• 2018.01.16
  • 投稿

【カジノゲームの賭け方・必勝法】ハーフストップ法の使い方を徹底解説!

こんにちは!Casimo編集部の笠原豪です。
今回はハーフストップ法について紹介していきます。

ハーフストップ法は既に出た利益の半分を守る必勝法です。
この手法はゲームの止め時を明確に決めるものなので、どんなゲームにも使えます。

蒼井 那奈
わたし、利益が出た時はいつも気が大きくなって、ドンと賭けちゃうんですよね。で、負けて後悔しちゃうまでがお決まりパターン(泣)
笠原 豪
那奈ちゃんみたいなタイプの人こそハーフストップ法は使うべきだよ!ハーフストップ法を使いこなせるようになれば、せっかく得た利益を全部飛ばして泣きを見るなんてことなくなるぜ^^

この記事では、「ハーフストップ法の使い方」「ハーフストップ法のメリット・デメリット」「本当に使えるのかどうか」など、幅広く解説していきます。

◆この記事を読んだらわかること◆
✅ハーフストップ法の使い方
✅ハーフストップ法のメリット・デメリット(重要)
✅ハーフストップ法は実際に使えるのか?(画像付きで解説)

ハーフストップ法の使い方

ハーフストップ法は目標利益額を達成した後、目標利益の半分を失ったらゲームを止める必勝法です。

どのゲームでも使えますが、計算しやすいよう勝敗確率1/2、配当2倍のゲームで使うことをオススメします。

使い方の手順は以下のとおりです。

①目標利益額を決め、その半分の額を算出しておく。
②目標を達成したらハーフストップ法開始、ゲームを続行。
③損失が出て、目標利益の半分に到達したらゲーム終了。

具体的な例を見ていきましょう。
例では、手元資金を100ドル、目標利益額を100ドルと設定します。
目標利益の半分は100÷2=50ドルです。

【ハーフストップ法開始前】


目標利益額に到達するまでハーフストップ法は開始しません。
表では目標利益額100ドルに到達して、自己資金が200ドルまで増えました。

目標利益額に到達したら、ハーフストップ法開始です。

【ハーフストップ法開始後】

20ゲーム目で自己資金が150ドルになりました。
つまり、100ドル獲得していた利益が半分(50ドル)減ったことになります。

目標利益額の半分を失ったらハーフストップ法完了、ゲーム終了です。

ハーフストップ法のメリットを学んでおこう!

ハーフストップ法のメリットは次の3点です。

  • 大きな損失を防ぐことができる
  • いろいろなカジノゲームで使用できる
  • 目標利益まで到達すれば半分の利益は確定

カジノやオンラインカジノを始めるときに一番ネックなのが「大損したらどうしよう」という心理ですが、ハーフストップ法を使うと損失を出す前にプレイをやめるので、大きく損することがありません。

また、配当や勝敗確率に関係なく使用できるので、さまざまなゲームに使用することができます。

「半分の利益は確定」というのは裏を返すと「利益が半分しか残らない」ということですが、ハーフストップ法はさらに利益を狙いにいった時の保険のようなもので、ゲームを区切る目安です。

利益がある時はどうしても「もっと稼ごう!」という気持ちが勝って、止め時が分からなくなりがちですが、そんなゲームの区切りが決められない時に使うといいでしょう。

ハーフストップ法のデメリットを学んでおこう!

ハーフストップ法のデメリットは次の2点です。

  • 決めた金額で必ずやめるという強い心が必要
  • 目標利益まで到達しなければ出番がない

決めたポイントでストップするのは、ディーラーではなく自分自身です。
強い自制心がないとハーフストップ法を使いこなすことはできません。

もしパートナーや友人と一緒にプレイするなら、あらかじめ決めた金額を教えあって、その金額に来たらちゃんとストップするように声を掛け合うのもいいかもしれません。

目標利益に到達しなければハーフストップ法は使えないので、目標利益を達成しやすい必勝法と組み合わせた方がいいでしょう。

【重要】目標利益達成のために他の必勝法と組み合わせよう!

目標の利益をしっかりと達成していくためには、他の必勝法と組み合わせることも大切です。

ここでは大きなリスクを負わずに利益を狙える3つの必勝法を紹介していきたいと思います。

【グッドマン法】連勝することで利益が出る必勝法

グッドマン法は別名1235法とも言われ、連勝時に賭ける金額を1単位→2単位→3単位→5単位の順に増やして利益を伸ばす必勝法です。勝敗確率1/2、配当2倍のゲームで使用します。

この手法で利益が出るのは3回以上連勝してからなので、ツキが回ってきた時だけに限定して使った方がいいでしょう。

また、5単位で勝った後は、賭け金を変えずにゲーム続行となるので、連勝すればするほど負けた時の損失が大きくなるということはありません。

グッドマン法の損益合計の推移は以下の表をご確認ください。

グッドマン法について詳しく知りたい方はこちら

【ココモ法】連敗後の1勝で利益が出る必勝法

ココモ法は2連敗後から「前々回の賭け金+前回の賭け金」を次ゲームで賭けるする必勝法です。ルーレットのコラムベット・ダズンベットのような勝敗確率1/3、配当3倍の賭け方で使用します。

この手法は負ければ負けるほど、その後の1勝で得られる利益が大きくなるタイプです。

賭け金を倍々に増やして損失を取り戻すタイプの必勝法より、賭け金が増えるスピードがゆるやかなので、比較的リスクを抑えやすいというメリットがあります。

ココモ法の損益合計の推移は以下の表をご確認ください。

ココモ法について詳しく知りたい方はこちら

【ウィナーズ投資法】段階的に損失を取り戻して利益も出せる必勝法

ウィナーズ投資法は1サイクルで連敗時の損失金を段階的に取り戻して利益も出せる必勝法です。勝敗確率1/2、配当倍率(オッズ)2倍のゲームで使用します。

この手法では負けた時と勝った時の賭け金を数列から決めるので、必ずメモが必要です。
多少手間はかかりますが、勝っても負けても資金増減がゆるやかで、勝ち負け同数でも利益が出るので、今回紹介した必勝法の中では一番低リスクで運用できるタイプになります。

使い方は以下の表を参考にしてください。

ウィナーズ投資法について詳しく知りたい方はこちら

ハーフストップ法は本当に使えるのか?

では、本当にハーフストップ法が使えるかどうか試してみましょう。
今回は本場のカジノと同じペイアウト率で遊ぶことができるベラジョンカジノで試してみたいと思います。

ハーフストップ法はどんなゲームにも使えますが、ここではルーレットの勝敗確率1/2の赤黒賭けで「赤」に賭け続けます。

ルーレットの詳しいルールについて知りたい方はこちら

【目標設定】

今回の自己資金は500ドル、スタート賭け金を100ドルです。
目標利益額は500ドルに設定すると、利益の半分の額は250ドルになります。
また、利益を出すまではグッドマン法を使用します。

【1ゲーム目】

賭け金:100ドル 勝敗:○
損益:100ドル 自己資金:600ドル

【2ゲーム目】

賭け金:200ドル 勝敗:○
損益:200ドル 自己資金:800ドル

【3ゲーム目】


賭け金:300ドル 勝敗:○
損益:300ドル 自己資金:1,100ドル

目標利益は500ドルでしたが、グッドマン法がうまくいって600ドルの利益が出ました。

目標を達成したので、ここからハーフストップ法の開始です。
目標利益の半分は250ドル、つまり自己資金が750ドルになったらハーフストップ法完了となります。

なお、ここからはマーチンゲール法(負けたら倍賭け)を使って、50ドルずつ賭けていきたいと思います。

【4~5ゲーム目】

4ゲーム目:賭け金50ドル…負け
5ゲーム目:賭け金100ドル…負け

150ドルの損失が出て、自己資金は1,100-150=950ドルになりました。
ハーフストップ法のリミットまでまだまだ余裕があります。

【6ゲーム目】


賭け金:200ドル 勝敗:○
損益:200ドル 自己資金:1,150ドル

マーチンゲール法が成功して自己資金が増えました。
リミットまでさらに余裕ができたので、ゲームを続行します。

【7~9ゲーム目】

7ゲーム目:賭け金50ドル…負け
8ゲーム目:賭け金100ドル…負け
9ゲーム目:賭け金200ドル…負け

3連敗して損失は250ドル、自己資金は1,150-350=800ドルとなりました。

マーチンゲール法を続行すると次ゲームで400ドル賭けることになりますが、もし負けると、ハーフストップ法のリミットとなる750ドルを下回ることになります。

リミットを超えるリスクを負うとハーフストップ法の意味がないので、ここでゲーム終了です。

今回の戦績を表にまとめると次のようになります。

目標利益までは調子良く稼げるのに、その後上手くいかないという展開はギャンブルなら珍しくありません。

ハーフストップ法はそんな展開になった時の心理的な歯止めになるので、利益が乗ってから調子が悪くなる方にはうってつけといえるでしょう。

追伸〜ハーフストップ法を使って後悔を減らそう〜

いかがでしょうか?
ハーフストップ法は利益を全て飛ばさないためにリミットを設定する必勝法です。

リミットは利益額の半分と設定すればいいだけなので使い方は簡単ですが、自制心がなければ使いこなすのは難しいでしょう。

利益を狙いに行くことばかり考えていると、出口戦略を見誤り、せっかく得た利益を飛ばしてしまいがちです。そんなことを繰り返して後悔しないよう、ハーフストップ法で「いつ止めるか」を明確に決めるようにしてくださいね。

さっそくハーフストップ法を試したい方は、ぜひオンラインカジノに挑戦してみてください!無料プレイなら今すぐバカラ、ルーレット、ブラックジャックなど色んなゲームでで遊べますよ!

◆この記事のポイント◆
ハーフストップ法は既に得た利益の半額分を守る必勝法
どんなゲームにも使える
ゲームを止める金額を決めておくと止め時が明確になる
目標利益額に到達するまでは使えない
目標を達成するまでは利益を稼ぎやすい必勝法を使った方がいい

笠原 豪
ハーフストップ法は何度もオンラインカジノで練習して、習慣化できるようになるといいぜ!
海外のカジノに行くのは時間の制約があるけど、スマホで簡単にプレイできるオンラインカジノなら今すぐ始められるし、Casimo編集部がおすすめするベラジョンカジノはマルタ共和国政府の厳しい審査を受けてライセンスを取得してるから安心だぞ!

蒼井 那奈
他にもオンラインカジノはたくさんあるんだよ!
日本語対応の40サイト以上を徹底比較して、自信を持っておすすめできるカジノを厳選したからチェックしてみてね!

関連記事

注目コンテンツ