【カジノゲームの賭け方・必勝法】ピラミッド法(ダランベール法)の使い方を徹底解説!

ピラミッド法は勝ったら賭け額を1単位減らし、負けたら賭け額を1単位増やす必勝法です。
この手法は18世紀にフランスの数学者が開発したもので、リスクを抑えながら利益を積み上げられるように設計されています。

ピラミッド法は長期的にコツコツ利益を上げたい方におすすめ!少ない資金でしっかりと稼げるローリスクローリターンな投資法です。人気がありルールも単純なので、一度実践してみましょう。

この記事を読んだらわかること

  • ピラミッド法の使い方
  • ピラミッド法のメリット・デメリット(重要)
  • ピラミッド法は実際に使えるのか?(画像付きで解説)

ピラミッド法の使い方

ピラミッド法は段階的に利益を積み上げていくローリスクな必勝法です。
勝敗確率1/2、配当倍率(オッズ)2倍のゲームで使います。

使用手順は以下の通りです。

  • スタート賭け金と増減1単位の金額を設定する
  • 勝った場合⇒賭け金を1単位減らし、次ゲームで賭ける
  • 負けた場合⇒賭け金を1単位増やし、次ゲームで賭ける
  • 賭け金が1単位と同額となった時に勝った場合、賭け金の増減はない

では、スタートの賭け金を5ドル、1単位を1ドルとして例を見ていきましょう。

上記の例を表にまとめまると、以下のようになります。

ゲーム数賭け金勝敗総収支
1$5$5
2$4×$1
3$5×$-4
4$6$2
5$5$7

資金増減がゆるやかなことがお分かりいただけると思います。

ピラミッド法の特徴は自己資金を多くのリスクにさらすことなく、利益を積み上げられることです。

ルールは『勝ったら+1単位、負けたら-1単位』なので、覚えやすいですね。

ピラミッド法のメリットを学んでおこう!

ピラミッド法のメリットは次の2点です。

手に入れた利益を失いづらい

この手法では勝ちごとに賭け金を下げるので、既に手に入れた利益分を守りながら次ゲームに臨むことができます。

また、賭け金が急激に増えることがないことから資金の増減が緩やかなので、低リスクなゲーム運びが可能です。

勝敗が5分5分、または負けの数が多くても利益が残る

この手法は長期的な運用に向いていますが、その理由は勝ち負け同数の場合でも徐々に利益が積み上がる点にあります。

また、たとえ1回分負け越したとしても利益が残る点にもこの手法の面白さがあります。

それらの具体例を表にまとめましたのでご確認ください。

例1)勝ち負け交互で5勝5敗

スタート賭け金:1ドル 1単位:1ドル

ゲーム数賭け金勝敗総収支
1$1$1
2$1×$0
3$2$2
4$1×$1
5$2$3
6$1×$2
7$2$4
8$1×$3
9$2$5
10$1×$4

例2)途中で連敗を挟む5勝5敗

スタート賭け金:1ドル 1単位:1ドル

ゲーム数賭け金勝敗総収支
1$1$1
2$1×$0
3$2×-$2
4$3×-$5
5$4-$1
6$3$2
7$2×$0
8$3$3
9$2×$1
10$3$4

例3)4勝6敗

スタート賭け金:1ドル 1単位:1ドル

ゲーム数賭け金勝敗総収支
1$1×-$1
2$2$1
3$1×$0
4$2$2
5$1×$1
6$2$3
7$1×$2
8$2$4
9$1×$3
10$2×$2

ピラミッド法のデメリットを学んでおこう!

ピラミッド法のデメリットは次の2点です。

勝ち負けが交互に続くと利益は大きく出せない

ピラミッド法では勝ち負けが交互になる場合、大きな損失が出ない代わりに、大きな利益も見込めません。

自己資金の損失リスクは低いですが、同じ利益・損失額を行ったり来たりすることが長く続くこともあります。

ピラミッド法では利益を一気に積み上げることはできないので、どんどん利益を伸ばしていきたい方にとってはもどかしい展開が多いです。

連勝後の連敗が同数でも損益合計がマイナスになる場合もある

スタート賭け金が4ドル以下、1単位を1ドルとした場合、連勝後からの連敗という展開になると勝ち負け同数でも利益はマイナスになります。

何ゲーム目で利益がマイナスになるかはスタート賭け金と1単位額の比率によって変わります。

なので、ピラミッド法でスタート賭け金と1単位額を決定する際は、「連勝後、何連敗したら利益はマイナスになるのか」を予めチェックしておきましょう。

ピラミッド法では連敗後の連勝、連勝後の連敗で残る利益が変わってくるので、以下の具体例を参考にしてください。

例1)5連敗後からの5連勝

スタート賭け金:1ドル 1単位:1ドル

ゲーム数賭け金勝敗総収支
1$1×-$1
2$2×-$3
3$3×-$6
4$4×-$10
5$5×-$15
6$6-$9
7$5-$4
8$4$0
9$3$3
10$2$5

例2)5連勝後からの5連敗

スタート賭け金:1ドル 1単位:1ドル

ゲーム数賭け金勝敗総収支
1$1$1
2$1$2
3$1$3
4$1$4
5$1$5
6$1×$4
7$2×$2
8$3×-$1
9$4×-$5
10$5×-$10

ピラミッド法は本当に使えるのか?

では、本当にピラミッド法が使えるかどうか試してみましょう。
今回は本場のカジノと同じペイアウト率で遊ぶことができるベラジョンカジノで試してみたいと思います。

ピラミッド法は勝率1/2のカジノゲームで使用することができるので、バカラで配当2倍のPLAYERに賭け続けてみます。

1ゲーム目:掛け金5ドル

まず、賭け金5ドルでゲーム開始です。増減する1単位は1ドルとします。

PLAYER「2」、BANKER「1」

PLAYERの勝利なので、10ドル払い戻されました。利益は10-5=5ドルです。

勝った場合は賭け額を1単位減らして次ゲームの賭け金とします。
なので、次ゲームの賭け金は5-1=4ドルです。

2ゲーム目:賭け金4ドル

PLAYER「5」、BANKER「1」。PLAYERの勝利なので利益は4ドルです。

次ゲームの賭け金は4-1=3ドルとなります。

3ゲーム目:賭け金3ドル

PLAYER「5」、BANKER「6」。BANKERが勝利したので、賭け金3ドルは没収されます。

ここまでの損益合計は5+4-3=6ドルですね。

負けたので次ゲーム賭け金は3+1=4ドルです。

4~5ゲーム目

4ゲーム目:賭け金4ドル PLAYER「1」、BANKER「3」 でBANKER勝利。

5ゲーム目:賭け金5ドル PLAYER「2」、BANKER「9」でBANKER勝利。

この時点で損益合計は5+4-3-4-5=-3ドルです。

損益はマイナスに転じましたが、次ゲーム賭け金は5+1=6ドルとまだ低いのでゲームを続行します。

6ゲーム目~最終

6ゲーム目:賭け金6ドルPLAYER「3」、BANKER「1」でPLAYER勝利。6ドル獲得。

7ゲーム目:賭け金5ドルPLAYER「7」、BANKER「8」 BANKER勝利。5ドル没収。

8ゲーム目:賭け金6ドル結果:PLAYER「9」、BANKER「4」でPLAYER勝利。6ドル獲得。

9ゲーム目:賭け金5ドル PLAYER「3」、BANKER「2」でPLAYER勝利。5ドル獲得。

ここまでの損益合計は-3+(6-5+6+5)=9ドルです。

10ゲーム目:賭け金4ドル

PLAYER「6」、BANKER「2」。PLAYERが勝利したので、利益は4ドルです。

最終的な損益合計は9+4=13ドルとなりました。

ここまでの戦績をまとめると次のようになります。

ゲーム数賭け金勝敗総支給
1$5$5
2$4$9
3$3×$6
4$4×$2
5$5×-$3
6$6$3
7$5×-$2
8$6$4
9$5$9
10$4$13

連勝している時は勝ち分を手堅く守りながら攻めていける印象ですね。

また、連勝した後に2連敗がきたら、一度ピラミッド法を中断して利益を残しておくというのも1つの手だと思いました。

追伸〜ピラミッド法で長時間オンラインカジノをプレイしよう!〜

この記事のまとめ

  • ピラミッド法は勝ったら1単位減らし、負けたら1単位増やす必勝法
  • 使用するゲームは勝率1/2で配当2倍であること
  • 資金増減が緩やかなので低リスクで運用できる
  • 勝ち負け同数でも利益を残せることがある

いかがでしょうか。ピラミッド法は利益を手堅く積み上げることが出来る必勝法です。

資金増減が緩やかなので即効性はありませんが、長期的にコツコツ利益を得ていきたい方に向いていると思います。また、100ドルもあれば十分運用できるので、少額投資でカジノゲームを楽しみたい方にもオススメです。

ピラミッド法が自分に合っているかどうか実際に経験を積んで確かめてみてください。オンラインカジノなら無料プレイでいくらでもお試しすることができますよ!

この記事を書いた人

ナオ

学生時代に独学でWebマーケティングを学び、複数の会社を経て、2013年に東京でWEB制作会社を起業。
起業後、趣味のカジノ旅行がキッカケで、オンラインカジノに出会い、2018年にCasimo編集部を立ち上げる。

ナオ

関連記事

関連記事をもっと見る
ツールバーへスキップ