『HABANERO(ハバネロ)』の特徴や人気ゲームをランキングで徹底解説!

HABANEROは2012年に設立され、現在はウクライナ・ブルガリア・南アフリカ・フィリピンの4箇所に拠点を構えているソフトウェア会社です。

主にビデオスロットとテーブルゲームを開発していて、日本語対応オンラインカジノでも徐々に採用されるようになりました。

HABANEROは日本市場ではマイナーですが、YouTubeでビックウィン報告が多いです。演出にこだわっており、面白いゲームが多数!高配当機種も多いので、是非プレイしてみてください。

この記事を読んだらわかること

  • HABANEROの特徴
  • HABANEROの代表的なゲーム
  • HABANEROの還元率が高いオススメゲーム
  • HABANEROのゲームが遊べるオンラインカジノ
  • HABANEROの信頼性の高さと基本情報

HABANERO(ハバネロ)の特徴とは?

HABANEROは、クオリティが高くユニークなビデオスロットテーブルゲームを毎月リリースしています。ここでは、その特徴を詳しく紹介していきます。

【特徴①】オンラインゲームのようなユニークで面白いゲームが豊富

HABANEROのゲームの大きな特徴は、ユニークで面白いゲームが多くついついハマってしまったり遊び続けたくなる要素が満載な点です。

テーマもコミカルなものからホラー系・ファンタジー系・歴史系・アジア系など幅広く、それぞれオンラインゲームのようにユニークなゲーム体験をすることができます。

【特徴②】表現豊かで高品質なグラフィックとサウンドが特徴的

HABANEROは大手ソフトウェアにも匹敵する技術力を持っていて、ユニークでゲーム性豊かな面白い演出を、高品質なグラフィック・サウンドで行なっています。

それぞれのテーマに合ったタッチで表現されるグラフィックとサウンドで、独自の没入感を体験することができます。

【特徴③】同時プレイ機能やマルチデバイス対応

HABANEROは2016年に全てのゲームをHTML5にシフトしました。そのため、ダウンロードせずとも高品質なゲームをあらゆるデバイスで遊ぶことができます。

PC以外のデバイスで遊ぶ際に気になるのが操作性の良さや品質ですが、スマホやタブレットなどどのようなデバイスでもPC版と大きく変わりません。

オートプレイ機能などPC版と同じような便利機能も実装されているので、いつでもどこでも気に入ったゲームを思う存分楽しむことができます。

Habanero(ハバネロ)が配信している人気ゲーム

HABANEROの魅力は十分わかったけど、ゲームが多すぎてどれで遊べばいいかわからないと思っている方もいるでしょう。

そのため、この項では、ハバネロの代表的なゲームを下記テーマごとに紹介していきます。

1位 SCOPA

「SCOPA」は、イタリアで人気のカードゲーム「スコパ」を楽しみながら、列車でイタリア各地を旅するテーマとなっています。右から左へ回転する珍しいゲームで、フリースピンごとに次の町が解除されるため車窓から見える風景が変わっていくのが魅力です。

また、ジャックポットも搭載されているので一攫千金の夢もかなえることが可能です!

ゲーム名SCOPA
ジャンルビデオスロット
リール数3〜5×3
ベット幅(Min / Max)$0.15 ~ $ 300.00
還元率96.67%
その他特徴オートプレイ/高速スピン/ジャックポット

2位 SKY’S THE LIMIT

スカイダイビングがテーマのスロットです。シンプルなゲームですが、ジャックポットが搭載されていて一攫千金を狙えます。

3位 Bombs Away

世界大戦当時の米軍がテーマのスロットです。当時の映像やサウンド技術が再現されていて、没入感を誘います。

1位 CARIBBEAN HOLD’EM

「CARIBBEAN HOLD’EM」は本場カジノでも人気ポーカーゲームをオンライン化したものです。
ディーラーとプレイヤーの一騎討ちするシンプルなルールですが、カードの配布スピードが早くサクサクと賭けられるので、ポーカーの練習をしたり、戦略を練りたい人にもオススメです。

ゲーム名CARIBBEAN HOLD’EM
ジャンルポーカー
ベット幅(Min / Max)$10 ~ $ 1000
その他特徴特に無し

2位 BACCARAT

本場カジノでも大人気のバカラゲームです。履歴が表示されるので、現在のカードの傾向を見極めながらベットすることができます。

3位 WAR

カードゲームの「カジノ・ウォー」でベットができます。ルールが単純ですぐに結果が出るため、欧米でも人気のゲームです。

1位 AMERICAN BLACKJACK

「AMERICAN BLACKJACK」はオーソドックスなブラックジャックで、ディーラーの2枚目のカードが配られてから「ヒット・スタンド」を決定していくシンプルルールが特徴です。

最大3箇所までマルチベットができ、自分が「ヒット・スタンド」する・しないにかかわらずディーラーの手札は変わらないのが特徴です。

ゲーム名AMERICAN BLACKJACK
ジャンルブラックジャック
ベット幅(Min / Max)$20.00 ~ $ 1000.00
還元率99.65%
その他特徴サウンド調整

2位 BLACKJACK 3 HAND

最大3箇所にマルチベットできるブラックジャックです。還元率は99.60%となっていて、ディーラーの2枚目の手札は「ヒット・スタンド」決定後に配られます。

3位 JACKS OR BETTER

ビデオポーカーができる機種です。還元率は99.54%となっていて、最大800倍の配当を獲得することができます。

HABANERO(ハバネロ)のゲームが遊べるオンラインカジノ一覧

当サイトで紹介しているオンラインカジノの中でハバネロを採用しているものをまとめました。ボーナス情報も記載しているので、気になる方は是非登録して遊んでみてください!

カジノ名ボーナス

ベラジョン
・ウェルカムボーナス
・ご褒美プログラム
・期間限定ボーナスなど

エルドア
・コンプポイント
・期間限定プロモなど

ビット
・ロイヤリティクラブ
・期間限定プロモなど

カジ旅
・ウェルカムオファー
・ルビーショップ
・宝箱など

カジノハウス
・ウェルカムボーナス
・毎週リベートボーナス
・期間限定ボーナスなど

インター
・ウェルカムキャッシュ
・テーブル限定追加キャッシュ
・期間限定ボーナスなど

ハッピースター
・ウェルカムボーナス
・お誕生日ボーナス
・友達紹介ボーナスなど

HABANERO(ハバネロ)が取得しているライセンス・信頼性は?

HABANEROの国際ライセンスについての情報は、2020年7月の執筆時点では見つかりませんでした。しかし、以下の2つの第三者機関から監査を受けていることが確認できています。

  • bmm testlabs
  • iTechLabs

これらは業界でも信頼性のある第三者機関として有名で、ゲームの公平性などを定期的に審査しています。

また、パートナーとなっているソフトウェアやオンラインカジノの中には、マルタ共和国「mga」イギリス「Gambling Commission」などのライセンスを取得しているところがあるので、間接的に厳しい監査を受けていると判断できます。

HABANERO(ハバネロ)の基本情報まとめ

名称Habanero Systems B.V.(ハバネロシステムズ・ビーヴィー)
設立時期2012年
第三者機関bmm testlabs, iTechLabs
配信ゲームスロット,テーブルゲーム,ジャックポット
ゲーム数130種類以上
ライブカジノ
無料プレイ
対応デバイスPCブラウザ / スマホ / タブレット
この記事を書いた人

ナオ

学生時代に独学でWebマーケティングを学び、複数の会社を経て、2013年に東京でWEB制作会社を起業。
起業後、趣味のカジノ旅行がキッカケで、オンラインカジノに出会い、2018年にCasimo編集部を立ち上げる。

ナオ

関連記事

関連記事をもっと見る
ツールバーへスキップ