【カジノ初心者必見】カジノで遊ぶ時のチップの両替やマナーを徹底解説

こんにちは!Casimo編集長の笠原豪です。
今回は初心者必見の「カジノで遊ぶ際のチップの両替やマナー」についてご紹介していきます。

カジノを楽しむためには、まず現金からチップの交換をしないといけません。でも、実際に現金からチップへの交換方法やマナーがわかってないと、いざカジノに着いてから困ることになります。

チップはオモチャじゃない?カジノのチップと現金の等価性

まずはじめに覚えてもらいたいのは、カジノのチップは現金と完全に等価ということです。パチンコの玉と同じく、ゲームに使っているのは本質的には現金そのものですから、大切に扱う必要があるわけです。

パチンコの例を出しましたが、カジノチップには現金と等価以外の交換はありません。また、手数料を取られることもありません(一部例外はありますが)し、交換回数等の制限もありません。したがって、現金とチップの等価性は完全に保たれており、カジノ専用の現金といえます。

ちなみに、基本的にカジノはチップを賭けて行うわけですが、一応現金そのままでもゲームに参加できます。まさに現金とチップが等価という扱いが感じられますね。ただ、現金だと基本的に一度のみのプレイとして扱われますので、結局チップを使うことになります。

初めての時や少し慣れてきた時に、チップがおもちゃのように見えてしまうかもしれませんが、くれぐれも大切に扱いましょう。

カジノで利用するチップの種類

カジノのチップは現金と等価と説明しましたが、そうなるとチップだって金額に応じて使い分けられた方が便利ですよね。実際にチップは種類分けされており、あらかじめ知っておくと戸惑わなくてすみますので、確認していきましょう。

チップの種類 チップの価値
)ブルーチップ $1
)レッドチップ $5
)グリーンチップ $25
)ブラックチップ $100
)パープルチップ $500
)イエローチップ $1,000
)ブラウンチップ $5,000
)オレンジチップ $25,000

ちなみに、これらのチップには金額も書かれていますので、色と金額を丸暗記までする必要性はありません。

金額が書かれていない「色チップ(ルーレットチップ)」

通常のチップ以外に、金額が書かれていない「色チップ(ルーレットチップ)」というものもあります。これはルーレットで遊ぶ時に使われます。金額はゲーム上で自由に決め、色分けはどのチップが誰のものか分かりやすくするための工夫です。

ただし、ゲーム上で金額を決めるわけですから、そのゲーム内限定のチップとなります。そのゲームをやめる時に、通常のカジノチップに交換しないと現金としての価値が失われることになりますので、要注意です。ルーレットをやめる時には、必ずカジノチップに交換する。これだけ忘れないようにしましょう。

カジノVIP専用のローリンチップ

高額でカジノを遊びたいという時は、あらかじめスタッフと話してVIPメンバーになり、ローリングチップというチップで遊べるようにしておきましょう。

ローリングチップはベット専用のチップで、勝った分は通常のチップでもらいます。ローリングチップを使い切ると、ベットするには新たなローリングチップが必要になります。

この時に勝った得た通常のチップをローリングチップに交換(ローリング)することで、ローリングチップ総額の0.6~0.8%程度がキャッシュバックされます。高額勝負するときには良いサービスですね。

カジノで現金からチップへ交換するためには?

ここまでチップの説明をしてきましたが、そろそろあなたは「そもそもどうやって現金からチップに交換するの?」と気になってきていることでしょう。ここで、現金からチップへの交換と、チップから現金への交換方法を見ていきましょう。

ゲーム開始前のチップの交換

まず、現金からチップへの交換はゲームをする時にディーラーにしてもらいます。

といっても現金をテーブルに置き、「Please change」と言うだけです。やろうとしてしまいがちですが、ディーラーに直接渡そうとするのは絶対にやめましょう。これはいくらの金額を出したのが全員にわかるようにし、ゲームを監視しているカメラにも記録して、不正を防止するためです。ディーラーも現金を受け取ろうとしません。

現金やチップの受け渡しは「手からテーブル、テーブルから手」というカジノの大原則を守りましょう。

ゲーム終了後のチップの交換

ゲームを楽しみ終わって、カジノから出るときには、チップを現金に両替したいですよね。チップから現金への両替はディーラーではなく、「カジノキャッシャー」という両替所でしてくれます。

ルーレットを遊び終わった時はすでに説明したとおり、色チップから通常のチップへディーラーに交換してもらってから、カジノキャッシャーにいきましょう。

ちなみに、チップは記念に持って帰ることもできます。あまり何枚も持って帰ろうとすると不正が疑われますので、常識的な範囲にしましょう。

カジノでチップを交換する時のマナー

カジノでチップを交換するときには、いくつか守るべきマナーがあります。すでに出てきた「手からテーブル、テーブルから手」というのもその1つで、カジノの大原則ともいわれています。

繰り返しになりますが、現金からチップへの交換は必ず現金をテーブルに置いて「Please change」と言ってやってもらいましょう。この方法は各国で通用しますので。

ベットエリアに現金を置かない

現金をテーブルに置いてチップと交換する際にも注意点があります。

それは、ベッドエリアには現金をおかないということです。現金でもベットしてゲームができるわけですから、ベットエリアに現金を置くと、ベットされているのか交換してほしいのかわからなくなります。

ベットエリア以外で、ディーラーの手が届きやすいところに現金を置くのがマナーです。

ゲームの進行中にチップを交換しない

最後にチップ交換するタイミングにも気をつけましょう。

具体的には、1つのゲームが終わって、他の客がベットしている時が交換のタイミングです。というのも、ゲーム中に客が手を出すのはご法度なのです。最悪イカサマを疑われる可能性がありますし、良くてもゲーム進行を止めることになります。

スムーズにチップへ交換するために、ゲームの進行中はダメと覚えておきましょう。