【カジノゲームの賭け方・必勝法】10%投資法の使い方を徹底解説!

10%投資法は、毎ゲームの賭け金を自己資金の10%で配分しながらベッティングする必勝法です。

カジノゲームを投資と捉える投資術に近いチップコントロールであるため、資金管理を徹底したい方に向いています。

10%投資法は短時間で自己資金を溶かさない必勝法です。負け込んでしまうとついつい無謀な賭け方をしてしまいがち。そんな時は10%投資法を使えば連敗時の損失が抑えやすく、連勝時は利益が増えやすくなります。

この記事を読んだらわかること

  • 10%投資法の使い方
  • 10%投資法のメリット・デメリット(重要)
  • 10%投資法は実際に使えるのか?(画像付きで解説)

10%投資法の使い方

10%投資法は毎ゲームで自己資金の10%を賭け金とする必勝法です。勝敗確率1/2、配当倍率(オッズ)2倍のルーレットなどで使用します。

使用ルールは簡単で、ゲームごとに賭け金を次の数式に当てはめるだけです。

(自己資金)×0.1 =次回賭け金

自己資金が10~100ドルだった場合の計算例を見てみましょう。

自己資金計算式賭け金
$100100×0.1=$10$10
$9090×0.1=$9$9
$8080×0.1=$8$8
$7090×0.1=$7$7
$6090×0.1=$6$6
$5090×0.1=$5$5
$4090×0.1=$4$4
$3090×0.1=$3$3
$2090×0.1=$2$2
$1090×0.1=$1$1

ご覧のとおり、資金が多ければ賭け金も大きくなり、資金が少なければ賭け金は小さくなっていますね。

10%投資法の強みはこの自己資金と賭け金の関係のバランスが一定なところにあります。詳しくは次項目でご確認ください。

10%投資法のメリットを学んでおこう!

10%投資法のメリットは次の2点です。

  • 連勝すればするほど利益になる
  • 連敗すればするほど損失額は低くなる

この手法では勝ちを重ねて自己資金が増えていけば、利益はどんどん伸びていきます。

また、利益が積みあがるスピードに対して損失が膨らむスピードはそこまで早くありません。

どれだけスピードが違うかは次のグラフをご覧ください。
グラフは10連勝時と10連敗時の自己資金の増減を示しています。

青線(連勝)に比べると、赤線(連敗)の方が緩やかなのが分かりますね。

このように、連敗が続いても損失額が膨らみづらいので、自己資金があっという間に吹っ飛んでしまうという心配がありません。

参考に5連勝する場合と、5連敗する場合の資金増減を次の表でご確認ください。

自己資金は100ドルからスタートします。(小数点以下は四捨五入で切り捨て)

【5連勝のケース】

ゲーム数賭け金勝敗自己資金次回賭け金
1$10$110110×0.1=$11
2$11$121121×0.1=$12
3$12$133133×0.1=$13
4$13$146146×0.1=$15
5$15$161161×0.1=$16

【5連敗】

ゲーム数賭け金勝敗自己資金次回賭け金
1$10×$9090×0.1=$9
2$9×$8181×0.1=$8
3$8×$7373×0.1=$7
4$7×$6666×0.1=$7
5$7×$5959×0.1=$6

5連勝の場合は+61ドルに対して、5連敗の場合は-41ドルとなります。この違いは自己資金の大きさによって賭け金が変動するところからきています。

10%投資法のデメリットを学んでおこう!

この手法のデメリットは次の2点です。

五分五分の勝負では資金が徐々に減る

10%投資法では賭け金がその都度変化するので、同額賭けに比べると五分五分の勝負時は徐々に自己資金が減っていきます。

例として、3勝3敗の場合の自己資金減少例をご覧ください。

自己資金は100ドルからスタートします。(※小数点以下は四捨五入します。)

ゲーム数賭け金勝敗自己資金次回賭け金
1$10$110110×0.1=$11
2$11×$9999×0.1=$10
3$10$109109×0.1=$109
4$11×$9898×0.1=$10
5$10$108108×0.1=$11
6$11×$9797×0.1=$10

しかし、10%投資法の減少率は他手法に比べると低いので、この点は頭の片隅に置いておく程度でいいでしょう。

計算結果と実際の賭け金に誤差が出る場合もある

10%投資法で一番気をつけたいポイントは計算後に出る小数点以下の数字の扱いです。

カジノの各テーブルではベットリミットが設定されているため、小数点以下にあたる賭け金がベットリミットを下回る場合があります。

このような場合、小数点以下を切り捨てるか切り上げなければいけないので、計算結果と実際の賭け金にわずかながら誤差が生じます。

この誤差は避けられないことなので、計算結果で小数点が出た場合は、切り上げ・切り捨てのどちらの操作をするか統一しておいたほうがいいでしょう。

10%投資法は本当に使えるのか?

では、本当に10%投資法が使えるかどうか試してみましょう。
今回は本場のカジノと同じペイアウト率で遊ぶことができるベラジョンカジノで試してみたいと思います。

10%投資法は勝率1/2のカジノゲームで使用することができるので、バカラで配当2倍のPLAYERに賭け続けてみます。

【1ゲーム目】

自己資金は500ドル、ベットリミット1ドル~100ドルのバカラテーブルを使用します。

最初の賭け金は500×0.1=50ドルです。

PLAYER「9」、BANKER「5」。
PLAYER勝利なので100ドルが払い戻されました。利益は50ドルです。

自己資金は550ドルとなったので、次ゲーム賭け金は550×0.1=55ドルとなります。

【2ゲーム目】

PLAYER「8」、BANKER「0」。
PLAYER勝利なので110ドルが払い戻されました。利益は55ドルです。

自己資金は605ドルになったので、次ゲーム賭け金は605×0.1=60.5ドル
…ですが、このテーブルに1ドル未満のチップはないので、小数点以下は四捨五入します。

なので、次の賭け金は60.5⇒61ドルです。

【3ゲーム目】

PLAYER「6」、BANKER「7」となりました。

BANKER勝利なので、賭け金61ドルは没収です。自己資金は605-61=544ドルとなりました。

次ゲーム賭け金は544×0.1=54.4ドル⇒54ドルです。

【4~7ゲーム目】

4~7ゲーム目までの結果は下記の通りです。

ゲーム数賭け金勝敗収支
4ゲーム目54ドル598ドル
5ゲーム目60ドル×538ドル
6ゲーム目54ドル592ドル
7ゲーム目59ドル×533ドル

勝ち負けが交互に続いたので、3ゲーム目より自己資金が11ドル減りました。

次ゲームの賭け金は533×0.1=53.3⇒53ドルです。

【8ゲーム目】

PLAYER「9」、BANKER「1」となりました。PLAYER勝利なので106ドルが払い戻されました。利益は53ドルです。

自己資金が586ドルとなったところで終了します。

ここまでの戦績を次の表でご確認ください。

ゲーム数賭け金勝敗自己資金次回賭け金
1$50$550550×0.1=$55
2$55$605605×0.1=$61
3$61×$544544×0.1=$54
4$54$598598×0.1=$60
5$60×$538538×0.1=$54
6$54$592592×0.1=$59
7$59×$533533×0.1=$53
8$53$586

勝ち負け交互で徐々に資金が減っていましたが、負け回数より勝ち回数が1、2個多いだけでも、利益がしっかり増えていますね。

また、勝っても負けても自己資金に対する賭け金の割合が変わらないので安心感がありました。

【まとめ】10% 投資法なら誰でも簡単にできます

この記事のまとめ

  • 10%投資法は常に賭け金を自己資金の10%とする必勝法
  • 使用できるのは勝敗確率1/2、配当2倍のゲーム
  • 連勝時に比べて連敗時の方が資金変化がゆるやか
  • 勝ち負け交互になると徐々に資金が減る

いかがでしょうか。10%投資法は自己資金と賭け金の比率を常に一定に保てる必勝法です。

必勝法には連勝時に利益を伸ばすタイプや連敗時の損失を抑えるタイプなど色々ありますが、10%投資法はそのどちらも兼ね備えたハイブリット型必勝法といっていいでしょう。

計算の仕方は簡単なので、さっそくオンラインカジノの無料プレイで自己資金によって賭け金がどのように変化するのかチェックしてみてください!

この記事を書いた人

ナオ

学生時代に独学でWebマーケティングを学び、複数の会社を経て、2013年に東京でWEB制作会社を起業。
起業後、趣味のカジノ旅行がキッカケで、オンラインカジノに出会い、2018年にCasimo編集部を立ち上げる。

ナオ

関連記事

関連記事をもっと見る
ツールバーへスキップ