【カジノゲームの賭け方・必勝法】バーネット法(1326法)の使い方を徹底解説!

  • 更新日:2021.10.20

バーネット法は、連勝時に賭け金を「1,3,2,6」の順に変えていく必勝法です。

連勝中は賭け金を一定の配分でベットしていき、連敗時は$1で固定することによって、リスクを抑えながら利益を積み上げるのに向いている必勝法・戦略と言えるでしょう。

蒼井 那奈
バーネット法ってグッドマン法(1235法)にそっくりですね?数字がちょっと違うだけ?
笠原 豪
そうだね!グッドマン法に似ているけど、連勝したときも利益を伸ばしやすいのはバーネット法なんだよ。バーネット法のの運用方法をしっかり押さえて、上手く使おう!
この記事を読んだらわかること
✅バーネット法の使い方
✅バーネット法のメリット・デメリット
✅バーネット法は実際に使えるのか?
オンラインカジノランキングはこちら

バーネット法(1326法)の使い方

バーネット法は賭け金を「1,3,2,6」の順に変えて連勝時の利益を伸ばす必勝法で、勝敗確率1/2、配当倍率(オッズ)2倍のルーレットなどで使用可能です。

使い方のルールは以下の通りです。

  • 賭け金『1』を、最初のゲームで賭ける
  • 勝ったら『3,2,6』の順に賭け金を変える
  • 『6』で勝ったら賭け金を変えずにゲームを続ける。
  • 負けたら最初の賭け金に戻す。

バーネット法の使用例を次の表にまとめたので、参考にしてください。

回数 賭け金 結果 総収支
1 $1 1
2 $3 4
3 $2 6
4 $6 12
5 $6 18
6 $6 × 12
7 $1 × 11

上記の使用例では6回目のベッティングで、負けてしまい次の7回目で最初のベット額である$1に戻しています。

ベット額を増やしたい時は上記を倍掛けしていくだけの単純な必勝法です。

バーネット法(1326法)のメリットを学んでおこう!

バーネット法のメリットは次の3点です。

  • 連勝数より連敗数が多くても利益が出る
  • 連敗が続いた場合でも賭け金が小さいので大きな損失になりにくい
  • 長時間カジノで遊べる

賭け金は最大でも『6』、最低だと『1』なので、連勝さえすれば連敗数が多くても利益が出やすいです。

下記の例では4連勝後に6連敗していますがバーネット法を利用することで、収支が+1の状態でゲームを止められています。

回数 賭け金 結果 総収支
1 $1 1
2 $3 4
3 $2 6
4 $6 12
5 $6 × 6
6 $1 × 5
7 $1 × 4
8 $1 × 3
9 $1 × 2
10 $1 × 1

賭け金の上限下限が決まっており無茶な賭けを防げるため、長時間カジノでプレイしたい時に有用です。

バーネット法のデメリットを学んでおこう!

バーネット法のデメリットは次の2点です。

  • 勝ち負けが交互に続くとマイナスになる
  • 連勝できないと利益が出ない

まず、勝ち負けが交互に続いた場合、勝った場合の賭け金よりも負けた場合の賭け金の方が大きくなるため、損益合計がマイナスになってしまいます。

下記の事例を見てください。

回数 賭け金 結果 総収支
1 $1 1
2 $3 × -2
3 $1 -1
4 $3 × -4
5 $1 -3
6 $3 × -6
7 $1 -2
8 $3 × -8
9 $1 -7
10 $3 × -10

上記は勝ちと負けが交互していますが、収支がプラスになったのが最初の1回のみで、それ以後は常にマイナスが継続しています。

このように、バーネット法は連勝がないと効果を発揮できない必勝法なので、もし連敗や勝ち負けが交互になりそうな状況であれば、早めに切り替えて、他の必勝法へ戦略を転換するのがよいでしょう。

バーネット法(1326法)は本当に使えるのか?

では、本当にバーネット法は使えるのかどうか試してみましょう。
今回は本場のカジノと同じペイアウト率で遊ぶことができるベラジョンカジノで試してみたいと思います。

バーネット法は勝率1/2のカジノゲームで使用することができるので、バカラで配当2倍のPLAYERに賭け続けてみます。

参考記事:【勝率120%UP!】バカラのルールと勝てる攻略法・必勝法を徹底解説

 【1ゲーム目】

賭け金の『1』は10ドルとします。勝利した場合はバーネット法に照らし合わせてそれぞれ10倍ずつ賭けていきます。

1ゲーム目の賭け金は10ドルです。

PLAYER「7」、BANKER「4」。
PLAYER勝利なので、20ドル払い戻されました。利益は10ドルです。

バーネット法は勝ったら「1⇒3⇒2⇒6」の順に賭け金を変えていきます。
なので、次の賭け金は30ドルです。

【2ゲーム目】

PLAYER「9」、BANKER「8」。
PLAYER勝利なので、60ドル払い戻されました。利益は30ドルです。

【3ゲーム目】

PLAYER「4」、BANKER「6」。
BANKER勝利なので賭け金20ドル没収です。

ここまでの損益合計は10+30-20=20ドルとなりました。
2連勝後であればどこで負けても損失にならないのもバーネット法の良さですね。

負けたら最初の賭け金に戻します。

【4~6ゲーム目】

4ゲーム目:賭け金10ドル 勝ち
5ゲーム目:賭け金30ドル 勝ち
6ゲーム目:賭け金20ドル 勝ち

4~6ゲーム目で得た利益は60ドル、損益合計は80ドルです。
次ゲームの賭け金は60ドルになります。

【7ゲーム目】

PLAYER「8」、BANKER「2」。
PLAYER勝利なので、120ドル払い戻されました。利益は60ドルです。

4連勝後は賭け金そのまま、次ゲームの賭け金は60ドル。
勝ったら利益は伸びますが、負けたら7ゲーム目で得た利益を失うことになるので、ここでゲームを終了します。

今回の戦績をまとめると次のようになります。

回数 賭け金 結果 総収支
1 $10 10
2 $30 40
3 $20 × 20
4 $10 30
5 $30 60
6 $20 80
7 $60 140

今回は連勝時の利益を伸ばすというバーネット法の強みが上手く表れた例です。
勝ち負け交互や連敗がなかったので、利益はどんどん伸びていきましたね。

仮に7ゲーム目以降で連敗しても8連敗以上しないと利益はなくならないので、連勝で利益を伸ばす必勝法の中では比較的リスクの低い方だと思いました。

追伸〜バーネット法(1326法)で堅実に配当金を稼ごう!〜

バーネット法(1326法)は連敗時の損失を抑え、連勝時の利益を伸ばせる必勝法です。

この必勝法は資金増減がとても緩やかなので、少額資金からでも長時間遊ぶことができます。連勝時の利益をうまく確保していきたい場合は、4~5連勝で1度リセットするの1つの戦略です。

バーネット法を実践するならお得なボーナスが多いオンラインカジノがおすすめです。ボーナスをうまく活用して、バーネット法も使いこなせるようになれば、じゃんじゃん稼げるようになるでしょう!

この記事のポイント
✅バーネット法は連勝時に「1,3,2,6」の順に賭け金を変える必勝法
✅使用するルーレットなどは勝率1/2で配当2倍のゲーム
✅2連勝すれば利益は出るが勝ち負けが交互になると損失が出る
✅4連勝後は賭け金を「6単位」に固定、負けたら最初の賭け金に戻る
笠原 豪
バーネット法の使い方や注意点は理解できたかな?バーネット法を試すなら、ベラジョンカジノがオススメだぜ!登録するだけでもらえる$30ボーナスはライブカジノでもテーブルゲームでも自由に使えるぞ!
ベラジョンカジノ
読み込み中

これ以上は記事がありません

読み込むページはありません