『Asia Gaming(アジアゲーミング)』の特徴や人気ゲームをランキングで徹底解説!

Asia Gamingは2012年にフィリピンで設立されたソフトウェア会社で、主にアジアの市場に対してカジノゲームなどのコンテンツを提供しています。

中華圏の文化を取り入れたスロットゲームやドラゴンタイガーなどアジア圏で好まれているゲームを開発している会社です。

Asia Gaming(アジアゲーミング)はライブゲーム開発をメインに行っている会社です。アジア系の黒髪美人ディーラーの在籍が多く、プレイヤーから高い人気を誇っています。バカラテーブルが多いので、バカラ好きのプレイヤーは必見です。

この記事を読んだらわかること

  • Asia Gamingの特徴
  • Asia Gamingの中で人気のあるゲーム
  • その中でも還元率が高いゲーム
  • Asia Gamingのソフトを導入しているオンラインカジノ
  • Asia Gamingが取得しているカジノライセンスとその信頼性

Asia Gaming(アジアゲーミング)の特徴とは?

Asia Gamingはアジアの市場をメインのターゲットとしているので、ゲームの種類や内容についてもアジアの人たちに馴染みのあるものを多く取り入れています。ここでは、3つの特徴を詳しく紹介していきます。

【特徴①】ライブカジノを中心に手がけているアジア向けソフトウェア会社

Asia Gamingはライブカジノのゲームが有名で、種類自体は多くないもののテーブル数が多く、複数のプレイヤーが同時にプレイ可能です。

ライブカジノ以外にも他のソフトウェア会社と協力してスロットゲームやバカラ、ブラックジャックといったテーブルゲームも開発、配信しています。

前述したようにアジア市場を中心に展開をしているので、東南アジアのユーザーが多いオンラインカジノで広く導入されているのが特徴です。

【特徴②】いち早くHTML5を活用した美しいグラフィックのゲームを開発

アジアゲーミングでは2015年の時点でHTML5を活用したゲームの開発を始めました。HTML5の勧告が2014年の終わり頃になされたことから考えてもて非常にスピーディーであることがわかります。

そして従来のFlashプレイヤーをインストールすることなくライブカジノやブラウザゲームが楽しめるようになりました。このように新しいものを積極的に取り入れ、多くのプレイヤーが遊びやすい環境を作ることにも力を入れています。

【特徴③】ハイローラーが楽しめる仕様を追求している

Asia Gamingが配信しているゲームの大きな特徴として、ベットリミットの上限が高めに設定されているのでハイローラーでも十分に楽しめるという点です。

例えば一部のゲームでは100万円以上の金額がべットできますし、そこまでいかなくても数十万円単位でべットできるゲームが多いです。

また、オートプレイ機能など操作性も考慮したゲーム設計がされているので、ストレスなく気軽にゲームが楽しめます。

Asia Gaming(アジアゲーミング)が配信している人気ゲーム

次にAsia Gamnigが配信している人気ゲームを、下記3つのテーマで紹介していきます。

1位 Fruit Slot

「Fruit Slot」は一般的なスロットゲームとは違い、同じ図柄が複数揃ったら配当が貰える仕組みではなく、ルーレットのようにどの図柄に止まるかを予想するゲームです。

図柄を予想したらそこにどれくらいの金額をべットするかで得られる配当が変わります。ほぼルーレットと同じゲームですが、ベットリミットが最大2000ドルと通常のスロットゲームよりも上限が高いので、ハイローラーにはおすすめです。

ゲーム名Fruit Slot
ジャンルビデオスロット
リール数
ベット幅(Min / Max)$0.4~$2000
還元率
その他オートプレイ有

2位 AERIAL WARFARE

「AERIAL WARFARE」は戦闘機のコックピットを模したデザインが特徴的なスロットです。リールは4×5でペイラインが1024通りあるメガウェイズタイプのゲームになっているので比較的配当が揃いやすくなっています。

また、スロットゲームには珍しく高額なべットも可能となっているので、スロットが好きなハイローラーぜひ一度プレイしてみてください。

3位 Monkey King

「Monkey King」は西遊記に登場する孫悟空をモチーフとしたスロットで、ボーナスゲームやフリースピンを備えたやりごたえのあるゲームです。

中華風の音楽も西遊記の世界観にマッチしていますし、3DCGを使った孫悟空のモーションなども特徴です。

1位 DragonTiger

「DragonTiger」はバカラによく似たゲームのドラゴンタイガーをテーブルゲームで再現したもので、オンラインで他のプレイヤーと一緒にプレイが可能です。

ライブカジノのように実際のディーラーがいるわけではなく、コンピューターがゲームの進行を行います。べットには制限時間があるのでライブカジノとほぼ変わりませんが、ライブカジノよりも気軽に楽しみたい方におすすめです。

ゲーム名DragonTiger
ジャンルドラゴンタイガー
ベット幅(Min / Max)$0.2~$2000

2位 SicBo

「SicBo」はサイコロの出目を予想するシックボーのテーブルゲーム版です。こちらも前述した「Dragon Tiger」と同じく他のプレイヤーとオンラインで繋がっているので、進行には若干の待ち時間などが生じます。

ベットリミットもミニマムが1ドルからと比較的高額になっているので、初心者向きとは言えませんが、高額ベットを楽しみたい方はプレイしてみましょう。

3位 Lucky Wheel

「Lucky Wheel」はルーレットに似たゲームで、トランプのマークやその他の図柄が描かれたホイールを回転させて、出る目を予想するものです。

賭け方はルーレットよりも単純ですが、最大50倍の配当が得られるなど獲得できる最大倍率はルーレットよりも高くなっています。ゲーム自体は至ってシンプルなので初心者でも簡単にプレイが可能です。

1位 Live Baccarat

Asia Gamingで最も還元率の高いゲームはライブカジノでプレイできる「Live Baccarat」です。

テーブルゲームとは異なり、実際のディーラーがストリーミング配信を通してリアルタイムでゲームの進行を行います。また、Live Baccaratは、大小やパーフェクトペア、エニーペアなどのサイドベットにも賭けることができます。

ベットリミットは$0.5~$10000、$20~$2000、$50~$5000と三段階から選択が可能で、ハイローラーにもおすすめです。

ゲーム名Live Baccarat
ジャンルバカラ
ベット幅(Min / Max)$5~$10000
還元率98.94%

2位 King Arthur

次に還元率が高いのはスロットゲームの「King Arthur」です。アーサー王伝説をモチーフとしたゲームになっていて、Big Winが出た際にはエクスカリバーが抜ける演出があるなど凝った作りになっています。

ミニマムべットは$0.5と若干高めですが、ペイラインは50通りと一般的なスロットよりも多いので、初心者にもおすすめです。

ボーナスシンボルが3つ揃うとボーナスルーレットが始まり、その結果によってフリースピンの回数が変わります。最大で2000万円のペイアウトがあるのでぜひプレイしてみてください。

3位 ALICE ‘s Adventures

最後は「ALICE ‘s Adventures」です。不思議の国のアリスをモチーフとしたゲームで、物語の様々なキャラクターが登場します。

主にフリースピンで稼いでいくタイプのスロットで、5種類のフリースピンから自由に選択が可能です。スピンの回数は10~25回となっていて、回数が少なくなければなるほどマルチプライヤーの倍率が増加します。最大で30倍の配当が獲得できるので、一気に大金が稼げるゲームとなっています。

Asia Gaming(アジアゲーミング)のゲームが遊べるオンラインカジノ一覧

当サイトで紹介しているオンラインカジノの中でアジアゲーミングを採用しているものをまとめました。ボーナス情報も記載しているので、気になる方は是非登録して遊んでみてください!

カジノ名ボーナス

エルドア
・コンプポイント
・期間限定プロモなど

エンパイア
・ウェルカムボーナス
・入金ボーナス
・キャッシュバック

ビット
・ロイヤリティクラブ
・期間限定プロモなど

カジノハウス
・ウェルカムボーナス
・毎週リベートボーナス
・期間限定ボーナスなど

Asia Gaming(アジアゲーミング)が取得しているライセンス・信頼性は?

Asia Gamingは下記2つのライセンスを取得しています。

  • First Cagayan(フィリピン)
  • Gaming Laboratory International(GLI)

カジノライセンスは一番上のカガヤンライセンスのみですが、ヨーロッパで発行されているものと比べると審査基準が緩めなので、そこまで信頼性は高くありません。

しかし、ソフトウェア会社の公平性やゲームに不正がないかを調査する第三者機関の認定を受けています。GLIは、もともとランドカジノの検査を行っており、政府からも評価されているので、ここから認定を受けるのは難易度が高いです。

また、カジノライセンスを更新する際の監査も第三者機関が行っていたりするので、GLIのような信頼性の高い機関の認定があれば不正が起こることは考えにくいと言えます。

Asia Gaming(アジアゲーミング)の基本情報まとめ

名称Asia Gaming(アジアゲーミング)
設立時期2012年
ライセンスFirst Cagayan(フィリピン)
Technical Systems Testing(TST)
第三者機関Gaming Laboratory International(GLI)
ゲームの種類スロット/ブラックジャック/ルーレット/バカラ
ゲーム数70種類以上
ライブカジノの有無有り
無料プレイ有り
対応デバイスパソコンブラウザ / スマホ / タブレット
この記事を書いた人

ナオ

学生時代に独学でWebマーケティングを学び、複数の会社を経て、2013年に東京でWEB制作会社を起業。
起業後、趣味のカジノ旅行がキッカケで、オンラインカジノに出会い、2018年にCasimo編集部を立ち上げる。

ナオ

関連記事

関連記事をもっと見る
ツールバーへスキップ