カジノで遊べるルーレットのルールや賭け方|倍率や必勝法なども解説

  • 更新日:2021.06.14

「カジノの女王」とも呼ばれるルーレット、ボールが数字の書かれたポケットのどこに入るかを予想する簡単なカジノゲームです。

ルールが単純なため、カジノに初めて訪れた人におすすめです。

ルーレットの奥深さは、何と言っても賭け方の豊富さ。アウトサイドベットやインサイドベットがあり、その中でもいくつかのベット方法に分かれます。その賭け方を組み合わせたり、ゲームの流れを読んでそのまま使ったりすることがルーレットの醍醐味です。

この記事ではルーレットのルールや攻略法などを詳しくまとめました。

この記事を読んだらわかること
・ルーレットのルール
・ルーレットの遊び方・賭け方
・ルーレットの配当
・ルーレットの攻略法・必勝法
ルーレットの関連記事
必勝法 空回し 確率
カジノゲーム一覧はこちら
オンラインカジノランキングはこちら

ルーレットのルール

ルーレットは、ディーラーの投げるボールが回転盤(ウィール)のどの数字に入るか予想するカジノゲームです。

テーブルには、数字や赤黒でレイアウトが描かれており、プレイヤーは自身が予測した数字にチップを起きます。

チップを置いた数字にボールが入れば、配当が支払われます。配当は賭けた場所によって倍率が異なり、確率が低いほど配当が高いです。

当選数字以外にベットしたチップはすべて没収され、ベットテーブルからは一度すべてのチップが取り除かれます。ゲーム終了後はすぐに次のゲームとなり、ベットテーブルにチップを置く時間が始まります。

ルーレットの遊び方(ゲームの流れ)

では、ルーレットの遊び方(ゲームの流れ)を具体的にみていきましょう。ルーレットは以下の流れで1ゲームが進んでいきます。

今回はわかりやすく説明するために、解説ではベラジョンカジノと呼ばれるオンラインカジノの画像を使用しました。

ルーレットのテーブル選び

ルーレットではテーブル選びが重要です。オンラインカジノのライブルーレットは数十テーブルが同時稼働しており、出目の傾向やディーラーのタイプもそれぞれなので、自分の好みにあったものを選びましょう。

本場カジノの場合、ルーレット専用チップとの交換が必要になります。ゲームを開始する前に交換したい金額分のお札だけベットテーブルにおきましょう。ディーラーが同額分のチップと交換してくれます。

なお、本場カジノにもディーラーがいないオンラインカジノのルーレットがあります。

ベッティングエリアにチップを賭ける

ルーレットテーブルについたら、ベッティングエリアにチップを置いてください。ベット時間には制限があり、時間が来た時点でチップを置いている色・数字・エリアが賭け先となります。

オンラインカジノだとベット時間が過ぎたら、ベットアクションを受け付けなくなります。本場カジノでは「No more bet(ノーモアベット)」とディーラーが宣言したらベット時間終了です。

ディーラーがウィールにボール投入

ベット時間が過ぎたら、ディーラーがウィールにボールを投げ入れます。投げ入れるタイミング、強さはディーラーの裁量なので、じゃっかんディーラーの個人差が出るポイントです。

ルーレット種類によっては圧縮空気を使った自動ボール射出装置を使用しているものもあります。

ボールが数字に入れば勝敗確定

ウィールに投げ入れられたボールが1つの数字のポケットに入り勝敗が確定します。

予想した数字にボールが入れば配当獲得、入らなければ賭けていたチップが没収されます。

ルーレットの賭け方・配当(倍率)

続いてルーレットの賭け方と配当について説明していきます。

ルーレットで賭けられる箇所(ベッティングエリア)は、大きく分けると「インサイドベット」と「アウトサイドベット」の2つです。

それぞれの賭け方に関して詳細に説明します。

インサイドベット

インサイドベットとは、レイアウト上に描かれた数字、または数字をまたぐ線上にチップを置く賭け方です。

賭け方は、下記6つです。

1つ1つの賭け方はアウトサイドベットよりも当選確率が低くなりますが、その分配当倍率が高いです。

ストレートアップ

ストレートアップは1つの数字にベットする賭け方です。0・00を含む1~36の数字にチップが置けます。

ボールがチップを置いた数字に入れば配当が貰えます。

配当は36倍で、当たる確率は約3%です。

スプリット

スプリットは、隣り合う2つの数字にベットする賭け方です。隣り合う数字の線上にチップが置けます。選んだ2つの数字のうちどちらかにボールが入れば配当が貰えます。

配当は18倍で、当たる確率は約5%です。

ストレート / トリプル

ストレートとトリプルは、3つの数字にベットする賭け方です。

ストレートに賭けたい場合、縦に並ぶ3つ目の数字とアウトサイドベットの線上にチップを置きます。

トリプルに賭けたい場合は、「0,1,2」もしくは「00,2,3」、「00,0,2」の3つの数字が交わる線上にチップを置いてください。

選んだ3つの数字のうちいずれかにボールが入れば配当が貰えます。配当は12倍で当選確率は約8%です。

コーナー / フォー

コーナー / フォーとは、4つの数字にベットする賭け方です。コーナーの場合、4つの数字の中央にチップを置きます。フォーの場合、「0」と「1~3」の線上にチップを置きます。

4つの数字のうちいずれかにボールが入れば配当が貰えます。配当は9倍で当たる確率は約10%です。

ファイブナンバー

ファイブナンバーは、5つの数字にベットする賭け方です。0と1の線上にチップを置きます。5つの数字のうちどれかにボールが入れば配当が貰えます。

アメリカンルーレットのみの賭け方で、控除率(カジノ側の取り分)が高いのであまりおすすめできません。

配当は7倍で当たる確率は、約13%です。

ライン

ラインとは、6つの数字にベットする賭け方です。隣接するストリートの間にチップを置きます。6つの数字のうちいずれかにボールが入れば配当が貰えます。

配当は6倍で、当たる確率は16%です。

アウトサイドベット

アウトサイドベットは、ライン上に描かれた数字のグループにチップを置く賭け方です。

賭け方は下記5つです。

それぞれの当選確率はインサイドベットより高いですが、配当は低くなります。

コラムベット

コラムベットとは、12個の横並びの数字にベットする賭け方です。「2to1」や「2:1」と描かれたレイアウトにチップを置きます。

3行のコラムベットが存在し、1行目が「ファースト・コラム」、2行目が「セカンド・コラム」、3行目が「サード・コラム」と呼ばれています。

配当は3倍で、当たる確率は約32%です。

ダズンベット

ダズンベットとは、4列に並んだ12個の数字にベットする賭け方です。数字の1~12、13~24、25~36で分けられたエリアにチップを置きます。

12個の数字のうちいずれかにボールが入れば配当が貰えます。配当は3倍で、当たる確率は約32%です。

ハイ/ロー

ハイ/ローとは、前半後半どちらかの18個の数字にベットする賭け方です。数字の1~18、19~36で分けられたエリアにチップを置きます。

配当は2倍で当たる確率は約49%です。

イーブン/オッド

イーブン/オッドとは、偶数奇数賭けの事です。「EVEN」「ODD」と描かれたエリアにチップを置きます。EVEN(イーブン)が偶数でODD(オッド)が奇数を意味します。

「0」と「00」は含まれません。配当は2倍で当たる確率は約49%です。

レッド/ブラック(赤黒賭け)

レッド/ブラックとは、赤黒賭けの事です。赤色の数字に賭けたい場合、赤い◇のエリアにチップを置きます。黒色にかけたい場合、黒い◇のエリアにチップを置きます。

どちらの色も「0」「00」は含みません。配当は2倍で当たる確率は約49%です。

異なる3種類のルーレット

大まかなルールが理解できたら、ルーレットの種類も確認しておきましょう。ルーレットは大きく分けると以下の3種類があります。

アメリカンルーレット

アメリカンルーレットは「0」「00」「1~36」の合計38個の数字で構成されています。「00」はダブルゼロと呼ばれ、アメリカンルーレットと他を見分けるポイントの1つです。

ベットテーブルのレイアウトは、以下のように「0」「00」が端。それ以外の部分は後ほど紹介するヨーロピアンルーレット一緒で、「1~36」の数字を囲うようにアウトサイドベットエリア(赤黒賭けやダズンベットなど)があります。

またホイールは、「0」「00」と、奇数を起点に次の数字が対角線上に設置されています。

「1,2」「3,4」「5,6」といったように奇数スタートで2個の数字を確認すると、各数字の位置関係が分かりやすいです。

ヨーロピアンルーレット

ヨーロピアンルーレットは「0」「1~36」の合計37個の数字で構成されています。「0」が1つだけあることから、シングル・ゼロとも言います。

ベットテーブルのレイアウトは以下のように「0」が端にあり、あとはアメリカンルーレットと同じです。アウトサイドベットエリアが36個の数字を囲っています。

一方、ヨーロピアンルーレットのホイールはアメリカンルーレットのように数字の配置に規則性はありません。

逆に規則性をもたないところが特徴といってもいいくらいで、どの数字においても対角線上に次の数字がこないように、次の数字・前の数字が対称性を持たないよう設計されています。

フレンチルーレット

フレンチルーレットは「0」「1~36」の合計37個の数字で構成されているので、数字と数字の個数だけをみるとヨーロピアンルーレットと同じです。

ホイールの数字の配置もヨーロピアンルーレットと違いはありません。

ヨーロピアンルーレットと違うのは、ベットテーブルのレイアウトです。

数字を挟むようにしてイーブンベットが配置され、ダズンベットは「P12(1~12)」「M12(13~24)」「D12(25~36)」と書かれ、コラムベットは表記なしです。

また、フレンチルーレットは、イーブンベットの扱いもヨーロピアンルーレットと異なります。イーブンベットしている時に「0」に入ると、チップが次ゲームに持ち越されるアンプリゾン(EnPrison)半額が戻されるラ・パルタージュ(La Partage)という特殊ルールが適用されます。

ルーレットの控除率(ハウスエッジ)

控除率(ハウスエッジ)とは胴元が徴収する手数料割合のことで、控除率が低いゲームほど手数料の損が小さいため、プレイヤーにとって有利なゲームといえます。

この点を踏まえて、ヨーロピアンルーレットとアメリカンルーレットの控除率を比較してみましょう。

ルーレット種類 控除率
ヨーロピアンルーレット 約2.7%
アメリカンルーレット 約5.26%

アメリカンルーレットのほうがヨーロピアンルーレットより控除率が2.56%低くなっています。

つまり、ヨーロピアンルーレットは2.56%分アメリカンルーレットより手数料で損しないということです。

もちろん控除率は理論上の数値なので短期的にはアメリカンルーレットのほうが勝てるということはあるかもしれません。しかし何十ゲーム何百ゲームとゲームを繰り返していけば、実際の結果が理論上の数値に近づく(大数の法則)ため、長期で遊ぶならヨーロピアンルーレットのほうがお得だといえるでしょう。

参考:【ルーレット攻略のコツ】確率から考える必勝法|勝ち方、賭け方まとめ

ルーレットの必勝法・攻略法

ルーレットは単なる運勝負のゲームではありません。以下の必勝法・攻略法を用いれば、勝てる可能性を高められます。

select-europeanルーレットで稼ぎたい人はぜひ実践してみてください。

チップコントロール

チップコントロールとは、一定の規則にしたがってベット額に緩急をつけ、当たる確率を上げたり、利益を伸ばしたりする手法です。よくカジノゲームの攻略法・必勝法と呼ばれているもののほとんどはこれで、システムベットと言われることもあります。

ルーレットは数あるカジノゲームの中でも使用できるチップコントロール法が特に多いゲームです。その理由は種類豊富な賭け方にあります。赤黒賭けとストレートアップ、コラムベットとダズンベットといったように異なる賭け方を組み合わせられるのもルーレットならではといっていいでしょう。

ルーレットで使えるチップコントロールは簡単に覚えられるものもあれば、メモ必須なもの、ある程度練習が必要なものまで色々あります。すべてを覚える必要はないので、まずは2つ3つ自分の武器になりそうなものを習得してみてください。計画性なしに賭けるよりもずっと良い結果を期待できます。

参考:【永久保存版】ルーレットで勝つために知っておきたい11の攻略法・必勝法|勝ち方、賭け方まとめ

から回しで波を掴む

から回しとは、ルーレットでベットせずにゲームに参加して結果を見届ける行為を指します。ランドカジノでは禁止されていますが、オンランカジノは自由にから回し可能です。

から回しの狙いは、出目の傾向をみて波を掴むこと。どういうことか分かりやすいように、実際にから回しした際の履歴を用意しました。

上記画像では右上の出目結果から、全14ゲームで赤が6回、黒が8回きていて、直近5ゲームで赤黒が交互にきていることがわかります。また左側の出目頻度をあらわすグラフをみると、「20」付近に出目が集まっているようです。

出目の傾向からすると、赤黒赤黒赤ときているので次は黒、しかも「20」付近の黒がきそうな流れだと予想できますね。

このように、から回しで得られる情報量は多いです。この情報を分析し、次の出目を予測してベットすれば、直感に頼って賭け先を決めるより的中率を上げることができます。

参考:当たる確率が上がる?ルーレットで使える空回しを解説|攻略法・必勝法

ヨーロピアンルーレットを選ぶ

すでに前述していますが、アメリカンルーレットよりもヨーロピアンルーレットの方が2.56%分控除率が低いです。

ランドカジノだと設置ルーレットはアメリカンかヨーロピアンどちらかしかないことが多いですが、オンラインカジノならどこでも両方とも遊べるので、必ずヨーロピアンルーレットを選択してください。

先に挙げたチップコントロールもから回しも、アメリカンルーレットよりヨーロピアンルーレットで実践した方が効果は出やすいです。それほど控除率2.56%の差は大きく、ルーレットで遊ぶ回数が多くなればなるほど、ベット総額が多くなるので、その分控除率の損も積み重なります。

【検証】実際にルーレット必勝法は使えるのか?

ルーレットの必勝法・攻略法について前述しましたが、本当に有効なのか気になりますよね。そこで実際にルーレットで遊んで使えるかどうかを検証してみたいと思います。

ヨーロピアンルーレットを選ぶ

前述した通り、控除率の低いEuropean Rouletteを選択します。

から回しを繰り返し、波を掴む

今回遊んでいるルーレットの履歴は15回まで記録できるので、早速から回しを15回行いました。最新のゲーム結果は下記の通りです。

直近のゲームで4ゲーム黒のポケットに玉が入った後赤のポケットに入っているので、次は赤に賭けてみます。

1回目は黒の31。黒への偏りがさらに強まったので、続けて赤を狙います。

チップコントロール「マーチンゲール法」を試す

損失分を取り戻すために、ここでマーチンゲール法を使います。マーチンゲール法は負けたら倍賭けするチップコントロールで、1勝さえできれば、損失額を取り戻せます。

2ゲーム目で$2賭けて失敗、3ゲーム目で$4賭けてやっと赤が出ました。

1~3ゲーム目までの賭け合計額は$7、3ゲーム目での払い戻しは$8。$1の利益獲得です。

【結論】ルーレットの波を見極める

今回の検証では、ベットし始めてから2連敗しています。から回しで予想できるのは、大まかなルーレットの波であり、次出目を確実に予測するものではないからです。それでもマーチンゲール法と組み合わせることで連敗分の損失を取り戻すことができました。

結論、ルーレットの波を見極めて適切なチップコントロールを選択することが重要だということです。

同じ出目が続かないと予想するなら今回のように損失回収しながら利益を出せるチップコントロールを使えばいいですし、同じ出目が続くと予想するなら連勝向きのチップコントロールを使って利益を伸ばしに行くのもいいでしょう。

どれが有効なのかは波の特徴や資金力によって変わってくるので、ベラジョンカジノのように無料プレイができるオンラインカジノを活用して色んなチップコントロールを検証してみてください。

オンラインカジノで遊べる少し変わったルーレット

オンランカジノには本場のカジノにはない様々なタイプのルーレットあります。

ここではその中でも特に面白くて高配当が狙えるアレンジルーレットを紹介していきますので、オンラインカジノでルーレットを遊ぶ際はぜひ一度遊んでみてください!

Double Ball Roulette

ダブルボールルーレットは、ヨーロピアンタイプのルーレットでボールを2つ使用します。通常のルーレットに比べてアウトサイドベットの配当が高く、インサイドベットの配当が低く設定されています。

2つのボールが入る数字を的中させれば高配当。理論上の還元率は97.3%です。エボリューションゲーミング限定のルーレットで、遊べるオンラインカジノが限られます。

Lightning Roulette

ライトニングルーレットは名前の通り、雷をモチーフにしたCGやBGMがゲームを盛り上げます。

ホイールのスピン前にランダムで数字が選ばれ、選ばれた数字のストレートアップが50~500倍に変動します。

ただし、選ばれる数字は、チップをベットした後にランダムで選ばれるため、狙って賭けることはできません。

マネールーレット(ドリームキャッシャー)

マネールーレット(ドリームキャッシャー)は、「1,2,5,10,20,40」の6つの数字の内どれが矢印に止まるかを予想するカジノゲームです。

描かれている数がそのまま配当になるので、覚えやすく初心者でもすぐに遊ぶことができます。

数字以外にも「×2、×7」というマスがあり、それが出た次のゲームでは、ジャンピングチャンスとなります。ジャンピングチャンスでは、配当が上がります。

ベラジョンカジノ ラッキーニッキー
読み込み中

これ以上は記事がありません

読み込むページはありません