【カジノゲームの賭け方・必勝法】2in1法の使い方を徹底解説!

2in1法は連敗時の損失を段階的に回収していく必勝法です。

代表的な賭け方の1つであるモンテカルロ法を簡略化したもので、リスクを抑えながら損失を取り戻すことができます。

2in1法は一度勝てば全ての損失額を回収できる必勝法よりローリスクで運用できます。連敗時はメモを取りながら実践してみましょう。

この記事を読んだらわかること

  • 2in1法の使い方
  • 2in1法のメリット・デメリット(重要)
  • 2in1法は実際に使えるのか?(画像付きで解説)

2in1法の使い方

2in1法は2回分の損失を1回の賭けで取り戻す必勝法です。
2勝敗確率1/2、配当倍率(オッズ)2倍のゲームで使用します。

この必勝法ではメモを使用するので、メモとペンをご用意ください。

では、1単位1ドルで説明していきたいと思います。
メモする数字は各ゲーム賭け金の単位数を表します。

①1,2回目に1ドルを賭けて負けたら、「1」を2つ書く
②次ゲームでは左端と右端の数字(1,1)を足し合わせた額を賭ける

③負けたら前回賭け金(2ドル)を数列の右端に書き加える
④次ゲームでは左端と右端の数字(1,2)を足し合わせた額を賭ける

③負けたら前回賭け金(3ドル)を数列の右端に書き加える
④次ゲームでは左端と右端の数字(1,3)を足し合わせた額を賭ける

⑤勝ったら数列の両端の数字(1,3)を消す
次ゲームでは残った数字の左端と右端(1,2)を足し合わせた額を賭ける

⑦勝ち続けて、数字が全て消えたら1サイクル終了

次の表で損益増減と数列の変化を確認してください。

ゲーム数数列賭け金勝敗損益合計
1$1×$-1
21$1×$-2
31,1$1×$-4
41,1,2$2×$-7
51,1,2,3$3$-3
61,2$7$0

2in1法のメリットを学んでおこう!

2in1法のメリットは次の2点です。

  • 比較的賭け金の増大も抑えられる
  • 数列が全てなくなったら損失を全て回収できる

損失を取り戻すための必勝法は様々ありますが、マーチンゲール法をはじめとした1勝だけで全てを取り戻す手法はかえって資金を失うリスクが高いです。

一方、2in1法は賭け金の増大を抑えながら損失を段階的に取り戻すことができます。

また、数列を全て消せば1サイクル終了となるので、残りの数字の数であと何回勝てばいいか一目で把握できます。

2in1法のデメリットを学んでおこう!

2in1法のデメリットは次の2点です。

  • 交互に勝ち負けが続くと利益は出ない
  • 連勝しても利益は伸びない

この手法は連敗数が重なった後に勝つことで効果を発揮することができますが、勝ち負けが交互になると利益が出ないため、定額賭けしているのとあまり変わらない結果となります。

次の表で例を見ておきましょう。

ゲーム数数列賭け金勝敗損益合計
1$1×$-1
21$1×$-2
31,1$2$0
4$1$1
5$1×$0
61$1$1
7$1×$0
81$1$1
9$1×$0
101$1×$-1

また、この手法を使って勝ちが続いたとしても、数列が消えれば賭け金は変わらないので、勝ちが続いても利益が伸びる効果は期待できません。

この手法は利益を伸ばしやすいパーレー法等の手法と組み合わせて使用すると、より効果的に使うことが出来ます。

2in1法は本当に使えるのか?

では、本当に2in1法を使えるかどうか試してみましょう。

今回は本場のカジノと同じペイアウト率で遊ぶことができるベラジョンカジノで試してみたいと思います。

2in1法は勝率1/2のカジノゲームで使用することができるので、バカラで配当2倍のPLAYERに賭け続けてみます。

1ゲーム目

まずは賭け金1ドルからスタートします!

結果:PLAYER「5」、BANKER「8」 勝敗:×
損益:-1ドル 合計:-1ドル
数列:「1」

2ゲーム目:賭け金1ドル

結果:PLAYER「1」、BANKER「2」 勝敗:×
損益:-1ドル 合計:-2ドル
数列:「1,1」

数列の数字が2つ以上あるので、次ゲームの賭け金は数列から出します。

数列の両端から、次賭け金は1+1=2ドルです。

3ゲーム目:賭け金2ドル

結果:PLAYER「8」、BANKER「9」 勝敗:×
損益:-2ドル 合計:-4ドル
数列:「1,1,2」

なかなか勝てませんね。次賭け金は1+2=3ドルです。

4ゲーム目:賭け金3ドル

結果:PLAYER「3」、BANKER「7」 勝敗:×
損益:-3ドル 合計:-7ドル
数列:「1,1,2,3」

4連敗…です。次賭け金は1+3=4ドルです。

5ゲーム目:賭け金4ドル

結果:PLAYER「6」、BANKER「2」 PLAYER勝利です。
損益:4ドル 合計:-3ドル
数列:「1,2」

6ゲーム目:賭け金3ドル

結果:PLAYER「0」、BANKER「2」 勝敗:×
損益:-3ドル 合計:-6ドル
数列:「1,2,3」

連勝が続かないとなかなか数列が消えませんね。

7ゲーム目:賭け金4ドル

結果:PLAYER「4」、BANKER「8」 勝敗:○
損益:4ドル 合計:-2ドル
数列:「2」
数列の数字が残り1つとなったので、次こそ勝って終わります。

8ゲーム目:賭け金2ドル

結果:PLAYER「6」、BANKER「0」 勝敗:○
損益:2ドル 合計:0
数列:「」

やっと数列の数字が全て消えたので、2in1法成功です。今回の結果を表にまとめると以下になります。

ゲーム数数列賭け金勝敗損益合計
1$1×$-1
21$1×$-2
31,1$2×$-4
41,1,2$3×$-7
51,1,2,3$4$-3
61,2$3×$-6
71,2,3$4$-2
82$2$0

負けた回数の方が勝った回数より多いのに損失を取り戻すことができていますね。

この手法はコツコツ型なので損失を取り戻そうと追い込まれて無理な賭けをしたり、ゲーム展開を見誤ったりする人にオススメだと思います。

まとめ〜2in1法でオンラインカジノで遊んでみてね

この記事のまとめ

  • 2in1法は連敗しても低リスクで損失を取り戻せる必勝法
  • 使用するゲームは勝率1/2で配当2倍であること
  • 勝ち負けが交互にくると利益はほとんど出ない
  • 連勝が続く時は、連勝時に利益を伸ばせる必勝法と併用するといい

いかがでしょうか。2in1法は比較的低リスクで損失を取り戻すことができる必勝法です。

この手法は長時間使用してもお金を失う心配が少ないので、大きな勝負に出る前に資金を温存する手段として用いるのも賢い使い方だと思います。

本場カジノではメモを取れませんが、オンラインカジノならメモを取りながら自分のペースでカジノゲームが遊べるので、ぜひ一度お試しください!

この記事を書いた人

ナオ

学生時代に独学でWebマーケティングを学び、複数の会社を経て、2013年に東京でWEB制作会社を起業。
起業後、趣味のカジノ旅行がキッカケで、オンラインカジノに出会い、2018年にCasimo編集部を立ち上げる。

ナオ

関連記事

関連記事をもっと見る
ツールバーへスキップ