• 2018.05.13
  • 投稿

【カンボジア編】カジモ編集部がオススメするカジノリゾートホテル

こんにちは!笠原豪です^^今回はカンボジアのオススメカジノについてご紹介します。

「え、カンボジアにカジノってあるの!?」
読者の皆様の中には、こう思われる方もいらっしゃるかと思いますが…

実は、カンボジアは知る人ぞ知る、穴場カジノがたくさんあるんです!

蒼井 那奈
えー、意外!カンボジアといえばアンコール・ワットぐらいしか思いつかないんで、カジノがあるイメージは全然なかったです!
笠原 豪
カンボジアには大小合わせて50軒ぐらいのカジノがあるぞ。カジノ施設数としてはマカオ以上にあるんだ。ミニマムベットが安いローカルカジノから観光客向けのカジノまであるから、カジノ好きには穴場的スポットだな。
蒼井 那奈
そうなんですね。でも、カンボジアは治安が悪いって聞いたこともありますよ!カジノに行ったら危ない目に合っちゃうなんてことあるんじゃないんですか?
笠原 豪
カンボジアのカジノは海外からの旅行者専用だから、治安やサービス面に気を遣っているところも多いんだよ。今回紹介するカジノは安心して遊べるカジノばかりだから、心配ないぜ!

皆さんはこんな疑問をお持ちではないですか?

  • カンボジアのカジノってどこにあるの?
  • カジノではどんなゲームで遊べる?
  • カジノで遊ぶ時のマナーはあるの?

それではこの疑問について、全てお答えしていきます!

遊びに行く前に知っておきたい!カンボジアカジノの特徴

カンボジアは1世紀頃から文明が始まったとされる歴史ある地域で、アンコール・ワットを始めとした数々の歴史遺跡が主な観光資源でした。

しかし、昨今は国を上げてカジノ産業に力を入れており、現在のカジノ市場規模は約2000億円まで成長を遂げ、貴重な観光資源の1つとなりました。

実は、そんなカンボジアカジノの入場規則やドレスコードは他国とちょっと違うんです。

カンボジアカジノの入場規則

カンボジアのカジノは18歳以上であれば入場することができます。
(カンボジア国民は入場できません。)

…が、実は小さい子供でも保護者同伴であれば入ることができるんです。
他国カジノは18~21歳以下は絶対NGなので、カジノフロアのあちこちで子供を見かけるのはカンボジアカジノならではの光景です。

入場時のパスポートチェックをしないカジノもカンボジアには多いですが、一応携帯しておいた方がいいです。

カンボジアカジノのドレスコード

ドレスコードは特にありません。(一部リゾートカジノは除く)
他国カジノではNGなTシャツ、短パンでも問題なく入れます。

ですが、服装によってスタッフの接客態度は変わります。
スマートカジュアル・フォーマルな装いで行けば、太客と思われて丁重に扱われる可能性が高いので、それなりの格好をオススメします。

1度は行ってみたい!カンボジアのおすすめカジノ

出典:http://www.nagaworld.com/casino/naga-2-new/

ここからは、カンボジアのオススメカジノを3つ紹介します。
カジノがある地域、特徴、ゲーム種類について徹底調査しましたので、旅行の際は参考にしてみてください!

タイタンキング・カジノ&リゾート

出典:https://titankingcasino.com/jp/index.html

タイタンキング・カジノ&リゾート(Titanking Casino & Resort)は、カンボジア国内最大級のカジノリゾートです。ベトナム国境沿いのカジノ街”バベット”の中でもひと際目立っています。レストラン、バー、スパやマッサージにカラオケまであり、バベット版総合リゾート施設といった感じです。

カジノフロアは天井が高くてテーブル同士の距離もあるので、広々とした印象です。ゲーム種類が豊富で、バカラやルーレット、ブラックジャックだけでなく、カンボジア発祥とされるドラゴンタイガーやクメールボクシングを含むスポーツブックまであります。

ドレスコード 特になし
テーブル数 50台
スロット数 約100台
ゲーム種類

バカラ、大小、ルーレット、クラップス、ブラックジャック、ドラゴンタイガー、3カードポーカー、マルガリータ、カジノウォー、ファンタン、スポーツブックなど

ラスベガス・サンホテル&カジノ

出典:http://lvssun.com/

ラスベガス・サンホテル&カジノ(Las Vegas Sun Hotel & casino)は、バベットにあるカジノホテルです。8階建ての中規模ホテルで、清潔感とスタッフ接客は定評があります。

1階にあるメインカジノは、大きいゲームセンターっぽくて親近感が湧きます。テーブルゲームの種類はこちらも豊富で、カジノに手慣れた多くのベトナム人が賑わいをみせています。

ドレスコード 特になし
テーブル数 70台以上
スロット数 約150台
ゲーム種類

バカラ、大小、ルーレット、ブラックジャック、ラスベガスポーカー、3ピクチャーズ、テキサスホールデムなど

ナーガ・ワールド・ホテル

出典:http://www.nagaworld.com/

ナーガ・ワールド・ホテル(NagaWorld Hotel)は、プノンペン市内にある5つ星ホテルです。プノンペン唯一の政府公認カジノリゾートとあって、施設がとても充実しており、10軒のレストラン、スパ、プール、ジム、クラブ、免税ショッピングモールまで揃っています。

ナーガはカンボジア最大のカジノで、2つのゲームホールがあります。ゴージャスなアジア系カジノ感たっぷりの雰囲気で、バベット地区より観光客向けです。また、テキサスホールデムのトーナメントも随時開催されているので、ポーカー好きにオススメです。

ドレスコード 特になし
テーブル数 約540台
電子ゲーム台数 約4600台
ゲーム種類

バカラ、ルーレット、ブラックジャック、カリビアンスタッド、ホイールオブフォーチュン、テキサスホールデムなど

その他のカンボジアカジノ一覧

今回紹介した3つのホテルはバベットとプノンペン市内にありましたが、カンボジアにはカジノ施設のある地域がまだまだあります。

ポイペト(Poipet)のカジノ

タイとの国境沿い。タイ人客が中心でローカルカジノが多い。

・スターベガスインターナショナル リゾート&カジノ 
・ホリデーパレス リゾート&カジノ
・ゴールデンクラウンカジノ
・グランドダイヤモンドシティホテル&カジノ
・オーキッドホテル&リッチカジノ
・ポイペット リゾートカジノ
・トロピカーナ リゾート&カジノポイペット

シアヌークビル(Sihanoukville)のカジノ

カンボジア南部の海岸都市。
南国リゾート地として近年開発され、多くの外国人観光客が集まる。

・クイーンコカジノ&ホテル
・ゴールデンシーホテル&カジノ
・ザ リッチ リゾート&カジノ
・ホリデーパレス リゾート&カジノ
・フォーチュナカジノ&ホテル
・コンポンソムシティカジノ&ホテル

他エリアのカジノ

・サンガン リゾート&カジノ(Anlong Veng)
・グランドドラゴンリゾート(Chrey Thom)
・ラッキールビー ボーダーカジノ(Kanpong Rou)
・ラッキー89 ボーダーカジノ(Kanpong Rou)
・ハ ティエン ヴェガス エンタータイメントリゾート(Kampot)
・タンスール ボゴール ハイランドリゾート(Kampot)
・コー コング カジノリゾート(Koh Kong)
・ダラ サコール シーショア リゾートカジノ(Koh Rong)
・オ スマック カジノリゾート(O'smack)
・ロイヤルヒル リゾート&カジノ(O'smack)
・ダイヤモンドクラウンホテル&カジノ(Pailin)
・ペイリン フラミンゴ カジノホテル(Pailin)

カンボジアのカジノで遊ぶ際の注意点

さて、ここからはカンボジアカジノで遊ぶ時に知っておきたい点を3つ紹介します。

・カジノで使える通貨
・テーブルマナー
・予算

特にテーブルマナーは大人として必ず守るべきものなので、忘れないようにしておきましょう!

カジノで使える通貨

カンボジアカジノで使える通貨は、USドルです。

テーブルに着いた際、USドルをテーブルに置けばチップと交換してくれます。
日本円をチップに交換したい時は、両替所に行けば可能です。
(ベトナム人はベトナムのドン、タイ人はバーツで直接賭けている人もカジノ内にはいますが…)

ただし、カジノ内の両替所は手数料が高くつくこともあります。
カジノに行く予定が立っている時は、空港であらかじめ両替しておくのがいいでしょう。

テーブルマナー

カジノには主に次のテーブルマナーがあります。

・他の人のチップに触れないこと
・ディーラーにチップを払うこと
・暴言は吐かないこと
・大きな荷物を持ち込まないこと・荷物をテーブルに置かないこと

マナーを守って、周囲に迷惑をかけずに気持ちよくプレイするよう努めましょう。

予算

カンボジアカジノはローカルカジノから観光客向けカジノまであり、そのカジノランクや地区によってミニマムベットも変わってきます。

例えばタイ国境沿いポイペト地区カジノなら、ミニマムが1~3ドル。
一方、ベトナム国境沿いバベット地区カジノでは、ミニマムが3~20ドル。
プノンペンのナーガワールドは、ミニマムが5~40ドルです。

予算はミニマムベットの20~30倍あれば余裕を持って遊べるので、どの地区のカジノに行くかで予算を調整するといいです。

カンボジアに行くならチェックしておきたいオススメスポット

出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Angkor_Wat

カンボジア観光なら、世界遺産アンコール・ワットが絶対オススメ!

…ですが、今さらアンコールワットをここで紹介することもないので、今回オススメしたいのはこちら。

森林に眠る遺跡「ベンメリア」です。

アンコールワットよりも古くに建立された(11世紀末~12世紀初頭)と推測される巨大寺院が、時とともに崩壊し、森林に呑み込まれた形そのままで放置されています。人工物と自然の神秘が織りなす巨大廃墟の造詣美には、心を打たれます。

ちなみに、崩れかけた足場も歩き放題なので、アスレチック感覚で散策するのもここならではの楽しみ方です。

笠原 豪
ベンメリア以外にも、バンテアイ・スレイやタ・プローム等の寺院も魅力的だぞ。カンボジアは古代遺跡とカジノの両方が楽しめる数少ない東南アジアの国だから、どっちにも足を運んでおくことをオススメするぜ!

本場カジノで遊ぶ前にオンラインカジノで練習しておこう!

カンボジアのカジノで遊びたい!と思ったら、「カジノのルールを知ること、ゲームに慣れておくこと」が大事です。マカオやシンガポールに比べると、ゲームに手慣れたお客さんが多いので、テーブル前であたふたしてると迷惑をかけてしまうかもしれません。

そこでオススメしたいのがオンラインカジノです!

オンラインカジノとは、「インターネットを通じてプレイするカジノ」のことで、海外にあるカジノと同じように実際のお金を賭けることができます。普通のアプリゲームと異なり、「ギャンブルの一種」で、勝つことができれば勝った金額を自分の手元に現金で引き出すことができます。

無料で遊ぶ機能もついているので一度遊んでみてはいかがですか?

⇒オンラインカジノについて詳しく知りたい人はこちら

ライブカジノ特化型!本場の臨場感が味わえるエンパイアカジノ

ライブ会場は全10カ所、香港・ラスベガス・マカオ…それぞれ個性豊かな会場ばかりで、ルーレット・バカラ・シックボー・ブラックジャック等の主要ゲームテーブルが24時間365日稼働しています。エンパイアではカンボジアカジノで遊べるほとんどのゲームをライブカジノで選べるので、一度遊んでみてはいかがでしょうか?

またエンパイアカジノといえばボーナスです!賭け金の数%が還元されるリベートボーナスがあるので、遊んだ分だけキャッシュバックをもらうことができます。ボーナスを活用すれば、カジノで稼げるチャンスがどんどん広がりますよ!

まずはお試しプレイ!初心者向けベラジョンカジノ

ベラジョンカジノは2018年に7周年を迎えた注目のオンラインカジノです。

信頼性の高いオンラインカジノで、しかも世界中のユーザーから高い支持を得ています。ベラジョンの人気の理由は、ゲームの豊富さとその遊びやすさにあるでしょう。なんと、700種類以上ののライブカジノ・テーブルゲームが存在し、スマホ専用アプリでさくさく遊べてしまいます!

ほとんどのゲームが無料でお試しプレイできるので、まだオンラインカジノで遊んだことがない人は、この際に遊んでみはいかがでしょうか!

ゲーム好き必見!RPG要素を取り入れているカジ旅


オンラインカジノの面白さはカジノゲームだけではない!?

カジ旅では、カジノゲームで遊ぶごとに冒険の物語が進んでいくんです。冒険では、お宝箱を発見したり、ボスを討伐したりとイベント満載!本格的なRPGゲームをプレイしているようで、カジノゲームの楽しみが何倍にも広がりますよ!

カジ旅の魅力にハマッたら、本場カジノでも満足できないかも?オンラインカジノ最高のエンターテイメントを体験したくなったら、さっそくチェックしてみてください!

まずは人気のカジノから攻めよう

いかがでしたか?カンボジアのカジノは意外と凄い、ということがお分かりいただけたかと思います。

最近は、南国リゾート気分が楽しめるシアヌークビルのカジノが欧米旅行者からの人気を徐々に集めているようです。カンボジアカジノではシンガポールやマカオとは一味違う雰囲気で楽しめるので、カジノ好きなら結構ハマッちゃいますよ!

蒼井 那奈
カンボジアは遺跡だけじゃなかったんですね!地域によってゲーム種類やミニマムベットが違うみたいだし、色々まわって遊んでみたいな~♪
笠原 豪
カンボジアのローカルカジノでマカオのリゾートカジノにいる時のような賭け方しすると、すごい優遇してくれることもあるから面白いぜ^^まずはオンラインカジノで気楽に予行練習をして、準備が整ったらカンボジアカジノを楽しんでこようぜ!
関連記事

注目コンテンツ