Wストリート5ベット法は勝率81%の勝ちやすい必勝法!?使い方やコツを徹底解説

Wストリート5ベット法は、その名の通りダブルストリートベットを活用したルーレット専用の必勝法です。

ローリスクで利益を獲得することができる上、手順も簡単なのでオンラインカジノ初心者の人にもおすすめできる必勝法の一つです。

今回の記事では、Wストリート5ベット法の使い方やメリット・デメリット、実際のシミュレーションまで詳しく解説をしていきます。

Wストリート5ベット法は数ある必勝法の中で比較的勝率が高い必勝法になります。簡単に利益が出せるので、ルーレット好きの方は気軽に使って楽しんでみてください。

この記事を読んだらわかること

  • Wストリート5ベット法の賭け方・使い方
  • Wストリート5ベット法のメリット・デメリット
  • Wストリート5ベット法を上手に運用するコツ

Wストリート5ベット法の賭け方・使い方

Wストリート5ベット法は、ルーレットで使用できる必勝法です。その名の通り、ストリートベットを5つ使用します。

インサイドベットの37個の数字中30個をに賭けるため、勝率は約81%と必勝法の中でも特に高い数値になっています。

反対に、1回の勝ちで得られる配当は少ないので、連敗すると損益の回収が難しくなります。

Wストリート5ベット法を使うならヨーロピンアンルーレットがおすすめ

ルーレットには、アメリカンルーレットやヨーロピアンルーレットなど色々な種類があります。

Wストリート5ベット法はストリートベットを利用する必勝法なので、比較的還元率の高いヨーロピアンルーレットで使用するのがおすすめです。

ルーレットの還元率は、ベットエリアごとに下記のように変化します。

ルーレットの種類ベットエリア控除率還元率
ヨーロピアンルーレット372.70%97.30%
アメリカンルーレット385.26%94.74%

なお、還元率はプレイヤーが賭けた金額がどの程度払戻されるかの割合で、仮に$100をヨーロピアンルーレットに賭け続けた場合、理論的に約$97が戻ってきます。

Wストリート5ベット法のシミュレーション

では、実際にWストリート5ベット法が使えるかどうか試してみましょう。

今回は本場のカジノと同じペイアウト率で遊ぶことができるベラジョンカジノで試してみたいと思います。

【1ゲーム目】

結果:20 勝敗:○
損益:10ドル 損益合計:10ドル

使ってみると分かりますが、チップを置く作業がとても楽ですね。

【2ゲーム目】

結果:28 勝敗:○
損益:10ドル 損益合計:20ドル

連勝できたので、20ドルの利益です。

もし次負けたら1発でマイナスでしかも取り戻すのに連勝が必要です。

確実に勝って利益を伸ばしたいので、次のベットエリアは少し自分なりに考えながらやります。

【3ゲーム目】

1ゲーム目、2ゲーム目で当選した番号は「20」「28」です。この近辺の数字がまた当選するんじゃないかと予想しました。

「20」の両隣は「1」「14」、「28」の両隣は「7」「12」なので、この数字がカバーできるようにベットしたいと思います。

結果:16 勝敗:○
損益:10ドル 累計損益:30ドル
予想と少しずれていますが、「20」の3つ隣の「16」が当選したので結果オーライです。

しかし、150ドル使って30ドルの利益と考えると…ちょっとリスクに対して割に合わない感じがしました。

負けたら1発で5単位失う事を考えると、あまり長いこと使わずに短期で勝ち逃げを狙ったほうがいいでしょう。

勝率の高さにかまけて適当に使わず、最後のゲームのように考えながらこの手法を利用すれば、確実に1単位取得したい時には効果的に使えると思います。

Wストリート5ベット法の利点・メリット

Wストリート5ベット法には以下2つのメリットがあります。

それぞれのメリットについて詳しく解説をしていきます。

勝率約81%で勝てる

Wストリート5ベット法は、ヨーロピアンルーレットの場合、37個中30個(81.0%)の数字をカバーできるため、5回に4回は勝てる計算になります。

必勝法の中でもここまで勝率が高いものは珍しいので、ぜひ活用してみてください。

賭け方が単純なので初心者にもおすすめ

カジノゲームの必勝法の中には手順が複雑でメモが必要なタイプもありますが、Wストリート5ベット法は「5箇所にストリートベットをするだけ」です。

ストリートベットのやり方を覚えて、賭ける単位を間違わなければ誰でも使えるので、今すぐにでも実践できます。

Wストリート5ベット法の欠点・デメリット

Wストリート5ベット法には、2つのデメリットがあります。

それぞれのデメリットについて、1つずつ解説をしていきます。

勝利時の利益があまり多くない

ストリートベットの配当は6倍ですが、Wストリート5ベット法では5箇所にベットをするため、必然的に得られる利益が少なくなります。

例えば、$1をベットした場合の利益は$1、$2をベットした場合の利益は$2と、賭けた金額が利益になります。

連勝をしても得られる利益は少ないので、大きな金額を稼ぎたいときには向いていません。

負けた時のリカバリーが難しい

Wストリート5ベット法は勝率が高い分、負けたときの損失が大きくなります。

利益と損失の比率は1:5となっているため、負けたときは5連勝しなければ損失を取り戻せません。

しかし、5連勝する確率は下記のように低く、損失を取り戻すのが難しい必勝法と言えるでしょう。

ゲーム数連勝率
181.08%
265.67%
353.19%
443.08%
534.90%

Wストリート5ベット法を上手に運用するコツ

Wストリート5ベット法で上手く稼ぐには、覚えておくべき2つのコツがあります。

それぞれのコツについて、詳しく解説をしていきます。

負けた場合は次回ゲームの賭け金を増やす

Wストリート5ベット法を使って負けたときは、次ゲームのベット額を増やすことで損失が取り戻せます。

例えば、総額$5をベットして負けた場合、次のゲームでは総額$10をベットします。ベット額が一定のままだと5連勝しなければ損失分を取り戻せませんが、ベット額を倍にすれば3連勝で取り戻せます。

1単位のベット額を『$1』『$3』『$5』にした場合、どのように損失を回収するかシミュレーションした表がこちらです。

1単位のベット額ゲーム数ベット総額勝敗損益合計
$11$5×$-5
2$5$-4
3$5$-3
4$5$-2
5$5$-1
6$5$0
$31$5×$-5
2$15$-2
3$15$1
$51$5×$-5
2$25$0

このように、1単位のベット額を$5まで増やせば、1回の勝ちで損失全額を取り戻すことができます。

しかし、勝率が約81%とはいえ必ず勝てるわけではありません。ベット額を増やして負けてしまうと大きな損失が生じるため、リスクを十分に考慮した上で実践するかどうか決めましょう。

パーレー法と組み合わせる

パーレー法はギャンブルの戦略の一つで、ゲームで勝ったときにベット額を2倍にする攻めのベットシステムです。

Wストリート5ベット法にパーレー法を組み合わせれば、1回の勝ちで得られる利益の少なさをカバーできます。

Wストリート5ベット法とパーレー法で10連勝したときのシミュレーション表がこちらです。

ゲーム数ベット額ベット総額勝敗損益合計
1$5$5$1
2$10$15$3
3$20$35$7
4$40$75$15
5$80$155$31
6$160$315$63
7$320$635$127
8$640$1,275$255
9$1,280$2,555$511
10$2,560$5,115$1,023

このようにパーレー法を使って10連勝すれば、$1,000を超える利益を得られます。Wストリート5ベット法は勝率80%を超えているため、攻めの戦略であるパーレー法と相性が良いです。

ただし、パーレー法を成功させるには、連勝している間に利益を確定させることが重要です。あらかじめ目標利益や連勝回数の上限などを決めておき、2つの必勝法を上手く活用しましょう。

Wストリート5ベット法まとめ

この記事のまとめ

  • Wストリート5ベット法は初心者でも簡単に使えて高確率で勝てる必勝法
  • 使用できるゲームはルーレットのみ
  • 利益と損失の比率は1:5なので、短期で勝ち逃げを狙った方が良い
  • 損失が出たときはベット額を増やすことで回収率をアップする
  • 攻めの戦略であるパーレー法と相性が良い

いかがでしょうか?Wストリート5ベット法は、勝率が高くローリスクで利益を得られる必勝法です。

勝利時の利益が少ないというデメリットはありますが、約81%の高確率で勝てるのが魅力です。また、5箇所にストリートベットをするだけのシンプルな手法なので、ルーレット初心者の人でも実践しやすいです。

オンラインカジノならルーレットの無料お試しプレイができるので、Wストリート5ベット法を練習するのにもぴったりです。

この記事を書いた人

ナオ

学生時代に独学でWebマーケティングを学び、複数の会社を経て、2013年に東京でWEB制作会社を起業。
起業後、趣味のカジノ旅行がキッカケで、オンラインカジノに出会い、2018年にCasimo編集部を立ち上げる。

ナオ

関連記事

関連記事をもっと見る
ツールバーへスキップ