• 2018.06.22
  • 投稿

ブラックジャックの勝ち方徹底解説!プロも愛用する基本戦略とは?|カジノ攻略法・必勝法

こんにちは!Casimo編集部の笠原豪です!
今回は誰もが知りたい、ブラックジャックの勝ち方について紹介していきます。
カジノで稼ぎたい!と考えている人にずばりおすすめしたいのは、一番稼ぎやすいブラックジャックでしょう。

ブラックジャックは様々なテクニックを駆使することで、他ゲームと比べ物にならないほど勝率アップが期待できるゲームです。
ということで今回はプロも愛用する「確率を踏まえたブラックジャック基本戦略」をお伝えしたいと思います!

なお、この記事で引用する画像は、日本で最も選ばれているベラジョンカジノで遊べる実際のゲーム画像です。バカラの必勝法や遊び方を習得したら、ぜひベラジョンカジノでも遊んでみてください!

◆この記事を読んだら分かること◆
✅ブラックジャックの確率的な考え方(重要)
✅ブラックジャックの基本的な賭け方(7個)
✅おすすめのオンラインカジノ(ベラジョンカジノ)

この記事では、「ブラックジャックの確率的考え方」「ブラックジャックの応用的な賭け方」など幅広く解説していきます!

笠原 豪
ブラックジャックの説明ではわかりやすいように、オンラインカジノの画像を引用しながら解説していくぞ!オンラインカジノなら24時間どこでもプレイできるから、この記事でルールを確認して自分にあったオンラインカジノを探してみよう
その中でもランキング第1位のベラジョンカジノが特におすすめだからチェックしてくれよな!

ブラックジャックの確率的考え方

まず、基本戦略の前にブラックジャックで大切な考え方をおさえておきましょう。

ブラックジャックでは次に引くカード、もしくは伏せてあるカードを「10」であると考えるのが重要です。

その理由は簡単に言えば、「10」と数えるカードが一番多いためです。

ブラックジャックは52枚1組のトランプを複数組使うゲームですが、10と絵札(J、Q、K)は全て「10」として数えます。そのため、「10」と数えるカードが他の数値を数えるカードよりも出る確率は高くなるということになります。

以下に各数値が次カードで出る確率をまとめたので、ご覧ください。

10 9 8 7 6 5 4 3 2 A
30.7% 7.70% 7.70% 7.70% 7.70% 7.70% 7.70% 7.70% 7.70% 7.70%

ご覧のとおり、『10』の出る確率が明らかに高いですよね。

なので、見えないカードは「10」の確率が最も高い=自分が引くカードとディーラーが伏せてあるカードは「10」と考えるのがブラックジャックでは重要な考え方になります。

次に、必ずおさえておきたいブラックジャックの基本的な戦略についてみていきましょう。

ブラックジャックの7つの基本戦略

ここからはブラックジャックの7つの基本戦略を解説していきます。

先に説明した「自分が引くカードとディーラーが伏せてあるカードは『10』と考える」を前提に読み進めてください。

基本戦略1「手持ちカードが11以下なら必ずヒット」

手持ちカードが「11以下」の場合は、次にどのカードを引いてもバーストしません。
そのため、できるだけ「21」に近づけるためにもヒットします。

[例]

ディーラーのアップカードが「9」、プレイヤーの合計値は「6」です。

このままではほぼ負けてしまいますし、次を引いてもバーストはないので「ヒット」を選択します。

プレイヤーには♣10が落ち、合計値は「16」。
一方、ディーラーはバーストしたので、プレイヤーの勝利です。

今回のようにディーラーが自滅する以外に合計値11以下が勝つ道はないので、必ずヒットするようにしましょう。

基本戦略2「ディーラーのアップカードが6以下ならスタンド」

ディーラーのアップカードが『6~2』であれば「スタンド」するようにしましょう。
その理由は、ディーラーのホールドカードがどのカードだったとしても、ルール上ディーラーはさらに1枚引くことになり、ディーラーがバーストする確率が高くなるためです。

[例]

ディーラーのアップカードが「6」、プレイヤーの合計値は「15」です。

「15」は決して強くないのでもうちょっと21に近づけたいところですが、ヒットを選ぶとプレイヤーがバーストする可能性が高い状況です。

ここは無理せず「スタンド」を選択し、ディーラー側のバーストに期待します。

期待通り、ディーラーがバーストしてプレイヤーが勝利しました。

基本戦略3「ディーラーのアップカードが7以上ならヒット」

ディーラーのホールカードが「10または絵札」という前提で考えた場合、手持ちカードが「16以下」だと負けてしまいます。そのため、アップカードが「7以上」の場合は基本的にヒットします。

ただし、「12~16」の場合にヒットすれば自分がバーストする確率も高いので、その点を考慮して冷静に判断するようにしましょう。

[例]

ディーラーのアップカードが「10」、プレイヤーの合計値は「13」です。

プレイヤーは8以上を引けばバーストしますが、このままでは負ける可能性がかなり高いです。

ここはリスクをとって「21」に近づけられるよう「ヒット」を選択します。

プレイヤーには♠4が落ちたのでバーストはしませんでした。
しかし、ディーラーの合計値は「19」で、残念ながらプレイヤーの負けです。

結果的に負けましたが、自分がバーストしなければディーラーのバーストに期待することもできた状況なので、もう一回ヒットしてバーストするリスクは取りませんでした。

このように「自分がバーストしないことを優先する」のもブラックジャックにおいて重要な考え方です。

基本戦略4「A(エース)が配られたらヒット」

A(エース)は「1」又は「11」を選択できるので、ヒットしてもバーストしません。
そのため、より「21」に近づけるためにもヒットします。

[例]

ディーラーのアップカードが「6」、プレイヤーの合計値は「7もしくは17」です。

17でもそこそこ勝負はできますが、ここはより「21」に近づけるためにも「ヒット」します。

ヒットでプレイヤーに♡4が落ち、合計値「21」でプレイヤー勝利です。

基本戦略5「手持ちカードが9、10、11ならダブルダウン」

手持ちカードが「9~11」の場合、次のカードで「10または絵札」が出れば勝てる可能性が高いので、ダブルダウンを選択して勝負に出ます。

なお、ディーラーのアップカードが「7以上」の場合は小さい数字を引いてしまったときに負けるリスクが高いため、基本的にディーラーのアップカードが「6以下」のときに使います。

[例]

ディーラーのアップカード「4」、プレイヤー合計値が「9」です。

条件が揃っているので、ダブルダウンをしてみると……

プレイヤーには絵札が落ちて、合計値「19」。
一方、ディーラーはバーストしたので、プレイヤーの勝利です。

ダブルダウンをした場合は1枚しか引けないので、期待した数字が来ない可能性も十分考慮して選択するようにしましょう。

基本戦略6「A(エース)2枚配られたら必ずスプリット」

A(エース)は「1」又は「11」を選択できるので、スプリットすることによって「21」を狙いやすくなります。

[例]

プレイヤーに♡Aが2枚落ちたので、迷わず「スプリット」を選択します。

「スプリット」の場合、同額ベットを追加することになります。
2組の手札両方が勝つのが理想的ですが、そうじゃなくても片一方が勝てばプラスマイナス0で終われます。

最悪なのはどちらも負けてしまうことですが……

1つの手札の合計値が「21」、もう一方が「19」となりました。
ディーラーは「18」なので、プレイヤーの2組の手札が両方勝ちです。

今回のように両方とも勝利するのが最も理想的な形ですね。

基本戦略7「7以上のペアが配られたらスプリット」

これはディーラーのアップカードが「6以下」のときに使います。
この場合はディーラーがバーストする可能性が高い上に、追加カードが「10または絵札」である確率も高いので、2組の手札が両方とも勝つことに期待できます。

[例]

プレイヤーの合計値は「20」、ディーラーは「6」。

このままでも勝てる可能性は高いですが、スプリットをして悪い手になってもディーラーがバーストする確率も高いです。

2つの手札ともが合計値「20」となりました。
一方、ディーラーはバーストしたので、プレイヤーの勝利です。

まとめ

いかがでしょうか?
ブラックジャックに関する基本的なルールだけでなく、ぐっと勝率を高めるための勝ち方についてお分かりいただけたでしょうか。ブラックジャックで稼ぎたい人は、今回紹介した基本的戦略をマスターして、本場カジノやオンラインカジノで試してみてください!

いきなり全てを覚えて実践するのは難しいと思うので、まずは練習を重ねてみてくださいね。自然と正しい選択ができるようになったら、本場カジノに行ってブラックジャックで稼げる可能性がグンと高まりますよ!

最後に7つの基本戦略に共通するポイントをまとめておきます。

◆この記事のポインt◆
✅手持ちカード、ディーラーのアップカードによって状況を判断する
✅プレイヤーがバーストする確率が低い場合はヒットを選択する
✅ディーラーがバースロする確率が高い場合はスタンドを選択する 
✅ダブルダウンやスプリットは勝てる見込みが高い時に選択する

笠原 豪
ブラックジャックの練習をするなら、ネットで遊べるベラジョンカジノがオススメだぜ!海外のカジノに行くのは時間の制約があるけど、スマホで簡単にプレイできるオンラインカジノなら今すぐ始められるし、Casimo編集部がおすすめするベラジョンカジノはマルタ共和国政府の厳しい審査を受けてライセンスを取得してるから安心だぞ!

関連記事

注目コンテンツ