高級のお肉が楽しめる『CUT』です。現地だけではなく世界各国から本当に美味しいお肉を選りすぐって取り寄せているだけあり、どのお肉も質が高いことがわかります。日本が誇る和牛とはまた違ったお肉の味わいを堪能したいなら、ぜひ一度訪れてみるべきレストランです。

最後におすすめなのが、『Bay Sushi』。名前から連想できると思いますが、日本食を提供してくれるお店です。基本的にはお寿司をメインに取り扱っていますが、外国人向けにアレンジが加わっているので、日本人にとっては逆に斬新かもしれません。海外食ばかりで胃がもたれているときに、ほっと安らげる和食は嬉しいはず。

ショッピング


何かを持ってくるのを忘れた!お土産を何にすればいいかわからない!そんなときは、敷地内に併設されたショップス・アット・マリーナベイサンズへ行けば全て解決します。

ショッピングコート内には、高級時計やジュエリーのブランドショップから、気軽に入れるスーパーまで揃っています。ショップ数も170種類以上あるので、ブラブラと目的もなく歩いているだけでも十分楽しめるでしょう。

シンガポール土産のマーライオンクッキーやチョコレートなどはもちろん、シンガポール限定味のカップヌードルなどをお土産にしても面白いかもしれません。ショッピングコートを見て回れば、きっとお目当てのものが見つかるはずです。

エンターテイメント


マリーナベイ・サンズは、宿泊客をひと時も退屈させないよう、エンターテイメントも充実しています。

光と水のシンフォニーと銘打った『SPECTRA』では、勢いよく飛び出す噴水に色とりどりのライトがあてられ、幻想的な世界が生み出されます。1回のショーは15分と決して短くありませんが、時を忘れるほどに夢中になって引き込まれてしまうことでしょう。

ショーの時間は日曜日から木曜日は午後8時と9時の2回金曜日から土曜日は午後8時、9時、10時の3回が基本です。繁忙期など、日にちによって上映時間が変更になる場合があるので、必ず事前にチェックしておきましょう。

場所はブロムナードそばのイベントプラザで開催されます。人気ショーのため、混雑を覚悟しておいてください。できれば開演の20分前には席を確保しておくのが理想です。

マリーナベイ・サンズ・カジノで遊べるカジノ

シンガポール最大級にして最高級のカジノとして有名なマリーナ・ベイ・サンズ・カジノ。吹き抜けの4つの階層にわけて形成されており、3階と4階はいわゆるVIPフロアと呼ばれる階層です。一般の人は、主に1階と2階のエリアでカジノを楽しむことになります。

テーブルゲームには人が集い、スロットからはジャンジャン音やコインが溢れます。まるでゲームや映画の世界のような独特な空間に、初めての人は圧巻されることでしょう。

カジノ初体験という人は、ドレスコードや支払い方法がわからず戸惑ってしまうことがあるかもしれません。マリーナベイ・サンズ・カジノ利用時に必要になるものを表にまとめたので、見てみましょう。

ドレスコード スマートカジュアル
営業時間 24時間
テーブル数 500台以上
スロット数 2500台以上
クレジットカードの使用できる種類 5種類(VISA、JCB、American Express、Master Card、Diner’s Club)
年齢制限 21歳以上

カジノ初心者が一番気にするポイントであるドレスコードですが、マリーナベイ・サンズ・カジノに関しては深く考えなくても大丈夫です。たとえば、Tシャツにジーンズでも全く問題ありません。

ただ、プールからそのままビーチサンダル、部屋のスリッパそのまま、というのは断られることもあるので、避けてください。

カジノゲームの種類

世界的に見ても大きなカジノを売りとしているマリーナベイ・サンズ・カジノは、敷地が広いというだけでなく、カジノゲームの種類数自体も豊富です。メジャーなゲームはもちろん、聞いたことのないような珍しいゲームも揃っているので、ルールを把握するだけでも楽しいかもしれません。

ゲーム名 ミニマムベット マックスベット
バカラ 50SGD~300SGD
(約4,500円~約27,000円)
50,000SGD~300,000SGD
(約450万円~約2,700万円)
7アップバカラ 25SGD
(約2,250円)
50,000SGD
(約450万円)
ルーレット 2.5SGD~10SGD
(約225円~900円)
1,000SGD~50,000SGD
(約9万円~450万円)
ブラックジャック 25SGD~50SGD
(約2,250円~4,500円)
5,000SGD
(約45万円)
ロイヤル3ピクチャー 25SGD~50SGD
(約2,250円~4,500円)
5,000SGD
(約45万円)
ポントゥーン パンデモニウム 25SGD~50SGD
(約2,250円~4,500円)
5,000SGD
(約45万円)
パイゴウ ポーカー 25SGD~50SGD
(約2,250円~4,500円)
5,000SGD~10,000SGD
(約45万円~約90万円)
テキサスホールデム ボーナスプログレッシブ 25SGD~50SGD
(約2,250円~4,500円)
5,000SGD~10,000SGD
(約45万円~約90万円)
スタッドポーカー 25SGD~50SGD
(約2,250円~4,500円)
5,000SGD~10,000SGD
(約45万円~約90万円)

どうでしょうか。ゲーム好きやギャンブル好きは、この種類豊富なカジノゲームの一覧を見るだけでもワクワクしてくるのではないでしょうか?大きくわけると「テーブルゲーム」と「スロットゲーム」の二種類にわかれるのですが、とりあえずはどちらもプレイしてみて、自分に合っているのはどちらか試してみるのがいいでしょう。
ちなみにバカラのミニマムベットは日本円で約4,500円。マックスベットはなんと約2,700万円から賭けられるというのですから驚きです。さらにVIPパイザルームで遊べるバカラのマックスベット額は、なんと4,500万円以上が可能!勝ったときの金額を想像するだけでも、手が震えてきそうです。

他種多用なゲームの中でも一番人気なものは、ずばりバカラです。一度聞いただけでわかるシンプルなルールにも関わらず奥深さもあり、思わず熱中してしまう人が続出するゲームです。とくに中国人に根強い人気があるようで、バカラのテーブルを見渡すと、高確率で夢中になっている中国人を見かけます。

同じバカラでもテーブルごとによって最低掛け金が変わってくるので、プレイする前にボードの表示をチェックしておきましょう。

カジノで遊ぶとビール無料!?

ここで耳寄りな情報をひとつ。緊張を和らげたり、テンションを高めてくれるのにも役立ってくれるものといえばアルコールです。なんとマリーナベイ・サンズ・カジノでは、カジノで遊ぶ人は通常12ドルで販売されているビールを、無料で飲めるのです!

蒼井 那奈
ええ?ビールが無料って本当?誰かのブログで有料って書いてあったのを見たけど……。

笠原 豪
無料でもらうためには、ちょっとした工夫が必要なのさ。1階のスロットエリアの一部区画などに設けられている、ハイリミットスロットマシーンを少しプレイするだけでいい。赤い服を着ている案内の女性に声をかければビールをもらえるよ。

蒼井 那奈
へ~!ビールがタダで貰える区画があるなんて、知らなかった!覚えておいて損はないね♪
笠原 豪
もちろんタダ飲みばかりしていたら怒られるから、ちゃんとゲームもプレイしてくれな!

カジノに行くときに注意すべき基本的なマナー

カジノ初心者がやってしまいがちなのが、意外と知られていないカジノに関するマナー違反。日本のゲームセンターと同じ感覚で何気なくやる行動が、カジノではマナーに反することだった、ということも多くあります。

赤っ恥をかいてしまわぬよう、事前にカジノに関わる基本的なマナー知識を頭に入れておきましょう。

写真・ビデオ撮影はNG

見たことのないきらびやかなカジノ風景。自然にスマートフォンやデジカメなどで写真を撮りたくなってしまうはず。しかしカジノ全般にいえることですが、撮影行為は完全にNGです。

基本的に写真撮影は一律禁止となっていますが、人物が映らないスロットの画面などであれば撮影を許可される場合があります。スロットの機種を撮影したい、大当たりした画面を記念に残しておきたいなど、どうしても写真が撮影したい場合には近くにいるスタッフに声をかけて、撮影してもいいか訪ねてみましょう。

遠目にならいいだろうと考える人も多いですが、カジノ内に入ったら原則写真撮影は禁止です。テーブルゲームをプレイする場合、携帯に触ってはいけません。ゲームの遅延に繋がってしまうためです。通話だけでなく、メールやLINEも控えてください。個人で楽しむスロットゲーム中なら問題ありません。

テーブルの上に荷物を置くのはNG

つい癖で携帯電話をカジノテーブルに置いてしまう人も多いですが、これもNGです!携帯に限らず、カジノテーブルの上に荷物を置くことは禁止されています。客室に預けておくか、フロントに預かっておいてもらいましょう。

他人のチップを触るのはNG

故意に他人のチップに触る人はあまりいないとは思いますが、自分の配当を受け取る際に、邪魔だからと他人のチップをどける行為もNGです。チップは実質現金です。札束が積んであると想像してみて下さい。他人の札束に不用意に触ったり、どけたりしませんよね?

他人のチップに触れると、ディーラーから注意を受けたり、盗もうとしていると言いがかりをつけられることもあります。わざとではなくとも、不要なトラブルを招くようなことは避けましょう。

⇒カジノでのマナーや禁止事項に関して詳しく知りたい方はこちら

本場カジノで遊ぶ前にオンラインカジノで練習しておこう! 

マリーナベイ・サンズに訪れた際は、宿泊だけでなくカジノを楽むべきであるということが伝わったでしょうか?いきなり本物のカジノに挑んで慌てないよう、まずはオンラインカジノをプレイして雰囲気を掴んでみましょう。

慣れてきたら、一度は現金でのプレイをおすすめします。無料プレイに慣れてしまうと、本番の流れに乗り切れません。一度も現金を賭けたことがない人と、賭けたことのある人は、カジノで大きな差が出るものです。編集部おすすめのオンラインカジノサイトを3つ挙げたので、まずは無料プレイでルールをおさらいしておきましょう。

⇒オンラインカジノについて詳しく知りたい人はこちら

ライブカジノ特化型!本場の臨場感が味わえるエンパイアカジノ

ライブ型に特化していると自負しているだけあり、エンパイアカジノはとにかく臨場感が他とは段違いなのが特徴です。元々エンパイアカジノは実店舗カジノを運営している企業であることから、ライブカジノのリアルさは目を見張るものがあります。ライブゲームはスマホやアイパッドの端末からもプレイできるので、本場カジノの雰囲気を少しでも掴んでおきたいという人におすすめです。

エンパイアカジノではスロットも343種類用意されていますが、やはり人気なのはライブゲーム。ポーカーゲームやルーレット系だけでなく、マリーナベイ・サンズ・カジノでも人気を博しているバカラ系ゲームもライブで楽しめます。

テーブルカジノが充実!多くのカジノゲームが遊べるパイザカジノ

マリーナベイ・サンズ・カジノで、とにかく色んなゲームを楽しみ尽くしたいと考えている人は、事前にパイザカジノでゲームのルールを熟知しておきましょう。どのゲームにも共通することですが、ルールを知っているのと知らないのでは、スタート地点が大きく異なってきます。

パイザカジノは他サイトと比べるとテーブルゲームの種類が豊富なのが売りです。マリーナベイ・サンズ・カジノで遊びたいゲームに目星をつけておき、パイザカジノで遊んでおきましょう。現地でルールが把握できずに慌てるといったことがなくなります。

まずはお試しプレイ!初心者向けベラジョンカジノ

ベランジョンカジノではスロットゲームはもちろん、スマートフォンからもストレスなくプレイできるライブゲームも人気です。初心者にもプレイしやすいライブバカラや、ライブルーレットは小さい画面でプレイしても十分に本場カジノの雰囲気が味わえます。

他のサイトではあまり見ることのない「自己規制システム」が搭載されているのも、ベランジョンカジノの特徴です。自分自身で入金の上限額を定めておくことができるので、熱中しすぎて大負けするといった失敗を防ぐことができます。まさに、オンラインカジノ初心者のためのサイトといえるでしょう。

一度は行ってみたい「マリーナベイ・サンズ・カジノ」

誰もが人生の中で一度は行ってみたいマリーナベイ・サンズ・カジノの特徴についてまとめましたが、いかがでしたでしょうか?本場のカジノと聞くとどうしても敷居が高く感じてしまいますが、実際のドレスコードやミニマムベットを見てみると、「自分でも行けるかも」と感じてもらえたのではないでしょうか。

まだ抵抗がある人も、マリーナベイ・サンズ・カジノへ行く予定がある人も、まずはオンラインカジノから雰囲気やルールを確かめることから始めてみましょう。小額ベットで構いません。自分の現金を使って、勝ちを手にするというイメージを前もって持っておくことが大切だからです。

蒼井 那奈
全世界の人の憧れの象徴でもあるマリーナベイ・サンズのことがよくわかったよ!私もいつかは行ってみた~い♪その時は、オンラインカジノの経験を生かしてカジノで大勝したい!

笠原 豪
たとえオンラインゲームといえども、やっぱりお金を賭ける経験をしておくことは大事だぜ。今回は初心者におすすめのサイトを掲載したけど、編集部がリサーチしたオンラインカジノランキングも参考にしてみてくれよな!