一獲千金の法則【ルーレット編】

カジノの中で一番一攫千金の夢が見れるのはスロットですが、スロットで大当たりが出るかどうかは完全に運次第です。しかし、ルーレットは自分の賭け方次第で一攫千金を狙うことができます。

バカラやブラックジャックなどではルーレット以上の高配当を狙うことができないので、カジノで稼ぎたい人はルーレットを極めるのが一番の近道かもしれません。

一獲千金も夢じゃない「ストレートベット」

基本的な賭け方の中で最高配当を狙えるのがストレートベットです。
【賭け方】0~36(0~37)の中から特定の数字に賭ける
【配当】36倍
【確率】ヨーロピアンルーレット:2.7% アメリカンルーレット:2.63%

1万円賭けて当たれば一発で36万円も獲得できるのはかなり魅力的ですが、当たる確率がとても低いので連続して使うのはとても危険です。ただし、ストレートベットを他の賭け方と組み合わせればリスクを抑えつつも高配当を狙うことができます。

ストレートベット応用編!最高額配当144倍の「フラワーベット」

フラワーベット法はストレートベットと同時のその周囲8か所に賭ける手法です。
賭け方の手順は簡単で、本命の数字にストレートベットをしたら、その数字を取り囲むように8個の同額チップを置きます。使用するチップ数は合計9枚です。

フラワーベット法を使うと、1つのストレートベット(配当36倍)と4つのコーナーベット(配当9倍)、4つのスプリットベット(配当18倍)を本命数字に同時ベットすることができます。

配当はどの数字が当たるかによって変わります。
本命数字:配当144倍
本命の上下左右の数字:36倍
本命から斜め移置の数字:9倍

リスクを抑えつつ144倍もの配当を狙えるのはこの必勝法だけです。

【番外編】傾向を読んで勝ちに行く方法

ルーレットには出目の傾向を読んで着実に利益を積み上げる賭け方もあります。
ルーレットはディーラーの癖や出目の偏りなどから特徴的な傾向を読むことができるので、それに合わせて賭け方を変えると勝率アップを狙うことができます。

傾向を読む①「ネイバーベット(シフトベット)法」

ネイバーベット法はルーレット盤を4分割したエリアごとの傾向から賭け先を決める手法です。

賭け方の手順は以下の通りです。
①過去の結果から当選するエリア(上記画像ABCD)の傾向を分析する
②①で選択したエリアに含まれる全数字に同額ストレートベットする

ヨーロピアンルーレットの場合、エリアAに当選数字が集まっている傾向が見えたら「32,15,19,4,21,2,25,17,34」に賭けます。

1つの当選数字の傾向を追うのはとても難しいですが、エリアで考えると球が落ちる場所の傾向を比較的簡単に把握することができます。

ただ、傾向が見えるまでに数十ゲームこなさなければいけないこともあるので、勝負どころまで待てる我慢強い方におすすめです。

傾向を読む②「ダズンベット」

ダズンベットは「1~12」「13~24」「25~36」の3つに分けられたまとまりに賭けるアウトサイドベットです。先ほど紹介したネイバーベット同様、過去結果からどこのまとまりに当選数字が集まっているか傾向を把握し、賭け先を決めます。

ダズンベットは配当3倍なのでストレートベットのような爆発力はありませんが、カバーしている数字がルーレット盤全体に散らばっているので比較的傾向が出やすく、当たりやすい賭け方です。

傾向を読む③「コラムベット」

コラムベットはベットテーブルの数字を「上段・中段・下段」に分けたまとまりに賭けるアウトサイドベットです。

先ほど紹介したダズンベット同様、過去結果からどこのまとまりに当選数字が集まっているか傾向を把握し、賭け先を決めます。

コラムベットはダズンベットと同じく配当3倍、違うのは数字のまとまり方だけです。
こちらも傾向が分析しやすいので、過去結果からコラムベットとダズンベットを使い分けると賭けるチャンスが多くなります。

ルーレットは一歩間違えると地獄に真っ逆さま!?

この記事のポイント

ストレートベットは36倍配当だが当たる確率が低い
リスクを抑えてルーレット最高配当144倍を狙うならフラワーベット法
傾向を読んで賭け方を変えれば着実に利益を積み上げられる
ネイバーベット法は4分割されたエリアから傾向を読む
ダズンベットとコラムベットは一緒に使うといい

今回紹介した賭け方はルーレット経験者でないと使いこなすのが難しいかもしれません。
下手に使うと連敗続きになって資金を失ってしまう可能もあるので、まだルーレットに慣れていない方は次で紹介する攻略法・必勝法を使うところから始めてみてください。