【永久保存版】カリビアンスタッドポーカーのルールと攻略法・必勝法を完全ガイド!

  • 更新日:2022.03.21

カリビアンスタッドポーカーは、数あるポーカーの中でもルールがシンプルで、ポーカーで遊ぶのが初めての人でもすぐに始められるトランプゲームです。

この記事さえ読めば、カリビアンスタッドポーカーの基本から攻略法まで包括的な知識を習得できます。カリビアンスタッドポーカーはシンプルなルールですが、深く知るほど熱くなれる魅力的なゲームです。

笠原 豪
カリビアンスタッドポーカーは、ポーカーで遊んでみたい初心者におすすめだぞ!
この記事を読んだらわかること
・ゲームを始める前に知っておきたい基本ルール
・実際のゲームの流れ(分かりやすさを徹底追及)
・勝敗の決まり方(例を出しながら解説)
・今すぐ使える攻略法・必勝法
・カリビアンスタッドポーカーのハウスエッジ
ポーカー関連記事
ポーカーのルール ポーカーの種類 ポーカーの役
ブラフ オールイン
カジノゲーム一覧はこちら
オンラインカジノランキングはこちら

カリビアンスタッドポーカーの基本情報

ここではカリビアンスタッドポーカーの基本ルールと実際にプレイするときに役立つテーブルの見方について紹介していきたいと思います。

分かりやすく説明するためにベラジョンカジノの画像を引用していますので、画像を見てイメージしながら読んでみてください。

カリビアンスタッドポーカーのルール

カリビアンスタッドポーカーは、ディーラーとの1対1の勝負で、最初に配られる5枚のカードのみで役を比べて勝敗が決まるシンプルなトランブゲームです。カードはディーラーとプレイヤーにそれぞれ5枚ずつしか配られませんので、チェンジ(交換)はできません。

役の強さはディーラーとのみ比べますので、同じテーブルに複数のプレイヤーがいても関係なく、プレイヤー同士の駆け引きもありません。

また、カードのチェンジができないこと以外にも、ディーラーの役によっては強制的にディーラーが勝負から降りるという特徴があります。

チップの賭け方はこのあと詳しく説明しますが、ディーラーが勝負から降りた場合は、「アンティ」に賭けた金額の2倍と「コール」に賭けた金額がそのまま返ってきます。つまり、勝利金は「アンティ」に賭けた金額のみになるということです。

ディーラーは、役がワンペア以上にならず、かつ、「A(エース)」と「K(キング)」の両方が含まれていなかった場合は、ルールに則って強制的に勝負を降ります。仮に配当が多い役を揃えたとしても、ディーラーが勝負を降りたら「アンティ」に賭けた金額と同額の配当しか獲得できません。

カリビアンスタッドポーカーのテーブルの見方

下の画像はベラジョンカジノの「Caribbean Poker Pro - High Limit」で、最高ベット金額は$500です。

このゲームは1人プレイ用ですので1人分のベットエリアしかありませんが、本場カジノのテーブルとの違いはありません。

①の「Ante(アンティ)」は、カードが配られる前にベットするエリアです。
②の「Call(コール)」は、勝負に出るときにベットするエリアで、金額はアンティの倍の金額になります。
③の「ジャックポット」は任意で賭けられるベットエリアですが、ジャックポットだけに賭けることはできません。

具体的な遊び方は後の章で詳しく解説していきますので、参考にしてみてください。

カリビアンスタッドポーカーの役と配当

ここでは、カリビアンスタッドポーカーの役と配当についてトランプの画像や例を出しながら分かりやすく解説していきます。

使用カードの強弱

カリビアンスタッドポーカーで使用するカードは、ジョーカーを除いた52枚のトランプです。
「2」が一番弱く、「A」が一番強いカードになります。

カリビアンスタッドポーカーの役と配当まとめ

配当はカジノやテーブルによって異なりますので、今回はベラジョンカジノで遊べる「Caribbean Poker Pro - High Limit」を例に出して紹介します。

ハイカード

ペア以上の役が揃わなかった状態を「ハイカード」といます。
ハイカードの配当は1倍で、ジャックポットの獲得はありません。

ワンペア

同じ数字が2枚揃う役を「ワンペア」といいます。
ワンペアの配当は1倍で、ジャックポットの獲得はありません。

ツーペア

ワンペアが2つ揃う役を「ツーペア」といいます。
ツーペアの配当は2倍で、ジャックポットの獲得はありません。

スリーオブカインド(スリーカード)

同じ数字が3枚揃う役を「スリーオブカインド」といいます。
スリーオブカインドの配当は3倍で、ジャックポットは賭け金の5倍を獲得できます。

ストレート

連続した5枚の数字が揃う役を「ストレート」といい、スート(柄)が同じである必要はありません。
ストレートの配当は4倍で、ジャックポットは賭け金の10倍を獲得できます。

フラッシュ

同じスート(柄)が5枚揃う役を「フラッシュ」といい、数字が連続している必要はありません。
フラッシュの配当は5倍で、ジャックポットは賭け金の25倍を獲得できます。

フルハウス

ツーペアとスリーオブカインドが揃う役を「フルハウス」といいます。
フルハウスの配当は7倍で、ジャックポットは賭け金の100倍を獲得できます。

フォーオブカインド(フォーカード)

同じ数字が4枚揃う役を「フォーオブカインド」といいます。
フォーオブカインドの配当は20倍で、ジャックポットは賭け金の250倍を獲得できます。

ストレートフラッシュ

連続した5枚の数字で、かつ、同じスート(柄)が揃う役を「ストレートフラッシュ」といいます。
ストレートフラッシュの配当は50倍で、ジャックポットは賭け金の2,500倍を獲得できます。

ロイヤルフラッシュ

同じスート(柄)の「10、J、Q、K、A」が揃う役を「ロイヤルフラッシュ」といいます。
ロイヤルフラッシュの配当は200倍で、100%のジャックポットを獲得できます。

カリビアンスタッドポーカーの確率から考える攻略法・必勝法

カリビアンスタッドポーカーのそれぞれの役が出る確率は以下の通りです。

役(強い順) 確率
ロイヤルフラッシュ 0.00015%
ストレートフラッシュ 0.00139%
フォーオブアカインド 0.024%
フルハウス 0.144%
フラッシュ 0.197%
ストレート 0.392%
スリーオブアカインド 2.11%
ツーペア 4.75%
ワンペア 42.25%
ノーペア(AKハイカード) 6.31%
ノーペア(AKハイカード以外) 43.8%

ロイヤルフラッシュは約66万回に1回しか出ない確率になりますので、一生遊びつくしても出ないほどの低い確率です。

上の表を見ても分かる通り、ノーペアは50.11%、ワンペアは42.25%の確率で出現します。この出現率はディーラーにとっても同じであるため、自分のカードにワンペアがあれば50%以上の確率で勝てるということになります。
基本的な戦略として、ワンペアが出たら「勝負(コール)」するべきと言えます。

また、ワンペアが揃わなくても、43.8%の確率でAKハイカード以外になりますので、ディーラーが降りる可能性も高いと言えます。必ずとは言えませんが、自分手札に「A」「K」がある場合は、「勝負(コール)」してもいいと思います。

ペアがあれば必ずコールする

上の画像では、「2」のワンペアが成立しています。

「2」のワンペアは、ワンペアの中で一番弱い役になりますが、50.11%の確率でディーラーの役がノーペアになるため、「勝負(コール)」します。

結果としてディーラーは役を揃えられず、「A」と「K」の両方のカードもないため、プレイヤーの勝ちとなります。ただし、ディーラーが降りた場合の配当は、アンティの1倍のみになります。

このように役の確率をしっかり抑えた上で戦略を立てると、より勝ちやすくなります。
ゲームに「絶対」はありませんが、データをもとにした基本戦略を組み立てて実践してみてください。

コールベットの支払い上限額を把握する

カリビアンスタッドポーカーを攻略するために「コールベットには支払い上限がある」ということを覚えておいてください。

ほとんどのテーブルに配当金の上限があります。仮に上限額が$10,000のテーブルで$500を賭けたときにロイヤルフラッシュが出ても上限額の$10,000しか配当されません。

ただし、そもそも配当が大きい役はめったに揃いませんので、あまり意識しなくても大丈夫です。カリビアンスタッドポーカーを攻略するための基本情報のひとつという感覚で覚えておきましょう。

カリビアンスタッドポーカーのハウスエッジ

カリビアンスタッドポーカーのハウスエッジ(控除率)は約5%です。

ハウスエッジは運営側の利益部分になりますが、日本で一般的なパチンコ・スロットの控除率が15%~20%と言われていますので、カリビアンスタッドポーカーの控除率がどれだけ低いかが一目瞭然です。

ほとんどのカジノゲームが控除率5%程度ですので、日本でできるギャンブルの中で最も低いと言っても過言ではありません。

運営側の利益部分である控除率が低いということは、その分プレイヤーが勝てる可能性も高くなるということになりますので、パチンコ・スロットに行くくらいならぜひカリビアンスタッドポーカーにチャレンジしてみてください。

カリビアンスタッドポーカーの遊び方

次にカリビアンスタッドポーカーの具体的な遊び方について、ベラジョンカジノで遊べる「Caribbean Poker Pro-High Limit」の画像を引用しながら詳しく解説していきます。

細かいゲームの流れを見ていく前に全体の流れを一度確認しておきましょう。

  • テーブルにチップを置く
  • 手札に揃った役を見て、勝負(コール)するか判断する
  • ディーラーの手札の確認・勝敗の決定

ゲームは、上記の3つの段階で構成されているので非常にシンプルです。それでは、細かいゲームの流れを解説していきます。

テーブルにチップを置く

最初にアンティに賭けたい金額を置きます。

この後、自分のカード5枚とディーラーの5枚のカードのうち、最初の1枚だけが表向きになった状態で勝負するか降りるかを判断することになり、勝負する場合は、コールにアンティの倍の金額を置く必要があるので、軍資金とのバランスに注意してください。

その他にもアンティとジャックポットの両方に賭けるパターンもありますが、ここではアンティにのみ賭けた場合について紹介していきたいと思います。

また、カリビアンスタッドポーカーの役についてはこの後に解説する「カリビアンスタッドポーカーの役と配当」を確認してみてください。

手札に揃った役を見て、勝負(コール)するか判断する

アンティにチップを置き終わってベットタイムが締め切られたら、プレイヤーとディーラーにそれぞれ5枚ずつ配られます。

プレイヤーのカードはすべて表向きに配られますが、ディーラーのカードは最初の1枚以外は伏せられた状態で配られます。自分のカードの役の強さと、表向きになっているディーラーの1枚のカードのみを見て勝負するか降りるかを判断します。

勝てそうにないと判断した場合は、「Fold(フォールド)」してゲームを降ります。この場合は、アンティに賭けたチップは没収されます。
ディーラーとの勝負に勝てると判断した場合は、コールにアンティに賭けた金額の倍額のチップを置きます。

ディーラーの手札の確認・勝敗の決定

ディーラーとの勝負を挑んでコールしたら、ディーラーが伏せられてた4枚のカードをオープンします。
ディーラーの役にペア以上の役または「A」と「K」の両方のカードがなかった場合は、ディーラーは強制的にゲームを降りるので、まずディーラーの役を確認します。

ディーラーが勝負する場合

ディーラーのカードにペア以上の役または「A」と「K」の両方のカードがある場合は、ディーラーは勝負します。自分の役の強さと比較して、ディーラーよりも強かった場合は、その役の強さに応じた配当を獲得することができます。
上の画像ではディーラーが「2のワンペア」でプレイヤーが「5のワンペア」ですので、プレイヤーの勝ちです。

アンティに$25、コールに$50賭けていますので、合計で$75の勝利金を獲得します。
カリビアンスタッドポーカーの場合は、ハイカード(役が揃わなかった場合のカードの中で強いカード)とワンペアで勝った配当は1倍です。

つまり、賭けた金額と同額の配当が利益になるということです。詳しくは「カリビアンスタッドポーカーの役と配当」で解説していきますので、合わせて確認してみてください。

ディーラーが勝負から降りた場合

ディーラーのカードにペア以上の役または「A」と「K」の両方のカードがない場合は、ディーラーは強制的にゲームを降ります。

その時点でゲームが終了となり、アンティに賭けた金額と同額の配当を獲得します。
上の画像では、ディーラーはペア以上の役が揃わず、かつ、「A」と「K」の両方のカードもありませんので、強制的にゲームを降りています。

仮に自分の役が「ロイヤルフラッシュ(配当200倍)」だったとしても、ディーラーがゲームを降りていますので、アンティに賭けた金額と同額の配当しか獲得できません。

上の画像ではプレイヤーの役が「スリーオブカインド」になっており、本来であれば3倍の配当を獲得しますが、ディーラーがゲームを降りていますので、アンティに賭けた金額と同額の配当しか獲得していません。

一方、ディーラーの役よりも弱かった場合は、ディーラーがゲームを降りていますので、アンティに賭けた金額と同額の配当を獲得できます。

カリビアンスタッドポーカー

いかがでしょうか。カリビアンスタッドポーカーはルールが分かりやすく、基本戦略さえ習得すれば初心者でも簡単に勝てるトランプゲームです。

ポーカーと聞くと難しそうなイメージが湧くかもしれませんが、カリビアンスタッドポーカーなら初心者でもすぐに始められるということが分かったと思います。

基本的なルールを習得できましたので、この機会に実際にプレイしてみてください。

ベラジョンカジノなら「フリープレイモード」があり、登録するだけで$30をもらえるので、実質無料で有料ゲームを楽しめます。

記事のまとめ
・ディーラーとの勝負で、他のプレイヤーは関係ない
・5枚のカードだけで役を作る
・カードは交換できない
・ディーラーはワンペア以上の役にならず、かつ、「A(エース)」と「K(キング)」の両方が含まれていない場合は勝負を降りる(プレイヤーの勝ち)
・ワンペア以上の役が揃ったら必ず勝負(コール)する
・控除率が約5%でパチンコ・スロットより勝ちやすい
笠原 豪
ベラジョンカジノならカリビアンスタッドポーカーが無料でプレイできるぞ!
今すぐベラジョンカジノの魅力を確かめる

ベラジョンカジノ ボンズカジノ
読み込み中

これ以上は記事がありません

読み込むページはありません