• 2018.07.30
  • 投稿

【カンボジアカジノ情報】ラスベガス・サンホテル&カジノの特徴を徹底調査してみた

こんにちは!バカラ大好き、カジモ編集長の笠原豪です。
この間連休を利用して、カンボジア旅行へ行ってきました。一年を通して暖かく過ごしやすいカンボジアで、遺跡巡りや美味しい料理をしっかりと堪能しましたよ!今日は、そんなカンボジア旅行の話をしようかと思います。

蒼井 那奈
豪君、遺跡巡りなんてしてたの?カジノにしか興味ないと思ってた~。

笠原 豪
那奈ちゃん、さすがに酷いよ(笑)。とは言いつつも、もちろんカジノもプレイしてリサーチしてきたんだけどね。今回のカンボジアの旅では、ラスベガス・サンズカジノでカンボジアカジノを楽しんできたんだ。
蒼井 那奈
カンボジアのカジノなのに、ラスベガスって名前なのは面白いね!どんなカジノだったの?宿泊したホテルがどうだったのかも気になる~!
笠原 豪
もちろん、俺と同じようにカンボジア旅行を考えている人のために、カジノだけじゃなくてホテルの情報もしっかりと書くから安心してくれ!ラスベガス・サンホテルとカジノの魅力特徴を一緒に見ていこう。

人生で一度は行きたい!「ラスベガス・サンホテル&カジノ」

カンボジアと聞くと、一般の人はまだまだ危険なイメージを持つ人も多いかもしれません。しかし実際のカンボジアの観光地は危険な場所ではないので安心してください!とくにラスベガス・サンホテル&カジノがあるバベット地区はカジノタウンと化しているほどに栄えており、観光地としても活気があります。

そのバベッド地区の中でもキレイに整備されているのが、ラスベガス・サンホテルです。カジノを利用する人はもちろん、利用しない人でも自信をもって宿泊をおすすめできる、ラスベガス・サンホテル&カジノの特徴についてまとめていきます。

ホテル

ベトナムとカンボジアの国境にあるラスベガス・サンホテルは、カジノを楽しみたい観光客だけでなく、ベトナムの富裕層の人たちが宿泊したり、ビジネス目的で宿泊したりと、幅広い層が利用しているホテルです。客室は海外の高級ホテルのようなきらびやかさはないものの、清潔に保たれており、ゆっくりとくつろげる空間に仕上がっています。

総客室数は165となっており、Wi-Fiの利用も可能です。カジノを利用する人は優遇される傾向にありますが、レジャー目的の家族なども多く滞在しているので、宿泊していて居心地の悪さなどもありません。

ホテル内にはプール、カラオケ、スパなどが併設されていますが、割高な金額を請求されることもあるのであまりおすすめはできません。カジノとホテル自体の評判がいいだけに、この点は残念です。

レストラン

 

アジアンテイストのレストランが併設されており、本格的な郷土料理が楽しめます。ベトナムの生春巻きや独特な甘みのベトナムコーヒーなど、ベトナム人向けのメニューが充実しているイメージです。残念ですが、日本食を提供してくれるレストランは見つけることができませんでした。

現地の料理というと辛いイメージがありますが、そこまで辛くないので安心してください。カンボジアの料理は『クメール料理』と呼ばれ、マイルドで日本人の口に合うことで知られています。おすすめは、ご飯と一緒に食べるココナッツカレーのような味のするアモックです。

ラスベガス・サンホテル&カジノで遊べるカジノ

建設されている場所の関係上、ラスベガス・サンズカジノの客層はベトナム人が多いですが、日本人のためのサービスも充実しています。一階は誰でも遊べるカジノエリアで、二階はVIP専用ルーム高級レストラン・バーが入っています。

入った瞬間に活気っぷりが手に取るようにわかるほど、とにかく賑やかです。無料でドリンクがもらえるので、カジノの雰囲気を味わいつつドリンクをもらうだけでも訪れる価値があります。

事前に知っておきたいカジノ規模やドレスコードなど、カジノに関する必須項目をわかりやすく表にまとめました。

ドレスコード なし
営業時間 24時間
テーブル数 90台以上
スロット数 150台以上
クレジットカードの使用できる種類 VISA
年齢制限 18歳以上

カンボジアのカジノとして良く挙げられるタイタンキング・カジノホテルと比較しても、テーブル数が約2倍ほどある、大きなカジノ施設だということがわかります。オンラインゲームも完備されているので、一味違ったカジノ体験ができるでしょう。

カジノゲームの種類

ここでは、ラスベガス・サンホテル&カジノで実際に遊べるカジノゲームの種類について紹介します。もしも知らないゲームがあれば、事前にルールを予習しておくとスムーズにゲームをプレイできるようになるでしょう。

■テーブルゲーム

  • バカラ
  • ブラックジャック
  • ポーカー
  • ドラゴンタイガー
  • 1カードバカラ
  • バトルロイヤル
  • ABC
  • タイサイ(大小)
  • ルーレット
  • バカラドラゴン7
  • ラスベガス・ポーカーステイ
  • テキサス・ホールデムポーカー
  • カジノウォー
  • ファンタン
  • 3ピクチャー

■その他

  • スロットマシーン
  • 多人数参加型電子ゲーム

カンボジアカジノ特有のドラゴンタイガーから、世界各国で人気の高いバカラまで、幅広いテーブルゲームが楽しめるのがラスベガス・サンホテル&カジノの大きな魅力!プレイしてみて、「なんか違うな」と感じたら違うテーブルへサッと移動できるのもメリットです。

スロットゲームの台数も多いですが、折角ならディーラーと対面しながらプレイできるテーブルゲームを楽しみましょう。カンボジアカジノ全般にいえることですが、テーブルゲームもスロットゲームもミニマムベットが低く設定されている特徴があります。人気のテーブルゲームはバカラやドラゴンタイガー。ルールがわかりやすいので、初めての人でも遊びやすいゲームです。

テーブル席につくとわかりますが、他のプレイヤーのほとんどはベトナム人の富裕層です。ここで気圧されず、きっちりと勝ちを狙っていきましょう。富裕層が多く集まるカジノ場では、高額のキャッシュバックが狙えるチャンスです!流れを掴めそうなテーブルを見極めて、大勝を狙いましょう。

カジノに行くときに注意すべき基本的なマナー

ドレスコードがないと言っても、カジノはカジノです。日本のゲームセンターと同レベルに考えるのはNG!万が一トラブルが起きてしまったら、知らなかったでは済まされません。カジノでは特有のルールがあるので、事前に基本的なマナーを覚えていきましょう。

写真・ビデオ撮影はNG

意外と知られていませんが、カジノ場では写真やビデオの撮影は許可されていません。賑わっている様子を収めたい気持ちもわかりますが、決して撮影を行わないようにしましょう。カメラだけでなく、スマートフォンでの撮影もNGですので注意してください。

また、テーブルゲームをプレイ中に、携帯電話に触れることもNGとされています。ゲームプレイ中はマナーモードにしておき、ゲームに集中しましょう。通知や通話の知らせがきても、携帯を見るのはゲーム終了後にしてください。

テーブルの上に荷物を置くのはNG

ゲームの進行に関わってくるテーブルの上に物を置くのは、マナー違反です。例えポーチやスマホといった小さな物であろうとも、決してテーブルの上には置いてはいけません。
かといって手に持ったままでいるとゲームの邪魔になってしまうので、ズボンの前ポケットに入れておくか、ウエストポーチなどにしまって手ぶらの状態でスマートなプレイを心がけましょう。

他人のチップを触るのはNG

いかなる場合でも、自身以外のチップに触れることはNGです。ディーラーがレーキという小道具を使って丁寧にチップを配ったり集めたりしているように、カジノにおいて他人のチップに触ってしまうということは大きなマナー違反となります。

自分の配当チップを引き上げる際に、腕やひじなどが他人のチップに触れてしまわないようにしましょう。例えわざとではなかったにしても、「盗もうとした!」と疑われてしまいかねません。トラブルを避けるためにも、テーブル席でプレイする際にはチップの扱いには気をつけましょう。

⇒カジノでのマナーや禁止事項に関して詳しく知りたい方はこちら

本場カジノで遊ぶ前にオンラインカジノで練習しておこう!

スケールの大きなラスベガス・サンホテル&カジノで遊ぶ前に、オンラインカジノで本場カジノの雰囲気や、ゲームルールを把握しておきましょう!オンラインカジノとは、その名の通りオンライン上で実際のカジノと同じようなゲームが楽しめるサイトの総称です。
無料でプレイできるサイトもあるので、物は試しでプレイしてみましょう。ルールに慣れてきたら、実際のお金を小額でもいいので賭けてみてください。一度でも経験しておけば、本物のカジノ特有の「流れ」「雰囲気」を掴むことができます。
ここではオンラインカジノなら本場カジノと変わらない本格的なプレイができる、事前プレイに最適なオンラインカジノを3つ紹介します。

⇒オンラインカジノについて詳しく知りたい人はこちら

ライブカジノ特化型!本場の臨場感が味わえるエンパイアカジノ

とにかくライブカジノ数が豊富なのが、エンパイアカジノの特徴です。ライブディーラーの在籍数がオンラインカジノの中でも最多で、ディーラーとの相性、流れを掴むのに最適といえます。

ライブカジノに特化していると謳っているだけあり、エンパイアカジノでは9つものライブスタジオを設立しています。その中でも、『カジノ・シンガポール』や『カジノ・マカオ』ではオンラインカジノでも取り扱いの少ないカンポジア発祥のドラゴンタイガーが遊べるので、練習におすすめです。180以上ものテーブルが用意されているので、いつプレイしても満席!などというストレスとは無縁です。

テーブルカジノが充実!多くのカジノゲームが遊べるパイザカジノ

出金スピードが売りのパイザカジノは、業界最多のライブスタジオを備えているオンラインカジノです。その半数がスマホに対応しているので、小さな画面でも本場さながらの臨場感溢れるテーブルゲームが楽しめます。スタジオによって個性や特徴が違ってきますので、複数のスタジオを回って、カジノの雰囲気を掴むのもいいでしょう。

オンラインカジノの世界では、小額を賭けて大金が戻ってくる!といったことも夢ではありません。その場合に気になるのが、高額出金のスピードです。パイザカジノは出金の上限額が定められていないので、勝ったお金をすぐに全額引き出すことも可能です。

まずはお試しプレイ!初心者向けベラジョンカジノ

スマホやパソコンを使って、サイトへアクセスするだけでゲームが始められる手軽さが魅力なベラジョンカジノ。オンラインカジノとしての歴史は浅いですが、とにかくゲーム種類が豊富で斬新なゲームが楽しめるのが魅力です。

4億円の大当たりが出たこともあり、人気も知名度も高いベラジョンカジノ。登録するだけで$30のボーナスがもらえるので、さまざまなゲームを遊ぶのに使えます。スロットマシンも充実していますが、やはりおすすめは生のディーラーが提供してくれるライブカジノです。実際にディーラーがトランプやルーレットを使いながら進行していく映像が見られるので、ラスベガス・サンホテル&カジノに行く前の良い練習になります。

一度は行ってみたい「ラスベガス・サンホテル&カジノ」

カンボジア旅行を考えている人に向けて、おすすめのホテル&スポットであるラスベガス・サンホテル&カジノの特徴を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。日本からの旅行客はあまり多くないカンボジアですが、ラスベガス・サンホテル&カジノのあるバベッド地区はどんどん発展が進んでいる地域です。カジノ目的の人はもちろん、観光地としても見所が満載ですよ。

笠原 豪
どうだった那奈ちゃん。ラスベガス・サンホテル&カジノの魅力はしっかりと伝わったかな?
蒼井 那奈
うんうん~とっても楽しそうだった♪私もいつか行ってみたいけど、まずはオンラインカジノで練習してから、だね!

笠原 豪
そうだね。いきなり本場のカジノでゲームをプレイするのと、練習を積んでおくのとは大きな差がある。ライブゲームが遊べるオンラインカジノを利用して、イメージトレーニングしておくといいよ。ここで紹介した以外にもおすすめのオンラインカジノがあるから、良ければ参考にしてくれ!

関連記事

注目コンテンツ