【カジノゲームの賭け方・必勝法】31システム投資法の使い方を徹底解説!

  • 更新日:2022.02.21

31システム投資法は2連勝すると必ず利益が確定する必勝法です。

仮にゲームで負けたとしても損失は最大31単位で収まるため、ベット額の管理や、手持ちの資金管理が苦手なな人へオススメできる必勝法・戦略と言えます。

蒼井 那奈
2連勝すれば利益確定?負けても31単位の損失で済む?…どんな使い方するのか全然想像できないですね…
笠原 豪
31システム投資法には専用の表があって、それに従って賭け金を決めるんだ!表の見方も詳しく説明するからしっかり覚えてね!
この記事を読んだらわかること
✅31システム投資法の使い方
✅31システム投資法のメリット・デメリット(重要)
✅31システム投資法は実際に使えるのか?(画像付きで解説)
オンラインカジノランキングはこちら

31システム投資法の使い方

31システム投資法は合計31単位を9つに分割して賭ける必勝法です。勝敗確率1/2、配当倍率(オッズ)2倍のルーレットなどのカジノゲームで使います。

31システム投資法の手順は全て次の表に従って決めます。

A A-1 A-2 A-3
$1 $1 $1
B B-1 B-1 -
$2 $2 -
C C-1 C-1 -
$4 $4 -
D D-1 D-1 -
$8 $8 -
  • 最初にA-1(1ドル)を賭ける。
  • 負けたらA-2(1ドル)、A-3(1ドル)の順に賭け、Aが終わったらB、Bが終わったらCというようにステージを移行する。
  • 各ステージのいずれかで勝ったら、次のステージの1回目に移行する。
    (例:B-1で勝ったら、C-1に移行する。)
  • 「2連勝」か「連敗が続きD-2で負けてしまった時」に1サイクル終了。

金額の部分は賭ける倍率によって、それぞれ等倍して使用してください。

例えば、Aの手順で$10賭ける場合、Bは$20と最初と同じ倍額をベッティングしましょう。

文字だけだとちょっと分かりづらいので、次で実践例を用いて詳しく解説します。

31システム投資法の実践解説

31システム投資法を実際にオンラインカジノで試しながら使い方を詳しく解説していきたいと思います。

今回使用するオンラインカジノは本場のカジノと同じペイアウト率で遊ぶことができるベラジョンカジノです。

31システム投資法は勝率1/2のカジノゲームで使用することができるので、ルーレットで赤黒賭けの『赤』に賭け続けてみます。

【1ゲーム目】

賭け金:1ドル 表:A-1
結果:黒の20 勝敗:×
負けてしまったので賭け金1ドルは没収です。

負けた場合は表の右側に移行するので、次ゲーム賭け金はA-2(=1ドル)です。

【2ゲーム目】

賭け金:1ドル 表:A-2
結果:赤の36 勝敗:○
勝ったので2ドルが払い戻されました。利益は2-1=1ドルです。

勝ったら表の下の段に移行するので、次ゲーム賭け金はB-1(=2ドル)です。

【3ゲーム目】

賭け金:2ドル 表:B-1
結果:黒の15 勝敗:×
賭け金1ドルは没収です。

負けた場合は表の右側へ移行なので、次ゲーム賭け金はB-2(=2ドル)です。

【4ゲーム目】 

賭け金:2ドル 表:B-2
結果:赤の15 勝敗:×
賭け金1ドルは没収です。

負けた場合は表の右側へ移行…ですが、B-2の右側はありません。
右欄が無い場合は、下の段に移行します。

つまり、次ゲーム賭け金はC-1(=4ドル)です。

【5ゲーム目】

賭け金:4ドル 表:C-1
結果:赤の25 勝敗:○
勝ったので8ドルが払い戻されました。利益は8-4=4ドルです。

勝った場合は下の段に移行するので、次ゲームではD-1(=8ドル)を賭けます。

【6ゲーム目】

賭け金:8ドル 表:D-1
結果:赤の27 勝敗:○
2連勝できたので31システム投資法成功です!

これまでの段階移行手順を先の表で見ると、以下の番号順となります。

A A-1 ① A-2 ② A-3
$1× $1 ○ $1
B B-1 ③ B-1 ④ -
$2× $2× -
C C-1 ⑤ C-1 -
$4 ○ $4 -
D D-1 ⑥ D-1 -
$8 ○ $8 -

31システム投資法(簡易版)

31システム投資法の手順はちょっと複雑で大変そうですよね。「もっと簡単に使いたい!」という人は、簡易版として『勝敗に関わらず「1,1,1,2,2,4,4,8,8」の順』賭けてみて下さい。

この簡易版も、使用するのは最大$31までです。利益が出た時点で1サイクル終了としてもいいですし、全9回賭けて1サイクル終了としてもOKです。

ただ全9回賭ける場合は、前半で勝っても後半で負けると損失が出る可能性が高いので、実際に簡易版を使う際は利益が出た時点か、2連勝もしくは3連勝した時点で1サイクル終了とすることをおすすめします。

以下の表は全9回賭ける場合の一例です。

回数 賭け金 結果 総収支
1 $1 1
2 $1 × 0
3 $1 × -1
4 $2 1
5 $2 3
6 $4 7
7 $4 × 3
8 $8 × -5
9 $8 3

上記であれば6回目の$7の利益が出た段階でサイクルを止めておけば最大の収益を得られましたね。

31システム投資法のメリット

31システム投資法のメリットは次の2点です。

  • 2連勝すれば利益が出る
  • 連勝がなくても31単位以上負けることはない

この手法の最大のメリットは最大9回の試行の中で2連勝すれば利益が出る点です。

単純に確率で考えると、勝敗確率1/2のゲームで9連敗する確率は約0.2%であるのに対し、2連勝する確率は25%と圧倒的に高いので、成功する可能性は十分あります。

また、仮に2連勝できなくても31単位以上の負けはありません。つまり、最大損失額が決まっているので、資金管理しやすいメリットもあります。

31システム投資法のデメリット

31システム投資法のデメリットは次の2点です。

  • 連勝がなければ利益がない
  • 最初のうちは表を見ながらじゃないとわかりにくい

31システム投資法は2連勝なく9回目のゲームを終了すれば損失が出ます。

想定される損失は-1~-31単位までと幅広く、どこで勝ってどこで負けるかによって大きな違いが出るので、使用する際は必ず「最大31単位の損失が出る」ことを見越して使わなければなりません。

また、勝った場合と負けた場合の手順の進め方が特殊なので、慣れないうちは表を見ながら運用する必要があります。

追伸〜31システム投資法を使ってカジノゲームを楽しもう〜

いかがでしょうか。31システム投資法は全9回の中で2連勝すれば利益が獲得できる必勝法です。

連勝できないと損失は出てしまいますが、オンラインカジノで遊べば1単位を0.1ドルにできるので、最大3.1ドルの損失にとどめることができます。

表を見ながら遊べるのもオンラインカジノでしかできないので、ぜひオンラインカジノで遊びながら31システム投資法の賭け手順を覚えてみてください!

この記事のポイント
✅31システム投資法では全9回のなかで2連勝すれば利益確定
✅使用できるのは勝率1/2で配当2倍のゲーム
✅賭け手順は必ず専用の表に従って行うこと
✅失敗しても31単位以内の損失で収まる
笠原 豪
31システム投資法の使い方や注意点は理解できたかな?31システム投資法を試すなら、ベラジョンカジノがオススメだぜ!登録するだけでもらえる$30ボーナスはライブカジノでもテーブルゲームでも自由に使えるぞ!
ベラジョンカジノに無料登録する
ベラジョンカジノ ボンズカジノ
読み込み中

これ以上は記事がありません

読み込むページはありません