『Gamatron(ガマトロン)』の特徴や人気ゲームをランキングで徹底解説!

Gamatronは2019年と最近設立されたばかりのソフトウェア会社で現在はキュラソー島と台湾に拠点があり、2013年にロンドンで設立されたGanapatiが親会社となっている新進気鋭の企業です。

親会社のGanapatiの設立者は日本人であり、ヨーロッパだけでなくアジア市場に向けたゲーム開発をしています。

Gamatronはグラフィックに力を入れており、アニメーションが綺麗!東京を舞台にしたスロットや、寿司、忍者、浮世絵など日本をテーマにしたゲームが多いので親しみやすいです。

この記事を読んだらわかること

  • Gamatronの特徴
  • Gamatronの代表的なゲーム
  • Gamatronの中で還元率が高いゲーム
  • Gamatronのゲームを導入しているオンラインカジノ
  • Gamatronのカジノライセンスとその信頼性

Gamatron(ガマトロン)の特徴とは?

Gamatronは日本や中国の伝統などをテーマにしたゲームを豊富に取り扱っています。配信しているゲームはスロットゲームだけですが、ガマトロン単体で8種類、グループ全体では30種類以上のゲームを開発して、日本や中国の文化を反映させたゲームが多いという特徴があります。ここでは、その特徴を詳しく紹介していきます。

【特徴①】日本を題材にしたゲームを多く排出しているソフトウェア会社

Gamatronの開発するゲームは、日本人ユーザーの多いオンラインカジノに導入されるなど、アジアを中心に広まりを見せつつあります。東京を舞台に怪獣が登場する日本題材のゲームや、”変面”や神話に登場する「炎帝、黄帝」といった中国の伝統文化もゲームコンセプトに取り入れられているのが特徴です。

【特徴②】アジアの雰囲気を再現したハイクオリティなグラフィック

ガマトロンはグラフィック面にも力を入れていて、3DCGを活用したカットイン演出やゲームによってはゲーム起動時にオープニングムービーが流れるもの存在します。

前述したように日本や中国の文化を題材としていますが、それぞれのテーマやゲームの雰囲気に合わせてイラストのタッチを変えるなど細かなデザインにもこだわりが見えるのが特徴です。

その他にも音楽やSEも和風や中華風に仕上がっているので、雰囲気がしっかり伝わってくる作りになっています。

【特徴③】回数が無限のオートプレイ機能

Gamatronではプレイヤーの遊びやすさも考慮されていて、高速プレイ機能やオートプレイ機能などの機能面が充実しています。

特にオートプレイは回数を無限に設定できる上に損失金額や獲得した勝利金などに応じて自動で回転を止めることも可能です。片手間でプレイしたい時や放置状態でリールを回転させたい人には非常にありがたい設計となっています、

Gamatron(ガマトロン)が配信している人気ゲーム

Gamatronの魅力は十分わかったけど、ゲームが多すぎてどれで遊べばいいかわからないと思っている方もいるでしょう。

そのため、この項では、ガマトロンの代表的なゲームを下記テーマごとに紹介していきます。

1位 Shiba Inu

「Shiba Inu」は可愛いらしいポップなイラストが使用されている柴犬と電車がテーマのスロットです。

フリースピンが始まる前には切符が切られる演出があったり、スピン中には電車が横切るたびにいくつかの図柄がワイルドに変化するといった要素が取り入れられています。

のどかな雰囲気や可愛いキャラクターに癒やされたい方におすすめですし、ベットリミットが比較的低めに設定されているので初心者でも遊びやすいゲームです。

ゲーム名Shiba Inu
ジャンルビデオスロット
リール数3×5
ベット幅(Min / Max)$0.15~$30
還元率96.06%
その他オートプレイ有/高速プレイ有/フリースピン有

2位 Cai Shen Four

「Cai Shen Four」は中国の蓄財の神様をモチーフとしたスロットで、ワイルド図柄が停止すると縦1列に拡張するのが特徴です。また、フリースピンのスキャッターが揃うたびにキャラクターのカットインが入り、期待感を煽るなど日本のパチスロらしい演出もあります。

フリースピン時にはワイルドが出現するたびにマルチプライヤーの倍率が増加していき、獲得できる勝利金も増えていくのでテーマの通り一攫千金も狙えるゲームとなっています。

3位 End of Edo

「End of Edo」は戦国時代がテーマのスロットでスキャッターを揃えた際のボーナスゲームが大きな特徴です。

ボーナスゲームでは選択次第でフリースピンの回数を増加させたり、直接勝利金を獲得できます。ただ、毎回敵兵との戦闘があり、運次第で勝敗が決します。そこで5回連続勝利しなければフリースピンにはたどり着けないので、確率はそれほど高くありません。

ただ、ボーナスゲームでは最低15回以上のスピンが獲得できるので、フリースピンにたどり着けると大きな配当が期待できます。

1位 Pacquiao One Punch KO

「Pacquiao One Punch KO」はフィリピンのボクサーであるマニー・パッキャオを題材としたスロットです。ゲームの仕様はパズルゲームのように揃った配当が消えて、上から新しい図柄が補充されるという仕組みになっています。

ボクシングと同じくコンビネーションが決まるとダメージが増加するように配当が連続で揃うとマルチプライヤーで獲得できる配当も増加していくのが特徴です。

ゲーム名Pacquiao One Punch KO
ジャンルビデオスロット
リール数3×5
ベット幅(Min / Max)$0.25~$50
還元率97.85%
その他オートプレイ有/高速プレイ有/フリースピン有

2位 She Ninja Suzu

「She Ninja Suzu」は長尺のオープニングムービーが取り入れられているスロットで、タイトルの通り忍者がテーマです。

通常時に配当が揃うとリールの下部にある「怒」というゲージが溜まっていき、上限に達するとマルチプライヤーの付与や図柄をワイルドに変化させるといった効果を発揮します。

また、ボーナススキャッターが3つ揃うと格闘ゲームのような画面になり、3択方式によるボーナスゲームが始まる点も特徴の一つです。

3位 Sushicade

「Sushicade」はデフォルメされたお寿司のキャラクターが特徴のスロットです。基本的なゲームの仕組みは1位でも紹介した「Pacquiao One Punch KO」と同じで、配当が揃うたびに上から新しい図柄が落ちてきて、マルチプライヤーの倍率が増加していきます。

還元率は若干低めですが、ボクシングに興味がない方はこちらのポップなグラフィックのゲームをプレイしてみてください。

Gamatron(ガマトロン)のゲームが遊べるオンラインカジノ一覧

当サイトで紹介しているオンラインカジノの中でガマトロンを採用しているものをまとめました。ボーナス情報も記載しているので、気になる方は是非登録して遊んでみてください!

カジノ名ボーナス

ベラジョン
・ウェルカムボーナス
・ご褒美プログラム
・期間限定ボーナスなど

エルドア
・コンプポイント
・期間限定プロモなど

ビット
・ロイヤリティクラブ
・期間限定プロモなど

インター
・ウェルカムキャッシュ
・テーブル限定追加キャッシュ
・期間限定ボーナスなど

Gamatron(ガマトロン)が取得しているライセンス・信頼性は?

オンラインカジノやゲームを開発するソフトウェア会社はカジノライセンスの所有が不可欠ですが、Gamatronはどんなライセンスを所有しているのか調べてみました。

  • Curacao eGaming(キュラソー)

確認できたのはキュラソー島のライセンスのみですが、こちらも比較的信頼性が高いと言われているので、まずは安心できると言えるでしょう。

また、親会社のGanapatiはかつて取得難易度の高いマルタ島のライセンスを所持したり、ロンドン市場で上場していた信頼性の高い会社なので、その傘下のGamatronも不正を行うとは考えにくいです。

Gamatron(ガマトロン)の基本情報まとめ

名称Gamatron(ガマトロン)
設立時期2019年
ライセンスCuracao eGaming(キュラソー)
配信ゲームスロット
ゲーム数30種類以上(Gamatron単体では8種類)
ライブカジノ無し
無料プレイ有り
対応デバイスパソコンブラウザ/スマホ/タブレット
この記事を書いた人

ナオ

学生時代に独学でWebマーケティングを学び、複数の会社を経て、2013年に東京でWEB制作会社を起業。
起業後、趣味のカジノ旅行がキッカケで、オンラインカジノに出会い、2018年にCasimo編集部を立ち上げる。

ナオ

関連記事

関連記事をもっと見る
ツールバーへスキップ