【永久保存版】7UPバカラのルールと攻略法・必勝法を完全ガイド!

今回は7UPバカラのルールと攻略法・必勝法を徹底的に解説していきます。

7UPバカラは基本的に通常のバカラと同じですが、プレイヤーの1枚目の手札が「7」で固定されているのが特徴。この7という数字を上手く使えば、大きく勝つことも可能です。

この記事さえ読めば、7UPバカラの基本から稼ぐために必要な戦略・攻略法までを包括的に習得できます。

7UPバカラには7のカードが連続で出ると配当が上がっていくサイドベット「スーパー7」があります。スーパー7の最高配当は778倍(777:1)!7を揃えて7揃いの配当をゲットしましょう。

この記事を読んだら分かること

  • 7UPバカラのルール(通常のバカラとの違いなど)
  • 7UPバカラの賭け方と受け取れる配当
  • 7UPバカラの攻略法と必勝法(マーチンゲール法、パーレー法)
  • 7UPバカラの流れ(チップを置いてから勝敗が決まるまで)
  • 7UPバカラ以外にあるオリジナルバカラ

7UPバカラとは

7UPバカラは数あるバカラのアレンジゲームのなかでも、かなりの変わり種です。なぜかというと、プレイヤーに配る1枚目のカードが、最初から「7」と決められているからです。

7UPバカラのルール

7UPバカラの基本ルールはバカラと同じですが、「プレイヤーの1枚目の手札が『7』で固定されている」という違いがあります。
本場のカジノでは、テーブルのプレイヤーサイドに最初から「7」と印字されているので、どのテーブルで7UPバカラが遊べるのかすぐにわかります。オンラインカジノでも端末画面のプレイヤーサイドに「7」が表示されるのでチェックしましょう。

通常の「バンカー」「プレイヤー」「タイ」の他に「スーパー7」というベット枠があるのも特徴です。

また、7UPバカラはバンカーに賭けたときのコミッションがありません。そのため初心者や手持ちの少ないユーザーに有利なゲームではありますが、バンカーに賭けてバンカーが7で勝った場合は配当が0.5倍になることは留意しておきましょう。

7UPバカラの流れと配当

では実際にゲームの流れ(遊び方)を確認していきましょう。

ここでは分かりやすく解説するために、エンパイアカジノの画像を引用していますので、イメージしながら見てください。

テーブルにチップを置く

まずはテーブルにチップを置きます。制限時間があるので、遅れないようにしましょう。

ディーラーからカードが配られ、勝敗が決定

ディーラーからカードが配られ、勝敗が決定します。上の画像ではタイでしたので、もし引き分けに賭けていたら8倍の配当が受け取れていました。このように大きく勝てる可能性があるのが7UPの魅力のひとつです。

7UPバカラの賭け方と配当

7UPバカラの配当は次の配当表のとおりです。

配当は国ごと、カジノごとに異なる場合もあります。また記事に書いてある配当はあくまで平均値である点に注意してください。

ベット配当
プレイヤー1:1
プレイヤー(合計7)1:2
バンカー1:1
バンカー(合計7)3:2
タイ7:1
タイ(合計7)9:1
スーパー7(7が連続2回)3:2
同上(7が連続3回)6:1
同上(7が連続4回)15:1
同上(7が連続5回)77:1
同上(7が連続6回)777:1

配当表の注意点を説明します。

「ベット」の11項目は、いずれも賭けた場所(ベット枠)を表しています。

ただし、5つのスーパー7(7の連続回数2〜6)は個別のベット枠があるわけではなく、いずれもテーブル上の「スーパー7」にベットすればOKです。

プレイヤー/バンカー/タイの(合計7)は、カードの合計値の下一桁が7で勝ったことを示しています。

スーパー7は、勝敗が決まった時点で7のカードが連続で出た枚数によって倍率が上がっていきます。これが「7UP」と呼ばれる理由です。1枚目は最初から場に出ているので、カウントは連続2回からスタートします

7UPバカラで使える攻略法・必勝法

攻略法や必勝法は勝率を上げてくれるので、うまく使えばとても強い味方です。
しかし、あまりに依存してしまうと泥沼にはまってしまうので要注意です。

ギャンブルの攻略法や必勝法は「確率」から導かれています。ということは、「大数の法則」に支配されるわけです。大数の法則とは「理論通りの結果となるには、膨大な試行回数が必要になる」という理論です。

以上の点をよく理解したうえで実践しましょう。

コツコツ稼ぎたい人にオススメ「マーチンゲール法」

マーチンゲール法の使い方はとてもシンプルです。

  1. 使えるのは配当が2倍のゲームだけ。
  2. 勝負に負けたら次の勝負では前回の倍額をベットする。
  3. 勝負に勝ったら、スタート時のベット額に戻す

この3つだけです。

7UPバカラの2倍配当は、「バンカー」「プレイヤー」の2つだけですから、マーチンゲール法を使える条件はバカラとまったく同じです

ゲーム賭け金勝敗損益
11×-1
22×-3
34×-7
48×-15
5161

また、バカラのテーブルにはそれぞれベットの上限額が設定されているので、負けが連続するとすぐに上限に達してしまいます。このリスクを避けるには、スタート時のベット額を小さくすることが肝心です。ごらんのとおり、損益合計がマイナスからプラスに転じるまではベット額が倍々に増えていきます。十分な元手がないとすぐに溶けてしまうので要注意です。

ベットマージン(ベットの最低額と最高額の幅)にも注意してください。バカラはテーブルごとにマージンが異なります。当然マージンの大きいテーブルのほうが上限に達するリスクも低くなるので、攻略法が実践しやすくなります(これは次に説明するパーレー法でも同じです)。

一気に稼ぎたい人にオススメ「パーレー法」

パーレー法の別名は「逆マーチンゲール法」です。

勝負に勝った場合に、次のゲームで直前の倍額をベットします。それ以外のルールはマーチンゲール法と同じです。
パーレー法は勝った時に限定して使うので、マーチンゲール法に比べればプレッシャーは少ない方法といえます。

下の実践表で一目瞭然ですが、連続勝利していけば大勝ちも可能です。強い刺激を求めるハイローラーにはぴったりの攻略法です。

ゲーム賭け金勝敗損益損益合計次回賭け金
11111×2=2
22232×2=4
34484×2=8
488168×2=16
516163116×2=32
632326332×2=64
764×00-1

このリスクを回避するには、「5連勝したらベット額をスタート時に戻す」など、自分なりのルールを決めておくのが有効です。「損益合計」の最後、「−1」に注目してください。順調にプラスを増やしてきたのに、たった一度の負けでマイナスに転じています。これがパーレー法の怖さです。

その他の面白いアレンジバカラ

7UPバカラも通常のバカラから派生したオリジナルバカラのひとつですが、その他にも面白いアレンジバカラがたくさんあります。

この記事では特におすすめなものを3つ紹介します。

ラッキーバカラ

プレイヤー、バンカーそれぞれに2枚のカードが配られ、合計の点数が9に近い方が勝ちとなります。

プレイヤーは何点で勝つか、もしくは何点で負けるかを予想してベットします。

ファビュラス4バカラ

基本的には通常のバカラのルールと同じですが、「ファビュラス4」というベット項目が追加されています。

「プレイヤーが4で勝つ」と予想してファビュラス4ベットし、見事当たると、なんと40倍の配当を獲得できます。一攫千金のチャンスがあるバカラです。

スーパー98バカラ

サイコロの要素が追加され、出目によって配当が変わるという一風変わったバカラです。

出目が9または8になった場合は「スーパーハンド」と呼ばれる高配当になり、通常のバカラよりも盛り上がれるのが魅力的です。

7UPバカラまとめ

この記事のまとめ

  • 7UPバカラでは、プレイヤーに配る1枚目のカードが最初から「7」と決められている
  • 7UPバカラでは、通常の「バンカー」「プレイヤー」「タイ」の他に「スーパー7」というベット枠がある。
  • 7UPバカラはノーコミッションなので、初心者におすすめ
  • 7UPバカラは合計7の場合とスーパー7が連続した場合は配当倍率が大きく変動する
  • 7UPバカラでは2倍配当のベットに限りマーチンゲール法とパーレー法が有効

いかがでしょうか。7UPバカラはその名の通り、「7」がゲームの勝敗を大きく分けるバカラの一種。7が連続で続くことによって大きく勝つことができる魅力的なゲームです。

また、プレイヤーの最初のカードが7で固定されていて少しだけプレイヤー側が有利なのに加え、ノーコミッションなので、初心者におすすめです。

今回ご紹介したパーレー法やマーチンゲール法などの投資法を極めていけば、本場カジノでの勝率も大きく上げられます。ぜひ試してみて下さい。

この記事を書いた人

ハル

予備校講師やセミナー講師を経て、在宅ライティング専業になりました。
Casimoでは2018年立ち上げ当初からカジノゲームや必勝法・攻略法の記事作成を担当しています。

ハル

関連記事

関連記事をもっと見る
ツールバーへスキップ