• 2018.02.01
  • 投稿

【カジノゲームの賭け方・必勝法】ココモ法の使い方を徹底解説!

現在あるルーレットの形が19世紀のフランスで確立されましたが、その頃のルーレット盤は微妙に傾いていたり傷ができやすい等で、それぞれの盤に欠陥や特徴がありました。カジノ黎明期の有名なルーレットプレイヤーは、そこに目をつけて徹底的に分析し、莫大な資金を稼いでいたほどです。

現在は技術が進んでいるので、そのような分析は無駄骨に終わります。しかし、ルーレットで使える必勝法は様々あり、私、笠原豪もそれらの必勝法を駆使してきたおかげで、「ルーレットで遊ぶ時は稼ぐ時」と思えるようになりました( ・ω・´)キリッ.

蒼井 那奈
えー、昔みたくルーレット盤の特徴を分析して勝てたらいいのにρ( ̄ε ̄。)
笠原 豪
それじゃあ不公平だよ。カジノは誰にでも平等にチャンスがあるからこそ面白いんだぜ!今回はそのチャンスを活かせる必勝法『ココモ法』について徹底検証するから、ふてくされずにしっかりマスターして那奈ちゃんもルーレットで楽しもう!

 

検証サイト数 31サイト
ルーレットでベットした金額 121万円
リサーチ総時間 71時間

この記事ではココモ法について分かりやすく解説していきます。
ページの最後で紹介する編集部オススメのお得に遊べるオンラインカジノで、ぜひその効果を体験してください♪

ココモ法ってそもそも何?

ココモ法は配当3倍ゲームで連敗した時に使用する必勝法です。
配当3倍ゲームとは、例えば、ルーレットのコラムベットやダズンベットです。
『負ければ負けるほど勝った時の利益が大きくなる』手法であり、連敗が続いても物怖じせずゲームに取り組める鋼メンタルのプレイヤーにオススメの必勝法です。

ココモ法の使い方

ココモ法は勝敗確率1/3、配当倍率(オッズ)3倍のゲームで使用します。

この手法のルールは1つ。2連敗後に使用を開始します。
「前々回の賭け金+前回の賭け金=今回の賭け金」
これだけです。とてもシンプルなので覚えやすいですね。

では、スタートの賭け金を1ドルとして例を見ていきましょう。

ゲーム数 賭け金 勝敗 損益 損益合計 次賭け金の計算
1 1 × -1 -1 -
2 1 × -1 -2 1+1=2
3 2 × -2 -4 1+2=3
4 3 × -3 -7 2+3=5
5 5 × -5 -12 3+5=8
6 8 16 4 -

1,2回目で連敗したので、3回目のゲームの賭け金を決める時にココモ法を使います。
3回目:(1回目の賭け金)+(2回目の賭け金)=1+1=2ドル 勝敗:×
4回目:(2回目の賭け金)+(3回目の賭け金)=1+2=3ドル 勝敗:×
5回目:(3回目の賭け金)+(4回目の賭け金)=2+3=5ドル 勝敗:×
6回目:(4回目の賭け金)+(5回目の賭け金)=3+5=8ドル 勝敗:○

6回目に勝ったことで1~5回目までの損失を全て取り戻すことができました。
1勝したら1セッション終了です。

ココモ法のメリットを学んでおこう!

ココモ法のメリットは次の2点です。

  • 負ければ負けるほど勝った時の利益は大きい。
  • 賭け金の増え方が緩やか。

連敗数が多くなると気持ちが滅入ってしまいますが、この手法では連敗数に応じてその後の1勝で得られる利益が大きくなります。

以下は連敗数とその後の1勝で得られる利益との相関グラフと表です。
 

連敗数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
配当3倍損益 1 2 2 3 4 6 9 14 22 35

2~4連敗後の1勝の利益はわずかですが、それ以降の伸びが飛躍的なものであることが一目瞭然ですね。勝敗確率1/3のゲームでは勝敗確率1/2のゲームより連敗しやすいので、この手法はその部分をカバーするのに十分なリターンを与えてくれます。

また、賭け金の増大の仕方はマーチンゲール法等の他必勝法に比べて、賭け金の増大が緩やかなので心理的なプレッシャーはそこまで大きくならないことも、嬉しいポイントです。

ココモ法のデメリットを学んでおこう!

この手法のデメリットは次の2点です。

  • 賭け金がテーブルリミットの上限にぶつかる時対策が必要。
  • 配当2倍のゲームには不向きなので使えない。

カジノゲームではテーブルごとに賭け金のリミット(テーブルリミット)が決められています。ココモ法は賭け金の増え方が緩やかではあるものの、連敗が続きすぎればもちろんその数に応じて賭け金も大きくなっていきます。

賭け金がテーブルリミット上限に到達してしまったら、潔く1セッション終了として最初からリスタートするのもいいでしょう。
しかし、もしその時資金に余裕がまだあれば、テーブルリミットが1段階高いテーブルに移ってココモ法を続行するというのも1つの手です。ただし、この手すらも失敗するほどの不運に見舞われたら、多大な損失となるので、そのリスクは十分留意して使いましょう。

最後に、この手法は配当2倍のゲームでは配当3倍のゲームで用いた時のような効果は発揮できません。

先ほどの連敗後の1勝で得られる利益相関表に、配当2倍のゲームで用いた場合の損益を追加してみましょう。

連敗数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
配当3倍損益 1 2 2 3 4 6 9 14 22 35
配当2倍損益 0 0 -1 -3 -4 -7 -12 -20 -33 -54

3倍配当ゲームであれば連敗後の1勝で必ず利益が出ますが、2倍配当ゲームでは逆に損失が大きくなっていくことがわかります。
2倍配当ゲームで連敗後の1勝だけで利益を得たい場合は、マーチンゲール法等の必勝法を用いいましょう。

早速ココモ法をカジノゲームで試してみよう

 ココモ法が使えるルーレットで遊ぶなら、ライブカジノに強いエンパイアカジノ!エンパイアでは全9カ所のライブ会場に複数テーブルが用意されています。ゲーム開始前にディーラーの容姿や雰囲気、ゲーム結果などは無料チェック可能。でも、在籍数が数十人以上なので、チェックするだけで日が暮れるかも!?お気に入りの美人ディーラーを探して、ライブでルーレットを遊べば最高に贅沢なひと時を味わうことができます。ルーレットで遊ぶと連敗続きも珍しくないので驚かないでくださいね?連敗ありきのゲーム展開を見越して、ココモ法のような連敗を味方につけちゃう手法を取り入れれば、さらに楽しい時間を過ごせますよ!

ココモ法をルーレットで実際に試した結果

では、実際にルーレットでココモ法を試してみましょう!
ルーレットは、「0」もしくは「0」「00」と1~36の数字で構成されており、
その中のどれかにルーレットの球が入り、1つの数字が選ばれます。

ココモ法は配当3倍、確率1/3になるゲームで使るのでので、
ルーレットでは以下で説明するカラムベット・ダズンベットでのみ使用します。

カラムベット

ルーレットテーブルの端に2:1という表記(英語表記は2 to 1)が3つあり、
それぞれ横枠の12個の数字と対応しています。

カラムベットは3つのうち1つの2:1を選んで、
12個の数字のいずれかが選ばれることに賭けます。

ダズンベット

ルーレットテーブルの中央部に、『1-12』『13-24』『25-36』という表記があり、
それぞれ縦枠の12個の数字に対応しています。

ダズンベットは3つのうち1つの枠を選んで、
12個の数字のいずれかが選ばれることに賭けます。

早速プレイ!

では、始めましょう!
カラムベット・ダズンベットのテーブルリミットは60ドルです。
スタート賭け金は10ドルとします。

1~4ゲーム目

・1ゲーム目:賭け金10ドル ダズンベット:1-12

結果:黒の15 勝敗:×
損益:-10ドル 合計:-10ドル
次回賭け金:10ドル

・2ゲーム目:賭け金10ドル ダズンベット:25-38
結果:赤の7 勝敗:×
損益:-10ドル 合計:-20ドル
次回賭け金:10+10=20ドル

・3ゲーム目:賭け金20ドル ダズンベット:25-38
結果:黒の10 勝敗:×
損益:-20ドル 合計:-40ドル
次回賭け金:10+20=30

・4ゲーム目:賭け金30ドル カラムベット:下段

結果:赤の3 勝敗:×
損益:-30ドル 合計:-70ドル
次回賭け金:20+30=50

スタート賭け金を10ドルにしていたからすぐリミット上限ギリギリに…(((゜Д゜;)))
次で勝たないとリミット上限が高いテーブルに行かなきゃでうが…
ココモ法なら勝てば利益になる!

最終ゲーム

・5ゲーム目:賭け金50ドル

結果:赤の3 勝敗:○
損益:100ドル 合計:30ドル

終わりよければ全てよしヾ(*´∀*)ノ !

今回の結果を以下の表にまとめます。

ゲーム数 賭け金 勝敗 損益 損益合計 次賭け金の計算
1 10 × -10 -10 -
2 10 × -10 -20 10+10=20
3 20 × -20 -40 10+20=30
4 30 × -30 -70 20+30=50
5 50 100 30 -

使ってみた感想

テーブルリミット上限が60ドルだとわかっていたのに、スタート賭け金を10ドルにしたのはちょっと失敗でした。そんなに連敗しないだろうと思っていましたが、確率1/2ではなく1/3のゲームなので、連敗する可能性が高いですからね。そのことも考慮して、スタート賭け金も慎重に決めたほういいと思います。しかし、4連敗後でも1勝さえすれば利益が出ることがわかっていたので、最終ゲームも強気で挑むことができました。勝率が低い時の救世主となると思える必勝法でした!

ルーレットで遊ぶならココ!編集部オススメするオンラインカジノ3選

オンラインカジノとは、スマホやパソコンがあれば、自宅で手軽に遊べるゲームサイトです。
ゲームはルーレットだけでなく、ブラックジャック・スロット・ポーカー・スクラッチなど様々。ライブカジノを選べば、美人ディーラーと共にゲームを楽しむこともできます。ルーレットはライブカジノで遊べばその面白さが絶対にわかります!百聞は一見に如かず!まだ遊んだことがない人は下記サイトへGo!!

笠原 豪
カジモ編集部が厳選したサイトはサポート・ボーナス・ゲーム数…どれをとってもクオリティが高く、安心して遊ぶことが出来ますよ!

出金上限なし!出金スピードも2分!2倍お得なパイザカジノ

日本語のLINEサポートがあるので初心者でも安心して遊べるパイザカジノ。出金額は無制限で、出金スピードは最短2分と業界最速です!ライブカジノは全体的にゴージャスな雰囲気を漂わせているので、自宅でお酒でも嗜みながらライブカジノのルーレットで遊べば、贅沢なひと時を過ごすことができます。ココモ法で1勝さえすれば利益ゲットなので、稼げたらその日のお小遣いにしちゃいましょう!

スマホアプリに対応!通勤中でもカジノが楽しめるベラジョンカジノ

オンラインカジノサイトの中でも革新的なベラジョンカジノ。ゲーム種類は48種類と多岐に渡り、テーブルゲームはもちろんのこと、画面上でコインを削るだけのスクラッチゲームや映画をテーマにしたスロットも豊富に揃えています。スマホアプリに対応しているので、通勤中にさくっと稼ぐこともできますよ!ココモ法は短時間で1セッション終了できることが多いので、1通勤1ココモで利益を積み上げていきましょう!

スポーツ好きな方はウィリアムヒルカジノがおすすめ!

サッカー、野球、バスケ、テニス、ゴルフ…スポーツと名のつくものであれば、全てが集まるウィリアムヒルカジノ。試合によっては配当倍率が3倍以上の試合もありますので、過去戦績や選手の状況などから分析してからココモ法を使ってみてください。スポーツ好きなら、その勝率を一気に高めることができるかもしれません!

最後に〜3倍配当ゲームで効果を発揮するココモ法~

いかがでしたか?最後に、ココモ法についてまとめます。

  • 確率1/3、配当3倍のゲームで使用する。
  • 連敗数が多いほどその後の1勝で得られる利益が大きくなる。
  • 賭け金の増大は比較的緩やかだが、リミット上限には要注意

ココモ法は損失回収と利益獲得の両面をカバーできるバランスの良さがあります。確立1/3のゲームでは連敗も珍しいことではありません。なので、ココモ法を上手に使えば十分ルーレットで稼げるチャンスを広げてくれます。連敗後の1撃で得られる満足感はココモ法ならではだといえますね!

蒼井 那奈
私もよく連敗しちゃうから、ココモ法みたいな必勝法はありがたいですヾ(●´∀`*●)ノ♪♪

笠原 豪
自分の平均連敗数を分析して資金管理すれば、ココモ法を実践で上手に使えると思うぜ!ルーレットで使える必勝法は他にもカジモ編集部で徹底検証しているから、あわせてチェックしといてね♪

関連記事

注目コンテンツ