• 2018.02.01
  • 投稿

【カジノゲームの賭け方・必勝法】Wストリート5ベット法の使い方を徹底解説!

こんにちは!Casimo編集部の笠原豪です。
今回はWストリート5ベット法について紹介していきます。

Wストリート5ベット法は高確率で1単位獲得できるルーレット専用の必勝法です。
使用手順が簡単ながらも賭け方を変えることで色々楽しめるので、ルーレットで勝ってみたいカジノ初心者にオススメの手法です。

蒼井 那奈
ルーレットで遊ぶ時、いつも赤黒賭けばかり使っててあんまり必勝法とか試したことないんですよ。そういう私でもWストリート5ベット法は簡単に使えますか?
笠原 豪
もちろん!賭け方で覚えるポイントは2,3個だけだから、すぐ覚えられるよ。しかも81%の確率で勝てるんだ^^Wストリートベット法はルーレットだけに使える必勝法だから、ルーレットをさらに楽しみたいなら覚えておいた方がいいぜ!

この記事では、「Wストリート5ベット法の使い方」「Wストリート5ベット法のメリット・デメリット」「本当に使えるのかどうか」など、幅広く解説していきます。

◆この記事を読んだらわかること◆
✅Wストリート5ベット法の使い方
✅Wストリート5ベット法のメリット・デメリット(重要)
✅Wストリート5ベット法は実際に使えるのか?(画像付きで解説)

Wストリート5ベット法の使い方

Wストリート5ベット法とは計30個の数字を5単位でカバーする必勝法です。

この手法はルーレットのダブルストリートベットを使います。 賭け方は全7パターンありますが、ポイントを押さえれば覚えることは少ないのでとてもシンプルな手法です。

【ダブルストリートベット(配当6倍)】

ダブルストリートベットは2つのストリートの交点にチップを置いて、隣り合うストリートにある6つの数字に賭ける方法です。

画像では「16,17,18」と「19,20,21」のストリートの交点、「16」と「19」の間にチップを置くことで、「16,17,18,19,20,21」に1単位で賭けています。

続いて、Wストリート5ベット法の賭け方を見ていきましょう。
賭け方は大きく分けて2タイプありますが、どちらも勝率81%、得られる利益は1単位です。

【Wストリート5ベット法】<Aタイプ>

ダブルストリートベットとなる6つの交点のうちから5つ選んで1単位ずつ賭けます。

例は以下画像のようになります。(①、③、④、⑤、⑥に賭けた場合)

Aタイプのベットパターンは全6パターンあります。

<Bタイプ>

両端にある数字「1,2,3」「34,35,36」を除いて5カ所のダブルストリートベットに1単位ずつ賭けます。このタイプは1パターンのみです。

Wストリート5ベット法の使い方は以上になります。

1単位1ドルとした場合、勝った時に得られる利益は1ドル負けた時の損失は5ドルです。

Wストリート5ベット法のメリットを学んでおこう!

Wストリート5ベット法のメリットは次の2点です。

  • 確率約81%で勝てる
  • ルールがシンプルで使いやすい

ルーレットの必勝法の中には他にも勝率が高いものはありますが、手順が複雑で初心者にとってとっつきにくいものが多いです。

その点、Wストリート5ベット法は覚えることが少なく、高確率で勝つことができるので、初心者でも簡単にベットパターンを変えながらルーレットを楽しめる手法といえるでしょう。

また、ベットパターンを変えるのも簡単なので、テンポ良くゲーム進行することができます。

Wストリート5ベット法のデメリットを学んでおこう!

Wストリート5ベット法のデメリットは次の2点です。

  • 1度負けると5連勝しなければ損失を取り戻せない
  • 定額賭けで使うと自己資金を失うリスクが高くなる

この手法の痛いところは、見込める利益と損失の比率が1:5である点です。これは他の手法に比べると比率が悪く、定額賭けの場合は2連敗以上すると損失をとりかえすのがかなり難しくなります。

初心者でも使いやすく勝率も高いことは確かですが、他手法同様、何も考えずにだらだら使っていては自己資金を失うリスクは高いです。

参考として、毎回計5ドル定額賭けした際の勝敗数別損益合計の表をご確認ください。

ご覧のとおり、負けが続く時も定額賭けをしていてはとても不利になります。

しかし、だからといってこの手法は使うべきではないということではなりません。 次項でこのデメリットの対策を解説するので、続けてご確認ください。

【応用編】負けてしまった時の対処法

負けた時の対処法は、次ゲームから賭け金を増やすことで損失回収力をアップすることです。

例えば、負けた次のゲームから1単位2ドルとします。

この手法では毎ゲーム5単位使うので、負けた後のゲームの総賭け金は5(単位)×2(ドル)=10(ドル)です。 1単位2ドルの場合、1回の損失を5連勝で取り戻さなければいけないところを、3連勝で取り戻すことができます。

次の表は、賭け金を増やした場合どのように損失を取り戻せるか、具体的に示したものです。

[1単位2ドルに増やした場合]

[1単位3ドルに増やした場合]

[1単位5ドルに増やした場合]

このように、1単位5ドルまで増やせば1勝で1回の損失を取り戻すことができます。

ただし、勝率が高いといえど、賭け金を増やした時に必ず勝てるわけではありません。賭け金を増やしてから連敗すればさらに賭け金を大きくする必要があるので、 そのリスクを十分考慮して使うようにしましょう。

笠原 豪
Wストリート5ベット法は長期で使うより、確実に1単位だけ獲得しておきたい場面で使うほうがいいよ。使い時はベラジョンカジノの無料プレイで遊びながら色々研究してみるといいぜ!

Wストリート5ベット法は本当に使えるのか?

では、実際にWストリート5ベット法が使えるかどうか試してみましょう。
今回は本場のカジノと同じペイアウト率で遊ぶことができるベラジョンカジノで試してみたいと思います。

使用するゲームはWストリート5ベット法が唯一使えるルーレットです。

ルーレットの詳しいルールについて知りたい方はこちら

1単位10ドルでスタートします。

【1ゲーム目】

結果:20 勝敗:○
損益:10ドル 損益合計:10ドル
使ってみると分かりますが、チップを置く作業がとても楽ですね。

【2ゲーム目】

結果:28 勝敗:○
損益:10ドル 損益合計:20ドル

連勝できて良かったんですが、ここまで100ドル賭けて20ドルの利益です。

もし次負けたら1発でマイナス、しかも取り戻すのに連勝が必要…
確実に勝って利益を伸ばしたいので、次のベットエリアは少し自分なりに考えながらやります。

【3ゲーム目】

1ゲーム目、2ゲーム目で当選した番号は「20」「28」です。この近辺の数字がまた当選するんじゃないかと予想しました。

 


 「20」の両隣は「1」「14」、「28」の両隣は「7」「12」なので、この数字がカバーできるようにベットしたいと思います。

結果:16 勝敗:○
損益:10ドル 累計損益:30ドル
 予想と少しずれていますが、「20」の3つ隣の「16」が当選したので結果オーライです。

しかし、150ドル使って30ドルの利益と考えると…ちょっとリスクに対して割に合わない感じがしました。

負けたら1発で5単位失う事を考えると、あまり長いこと使わずに短期で勝ち逃げを狙ったほうがいいでしょう。

勝率の高さにかまけて適当に使わず、最後のゲームのように考えながらこの手法を利用すれば、確実に1単位取得したい時には効果的に使えると思います。

まとめ〜Wストリート5ベット法を使ってカジノで遊んでみよう〜

いかがでしょうか?
Wストリート5ベット法は確実に1単位獲得したい時に使える簡単な必勝法です。

ただ、確率81%で利益が出るといっても負けた時にでる5単位の損失を考慮しながら使わなければいけません。使う場面や切り上げ時は練習を重ねる中で自分なりに決めてみてくださいね。

オンラインカジノなら無料プレイで今すぐ遊べるので、Wストリート5ベット法をぜひ試してみてください!

◆この記事のポイント◆
Wストリート5ベット法は初心者でも簡単に使える高勝率必勝法
使用できるゲームはルーレットのみ
見込み利益と損失の比率は1:5なので、短期で使った方がいい
損失が出た時は賭け金を増やすことで回収率をアップする

笠原 豪
Wストリート5ベット法を使えば、カジノ初心者でもルーレットで勝てる楽しみが味わえるよ!
海外のカジノに行くのは時間の制約があるけど、スマホで簡単にプレイできるオンラインカジノなら今すぐ始められるし、Casimo編集部がおすすめするベラジョンカジノはマルタ共和国政府の厳しい審査を受けてライセンスを取得してるから安心だぞ!

蒼井 那奈
他にもオンラインカジノはたくさんあるんだよ!
日本語対応の40サイト以上を徹底比較して、自信を持っておすすめできるカジノを厳選したからチェックしてみてね!

関連記事

注目コンテンツ